現在位置の階層

  1. ホーム
  2. ごあいさつ

ごあいさつ

学長・理事長からのごあいさつ

学長写真

(事業推進代表者)
塚本 泰司

わが国は、将来にわたって安心して医療を受けられる環境を構築するための事業の一環として、「未来医療研究人材」を養成する拠点形成事業を開始しています。この目的は、近い将来の超高齢化社会を想定し策定した「地域包括ケアシステム」と連動でき、また地域の医療機関や行政組織と連携し、質の高い活動ができるような人材の育成にあります。すなわち、「リサーチマインドを持った優れた総合診療医等」の育成であり、本学の「北の地域医療を支える総合診療医養成プラン」は、そのねらいに合致します。
北海道がこういった事業のまさに欠かせない地域であることはいうまでもありません。北海道の総面積はわが国の22%と広範囲な医療圏を持っているにもかかわらず、人口は5%と医療人口密度は低く、地域格差も非常に大きいものがあります。その結果、北海道の医師数は全体では人口10万人対224.6人(平成24年度末)と全国平均(226.5人)と大差ありませんが、上川中部の341.9人から宗谷の90.8人と顕著な格差が存在します。特に、道北、道東、道南の遠隔地における医師数不足が著明で、北海道における地域医療の大きな課題になっています。
このような背景をもつ北海道の地域医療を質的にも維持するためには、センター病院と連携の取れたサテライト病院を配置した医療圏を構築することが現実的かつ効率的な対策といえます。地域病院では総合診療医のニーズは非常に高いものがあり、総合診療医の育成が急務であることは論を俟ちません。一方、これまでの実状は、特に遠隔地の地域医療においては、内科系専門医に総合診療医の役割を担ってもらってきたという歴史的背景もあります。これらの状況も考慮すると、一方で総合診療医の育成強化という中長期的な対策と、他方では現実にその役割を担ってきた内科専門医に対する総合診療教育・研修の支援を行っていく必要があります。その意味で、総合診療医を目指す「総合診療医養成特化コース」のみならず内科専門医資格取得を目指す後期研修者を対象にした「総合診療マインドを持つ専門医養成コース」の2つを備えている本学の「北の地域医療を支える総合診療医養成プラン」は、北海道の地域医療を考慮した意義のある取り組みと考えています。
これらの取り組みが、地域医療のより深い理解を促進する地域医療マインド形成のためにこれまで行ってきた、本学の学部教育の特徴の1つである医学部・保健医療学部合同の地域滞在実習(利尻、留萌、釧路、別海、中標津)と強く連動したものであることは明らかです。
北海道の地域医療の実状を考慮したこの養成プランは、本年度で4年目に入ります。これまでも着実な実績が積み上げられてきていますが、より大きな成果を得るためにも地方自治体、地域病院、地域基幹病院、本学関係部署のご協力を得ながら、事業の推進に向けさらなる努力を重ねていきたいと思っています。

医学部長ごあいさつ

文部科学省「未来医療研究人材養成拠点形成事業」採択プログラム「北の地域医療を支える総合診療医養成プラン」によせて

肖像写真

札幌医科大学 医学部長
堀尾嘉幸

北海道の面積は四国の4.5倍、九州に比べても2倍以上広く、この広大な大地に550万人ほどの人々が暮らし、さらに、そのうち3人に1人が札幌市に集中しています。つまり北海道の多くの地域は人口密度がとても少なく、過疎という言葉がそのままあてはまることになります。四国や九州では人口100-130万人に1校の割合で医学部がありますが、北海道では3校のみ。つまり人口200万人弱に1医学部の割合です。地域の医療を支えることが北海道ではいかに難しいことかがおわかりいただけると思います。北海道の地域医療には総合診療医という、どのような病気でも大人だけではなく場合によっては子供も見て判断し治療をおこない、必要なときには専門医に橋渡しする“オールマイティードクター”が特に必要です。
本プランはこのような厳しい医療事情を持つ北海道を支える総合診療医を養成しようとするものです。本プランでは総合診療における専門医を目指すコースと総合診療の力をもつ専門医を養成するコースの2つがあります。どちらのコースでも総合診療の能力を身につけることには変わりありません。もう1つ、本プログラムの大きな特徴は総合診療能力を身につけることを希望する学部学生に対して、特別な教育プログラムをおこなっていき、学部生時代から一貫した教育によって総合診療医を育成していくことです。
本プランは大学ばかりでなく、地域の医療機関、自治体やそこに働く多くの人々のご協力のもとに成り立っております。ご協力いただいている方々に感謝申し上げるとともに、引き続きご協力いただきますようお願い申し上げます。

病院長ごあいさつ

科学的視野を備えた北の地域医療を支える若者達の育成に向けて

肖像写真

札幌医科大学附属病院 病院長
(事業推進責任者)
山下 敏彦

札幌医科大学は、これまで北海道の地域医療における中核的役割を果たしてきました。現在も、年間約2.100人の医師を、全道の450を超える医療機関に派遣しています。このうち約380人が常勤医師として、昼夜を問わず地域医療のため奮闘しています。派遣地域は広大な北海道の全域にわたるため、中にはその地区唯一の小規模病院・医院も少なからず含まれます。そこで勤務する医師に求められるのは、多様な疾患・病態に対応できる「総合診療医」的な診療能力であると言えます。
その一方で、第一線の臨床現場においては、単に経験や慣習に基づいた医療を続けていると、医師は必ず「壁」にぶつかってしまいます。その「壁」を乗り越えるために必要なのが、科学的な分析能力・問題解決能力であり、その基盤となる「リサーチマインド」であると言えます。
札幌医科大学は、「最高レベルの医科大学をめざして」をモットーに掲げています。その名にたがわず、札幌医科大学の各部門、診療科では最先端の高度な基礎・臨床研修が推進され、充実した卒前・卒後教育システムが構築されています。そのような教育・研究環境の中で、医学部学生から研修医まで一貫した総合診療教育を行うことにより、リサーチマインドを持って地域医療に貢献し、かつ新知見を世界に向けて発信できる人材を育成することが本プランの目標とするところです。近い将来に、札幌医科大学から、本道ひいては世界の医療・医学の発展に貢献できる多くの優れた若き医師達が巣立っていくことを祈っています。

最終更新日:2016年04月01日



メニュー