札幌医科大学附属病院 臨床遺伝センター

  • 札幌医科大学医学部 臨床遺伝外来

    臨床遺伝外来のご案内

    札幌医大附属病院の遺伝子診療室 臨床遺伝外来では、遺伝の問題について心配や不安を持っている方や、ご本人やご家族が遺伝性の病気である可能性を告げられた方のご相談をお受けしています。

  • 札幌医科大学附属病院 IRUD 未診断疾患イニシアチブ

    IRUD 未診断疾患イニシアチブ

    札幌医科大学附属病院は成人IRUDの北海道の拠点病院に選定され、臨床遺伝センターが窓口となって、このプログラムに参画しています。

  • 札幌医科大学医学部 医学部遺伝医学

    医学部遺伝医学

    札幌医科大学医学部遺伝医学は、現代の医療においてますます重要性を増す遺伝医学の研究、教育、臨床の充実をめざしています。

臨床遺伝センターについて

遺伝医学の進歩に伴い,多くの遺伝性疾患の原因が明らかとなってきました。遺伝情報に基づく正確な診断は、患者さんやご家族に今後の見通しに関するより具体的な情報をお伝えし、原因に基づいた最適の治療法の提案を可能にします。

また、病気の原因に関する研究が進むことにより、これまで治療法がなかった遺伝性疾患に対しても有効な治療法が続々と開発されています。また、遺伝性疾患に限らず、がんの診療をはじめ医療の多くの場面で遺伝情報が活用されるようになっています。

一方で、現在でも原因の不明な遺伝性疾患や患者数が非常に少ないいわゆる稀少疾患も多く、こうした疾患の原因を明らかにし、新たな治療を開発することは、わが国全体の課題でもあります。さらに、医療の中で遺伝情報の重要性がますます大きくなっていくこれからの医療を担う医療者は、専門領域や職種を問わず、基本的な遺伝医学の知識を身に付けることが求められます。

こうした遺伝医学・遺伝医療をめぐる状況に適切に対応し、遺伝性疾患に対するきめの細かい医療を提供できる体制を確立すると同時に、遺伝医学の研究や医療関係者の遺伝医療についての研修を推進する目的で、札幌医科大学附属病院では「臨床遺伝センター」を設置しています。