教授挨拶

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 教授挨拶

教授挨拶

教授挨拶

教授

教授 平塚 博義

私どもは、基礎医学に精通し、その成果に基づいた臨床の実践と、地域の歯科医療に貢献できる秀逸な人材の育成を目標に日々臨床と研究活動に邁進しております。

当講座は東京大学医学部(病院長)を定年退官となった金森虎男教授が将来歯学部を創設すべく大野精七初代学長の懇望により着任した昭和26年に開講以来、第二代林 一教授、第三代佐々木元賢教授、第四代小浜源郁教授が主宰し、多くの優秀な臨床歯科医、研究者を育成してきました。初代教授が医師であった経緯から講座名は「口腔外科学講座」、診療科名は「歯科口腔外科」、標榜診療領域は「歯科」、「歯科口腔外科」、「矯正歯科」となっており、歯学部創設を計画していたところから歯科技工士、歯科衛生士といったパラデンタルスタッフの充実は、他校の医学部附属病院歯科口腔外科ではみられない当科の特徴と云えます。診療では、口腔の悪性腫瘍、上下顎骨の発育バランスの不均衡に基づいて咬合異常や顔貌の非対称を伴う顎変形症、口腔軟組織および顎骨の外傷性損傷、骨造成を必要とする口腔インプラント、重症歯性炎症などの口腔外科疾患の診断、観血的治療と並行して歯の保存、補綴治療の教育を受けることから、一般歯科診療に精通した口腔外科医の育成、地域歯科医療への高い貢献に繋がっていると言って過言ではありません。このように診療におきましては、地域医療推進の観点から、虫歯が進行して発症する歯性感染症の24時間対応は勿論のこと、大学附属病院診療科として口腔ケアの要望にも適時対応しながら北海道民の医療に貢献することを心構えとしております。

また、研究面では、当大学病理学第一講座(佐藤昇志教授)と協同でがん免疫の究極の目標であったがんワクチン療法の臨床研究のほか、教室の若い力を結集して分子生物学、細胞生物学の知見と実験手法を駆使する研究も進め成果を挙げております。

近年の口腔衛生思想の啓蒙と高齢社会がもたらしたものは、虫歯、観血的治療を必要とする口腔外科疾患の減少と、逆に口内炎をはじめとする口腔粘膜疾患と口腔乾燥症を主訴とする慢性疾患患者の増加であります。近い将来、外科手技に秀でた人材が枯渇することも危惧されますので、観血的治療に積極的に取り組む意欲のある若い力を結集し研鑽の場を提供したいと考えております。ご賛同の諸君の入局を期待しています。


最終更新日:2012年03月30日