札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座 トップページメール サイトマップ 札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座

イメージ 教授あいさつ 教室の沿革 教室の沿革 マップ

研究紹介

腫瘍

 札幌医科大学医学部泌尿器科では、以前より泌尿器がんに関する基礎研究、臨床研究を積極的に行っており、国内外から高い評価を受けています。現在進行中の研究内容をご紹介します。

     
1. 基礎研究
  腎細胞がんにおけるPHD3の機能解析
  TFE3関連腎がんの生物学的特徴と遺伝子プロファイルの解析
  腎がん細胞に対するインターフェロンα・分子標的治療薬の作用
  腎がんに対する分子標的治療がもたらす免疫学的効果の解析
  膀胱がんにおけるmicroRNAの発現とゲノム構造異常の研究
  尿路上皮がんにおけるがんワクチン療法のブースト薬の研究
  前立腺がんの転移メカニズムの解析〜神経内分泌がん細胞による前立腺がん細胞転移能促進機能とgelsolin遺伝子の関与について
  前立腺がんにおけるCldn4の発現とCPE (Clostridium perfringens enterotoxin) を用いた分子標的療法の開発
     
2. トランスレーショナル・リサーチ(橋渡し研究)
  泌尿器がん患者におけるリンパ球のプロファイルおよび機能解析
  各種泌尿器がん(腎がん、膀胱がん、腎盂・尿管がん、前立腺がん、精巣がんなど)における
がん抗原および新規バイオマーカーの探索
  各種泌尿器がん(腎がん、膀胱がん、腎盂・尿管がん、前立腺がん、精巣がんなど)
細胞におけるHLA class I発現低下の生物学的・臨床的意義に関する研究
  腎細胞がんにおけるIAP family分子livinを標的としたがん免疫療法の樹立に関する研究
  腎細胞がんにおけるHIFPH3を標的としたがん免疫療法の樹立に関する研究
  前立腺がんおけるAMACRを標的としたがん免疫療法の樹立に関する研究
     
3. 臨床研究
  進行腎がんに対する分子標的療法
  TFE3関連腎がんの臨床病理学的検討
  小径腎がんのマネージメントに関する臨床的検討
  進行性腎細胞がんに対するsunitinib, sorafenibクロスオーバー、ランダム化試験(多施設共同研究)
  腎細胞がん患者を対象とした天然型インターフェロンα+ソラフェニブ併用療法の有効性および安全性の検討(多施設共同研究)
  分子標的治療薬ソラフェニブによる手足皮膚反応に対する高すべり性スキンケアパッドの有用性(多施設共同研究)
  進行性腎細胞がん患者に対する分子標的治療の有害事象・有効性と相関する遺伝子多型の探索(多施設共同研究)
  進行尿路上皮がんに対するサバイビンペプチドワクチン・インターフェロンα併用療法(臨床第I相試験)
  再発筋層非浸潤性膀胱がんに対するサバイビンペプチドワクチン予防療法(臨床第II相試験)
  進行尿路上皮がんに対する新規二次化学療法
  膀胱がんに対する拡大リンパ節郭清術の標準化と臨床的有用性
  T1膀胱がんに対する2nd TURBT
  浸潤性膀胱移行上皮がんT2-4aN0M0に対する術前MVAC化学療法による予後改善の意義に関する
第III相試験 (JCOG0209、多施設共同研究)
  T1 high grade膀胱癌のsecond TURBT後T0患者に対するBCG投与と無治療経過観察のランダム化第V相比較試験(JCOG、多施設共同研究)
  Micropapillary膀胱がんの臨床病理学的検討
  膀胱がんに対する根治的膀胱摘除術前の前立腺部尿道生検の妥当性の検討
  去勢単独療法中の再燃前立腺がんにおける血清テストステロン値の予後へ及ぼす影響
  pT3N0M0前立腺がんの予後解析
  早期前立腺がん根治術後のPSA再発に対する放射線照射と内分泌治療に関するランダム化比較試験
(JCOG0401、多施設共同研究)
  早期前立腺がんに対するPSA監視療法:国際共同比較研究(多施設共同研究)
  精巣腫瘍に対する全身化学療法の長期成績
  精巣腫瘍の晩期再発と二次発がんに関する検討
  精巣腫瘍脳転移例の検討
  難治性精巣腫瘍に対する新規二次・三次化学療法

↑ページのトップへ

感染症

 札幌医科大学医学部泌尿器科での感染症研究は尿路感染症、性感染症、手術部位感染症を中心として行っています。
 尿路感染症では、基礎研究としては、尿路・前立腺の感染免疫、大腸菌の尿路への接着(阻害)などを、主として大学院生が行っております(1~3)。前立腺も含めた尿路の感染免疫については、多くの施設が行っているわけではありませんので、非常にユニークで意義ある研究が行われてきました。臨床研究は、実際の臨床にフィードバックすることができる結果を得るために、より実践的な検討を行ってきました。臨床的に有用な研究としては、急性腎盂腎炎に対する治療の検討 (4~6)、尿路結核の疫学・診断 (7, 8)、尿路耐性菌感染への対応 (9, 10)などが挙げられます。
 性感染症では、疫学 (11~15)、診断 (16~20)、治療 (21, 22)のすべてにおいて臨床研究が絶え間なく進められています。
 手術部位感染症 (surgical site infection; SSI)は、耐性菌への対応も含めて、当科での感染症研究の根幹です。周術期の感染対策、手術部位感染症の発生頻度、感染予防抗菌薬投与法など多方面から研究 (23~34)を行っています。
 その他、慢性前立腺炎の診断・治療 (35-37)、新しい疾患概念である精嚢炎 (38~41)、細菌学的研究 (42, 43)なども行ってきました。
 

 今後も、臨床にフィードバックができる、泌尿器科医にとって有用な研究を進めていきます。
 
文献
1. Shimizu T, et al. Membrane-anchored CD14 is important for induction of Interleukin-8 by lipopolysaccharide and peptidoglycan in uroepithelial cells. Clin. Diagn. Lab. Immunol. 2004, 11: 969-976.
2. Takeyama K, et al. Prostate cell lines secrete IL-8 in response to Mycoplasma hominis through toll-like receptor 2-mediated mechanism. The Prostate 2006, 66: 386-391.
3. Takeyama K, et al. The 6-fluoro-8-methoxy quinolone gatifloxacin down-regulates interleukin-8 production in prostate cell line PC-3. Antimicrobial. Agents Chemother. 51; 162-168, 2007.
4. Takahashi S, et al. Efficacy of a 14-day course of oral ciprofloxacin therapy for acute uncomplicated pyelonephritis. J. Infect. Chemother. 2001, 7; 255-257.
5. 宮本慎太郎、他、急性腎盂腎炎を合併した尿路結石症症例の臨床経過、泌外、2005, 18: 349-352.
6. Takahashi S, et al. Efficacy of treatment with carbapenems and third-generation cephalosporins for patients with febrile complicated pyelonephritis. J Infect Chemother 15; 390-395, 2009
7. Takahashi S, et al. Clinical relevance of nucleic acid amplification test for patients with urinary tuberculosis during antituberculosis treatment. J. Infect. Chemother. 11: 300-302, 2005.
8. Takahashi S, et al. Current survey of urinary tuberculosis in Hokkaido, Japan. J. Infect. Chemother. 13; 105-108, 2007.
9. Takahashi S, et al. Follow up of urology patients discharged with urinary methicillin-resistant Staphylococcus aureus: J. Hosp. Infect. 1997; 37: 249-254
10. Takeyama K, et al. Multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa isolated from the urine of patients with urinary tract infection. J. Infect. Chemother. 2002, 8; 59-63.
11. 西山直隆、他、北海道の性感染症患者数に関する疫学調査、日性感染症誌、12; 117-122, 2001.
12. Takahashi S, et al. Detection of human papillomavirus DNA on the external genitalia of healthy men and male patients with urethritis. Sex. Transm. Dis. 2003, 30; 629-633.
13. Takahashi S, et al. Incidence of sexually transmitted diseases in Hokkaido, Japan, 1998 to 2001. J. Infect. Cheother. 2004, 10: 163-167.
14. Takahashi S, et al. Incidence of sexually transmitted infections in asymptomatic healthy young Japanese men. J. Infect. Chemother. 11: 270-273, 2005.
15. Takahashi S, et al. Detection of Mycoplasma genitalium, Mycoplasma hominis, Ureaplasma urealyticum, Ureaplasma parvum DNAs in urine from asymptomatic healthy young Japanese men. J. Infect. Chemother. 12; 269-271, 2006.
16. 高橋 聡、Chlamydia trachomatisと薬剤耐性、日性感染症誌、2002, 13; 40-43
17. 堀田 裕、他、札幌における淋菌の抗菌薬感受性、日性感染症誌、2002, 13; 108-112.
18. Takahashi S, et al. Analysis of clinical manifestations of male patients with urethritis. J. Infect. Chemother. 12; 283-286, 2006.
19. Takahashi S, et al. Pharyngeal Neisseria gonorrhoeae detection in oral-throat wash specimens of male patients with urethritis. J. Infect. Chemother. 14; 442-444, 2008
20. 高橋 聡、他、クラミジア性尿道炎に対する治療後の治癒判定に関する問題点、日性感染症誌、2004, 15: 101-104.
21. 竹山 康、他、淋菌性尿道炎に対するClavulanic acid-Amoxicillinの治療効果と投与における問題点、日性感染症誌、2004, 15: 112-115.
22. Takahashi S, et al. Clinical efficacy of azithromycin for male nongonococcal urethritis. J. Infect. Chemother. 14; 409-412, 2008
23. Matsukawa M, et al. Staphylococcus aureus bacteriuria and surgical site infections by methicillin-resistant Staphylococcus aureus. Int. J. Antimicrob. Agents. 2001, 17; 327-330.
24. 堀田 裕、他、経直腸的前立腺生検時の予防的抗菌薬単回投与の有用性、日化療会誌、2001, 49; 642-644.
25. 清水俊明、他、泌尿器科領域でのOpen Surgery症例術前の鼻腔、尿培養と創部感染との関連に関する検討、環境感染、2001, 16; 267-269.
26. Takeyama K, et al. Prophylactic antimicrobial agents in urologic laparoscopic surgery: 1-day versus 3-day treatments. J. Infect. Chemother. 2004, 10: 168-171.
27. Mutoh M, et al. Systemic inflammatory response syndrome in open versus laparoscopic adrenalectomy. Urology 2004, 64: 422-425.
28. Takeyama K, et al. Incidence of and risk factors for surgical site infection in patients with radical cystectomy with urinary diversion. J. Infect. Chemother. 2005, 11: 177-181.
29. Takahashi S, et al. Surgical antimicrobial prophylaxis in transurethral ureterolithotripsy. J. Infect. Chemother. 2005, 11: 239-243.
30. Takahashi S, et al. Disinfection by antiseptics in management of postoperative surgical wounds in urologic operations. Acta Urol. Jpn. 52, 89-94, 2006.
31. Takeyama K, et al. Comparison of 1-day, 2-day, and 3-day administration of antimicrobial prophylaxis in radical prostatectomy. J. Infect. Chemother. 13; 320-323, 2007.
32. 加藤秀一、他、膀胱全摘除術および尿路変向術後に発生し、linezolidが奏効したMRSA骨盤内膿瘍の治療経験、泌外、21; 1011-1013, 2008
33. Hashimoto J, et al. Clinical relevance of single administration of prophylactic antimicrobial agents against febrile events after removal of ureteral stents for patients with urinary diversion or reconstruction. Int J Urol (in press)
34. Kyoda Y, et al. Decrease in incidence of surgical site infections in contemporary series of patients with radical cystectomy. J Infect Chemother (in press)
35. Kunishima Y, et al. National institute of health chronic prostatitis symptom index for Japanese men. Urology 2002, 60; 74-77.
36. Takahashi S, et al. Application of real-time polymerase chain reaction technology to detect prostatic bacteria in patients with chronic prostatitis/chronic pelvic pain syndrome. World J. Urol. 2003, 21; 100-104.
37. Kunishima Y, et al. Gatifloxacin treatment for chronic prostatitis: a prospective multicenter clinical trial. J. Infect. Chemother. 14; 137-140, 2008
38. Furuya R, et al. Is seminal vesiculitis a discrete disease entity? Clinical and microbiological study of seminal vesiculitis in patients with acute epididymitis. J. Urol. 2004, 171; 1550-1553.
39. Furuya R, et al. A patient with seminal vesiculitis prior to acute chlamydial epididymitis. J. Infect. Chemother. 2005, 11: 250-252.
40. Furuya R, et al. Chlamydial seminal vesiculitis without symptomatic urethritis and epididymitis. Int. J. Urol. 13, 466-467, 2006.
41. Furuya R, et al. Is urethritis accompanied by seminal vesiculitis? Int J Urol 16; 628-631, 2009
42. Matsukawa M, et al. Bacterial colonization on intraluminal surface of urethral catheter. Urology 2005, 65: 440-444.
43. Matsukawa M, et al. Time courses of bacterial density in urine during antibacterial chemotherapy and influential factors in patients having positive bacteriuria with a complicated urinary tract. J. Infect. Chemother. 13; 99-104, 2007.

↑ページのトップへ

ED

作成中です。

↑ページのトップへ

その他

作成中です。

↑ページのトップへ

 

 

研究紹介

腫瘍

感染症

ED

その他

札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座アクセス

札幌医科大学附属病院

札幌医科大学


同門会

講義ノート