札幌医科大学 医学部 麻酔科学講座 │ 安全で質の高い麻酔科医療の提供、世界に通用する麻酔科医の育成

  1. 〒060-8543 北海道札幌市中央区南1条西16丁目
  2. 医局直通電話 011-688-9663

HOME < 患者様へ < 臨床麻酔

臨床麻酔 │ 札幌医科大学 医学部 麻酔科学講座

手術を受けられる患者さんは、病気と正面から向き合い、外科治療を受けることを決意されて手術の日を迎えられます。
そして、病気は完全に治るのか、合併症は起こるのか、いつ退院できるのか、家族はどうしたらいいのか、など多くの不安と戦いながら過ごされていることと思います。
また、それらの不安の中には麻酔からきちんと覚めるのか、手術中に麻酔がきれてしまったりしないのか、手術の後は痛みを我慢しなければならないのか、など麻酔に関わるものもあると思います。
それらの不安に対してはきちんと麻酔を理解していただき、そして、術後の痛みへの対応を知っていただくことが大切です。
麻酔とは手術中の意識や苦痛を取り除いて手術を可能にするだけではなく、刻一刻と変化する患者さんの全身状態に対してリアルタイムに治療を行い、患者さんの生命と安全を守ることです。
麻酔法は大きく分けて、
①全身麻酔
②区域麻酔(俗に言う下半身麻酔や腰椎麻酔など)
③局所麻酔
に分けることができます。
当院では局所麻酔は外科医が行いますが、全身麻酔と区域麻酔に関しては、すべて麻酔科医が担当します。
麻酔法については手術内容やその時の患者さんの全身状態を十分に把握してその時点で考えられる最適なものを術前に行われる麻酔科の診察できちんと説明させていただきます。
もしも、よく分からないことがあった場合にはどうか納得がいくまで質問してください。
また、診察の際には手術が行われる病気に加え、持病や過去に患った病気についてもお聞きすることになります。
きちんとそれらの事項について説明していただくことが、良好な「患者さん・麻酔科医関係」を築く上でとても重要です。
患者さんが子どもさんであったり、ご高齢で説明が難しかったりする場合、ご家族からご説明していただかなければならないことがありますのでどうかご協力ください。
患者さんが安全に麻酔を受けていただけるよう、当科は全力で診療にあたっています。
ただ、残念ながらすべての医療行為がそうであるように麻酔を行う際にも合併症がないわけではありません。
もちろんそれらについては診察の際に説明させていただきますが、詳細に説明した文書を入院後に担当看護師から渡されますので、よくご覧になって、もしもわからない点がありましたら麻酔科医に質問してください。
通常、当院の麻酔科医は手術日の前日あるいは前々日に伺います。
ただし、十分な時間をかけて麻酔法を検討したい場合や手術に向けて持病の治療および新たな検査を必要とする場合は、事前に麻酔術前診察を麻酔科外来で受けていただくことがあります。
ご協力をお願いします。
当科では、患者さんの気持ちを理解した上で十分な配慮を行い、安心して麻酔を受けていただけるよう高い医療レベルをもった麻酔科専門医の育成にも力を入れています。
大学附属病院では多くの麻酔科指導医や麻酔科専門医、そして麻酔科専門医を目指す多くの研修医らが日々麻酔を行っています。
患者さんの手術の種類や持病の重さに応じて研修医と麻酔科専門医が一緒になって麻酔を担当し、安全でかつ質の高い麻酔を行っていますので、どうか安心してください。

手術室内麻酔科責任医師(2015年度)

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
平田 直之(講師)
早瀬 知(助教)
枝長 充隆(講師)
時永 泰行(助教)
平田 直之(講師)
高田 幸昌(特任助教)
山蔭 道明(教授)
新谷 知久(講師)
早瀬 知(助教)
新谷 知久(講師)
時永 泰行(助教)

麻酔術前診察担当医(2015年度)

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
時永 泰行(助教) - 枝長 充隆(講師) - 平田 直之(助教)