札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座 トップページメール サイトマップ 札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座

イメージ 教授あいさつ 教室の沿革 教室の沿革 マップ

2009年度 業績・論文

腫瘍 感染症 性機能
排尿異常・前立腺肥大症 内分泌 腎移植・腎疾患
その他    

腫瘍

論文
1) Honma I, Kitamura H, Torigoe T, Takahashi A, Tanaka T, Sato E, Hirohashi Y, Masumori N, Tsukamoto T, Sato N: Phase I clinical study of anti-apoptosis protein surviving-derived peptide vaccination for patients with advanced or recurrent urothelial cancer.  Cancet Immunol Immunother 58; 1801-1807, 2009.
2) Honma I, Kitamura H, Torigoe T, Tanaka T, Sato E, Hirohashi Y, Masujori N, Sato N and Tsukamoto T: Human leukocyte antigen class I down-regulation in muscle-invasive bladdet cancert: Its association with clinical characteristics and survival after cystectomy.  Cancer Science 100; 2331-2334, 2009.
3) Mori M, Masumori N, Fukuta F, Nagata Y, Sonoda T, Sakauchi F, Ohnishi H, Nojima M, Tsukamoto T: Traditional Japanese diet and prostate cancer.  Mol Nutr Food Res 53; 191-200, 2009.
4) 田中俊明、塚本泰司:I. 腎細胞癌に対する周術〈根治的腎摘除術〉経胸腹的腎摘除術. 『新Urologic Surgeryシリーズ3 腎細胞癌および上部尿路癌の手術』、冨田善彦、松田公志、中川昌之編集、pp.22-31, Medical View、2009.
5) 橋本浩平、舛森直哉、塚本泰司:前立腺癌 『病気と薬 パーフェクト Book 2009』、横田千津子、池田宇一、大越教夫監修・編集、pp.1444-1449、南山堂、2009.
6) 小林 皇、舛森直哉:C 腎癌 6. Stage I腎がんにおいて無治療経過観察は治療選択肢となりうるか. 『EBM泌尿器疾患の治療』、後藤百万、小川 修、筧 善行ほか編集、pp.169-172、中外医学社、2009.
7) 塚本泰司、舛森直哉:IV. Stage II (T2a, bNOMO)およびStage III (T3am , bNOMO)の診断と治療. 『膀胱癌診療ガイドライン 2009年度版』、日本泌尿器科学会編、pp.37-63、医学図書出版、2009.
8) 塚本泰司、小林 皇:1.各種のがん 7) 腎・泌尿器  腎盂・尿管がん(上部尿路がん). 日本医師会誌 138(特別号)『がん診療 udate』、跡見裕監修、島田安博、杉原健一ほか編集、pp.S236-S237、日本医師会、2009
9) 塚本泰司、広部恵美、武藤雅俊:〈イラストレイテッド膀胱全摘除術と尿路変向術 術前・術中・術後の管理とその対策〉術後早期合併症とその対策. 臨床泌尿器科 63(増刊号); 225-230, 2009.
10) 舛森直哉:〈新人ナースに必要な泌尿器科疾患の知識〉前立腺癌. 泌尿器ケア 14; 312-313, 2009.
11) 塚本泰司、田中俊明:膀胱癌―今日においてもBCGおよびMVACは標準治療か?− 臨床泌尿器科 63; 311-316, 2009.
12) 田中俊明、塚本泰司:精巣腫瘍治療後の晩期再発とその治療. Urology View 7; 74-77, 2009.
13) 橋本浩平、舛森直哉、福多史昌、塚本泰司:ドセタキセル療法による間質性肺炎―札幌医大におけるホルモン不応性前立腺癌に対するドセタキセル療法の検討結果よりー. 泌尿器外科 22; 901-905, 2009.
14) 福多史昌、本間一也、武藤雅俊、舛森直哉、塚本泰司:膀胱癌に対する根治的膀胱摘除後の局所再発症例の予後. 泌尿紀要 55; 469-473, 2009.
15) 舛森直哉:尿路上皮がんに対する全身化学療法. 泌尿器ケア 2009年冬季増刊号; 80-94, 2009.
16) 舛森直哉:ネクサバールとインターフェロン併用の基礎的検討. 泌尿器外科 別冊『19th Bayer Symposium記録』; 1574-1575, 2009.
17) 舛森直哉、塚本泰司、栃沢史朗:腎細胞がん治療の新しい試みーIFN+分子標的薬の基礎データ. 泌尿器外科 22(臨増); 334-336, 2009.
18) 舛森直哉、武藤雅俊、福多史昌、塚本泰司:新しい多剤併用化学療法(GCなど). 泌尿器外科 22(臨増); 280-282, 2009.
19) 京田有樹、小林 皇、高橋 敦、橋本浩平、井上隆太、市原浩司、塚本泰司他:嫌色素腎細胞癌の門脈腫瘍塞栓を伴った晩期肝転移の1例. 泌尿紀要 55; 23-25, 2009.
20) 塚本泰司:〈第1回BCG注入療法研究会記録〉一般演題 臨床、司会の言葉. 泌尿器外科 22; 182, 2009.

学会発表
21) Kobayashi K, Kyoda Y, Fukuta F, Hashimoto K, Maehana T, Masumori N, Tsukamoto T: Long-term outcome of patients with small, localized renal cell carcinoma is not always favorable.  24th Annual EAU Congress, March 17-21, 2009, Stockholm.
22) Tanaka T, Torigoe T, Hirohashi Y, Sato E, Kitamura H, Masumori N, Sato N, Tsukamoto T: Expression of hypoxia-inducible factor in renal cell carcinoma is independent of von-hippel landau protein inactivation.  AUA 2009 Annual Meeting, April 25-30, 2009, Chicago.
23) 舛森直哉、塚本泰司:〈シンポジウム〉進行膀胱癌の治療戦略:現状と未来 “筋層浸潤性膀胱癌に対する周術期化学療法の意義”. 第47回日本癌治療学会総会、2009年10月22-24日、横浜.
24) 北村 寛、塚本泰司:〈シンポジウム〉浸潤性膀胱癌周辺の話題 “拡大リンパ節郭清術”  第74回日本泌尿器科学会東部総会、2009年10月28-30日、松本.
25) 村中貴之、武藤雅俊、宮本慎太郎、福多史昌、本間一也、舛森直哉、塚本泰司:根治的膀胱摘除術における拡大リンパ節郭清に関する検討. 第97回日本泌尿器科学会総会、2009年4月16-19日、岡山.
26) 高柳明夫、加藤隆一、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:根治的膀胱摘除術後の上部尿路再発に関する検討.第97回日本泌尿器科学会総会、2009年4月16-19日、岡山.
27) 五十嵐学、前田俊浩、舛森直哉、塚本泰司、島 正樹、高橋 敦、高木良雄:腎盂尿管癌における手術療法の治療成績.  第97回日本泌尿器科学会総会、2009年4月16-19日、岡山.
28) 宮本慎太郎、福多史昌、進藤哲哉、武藤雅俊、村中貴之、舛森直哉、塚本泰司:表在性膀胱癌の長期臨床経過.  第97回日本泌尿器科学会総会、2009年4月16-19日、岡山.
29) 栗村雄一郎、高橋 聡、進藤哲哉、橋本次朗、田口圭介、島 正樹、五十嵐学、高橋 敦、高木良雄、井上隆太、国島康晴、舛森直哉、塚本泰司:BCG膀胱内注入療法の副作用についての検討.  第97回日本泌尿器科学会総会、2009年4月16-19日、岡山.
30) 北村 寛:Novel antitumor DNA vaccine combining particulate antigen secretion and immunomodulatory treatments.  第68回日本癌学会総会、2009年10月1-3日、横浜.
31) 田中俊明、鳥越俊彦、廣橋良彦、本間一也、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司、佐藤志:Expression of HIFPH3 is induced in VHL intact RCC cell line with non-confluent culture in the normoxic condition.第68回日本癌学会総会、2009年10月1-3日、横浜.
32) 橋本浩平、舛森直哉、塚本泰司:去勢単独療法中の再燃前立腺癌における血清テストステロン値の予後へ及ぼす影響. 第47回日本癌治療学会総会、2009年10月22-24日、横浜.
33) 広部恵美、舛森直哉、北村 寛、塚本泰司:TFE3染色陽性腎細胞癌の病理臨床学的検討.  第47回日本癌治療学会総会、2009年10月22-24日、横浜.
34) 村中貴之、上原央久、武藤雅俊、福多史昌、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:micropapillary urothelial carcinomaを認めた9例の臨床的検討.  第47回日本癌治療学会総会、2009年10月22-24日、横浜.
35) 田中俊明、鳥越俊彦、廣橋良彦、佐藤昇志:腎細胞癌におけるHIFPH3発現の機序に関する検討. 第98回日本病理学会総会、2009年5月1-3日、京都.
36) 舛森直哉、伊藤直樹、加藤隆一、塚本泰司:札幌医大における腹腔鏡下腎部分切除術の縫合法の変遷と手術成績. 第23回日本Endourology・ESWL学会総会、2009年11月11-13日、東京.
37) 松木雅裕、広部恵美、島 正樹、京田有樹、西田幸代、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:腎部分切除術後に急速な進行をきたしたTFE3関連腎癌の1例.  第74回日本泌尿器科学会東部総会、2009年10月28-30日、松本.
38) 田中俊明、鳥越俊彦、廣橋良彦、佐藤英次、本間一也、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司、佐藤昇志:抗HIFPH3抗体の腎細胞癌における血清マーカーとしての有用性の検討. 第74回日本泌尿器科学会東部総会、2009年10月28-30日、松本.
39) 松田洋平、高橋 聡、橋本浩平、舛森直哉、塚本泰司:当科における陰茎癌の検討. 日本泌尿器科学会第376回北海道地方会、2009年1月24日、札幌.
40) 上原央久、武藤雅俊、村中貴之、栗村雄一郎、加藤隆一、舛森直哉、塚本泰司:微小肺腫瘍塞栓をきたしたmicropapllary urothelial carcinomaの1例.  日本泌尿器科学会第376回北海道地方会、2009年1月24日、札幌.
41) 田中俊明、鳥越俊彦、廣橋良彦、佐藤英次、北村 寛、舛森直哉、佐藤昇志、塚本泰司:腎細胞癌におけるHIFPH3発現の機序に関する検討. 日本泌尿器科学会第376回北海道地方会、2009年1月24日、札幌.
42) 北村 寛:【特別講演】前立腺癌におけるHLA class I down-regulationと免疫逃避. 日本泌尿器科学会第377回北海道地方会、2009年6月13日、札幌.
43) 松木雅裕、広部恵美、島 正樹、京田有樹、西田幸代、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:腎部分切除後に急速な進行をきたしたTFE3関連腎癌の一例.  日本泌尿器科学会第377回北海道地方会、2009年6月13日、札幌.
44) 橋本浩平、舛森直哉、橋本次朗、塚本泰司:去勢単独療法中の再燃前立腺癌における血清テストステロン値の予後へ及ぼす影響.  日本泌尿器科学会第377回北海道地方会、2009年6月13日、札幌.
45) 田中俊明:【特別講演】腎細胞がんにおけるHIFPH3発現の機序に関する検討.  日本泌尿器科学会第378回北海道地方会、2009年9月19日、札幌.
46) 市原浩司、北村 寛、福多史昌、舛森直哉、塚本泰司:根治的膀胱摘除前の前立腺部尿道生検の妥当性の検討.  日本泌尿器科学会第378回北海道地方会、2009年9月19日、札幌.
47) 西田幸代、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:当科における複数の分子標的薬使用経験.  日本泌尿器科学会第378回北海道地方会、2009年9月19日、札幌.
48) 田中俊明、鳥越俊彦、廣橋良彦、橋本浩平、小林 皇、佐藤英次、北村 寛、舛森直哉、佐藤昇志、塚本泰司:腎細胞癌におけるHIFPH3発現の機序に関する検討. 第18回泌尿器科分子・細胞研究会、2009年2月13-14日、鹿児島.
49) 高柳明夫:進行性前立腺癌に対する内分泌療法の治療成績. 第4回北海道泌尿器科がんフォーラム、2009年8月22日、札幌.
50) 西田幸代、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:当科における複数の分子標的薬使用経験. 第38回腎癌研究会、2009年10月25日、東京.
51) 橋本浩平、舛森直哉、塚本泰司:術前術後補助療法未施行の前立腺癌pT3N0M0の予後. 第25回前立腺シンポジム、2009年12月12-13日、東京.

↑ページのトップへ

感染症

論文
1) Takahashi S, Kurimura Y, Takeyama K, Hashimoto K, Miyamoto S, Ichihara K, Igarashi M, Hashimoto J, Furuya R, Hotta H, Uchida K, Miyao N, Yanase M, Takagi Y, Tachiki H, Taguchi K, Tsukamoto T: Efficacy of treatment with carbapenems and third-generation cephalosporins for patients with febrile complicated pyelonmephritis.  J Infect Chmother 15; 390-395, 2009.
2) Takahashi A, Muratani T, Yasuda M, Takahashi S, et al.: Genetic profiles of fluoroquinolone-resistant Escheria coli isolates obtained from patients with cystitis: Phylogeny, virulence factor, PAI usp subtypes, and mutation patterns.  J Clin Microb 47; 791-795, 2009.Takahashi A, Muratani T, Yasuda M, Takahashi S, et al.: Genetic profiles of fluoroquinolone-resistant Escheria coli isolates obtained from patients with cystitis: Phylogeny, virulence factor, PAI usp subtypes, and mutation patterns.  J Clin Microb 47; 791-795, 2009.
3) Furuya R, Takahashi S, Furuya S, Saitoh N, Ogura H, Kurimura Y and Tsukamoto T: Is urethritis accompanied by seminal vesiculitis?  Int J Urol 16; 628-631, 2009.
4) 栗村雄一郎、高橋 聡、塚本泰司:尖圭コンジローマ −治療のゴールデンスタンダード−. 『皮膚科サブスペシャリティーシリーズ 1冊でわかる性感染症』、本田まりこ、宮地良樹、清水 宏編集、pp.133-136、文光堂、2009.
5) 塚本泰司、高橋 聡:性感染症 『看護のための最新医学講座 10微生物と感染症』第2版、日野原重明、井村裕夫監修、岩本愛吉編集、pp.242-250、中山書店、2009.
6) 高橋 聡、塚本泰司:尿路・性器の性感染症. 『Year note 2010別冊 Selected Articles』 pp.1307-1315, 2009.
7) 〈日本化学療法学会UTI薬効評価基準見直しのための委員会〉委員長 松本哲朗、委員 高橋 聡ほか:尿路性器感染症に関する臨床試験実施のためのガイドライン(第1版)UTI薬効評価基準の改定に当たって(改訂版の命名を含めて. 日本化学療法学会誌 57; 511-525, 2009.
8) 高橋 聡:〈新人ナースに必要な泌尿器科疾患の知識〉間質性膀胱炎. 泌尿器ケア 14; 332-333, 2009.
9) 高橋 聡:〈新人ナースに必要な泌尿器科疾患の知識〉前立腺炎. 泌尿器ケア 14; 334-335, 2009.
10) 高橋 聡:泌尿器科手術における術創の消毒. 臨床泌尿器科 63; 801-805, 2009.
11) 高橋 聡:膀胱炎. 医学と薬学 62; 595-600, 2009.
12) 高橋 聡:TRL7アナゴニストによる尖圭コンジローマの治療. 感染炎症免疫 39; 168-169, 2009.
13) 高橋 聡:性感染症検査・診断法の進歩. Urology View 7; 23-26, 2009.

学会発表
14) Takahashi S, Kurimura Y, Hirose T, Furuya R, Iwasawa A, Tsukamoto T, et al: Management for males whose female partners are diagnose with genital chlamydial infection.  18th International Society for STD Research, June28-Julyt 1, ’09, London.
15) Takahashi S, et al., Japanese Society of UTI Cooperative Study Group: Symptomatic efficacy of Gatifloxacin in male non-gonococcal uretritis in Japan: A clinical trial.  18th International Society for STD Research, June28-Julyt 1, ’09, London.
16) Takahashi S, Itoh S, Kurimura Y, Hamasuna R, Tsukamoto T: Survey of the contamination on the probe of ultrasound device in urological outpatient clinic.  The 8th East Asian Conference on Infection Control and Prevention, Nov. 12-13, ’09, Tokyo.
17) Takahashi S: Diagnosis and treatment for genital Chlamydia infections in Japanese STI Guidelines.  UTI Experts Consensus Meeting 2009, Nov. 28, 2009, Gwangju, Korea.
18) 高橋 聡:〈アップデートセッション パネルディスカッション〉尿路性器感染症領域 “性感染症” 第97回日本泌尿器科学会総会、2009年4月16-19日、岡山.
19) 高橋 聡〈卒後教育〉尿路性器感染症 “重症尿路性器感染症と尿路性器特異的感染症” 第97回日本泌尿器科学会総会、2009年4月16-19日、岡山.
20) 高橋 聡、市原浩司、栗村雄一郎、塚本泰司:当科におけるリネゾリドの使用経験. 第56回日本化学療法学会東日本支部総会、2009年10月30-31日、東京.
21) 高橋 聡、栗村雄一郎、広瀬崇興、砂押研一、古屋亮兒、岩澤晶彦、竹田孝一、鈴木伸和、林 謙治、佐藤隆志、橋本次朗、田口圭介、塚本泰司:女性パートナーが性器クラミジア感染症と診断された男性への対応. 日本泌尿器科学会第376回北海道地方会、2009年1月24日、札幌.
22) 高橋 聡、舛森直哉、田中俊明、橋本浩平、栗村雄一郎、市原浩司、久末伸一、北村 寛、塚本泰司: 下部尿路症状を主訴に受診した患者の残尿量と尿路感染症の関係.  日本泌尿器科学会第378回北海道地方会、2009年9月19日、札幌
23) 高橋 聡、栗村雄一郎、広瀬崇興、砂押研一、古屋亮兒、岩澤晶彦、竹田孝一、鈴木伸和、林 謙治、佐藤隆志、橋本次朗、田口圭介、塚本泰司:女性パートナーが性器クラミジア感染症と診断された男性への対応. 第18回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会、2009年11月13-14日、つくば.

↑ページのトップへ

性機能

論文
1) Kobayashi K【学位論文】, Masumori N, Kato R, Hisasue S, Furuya R and Tsukamoto T: Orgasm is preserved regardless of ejaculatory dysfunction with selective a1 A-blocker administration.  Int J Imp Res 21; 306-310, 2009.
2) Yamashita S, Kato R, Kobayashi K, Hisasue S, Arai Y and Tsukamoto T: Nerve injury-related erectile dysfunction following nerve-sparing radical prostatectomy: A novel experimental dissection model.  Int J Urol 16; 905-911, 2009.
3) 久末伸一、舛森直哉、橋本浩平、高橋 聡、伊藤直樹、鈴木孝浩、齋藤 豪、塚本泰司:根治的子宮摘除術における神経温存の下部尿路機能回復への影響. 泌尿器外科 22; 61-66, 2009.
4) 加藤隆一、久末伸一、小林 皇、橋本浩平、塚本泰司:術後陰茎(ED)リハビリテーションの有用性. 泌尿器外科 22; 139-143, 2009.
5) 小林 皇、加藤隆一、橋本浩平、久末伸一、山下慎一、田中俊明、前田俊浩、福多史昌、舛森直哉、塚本泰司他:Aging males’ symptoms (AMS)スコアの因子分析. 泌尿紀要 55; 475-478, 2009.
6) 久末伸一、塚本泰司:〈Column〉高齢男性の「性」. 日本医師会誌 138(特別号 生涯教育シリーズ77 高齢者診療マニュアル); S48, 2009.

学会発表
7) Hisasue S: <Invited Lecture> Sex difference in brain and its urological aspect.  Clinical Urology Based on Research and Experience, Jan. 3, 2009, Seoul.
8) Kobayashi K, Kato R, Hisasue S, Yamashita S, Hashimoto K, Masumori N, Tsukamoto T: Endothelial nitric oxide synthase in corpus cavernosum is decreased in a rat model of erectile dysfunction following lower urinary tract symptoms/bladder outlet obstruction.  24th Annual EAU Congress, March 17-21, 2009, Stockholm.
9) Yamashita S, Kato R, Kobayashi K, Hisasue S, Masumori N, Arai Y, Tsukamoto T: Inhibition of interleukin-6 rescues dysfunction of a rat model of nerve-sparing radical prostatectomy.  AUA 2009 Annual Meeting, April 25-30, 2009, Chicago.
10) Hisasue S, Kobayashi K, Kato R, Hashimoto K, Yamashita S, Masumori N, Tsukamoto T: The distribution of neuronal nos-positive nerve fibers around the human prostate.  3rd International Consultation on Sexual Medicine, July 10-13, 2009, Paris.
11) Hisasue S, Hashimoto K, Takeuchi M, Kyoda Y, Kobayashi K, Kitamura H, Takahashi S, Masumori N, Tsukamoto T: The impact of the cohabition with female on the recovery from the erectile dysfunction following cavernous nerve injury in rat.  12th Biennial Meeting of the Asia-Pacific Society for Sexual Medicine, December 12-15, 2009, Singapore.
12) 久末伸一、スネイ・メリアン、チラー・パトリック他: 脳の性差における性ホルモン代謝産物とエストロゲン受容体サブタイプの役割. 第97回日本泌尿器科学会総会、2009年4月16-19日、岡山.
13) 小林 皇、加藤隆一、久末伸一、山下慎一、舛森直哉、塚本泰司:下部尿路通過障害による勃起障害発症の機序―陰茎海綿体でのeNOS発現の低下.  第97回日本泌尿器科学会総会、2009年4月16-19日、岡山.
14) 山下慎一、加藤隆一、小林 皇、久末伸一、舛森直哉、荒井陽一、塚本泰司:神経温存前立腺摘除術後に生じる勃起障害のラット実験モデルにおける急性期UL-6、IL-6Rの発現.  第97回日本泌尿器科学会総会、2009年4月16-19日、岡山.
15) 久末伸一、小林 皇、京田有樹、橋本浩平、加藤隆一、舛森直哉、塚本泰司:パートナーの存在は海綿体神経損傷後の勃起回復に影響を与えるか? 日本性機能学会第20回学術総会、2009年9月17-19日、東京.
16) 京田有樹、久末伸一、小林 皇、橋本浩平、加藤隆一、舛森直哉、塚本泰司:女性尿道周囲組織のPSA免疫染色の検討.  日本性機能学会第20回学術総会、2009年9月17-19日、東京.
17) 小林 皇、久末伸一、加藤隆一、橋本浩平、京田有樹l、松田洋平、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:Sildenafil治療を開始したED患者とそのパートナーの性機能に関する検討. 日本性機能学会第20回学術総会、2009年9月17-19日、東京.
18) 松田洋平、小林 皇、加藤隆一、久末伸一、橋本浩平、山下慎一、栗村雄一郎、舛森直哉、塚本泰司:異なる原因の射精障害2症例に対するアモキサピンによる治療経験.  日本性機能学会第20回学術総会、2009年9月17-19日、東京.
19) 久末伸一:〈シンポジウム〉EDの基礎と臨床 “加齢による神経栄養因子受容体の骨盤神経節細胞における遺伝子発現変化. 第62回日本自律神経学会、2009年11月5-6日、和歌山.
20) 山下慎一:【特別講演】神経温存前立腺摘除術後に生じる勃起障害のメカニズム解明をめざして−実験モデルの確立から臨床へ−. 日本泌尿器科学会第376回北海道地方会、2009年1月24日、札幌.
21) 久末伸一、小林 皇、加藤隆一、橋本浩平、山下慎一、舛森直哉、塚本泰司:ヒト前立腺周囲におけるnNOS陽性神経線維分布. 第6回泌尿器科再建再生研究会、2009年6月6日、神戸.

↑ページのトップへ

排尿異常・前立腺肥大症

論文
1) Tsukamoto T, Masumori N, Nakagawa H, Arai Y, Komiya A, Ichikawa T, Takei M, Yamaguchi A, Lui Y and Crane MM: Changes in prostate volume in Japanese patients with benign prostatic hyperplasia: Association with other urological measures and risk of surgical intervention.  Int J Urol 16; 622-627, 2009.
2) Masumori N, Tsukamoto T, Iwasawa A, Furuya R, Sonoda T, Mori M: Ejaculatory disorders caused by Alpha-1 blockers for patients with lower urinary tract symptoms suggestive of benign prostatic hyperplasia: Comparison of Naftopidil and tamsulosin in a randomized multicenter study.  Urol Int 83; 49-54, 2009.
3) Tsukamoto T, Endo Y, Narita M: Efficacy and safety of dutasteride in Japanese men with benign prostatic hyperplasia.  Int J Urol 16; 745-750, 2009.
4) Takeuchi M, Masumori N, Tsukamoto T: Contemporary patients with LUTS/BPH requiring prostatectomy have long-term history of treatment with a1-blockers and large prostates compared with past cases.  Urology 74; 606-610, 2009.
5) Yoshimura K, Oka Y, Kamoto T, Tsukamoto T, Oshiro K, Suzukiamo Y, Kinukawa N, Ogawa O: Night-time frequency, sleep disturbance and geniral health-related quality of life: Is there a relation?  Int J Urol 16; 96-100, 2009.
6) Masumori N: TUR improves long-term outcomes.  ICS Congress Newsletter, San Francisco, 29th Sep.-3rd Oct., 2009, page 12.
7) 舛森直哉、塚本泰司:前立腺肥大症の自然史. 『よくわかって役に立つ 前立腺肥大症のすべて』、平尾佳彦編集、pp.28-34、永井書店、2009.
8) 本泰司、遠藤之洋、成田道郎:日本人男性の前立腺肥大症に対するヂュタステリドの至適用量の検討:タンダム化、二重盲検、プラセボ対照、並行群間、用量反応試験. 泌尿紀要 55; 209-214, 2009.
9) 〈第15回学会賞臨床部門受賞論文〉福多史昌【学位論文】、舛森直哉、森 満、塚本泰司: 前立腺肥大症に対する将来の治療を予測する因子―北海道島牧村15年の縦断的調査結果より―. 日本排尿機能学会誌 20; 312-316, 2009.
10) 舛森直哉:排尿筋過活動には抗コリン薬が比較的有効―自律神経障害の薬物療法―. 難病と在宅ケア 14; 37-40, 2009.
11) 舛森直哉:LUTS―前立腺から膀胱の時代へ. Urology View 7; 8-12, 2009.
12) 舛森直哉:前立腺肥大症の薬物療法. 薬事新報 No.2473; 396-402, 2009.
13) 舛森直哉:〈新人ナースに必要な泌尿器科疾患の知識〉前立腺肥大症. 泌尿器ケア 14; 310-311, 2009.
14) 舛森直哉、柳瀬雅裕、市原浩司:前立腺がん検診研究班(田中班)の概要・進捗状況 3)北海道セクションの進捗状況. 泌尿器外科 22; 1115-1117, 2009.
15) 石塚 修、山西友典、後藤百万、舛森直哉ほか:〈LUTS:新たなエビデンス〉漢方製剤の臨床効果―牛車腎気丸を中心として―. Urology View 7; 81-84, 2009.

学会発表
16) Masumori N, Furuya R, Tanaka Y, Furuya S, Ogura H, Tsukamoto T: Twelve-year symptomatic outcome of transurethral resection of the prostate for patients with lower urinary symptoms by prostatic enlargement compared to the preoperative urodynamic findings.  International Continnence Society 39th Annual Meeting, Sept.29-Oct.3, 2009, San Francisco.
17) 舛森直哉:〈教育セミナー〉前立腺の大きさの意味と前立腺縮小の効果. 第97回日本泌尿器科学会総会、2009年4月16-19日、岡山.
18) 舛森直哉:〈シンポジウム〉同効薬剤の選択―そのエビデンスと実際― “αブロッカー” 第74回日本泌尿器科学会東部総会、 2009年10月28-30日、松本.
19) 舛森直哉:〈ランチョンセミナー〉前立腺肥大症の診断と治療を考える “シロドシンの射精障害は効果の予測因子である”.  第74回日本泌尿器科学会東部総会、 2009年10月28-30日、松本.
20) 舛森直哉:〈イブニングセミナー〉α還元酵素阻害薬ヂュタステリドの前立腺肥大症に対する有効性及び安全性. 第16回日本排尿機能学会、2009年9月10-12日、福岡.
21) 舛森直哉、岩澤晶彦、佐藤隆志、古屋亮兒、宮本慎太郎、笹村啓人、田沼 康、清水俊明、宮尾則臣、鈴木伸和、国島康晴、伊藤直樹、渋谷秋彦、塚本泰司:頻尿、尿意切迫感、尿失禁を有する患者における新規抗コリン薬の効果不十分例での塩酸プロピベリンの有用性の検討.  第16回日本排尿機能学会、2009年9月10-12日、福岡.
22) 舛森直哉、堀田浩貴、柳瀬雅裕、青木正治、宮尾則臣、酒井 茂、国島康晴、塚本泰司:α1ブロッカー投与後も蓄尿症状が持続する前立腺肥大症患者に対するソリフェナシンの併用効果.  第16回日本排尿機能学会、2009年9月10-12日、福岡.
23) 高橋 聡、舛森直哉、田中俊明、橋本浩平、栗村雄一郎、市原浩司、久末伸一、塚本泰司:下部尿路症状を主訴に受診した患者の残尿量と尿路感染の関係.  第16回日本排尿機能学会、2009年9月10-12日、福岡.
24) 福多史昌、舛森直哉、塚本泰司、森 満:経直腸的超音波断層法による前立腺内部構造で将来の前立腺容積の変化を予測する〜北海道島牧村における初回調査15年後の縦断研究結果より〜.  第97回日本泌尿器科学会総会、2009年4月16-19日、岡山.

↑ページのトップへ

内分泌

論文
  な し

学会発表
1) Maehana T, Tanaka T, Masumori N, Tsukamoto T: Establishment of a management protocol for subclinical cushing syndrome and nonfunctioning aderenocortical adenoma.  AUA 2009 Annual Meeting, April 24-30, 2009, Chicago.
2) Hisasue S, Kobayashi K, Furuhashi M, Hashimoto K, Kato R, Tanaka T, Masumori N, Tsukamoto T: The impact of testosterone replacement on the morphological change of abdominal fat cell in an aging male rat.  5th Congress of Asia Pacific Society for the Study of Aging Male, Oct. 15-18, 2009, Osaka.
3) 前鼻健志、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司:Subclinical Cushing症候群および非機能性副腎皮質腺腫の臨床的検討. 第97回日本泌尿器科学会総会、2009年4月16-19日、岡山.
4) 久末伸一、小林 皇、橋本浩平、加藤隆一、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司:雌との共棲が加齢雄ラットのテストステロン値と勃起能に及ぼす影響. 日本アンドロロジー学会第28回学術大会、2009年7月3-4日、富山.
5) 橋本浩平、小林 皇、田中俊明、前田俊浩、久末伸一、伊藤直樹、舛森直哉、塚本泰司:男性ホルモンの骨密度および骨代謝へ及ぼす影響についての検討. 第9回日本内分泌学会北海道地方会、2009年10月10日、札幌.

↑ページのトップへ

腎移植・腎疾患

論文
1) 市原浩司、田中俊明、前鼻健志、北村 寛、高橋 聡、塚本泰司:血液透析導入後出現した血小板減少症が生体腎移植術後に改善した1例. 腎移植・血管外科 21; 53-57, 2009.
学会発表
2) 田中俊明、清水 崇、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司、佐藤嘉一、大西茂樹、丹田 均:経過観察中に下大静脈進展を認めた腎血管筋脂肪腫の1例.  第25回腎移植血管外科研究会、2009年6月26日、三重県志摩.
3) 前鼻健志、田中俊明、市原浩司、村中貴之、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司、柳瀬雅裕:腎移植後劇的に改善した血小板減少症の1例. 第25回腎移植血管外科研究会、2009年6月26日、三重県志摩.
4) 市原浩司、前鼻健志、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:腎移植後劇的に改善した血小板減少症の1例. 第13回北海道移植フォーラム、2009年6月27日、札幌.
↑ページのトップへ

その他

論文
1) Masumori N, Ikeda H and Endo T: Acute hepatitis induced by replacement oral testosterone product in a female-to-male patients with gender identity disorder.  Int J Urol 16; 530-531, 2009.
2) 塚本泰司:後腹膜腫瘍、後腹膜線維症 『今日の治療指針 2009年版』 、山口 徹、北原光夫、福井次矢総編集、p.818、医学書院、2009.
3) 北村 寛、塚本泰司:泌尿器科手術における血管損傷に対するトラブルシューティング. 泌尿器外科 22; 1205-1208, 2009.
4) 西田幸代、舛森直哉、塚本泰司:下肢静脈瘤を伴う患者における術前深部静脈超音波検査の意義. 臨床泌尿器科 63; 1079-1082, 2009.
5) 舛森直哉:座長コメント. 腎癌研究会会報 No.36; 31, 2009.

学会発表
6) Masumori N, Nishinaka K, Kunishima Y, Tanaka T, Itoh N, Tsukamoto T: Laparoscopic pyeloplasty using Hellstrom technique in a 6-year-old boy with ureteropelvic junction obstruction by crossing vessels associated with horseshoe kidney.  27th World Congress of Endourology & SWL, Oct.6-10, 2009, Munich.
7) 舛森直哉、池田官司、遠藤俊明、大村東生、塚本泰司:札幌医大における性同一性障害の診断と治療. 第97回日本泌尿器科学会総会、2009年4月16-19日、岡山.
8) 西田幸代、舛森直哉、高橋 聡、伊藤直樹、塚本泰司:腹腔鏡下腎・腎尿管手術において解放移行となった症例の臨床的特徴.  第23回日本Endourology・ESWL学会総会、2009年11月11-13日、東京.
9) 西田幸代、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:下肢静脈瘤を伴う患者における術前深部静脈超音波検査の意義. 第74回日本泌尿器科学会東部総会、2009年10月28-30日、松本.
10) 舛森直哉、池田官司、遠藤俊明、大村東生、塚本泰司:札幌医大における性別適合手術の初期経験. GID学会第11回研究大会、2009年2月14-15日、長崎.
11) 舛森直哉、池田官司、遠藤俊明、大村東生、塚本泰司:札幌医大における性同一性障害の診断と治療. 日本泌尿器科学会第376回北海道地方会、2009年1月24日、札幌.
12) 西田幸代、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:下肢静脈瘤を伴う患者における術前深部静脈超音波検査の意義.  日本泌尿器科学会第377回北海道地方会、2009年6月13日、札幌.
13) 清水 崇、広部恵美、橋本浩平、前田俊浩、福多史昌、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司:根治的前立腺摘除術におけるDermabondの有用性.  日本泌尿器科学会第377回北海道地方会、2009年6月13日、札幌.
14) 舛森直哉、伊藤直樹、加藤隆一、広部恵美、清水 崇、武居史泰、高橋 聡、西田幸代、塚本泰司:札幌医科大学における腹腔鏡下腎部分切除術の縫合法の変遷と手術成績.  日本泌尿器科学会第378回北海道地方会、2009年9月19日、札幌.

↑ページのトップへ

 

業績・論文

2010年度 業績・論文

2009年度 業績・論文

2008年度 業績・論文

2007年度 業績・論文

2006年度 業績・論文

札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座アクセス

札幌医科大学附属病院

札幌医科大学


同門会

講義ノート