札幌医科大学医学部遺伝学部

ゲノム医療の新時代を拓く

遺伝医学とは?

かつての遺伝医療は、そのほとんどが小児科領域の先天的な病気や、胎児の異常や不妊といった産科領域の問題に限定していました。
しかし、1980年代以降に多くの遺伝性疾患の原因遺伝子が明らかにされて、内科をはじめとする他の診療領域でも遺伝性疾患の診療が可能となり、臨床遺伝学は大きな広がりを遂げました。

そして、21世紀に入り、人類はヒトの全遺伝子情報を入手し、さらにはその解析技術の驚異的な進歩によって、今やすべての人が自身の遺伝情報を持ち歩く時代が来ようとしています。
医療においても、遺伝情報はその領域を問わず、患者さんの診断や治療、健康管理に欠かせない情報となりつつあります。

こうした新しい時代を向え、遺伝情報を適切に扱い、最善の医療を提供するためには、遺伝医学に関する専門的な知識と技術を持つ医療職者が欠かせません。
札幌医科大学医学部遺伝医学では、附属病院の臨床遺伝外来で最新の遺伝医療を提供するとともに、これからの遺伝医療時代を支える人材を育成することを使命としています。

遺伝医学のご案内

札幌医科大学医学部遺伝医学は、現代の医療においてますます重要性を増す遺伝医学の研究、教育、臨床の充実をめざしています。

これまでの歩み

平成25年4月札幌医科大学医学部に新たな学科目「遺伝医学」を開設、担当教授として櫻井晃洋が着任
平成25年7月石川亜貴が助教として着任
平成25年10月札幌医科大学附属病院に臨床遺伝外来を開設。11月から診療を開始。
平成26年2月臨床遺伝専門医制度委員会より専門医研修施設として認定
平成26年6月認定遺伝カウンセラー制度委員会より、遺伝カウンセラー養成課程として認定
平成27年4月大学院医学研究科修士課程遺伝カウンセリングコース開設

札幌医科大学

医学部遺伝医学

研究のテーマ

研究のテーマ

  • 遺伝性腫瘍症候群に関する臨床的・基礎的研究
  • 小児先天異常に関する臨床的・基礎的研究
  • わが国の社会風土に即した遺伝医療のあり方に関する臨床的・社会学的研究
  • 社会における遺伝リテラシー向上に関する臨床的・社会学的研究

遺伝カウンセリングコースのご案内

遺伝医学の進歩に伴い、あらゆる領域の医療において遺伝情報の重要性が高まっています。適切な遺伝性疾患の診療と遺伝情報の扱いのためには、医学的、社会的、倫理的な専門知識と技術を有した医療者の関与が不可欠です。

わが国では、この目的で臨床遺伝専門医制度と認定遺伝カウンセラー制度が運営され、あらゆる領域の医療で臨床遺伝専門医や認定遺伝カウンセラーが活躍しています。

このたび、北海道における遺伝医療・人材育成の基幹施設としての整備を進めるべく、新しい分野の人材である認定遺伝カウンセラーを高い水準で養成するコースを設置いたします。

札幌医科大学大学院医学研究科では、医学の幅広い領域の人材を養成する目的で平成20年より修士課程を開設しています。本研究科修士課程に2年以上在学し、専攻の所定の授業科目について30単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で、本大学院医学研究科が行う修士論文の審査および最終試験に合格することで修士(医科学)の学位を認定しています。

遺伝カウンセリングコースでは,上記に加え,認定遺伝カウンセラー認定試験受験資格取得に必要な課程を自由選択として履修します。

札幌医科大学大学院医学研究科
修士課程 2年以上在学
↓
専攻の所定授業科目
30単位以上取得
↓
遺伝カウンセリングコース
自由選択科目
16単位取得
↓
研究指導を受け修士論文作成
↓
修士論文の審査
↓
最終試験に合格
↓
修士(医科学)の学位認定
認定遺伝カウンセラー認定試験
受験資格取得

カリキュラム

遺伝カウンセリングコースでは、遺伝医学・医療の十分な知識、遺伝カウンセリングに必要なコミュニケーション・スキル、医療倫理にのっとった医療人としての基本的態度を身に付け、社会に貢献できる人材を育成するためのカリキュラムを用意しています。

教員は医学部遺伝医学の専任教員2名の他に、本学の多岐にわたる専門分野の臨床遺伝専門医が領域別の教育を担当します。また、人文科学、社会科学系の教育については、本学医療人育成センターの教員が兼任として担当します。

本学ならびに本学附属病院における講義および演習のみで不十分な点は、非常勤講師による特別集中講座を実施するほか、札幌市内の臨床遺伝専門医が在籍する医療機関における実習で補完します。

取得できる学位・資格

  • 医科学修士
  • 認定遺伝カウンセラー認定試験受験資格

履修科目について

学内の多領域の専門教員による協力を得て、広い領域にわたる臨床医学の知識をえるようカリキュラムが組まれており、遺伝カウンセリングコースの学生もこれらを履修します。また、課程以外にも定期的な成書の輪読会やセミナーを開催し、遺伝医学の基礎知識の向上を図ります。

遺伝カウンセリング実習

一年次後期からは臨床に貢献できる人材育成を重視する立場から、来談者の承諾を得た上で遺伝カウンセリングの場に陪席するとともに、定期的に開催する症例検討会の議事録と症例記録を作成し、その内容について担当教員との討論を行い、実践力を養います。

学会・セミナーの参加

遺伝医学・医療に関する広い知識と遺伝カウンセリング技術を習得するため、関連学会が主催するセミナーへの積極的な参加を奨励しています。

お知らせ