札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座 トップページメール サイトマップ 札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座

イメージ 教授あいさつ 教室の沿革 教室の沿革 マップ

2008年度 業績・論文

腫瘍 感染症 性機能
排尿異常・前立腺肥大症 内分泌 その他

腫瘍

論文
1) Kitamura H, Tsukamoto T: Prognostic biomarkers of renal cell carcinoma: Recent advances. Indian J Urol Jan-Mar; 10-15, 2008.
2) Hashimoto K, Masumori N, Takei F, Fukuta F, Takahashi A, Itoh N, Hasegawa T, Tsukamoto T: Prognostic value of surgical margin status for biochemical following radical prostatectomy.  Jpn J Clin Oncol 38; 31-35, 2008.
3) Hisasue S, Yanase M, Shindo T, Iwaki H, Fukuta F, Nishida S, Muranaka T, Miyamoto S, Tsukamoto T, Takatsuka K: Infouence of body mass index and total testosterone level on biochemical recurrence following radical prostatectomy.  Jpn J Clin Oncol 38; 129-123, 2008.
4) Takayanagi A, Masumori N, Kobayashi K, Kunishima Y, Takahashi A, Itoh N, Yamakage M, Namiki M, Tsukamoto T: Acute normovolemic hemodilution for radical retropubic prostatectomy and radical cystectomy.  Urology 72; 401-405, 2008.
5) Sato E【学位論文】, Torigoe T, Hirohashi Y, Kitamura H, Tanaka T, Honma I, Asanuma H, Harada K, Takasu H, Masumori N, Itoh N, Haegawa T, Tsukamoto T, Sato N: Identification of an immunogenic CTL epitope of HIFPH3 for immunotherapy of renal cell carcinoma.  Clin Cancer Res 14; 6916-6923, 2008.
6) Shintaku I, Satoh M, Okajima E, Fujimoto H, Kamoto T, Ogawa O, Kawai K, Akaza H, Tsukamoto T, Naito S, Miki T, and Arai Y: Survival of metastatic germ cell cancer patients assessed by international germ cell consensus classification in Japan.  Jpn J Clin Oncol 38; 281-287, 2008.
7) Naito S, Tsukamoto T, Koga H, Harabayashi T, Sumiyoshi Y, Hoshi S, Akaza H: Docetaxel plus prednisolone for the treatment of metastatic hormone-refractory prostate cancer: A multicenter phase II trial in Japan.  Jpn J Clin Oncol 38; 365-372, 2008.
8) Furuya S, Hisasue S, Furuya R, Saitoh N, Ogura H, Takahashi S, Tsukamoto T: Fate of seminal vesicles and prostate after medical castration: How long is the optimal duration of neoadjuvant treatment for prostate cancer before radiation?  Urology 71; 417-421, 2008.
9) Ito K, Kakehi Y, Naito S, Okuyama A, and Japanese Urological Association [Masumori N: one of authors for the Japanese Urological Association guidelines Japanese edition published in 2008]: Japanese urological associationj guideline on prostate-specific antigen-based screening for prostate cancer and the ongoing cluster cohort study in Japan.  Int J Urol 15; 763-768, 2008.
10) Ishidoya S, Ito A, Orikasa K, Kawamura S, Tochigi T, Kuwahara M, Yamanobe T, Tomita Y, Masumori N, Tsukamoto T, Shibuya D, Arai Y: The outcome of prostate cancer screening in a normal Japanese population with PSA of 2-4 ng/ml and the free/total PSA under 12%.  Jpn J Clin Oncol 38; 844-848, 2008.
11) Tochizawa S, Masumori N, Yanai Y, Ohmoto Y, Yabuuchi Y, Tsukamoto T: Antitumor effects of a combination of interferon-alpha and sorafenib on human renal carcinoma cell lines.  Biomedical Res 29; 271-278, 2008.
12) 橋本浩平、舛森直哉、塚本泰司:前立腺癌 『病気と薬 パーフェクトBOOK 2008』 池田宇一、大越敦夫ほか監修・編集、pp.1490-1495、南山堂、2008.
13) 塚本泰司、橋本浩平:泌尿生殖器 『老年腫瘍学』 田村和夫、鍋島一樹、鈴宮淳司編集、pp.63-66、文光堂、2008.
14) 塚本泰司、舛森直哉、北村 寛、本間一也:質問と回答“浸潤性膀胱癌に対する根治的手術におけるリンパ節郭清:郭清の意義と郭清領域について教えてください” 『泌尿器科―専門医にきく最新の臨床―』 北村唯一」編集、pp.64-67、中外医学社、2008.
15) 舛森直哉、塚本泰司:前立腺がんの検査 『インフォームドコンセントのための図説シリーズ』 吉田修監修、大園誠一郎、荒井陽一編集、pp.18-23、医薬ジャーナル社、2008.
16) 塚本泰司、武藤雅俊:Genitourinary 泌尿器科系悪性腫瘍 V.膀胱癌:術前化学療法の役割  Jpn J Cancer Chemother 35; 39-43, 2008.
17) 北村 寛、福多史昌、本間一也、市原浩司、舛森直哉、塚本泰司:浸潤性膀胱癌に対する外科治療の意義と限界. Urology View 6; 62-69, 2008.
18) 竹内 基、国島康晴、高柳明夫、広部恵美、小林 皇、舛森直哉、山口岳彦、塚本泰司:Retropertoneal malignant solitary fibrous tumorの1例. 泌尿器外科 21; 99-102, 2008.
19) 福多史昌、前田俊浩、塚本泰司:膀胱癌の化学療法. 外科治療 98(増刊号); 717-723, 2008.
20) 塚本泰司、舛森直哉:高齢者前立腺疾患:前立腺癌と肥大症の診断と治療. 日本老年医学会誌 45; 135-137, 2008.
21) 橋本浩平、塚本泰司:前立腺がん生存者における治療法とQOL. 血液・腫瘍科 57; 518-523, 2008.
22) 橋本次朗、舛森直哉、l高橋 敦、伊藤直樹、塚本泰司:当科におけるホルモン不応性前立腺癌の治療成績. 泌尿器外科 21; 1149-1151, 2008.
23) 武居史泰、舛森直哉、伊藤直樹、高橋 敦、大内 敦、晴山雅人、佐々木文、長谷川匡、塚本泰司:T3-4NOMO前立腺癌77例の治療成績. 泌尿器外科 21; 1383-1389, 2008.
24) 塚本泰司:<前立腺がんと骨転移―上手にコントロールするためには?−>骨転移はホルモン剤、ビスフォスフォネート剤を上手く使って治療しよう. がんサポート 53; 35-39, 2008.

学会発表
25) Honma I, Kitamura H, Torigoe T, Hirohashi Y, Sato E, Takahashi A, Taguchi K, Masumori N, Itoh N, Sato N, Tsukamoto T: <ワークショップ>UJrothelial Cell Cancer “Phase I clinical study of anti-apoptosis protein, survivin-derived peptide vaccine therapy for patients with advanced or recurrent urothelial cancer. 第93回日本泌尿器科学会総会、2008年4月25-27日、横浜.
26) 塚本泰司:【基調講演】浸潤性膀胱がんに対する外科治療の質を再考する. 第93回日本泌尿器科学会総会、2008年4月25-27日、横浜.
27) 塚本泰司:<シンポジウム>分子標的治療の最前線 (2) 臨床研究 “切除不能腎細胞癌患者におけるソラフェニブ長期使用の臨床的有益性”. 第46回日本癌治療学会総会、2008年10月30日-11月1日、名古屋.
28) 進藤哲哉、福多史昌、舛森直哉、塚本泰司:<ワークショップ>表在性膀胱癌の治療戦略 “固有筋層採取が確実であったT1G3膀胱癌の予後”.  第46回日本癌治療学会総会、2008年10月30日-11月1日、名古屋.
29) 小林 皇、京田有樹、福多史昌、橋本浩平、舛森直哉、塚本泰司:<パネルディスカッション>小さな腎腫瘍に対する診断と治療戦略 “小径腎細胞癌の予後不良例に関する長期観察での検討”.  第46回日本癌治療学会総会、2008年10月30日-11月1日、名古屋.
30) 舛森直哉:<ランチョンセミナー> ホルモン不応性前立腺癌―化学療法のパラダイムシフト.  第46回日本癌治療学会総会、2008年10月30日-11月1日、名古屋.
31) 舛森直哉:<シンポジウム>浸潤性膀胱癌の治療―新しい試み “新しい多剤併用化学療法(GCなど) 第73回日本泌尿器科学会東部総会、2008年9月18-20日、東京.
32) 舛森直哉、塚本泰司、栃沢史朗:<ワークショップ 司会:塚本泰司>腎細胞がん治療Update2008 “腎細胞がん治療の新しい試み−IFN+分子標的薬の基礎データ.  第73回日本泌尿器科学会東部総会、2008年9月18-20日、東京.
33)
  • 本間一也、北村 寛、鳥越俊彦、廣橋良彦、佐藤英次、高橋 敦、舛森直哉、伊藤直樹、佐藤昇志、塚本泰司:a-Methylacyl-Coenzyme A racemase (AMACR)を標的とした前立腺癌に対する新規癌免疫療法開発に向けた基礎的研究.  第93回日本泌尿器科学会総会、2008年4月25-27日、横浜.
34) 佐藤英次、鳥越俊彦、廣橋良彦、本間一也、北村 寛、中津川宗秀、井野田智子、桐山賢二、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司、佐藤昇志:HIF prolyl hydroxylase 3 (HIFPH3)を標的とした腎細胞癌に対する新規癌免疫療法開発に向けた基礎的研究.  第93回日本泌尿器科学会総会、2008年4月25-27日、横浜.
35) 五十嵐学、高橋 聡、田中俊明、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:進行癌における上部尿路閉塞症例に対する尿管ステントの意義.  第93回日本泌尿器科学会総会、2008年4月25-27日、横浜.
36) 福多史昌、武藤雅俊、本間一也、舛森直哉、塚本泰司:根治的膀胱摘除術後pTO症例の背景と予後. 第93回日本泌尿器科学会総会、2008年4月25-27日、横浜.
37) 武藤雅俊、福多史昌、広部恵美、市原浩司、本間一也、舛森直哉、塚本泰司:根治的膀胱摘除術における術後早期合併症の検討.  第93回日本泌尿器科学会総会、2008年4月25-27日、横浜.
38) 田中俊明、鳥越俊彦、廣橋良彦、本間一也、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司、佐藤昇志:新規腫瘍抗原HIFPH3の腎細胞癌における発現の意義. 第67回日本癌学会総会、2008年10月28-30日、名古屋.
39) 新海信雄、舛森直哉、橋本浩平、塚本泰司:前立腺癌検出における14ヶ所生検の意義.  第46回日本癌治療学会総会、2008年10月30日-11月1日、名古屋.
40) 佐藤俊介、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司:当科における胚細胞腫瘍の長期治療成績.  第46回日本癌治療学会総会、2008年10月30日-11月1日、名古屋.
41) 広部恵美、舛森直哉、前鼻健志、松田洋平、高柳明夫、清水 崇、高橋 聡、塚本泰司:TFE3関連融合遺伝子形成を伴った若年性腎細胞癌の2例.  第73回日本泌尿器科学会東部総会、2008年9月18-20日、東京.
42) 五十嵐学、前田俊浩、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:腎盂尿管癌における手術療法の治療成績. 日本泌尿器科学会第373回北海道地方会、2008年1月26日、札幌.
43) 佐藤俊介、田中俊明、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:当科における胚細胞腫瘍の長期成績.  日本泌尿器科学会第373回北海道地方会、2008年1月26日、札幌.
44) 京田有樹、小林 皇、福多史昌、橋本浩平、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:当科腎癌症例の長期予後に関する検討.  日本泌尿器科学会第373回北海道地方会、2008年1月26日、札幌.
45) 新海信雄、舛森直哉、橋本浩平、伊藤直樹、塚本泰司:前立腺癌検出における14ヶ所生検の意義.  日本泌尿器科学会第373回北海道地方会、2008年1月26日、札幌.
46) 武藤雅俊、福多史昌、宮本慎太郎、進藤哲哉、高橋 聡、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:腸管利用尿路変更術に経鼻胃管は必要か? −根治的膀胱摘除術症例における検討― 日本泌尿器科学会第373回北海道地方会、2008年1月26日、札幌.
47) 松田洋平、田中俊明、佐藤俊介、加藤隆一、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:胚細胞腫瘍脳転移症例の臨床的検討.  日本泌尿器科学会第374回北海道地方会、2008年6月21日、札幌.
48) 進藤哲哉、福多史昌、舛森直哉、塚本泰司:固有筋層採取が確実であったT1G3膀胱癌の予後.  日本泌尿器科学会第374回北海道地方会、2008年6月21日、札幌.
49) 広部恵美、舛森直哉、前鼻健志、松田洋平、高柳明夫、清水 崇、高橋 聡、塚本泰司:TFE3関連融合遺伝子形成を伴った若年性腎細胞癌の2例.  日本泌尿器科学会第375回北海道地方会、2008年9月6日、札幌.
50) 高柳明夫、加藤隆一、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:根治的膀胱摘除術後の上部尿路再発に関する検討.  日本泌尿器科学会第375回北海道地方会、2008年9月6日、札幌.
51) 村中貴之、武藤雅俊、福多史昌、本間一也、舛森直哉、塚本泰司:根治的膀胱摘除術における拡大リンパ節郭清に関する検討.  日本泌尿器科学会第375回北海道地方会、2008年9月6日、札幌.
52) 舛森直哉:<分子標的薬と免疫療法の位置づけについて>症例から学ぶ腎細胞がん治療の実際(日本における分子標的薬に関して症例呈示). 泌尿器がん治療フォーラム、2008年1月19日、東京.
53) 舛森直哉:【招聘特別発言】泌尿器科医からみた膀胱癌に対する放射線治療. 第50回北日本放射線腫瘍学研究会、2008年6月7日、札幌.
54) 橋本浩平、舛森直哉、塚本泰司、高橋 敦ほか:前立腺全摘除術後のPSA再発に対するsalvage放射線療法の検討. 第4回泌尿器腫瘍放射線 (GUTR)研究会、2008年11月1日、名古屋.

↑ページのトップへ

感染症

論文
1) Takahashi S, Kurimura Y, Hashimoto J, Takeyama K, Koroku M, Tanda H, Nishimura M, Tsukamoto T: Pharynbgeal Neisseira gonorrhoeae detection in oral-throat wash specimens of male patients with urethriti.  J Infect Chemother 14; 442-444, 2008.
2) Takahashi S, Matsukawa M, Kurimura Y, Takeyama K, Kunishima Y, Iwasawa A, Koroku M, Tanda H, Suzuki N, Takagi Y, Hirose T, Nishimura M, Tsukamoto T: Clinical efficacy of azithromycin for male nongonococcal urethritis.  J Infect Chemother 14; 409-412, 2008.
3) Takahashi S, Uehara T, Shima M, Takasugi S, Hashimoto K, Itoh N: Septic pulmonary embolism caused by Candida albicans after treatment for urinary multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa. J Infect Chemother 14; 436-438, 2008.
4) 高橋 聡:クラミジア(男性). 「性感染症 STD」(改訂第2版)、田中正利編集、pp.151-161、2008.
5) 塚本泰司:泌尿器科領域感染症. 「抗菌薬の使い方」第4版、木村哲編集、pp.137-151、第一三共梶A2008.
6) 加藤秀一、田中俊明、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:膀胱全摘除術および尿路変向術後に発生し、linezolidが奏効したMRSA骨盤内膿瘍の治療経験. 泌尿器外科 21; 1011-1013, 2008.
7) 高橋 聡:<泌尿器科の疾患について患者さんからよくある質問C>感染症(性感染症を含む)について. 泌尿器ケア 12; 900-905, 2008.
8) 塚本泰司、高橋 聡、栗村雄一郎:<院内感染:診断と治療の進歩>X. 院内感染対策からみた特殊病態患者管理 3. 尿道カテーテル. 日本内科学会雑誌 97; 2737-2742, 2008.
9) 高橋 聡:<尿路感染症>腎盂腎炎. 泌尿器ケア 2008夏季増刊(泌尿器科の疾患&治療の知識); 122-129, 2008.
10) 高橋 聡:<特集 泌尿器科外来ベストナビゲーション>1. 尿路・性器の炎症性疾患 ■非特異性感染症【尿道炎】臨床泌尿器科 62(増刊号); 34-35, 2008.
11) 高橋 聡、塚本泰司:最近の淋菌感染症. Medical Practice 25; 2104-2105, 2008.
12) 高橋 聡:<産婦人科感染症診断マニュアル>男性のHPV無症候性感染. 産科と婦人科 75; 1423-1426, 2008.
13) 高橋 聡、塚本泰司:HIV感染の診断と治療. 臨床とウイルス 36; 372-376, 2008.
14) 上原央久、高橋 聡ほか:尿路と交通した感染性腎嚢胞の1例. 泌尿器外科 21; 1537-1539, 2008.

学会発表
15) Takahashi S:<Special Lecture>Clinical relevance of various nucleic acid amplification tests for Chlamydia trachomatis or Neisseria gonorrhoeae infection.  6th Annual Meeting of Korean Association of Urogenital Tract Infection and Inflammation.  May 10, 2008, Seoul.
16) Takahashi S:<Symposium>Voiding dysfunction and UTI “Neurogenic bladder and UTI”.  11th Western Pacific Congress on Chemotherapy and Infectious Diseases, Nov. 29-Dec. 3, 2008, Taipei.
17) Takahashi S, Kurimura Y, Hashimoto J, Ichihara K, Tsukamoto T: Therapeutic efficacy of carbapene and 3rd generation cephem for febrile complicated pyelonephritis.   11th Western Pacific Congress on Chemotherapy and Infectious Diseases, Nov. 29-Dec. 3, 2008, Taipei.
18) 高橋 聡:<卒後教育プログラム>尿路性器感染症 “泌尿器科領域における感染制御ガイドラインについて”. 第96回日本泌尿器科学会総会、2008年4月25-27日、横浜
19) 高橋 聡:<ワークショップ>尿路・後腹膜腔感染症の画像診断 “ドレナージ後の転帰が異なった感染性腎嚢胞と後腹膜膿瘍症例” 第82回日本感染症学会総会、2008年4月17-18日、松江.
20) 高橋 聡:<パネルディスカッション>症例より学ぶーSTD “STD” 第73回日本泌尿器科学会東部総会、2008年9月18-20日、東京.
21) 高橋 聡:<イブニングセミナー>地域医療における泌尿器科医のリーダーシップ “尿路・性器感染症” 第73回日本泌尿器科学会東部総会、2008年9月18-20日、東京.
22) 高橋 聡:<卒後教育プログラム>尿路性器感染症 “抗菌薬使用法の基本” 第73回日本泌尿器科学会東部総会、2008年9月18-20日、東京.
23) 高橋 聡:<教育セミナー>淋菌・クラミジアの咽頭感染への対応―耳鼻咽頭科との連携をいかにすべきか.日本性感染症学会第21回学術大会、2008年12月6-7日、東京.
24) 高橋 聡:<シンポジウム>性感染症の現状、新診断法・治療薬ならびに予防啓発について “クラミジア、淋菌の新しい診断法” 第22回日本エイズ学会総会、2008年11月26-28日、大阪.
25) 高橋 聡:<イブニングセミナー>尿道炎の診断と治療の最前線. 第15回日本遺伝子治療学会、2008年8月1日、仙台.
26) 高橋 聡:<シンポジウム>UTI薬効評価基準第5版について “急性単純性膀胱炎” 第19回尿路感染症研究会、2008年11月1日、東京.
27) 高橋 聡、栗村雄一郎、橋本次朗、竹山 康、市原浩司、国島康晴、堀田 裕、広瀬崇興、塚本泰司:複雑性腎盂腎炎に対する第3世代セフェム系抗菌薬の治療効果. 第56回日本化学療法学会総会、2008年6月6-7日、岡山.
28) 栗村雄一郎、高橋 聡、市原浩司、橋本次朗、竹山 康、国島康晴、塚本泰司:術前の尿培養にてMRSAが陽性であった根治的膀胱摘除術症例での術後創部感染.  第56回日本化学療法学会総会、2008年6月6-7日、岡山.
29) 高橋 聡、広瀬崇興、古屋聖兒、岩澤晶彦ほか:女性パートナーが性器クラミジア感染症と診断された男性への対応.  日本性感染症学会第21回学術大会、2008年12月6-7日、東京.
30) 栗村雄一郎、高橋 聡、橋本次朗、竹山 康、広瀬崇興、塚本泰司:性感染症診断治療ガイドラインび認知度調査.  日本性感染症学会第21回学術大会、2008年12月6-7日、東京.
31) 京田有樹、高橋 聡、武藤雅俊、竹山 康、塚本泰司:当科における根治的膀胱摘除術後創感染の検討. 第23回日本環境感染学会総会、2008年2月22-23日、 長崎.
32) 栗村雄一郎、高橋 聡ほか:根治的膀胱摘除術における術後創部感染の臨床的検討. 第21回日本外科感染症学会総会、2008年11月6-7日、札幌.
33) 京田有樹、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:札幌医大における根治的膀胱摘除術後のSSIの検討. 日本泌尿器科学会第374回北海道地方会、2008年6月21日、札幌.
34) 高橋 聡、塚本泰司:間質性膀胱炎の症状と妊娠に関して. 第8回日本間質性膀胱炎研究会、2008年9月13日、東京.
35) 高橋 聡:女性パートナーが性器クラミジア感染症と診断された男性への対応. 第26回日本クラミジア研究会、2008年11月1-2日、岐阜.

↑ページのトップへ

性機能

論文
1) Hisasue S, Kato R, Kobayashi K, Suetomi T, Kiyama H, Tsukamoto T: Alteration of glial cell line-derived neurotrophic factor family receptor alpha-2 mRNA expression and its co-expression with  neuronal nitric oxide synthase in pelvic ganglia following unilateral cavernous nerve injury.  Int J Urol 15; 82-86, 2008.
2) Hisasue S, Kobayashi K, Kato R, Hashimoto K, Yanmashita S, Takahashi S, Masumoti N, Tsukamoto T: Clinical course linkage among different priapism subtypes: Dilemma in the management strategies.  Int J Urol 15; 1006-1010, 2008.
3)
  • Kobayashi K, Masumori N, Hisasue S, Kato R, Hashimosto K, Itoh N, Tsukamoto T: Inhibition of seminal emission is the main cause of anejaculation induced by a new highly selective a1 A-blocker in normal volunteers.  J Sex Med 5; 2185-2190, 2008.
4) Kobayashi K, Hashimoto K, Kato R, Tanaka T, Hirose T, Masumori N, Itoh N, Mori M, Tsukamoto T: The aging males’ symptoms scale for Japanese men: reliability and applicability of the Japanese version.  Int J Imp Res 20; 544-548, 2008.
5) 伊藤直樹、久末伸一、塚本泰司:<男性更年期障害の臨床>判定のための問診法 『男性更年期障害―その関連領域も含めたアプローチ』 白井将文編集、pp.38-41、新興医学出版、東京、2008.
6) 小林 皇、塚本泰司:<症例17>薬剤性高プロラクチン血症 『男性更年期障害―その関連領域も含めたアプローチ』 白井将文編集、pp.196-197、新興医学出版、東京、2008.
7) 小林 皇、塚本泰司:<わが国における男性更年期症例を扱っている主な施設の実態> 札幌医科大学附属病院、『男性更年期障害―その関連領域も含めたアプローチ』 白井将文編集、pp.210-211、新興医学出版、東京、2008.
8) 加藤隆一、福多史昌、小林 皇、舛森直哉、塚本泰司:住民健診結果から見た下部尿路症状とEDとの関連.泌尿器外科 21(臨増); 271-272, 2008.
9) 加藤隆一:勃起機能評価のための動物実験 a) in vivo アニテックス 20; 3-7, 2008.
10) 加藤隆一:高齢者の性障害  臨床精神医学 37; 649-655, 2008.
11) 山下慎一、加藤隆一、小林 皇、荒井陽一、塚本泰司:<第96回日本泌尿器科学会総会賞> 神経温存前立腺摘除術後に生じる勃起障害の新しい実験モデルの確立. 東北医誌 120; 122-124, 2008.

学会発表
12) Kobayashi K, Masumori N, Kato R, Hisasue S, Itoh N, Tsukamoto T: Orgasm is preserved regardless of ejaculatory dysfunction with selective alpha-1Ablocker administration.  23rd Annual EAU Congress, March 26-29, 2008, Milan.
13) Kobayashi K, Kato R, Hisasue S, Yamashita S, Masumori N, Itoh N, Tsukamoto T: Novel animal model for study of the relationship between lower urinary tract symptoms and erectile dysfunction. 23rd Annual EAU Congress, March 26-29, 2008, Milan.
14) Kobayashi K, Hashimoto K, Kato R, Hisasue S,k Tanaka T, Maeda T, Masumori N, Mori M, Hirose T, Tsukamoto T: The Saint Louis University ADAM Questionnaire for Japanese men ¾reliability and applicability of the Japanese version¾ 25th Japan-Korea Urological Congress, Sept. 26-27, 2008, Okayama.
15) Hisasue S, Seney ML, et al.: Control of cell number in the bed nucleus of the stria terminalis of mice: Role of hormone metabolites and estrogen receptor subtypes.  13th World Congress of the International Society for Sexual Medicine, Dec. 7-11, 2008, Brussels.
16) 加藤隆一、小林 皇、塚本泰司ほか:<ワークショップ 司会:塚本泰司>Andrology “ウイルスベクターを用いた、神経栄養因子による海綿体神経再生”. 第96回日本泌尿器科学会総会、2008年4月25-27日、横浜.
17) 久末伸一:<シンポジウム 司会:塚本泰司>α1受容体による射精機能と射精障害 “α1受容体サブタイプと射精障害” 日本性機能学会第19回学術総会、2008年9月5-6日、秋田.
18) 伊藤直樹:<イブニングセミナー>性機能障害治療におけるQOL改善 “次代を担う男性性機” 第18回日本性機能学会東部総会、2008年2月9日、東京.
19) 山下慎一、加藤隆一、小林 皇、荒井陽一、塚本泰司:<第96回日本泌尿器科学会総会賞> 神経温存前立腺摘除の新しい実験モデルの確立.  第96回日本泌尿器科学会総会、2008年4月25-27日、横浜.
20) 小林 皇、加藤隆一、山下慎一、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:下部尿路通過障害は勃起能に影響を与えるか?−実験的モデルの作成― 第96回日本泌尿器科学会総会、2008年4月25-27日、横浜.
21) 小林 皇、加藤隆一、橋本浩平、久末伸一、山下慎一、田中俊明、前田俊浩、福多史昌、舛森直哉、伊藤直樹、広瀬崇興、塚本泰司:Aging Males’ Symptoms rating scaleの因子分析―男性更年期外来受診者での検討. 第73回日本泌尿器科学会東部総会、2008年9月18-20日、東京.
22) 山下慎一、加藤隆一、久末伸一、小林 皇、荒井陽一、塚本泰司:神経温存前立腺摘除術後に生じる勃起障害ラットの実験モデルにおける骨盤神経説でのnNOSの変化.  日本性機能学会第19回学術総会、2008年9月5-6日、秋田.
23) 久末伸一、Seney ML, Taylor P, et al.:テストステロン代謝産物の脳の性差に与える影響.  日本性機能学会第19回学術総会、2008年9月5-6日、秋田.
24) 加藤隆一、久末伸一、小林 皇、橋本浩平、塚本泰司:当科における根治的前立腺摘除術後のEDリハビリテーションの状況について.  日本性機能学会第19回学術総会、2008年9月5-6日、秋田.
25) 小林 皇、加藤隆一、久末伸一、山下慎一、舛森直哉、塚本泰司:下部尿路通過障害は勃起能に影響を与えるか?−実験的モデルの作成と骨盤神経節での変化の検討― 日本性機能学会第19回学術総会、2008年9月5-6日、秋田.
26) 加藤隆一、小林 皇、久末伸一、鈴木孝浩、舛森直哉、伊藤直樹、斉藤豪、塚本泰司:子宮摘除術後の女性性機能障害について―FSFI日本語訳試案を用いた検討― 第18回日本性機能学会東部総会、2008年2月9日、東京.
27) 山下慎一、加藤隆一、小林 皇、伊藤直樹、荒井陽一、塚本泰司:神経温存前立腺摘除術後に生じる勃起障害の新しい実験モデルの確立.  第18回日本性機能学会東部総会、2008年2月9日、東京.
28) 小林 皇、加藤隆一、久末伸一、山下慎一、舛森直哉、塚本泰司、伊藤直樹:下部尿路症状は勃起障害と本当に関係あるのか? 動物モデルを用いた基礎的研究. 日本泌尿器科学会第374回北海道地方会、2008年6月21日、札幌.
29)
  • 小林 皇:<a1ブロッカーの新たな展開(基礎的検討から)> LUTSとED 第10回UTPシンポジウム、2008年1月19日、東京.
30) 山下慎一、加藤隆一、小林 皇、荒井陽一、塚本泰司:神経温存前立腺摘除術後に生じる勃起障害のラット実験モデルにおける骨盤神経節でのnNOSの変化. 第5回泌尿器科再建再生研究会、2008年6月28日、仙台.
31) 久末伸一:性ホルモンと脳の性差 第5回泌尿器疾患フォーラム、2008年10月4日、札幌.
32) 小林 皇、橋本浩平、加藤隆一、久末伸一、山下慎一、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司:60歳以上のED患者のPDE5阻害剤の選択傾向―タダラフィル発売後の動向. 第8回日本Men’s Health医学会、2008年11月29-30日、東京.
33) 山下慎一、加藤隆一、小林 皇、久末伸一、荒井陽一、塚本泰司:ラット神経温存前立腺摘除モデルにおける骨盤神経節でのIL-6、IL-6Rの発現. 第17回泌尿生殖器における信号物質の局在と役割に関する研究会、2008年12月6日、花巻温泉.
34) 小林 皇、加藤隆一、久末伸一、山下慎一、舛森直哉、塚本泰司:下部尿路通過障害で何がどうなって勃起障害になるの? −動物モデルを使った探求―  第17回泌尿生殖器における信号物質の局在と役割に関する研究会、2008年12月6日、花巻温泉.
35) 加藤隆一、久末伸一、小林 皇、山下慎一、塚本泰司、ほか:神経栄養因子と海綿体神経再生―ウイルスベクターを用いた研究―  第17回泌尿生殖器における信号物質の局在と役割に関する研究会、2008年12月6日、花巻温泉.

↑ページのトップへ

排尿異常・前立腺肥大症

論文
1) 塚本泰司、舛森直哉:<前立腺腫瘍>前立腺肥大症. 『最新 泌尿器科診療指針』 村井勝、塚本泰司、小川修編集、pp.157-162、永井書店、大阪、2008.
2) 塚本泰司、福多史昌:Chapter 1 下部尿路機能障害の病態と診断 6. 若年層の下部尿路機能障害の病態と診断 『ファーマナビゲーター 下部尿路機能編』 柿崎秀宏、吉田正貴編集、pp.68-79、メディカルレビュー社、2008.
3) 福多史昌、舛森直哉、塚本泰司:北海道市町村における前立腺がん検診の実態調査. 日本がん検診・診断学会誌 15; 135-139, 2008.
4) 塚本泰司、舛森直哉:Epidemiology and natural history of prostatic diseases (前立腺疾患の疫学と自然史). 排尿障害プラクティス 16; 148-151, 2008.
5) 伊藤直樹:過活動膀胱に対する薬物療法. Journal of Clinical Rehabilitation 17; 50-55, 2008.
6) 田中吉則、舛森直哉:頻尿・尿失禁女性患者に対する塩酸プロピベリンの積極的休薬後の症状・所見の変化. 泌尿器外科 21; 1281-1284, 2008.
7) 田中吉則、舛森直哉、塚本泰司、古屋聖兒、古屋亮兒、小椋 啓:前立腺肥大症に対する経尿道的バルーン・レーザー高温度治療の尿流動体的効果. 函館医誌 32; 1-4, 2008.
8) 塚本泰司、舛森直哉:<国際前立腺会議からの報告> Committee 3 Epidemiology and natural history of prostatic diseases(前立腺疾患の疫学と自然史). 排尿障害のプラクティス 16; 148-151., 2008.
9) 舛森直哉:過活動膀胱の診断と治療. 室蘭医報 13; 17-21, 2008.
10) 舛森直哉:前立腺肥大症の自然史.  室蘭医報 13; 89-91, 2008.

学会発表
11) Fukuta F, Masumori N, Muto M, Miyamoto S, Igarashi M, Tsukamoto T: Does the prostate internal architecture on transrectal ultrasound predict future prostate growth? A 15-year longitudinal comkunity-based study of bvenign prostatic hyperplasia in Japan.  23rd Annual EAU Congress, March 26-29, 2008, Milan.
12) Masumori N, Fukuta F, Tsukamoto T, Sato E, Tanaka Y, Horita H, Takeyama K, Sunaoshi K, Miyao N: What percent of men with lower urinary tract symptoms by postatic enlargement can continue alpha 1-blocker treatment for a long time?  International Continence Society 38th Annual Meeting, Oct.20-24, 2008, Cairo.
13) Fukuta F, Masumori N, Muto M, Miyamoto S, Maeda T, Igarashi M, Tsukamoto T: Natural history of lower urinary tract symptoms in Japanese men from a 15-year longitudinal community-based study.  International Continence Society 38th Annual Meeting, Oct.20-24, 2008, Cairo.
14) 舛森直哉:<教育セミナー>前立腺肥大症における排尿筋低活動. 第96回日本泌尿器科学会総会、2008年4月25-27日、横浜.
15) 舛森直哉:<イブニングセミナー>Male LUTS UPDATE “BPH/LUTS治療後の自然史” 第73回日本泌尿器科学会東部総会、2008年9月18-20日、東京.
16) 舛森直哉:<前立腺癌検診協議会運営委員会・前立腺がん撲滅推進委員会合同会議round table discussion>北海道セッションの進歩状況 第24回前立腺シンポジウム、2008年12月13-14日、東京.
17) 福多史昌:<シンポジウム>腎・泌尿器疾患の疫学研究 “BPHとLUTSの疫学的研究 〜15年後の縦断的調査結果より” 第17回日本腎・泌尿器疾患予防医学研究会、2008年7月10-11日、盛岡.
18) 福多史昌、舛森直哉、五十嵐学、武藤雅俊、塚本泰司:北海道島牧村における前立腺肥大症と下部尿路症状の自然史の縦断的検討.  第96回日本泌尿器科学会総会、2008年4月25-27日、横浜.
19) 舛森直哉、塚本泰司、堀田浩貴、砂押研一、田中吉則、竹山 康、佐藤英次、宮尾則臣:前立腺肥大症に対してα1ブロッカーはいつまで継続可能か? 塩酸タムスロシンを用いた多施設共同前向き試験の結果より. 第15回日本排尿機能学会、2008年8月1日、東京.
20) 福多史昌、舛森直哉、武藤雅俊、宮本慎太郎、前田俊浩、五十嵐学、塚本泰司:前立腺肥大症に対する将来の治療を予測する因子―北海道島牧村15年の縦断的調査結果より.  第15回日本排尿機能学会、2008年8月1日、東京.
21) 福多史昌、舛森直哉、武藤雅俊、宮本慎太郎、前田俊浩、五十嵐学、塚本泰司:将来の前立腺容積の増加は予測可能か? 北海道島牧村における初回調査より15年後の縦断研究結果より. 日本泌尿器科学会第374回北海道地方会、2008年6月21日、札幌.

↑ページのトップへ

内分泌

論文
1) 高柳明夫、小林 皇、橋本浩平、加藤隆一、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:アナボリックステロイドの濫用による低ゴナドトロピン性性腺機能低下症の一例. 日泌尿学会誌 99; 729-732, 2008.

学会発表
2) Ito N, Kobayashi K, Fukuta F, Kato R, Masumori N, Tsukamoto T: Which testosterone best correlates with aging males’ symptoms in healthy Japanese males?  23rd Annual EAU Congress, March 26-29, ’08, Milan.
3) 小林 皇、加藤隆一、久末伸一、橋本浩平、田中俊明、前田俊浩、高橋 聡、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:男性更年期外来における頭髪の評価とその意義. 日本アンドロロジー学会第27回学術大会、2008年7月4-5日、浦安.
4) 前鼻健志、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司、伊藤直樹:Subclinical Cushing症候群および非機能性副腎皮質腺腫の臨床的検討. 日本泌尿器科学会第375回北海道地方会、2008年9月6日、札幌.
5) 伊藤直樹、田中俊明、前田俊浩、小林 皇、加藤隆一、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:最近の男性不妊症外来の現状―泌尿器科医は不妊症治療に貢献しているのか? 第50回日本生殖医学会北海道地方部会、2008年3月1日、札幌.
6) 前鼻健志、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司、伊藤直樹:Subclinical Cushing症候群および非機能性副腎皮質腺腫の臨床的検討. 第8回日本内分泌学会北海道地方会、2008年10月8日、札幌.

↑ページのトップへ

その他

論文
1) Furuya R, Furuya S,l Kato H, Saito N, Takahashi S, Tsukamoto T: New classification of midline cysts of the prostate in adults via a transrectal ultrasonography-guided opacification and dye-injection study.  Brit J Urol Int 102; 475-478, 2008.
2) Furuya S, Furuya R, Masumori N, Tsukamoto T, Nagaoka M: Magnetic resonance imaging is accurate to detect bleeding in the seminal vesicles in patients with hemospermia.  Urology 72; 838-842, 2008.
3) 舛森直哉:特集<泌尿器疾患・治療についての疑問・質問>Q&A 泌尿器ケア 13; 241-248, 2008.
4) 舛森直哉:膀胱膣瘻閉鎖術. 臨床泌尿器科 62; 477-486, 2008.
5) 進藤哲哉、高橋 聡、京田有樹、宮本慎太郎、橋本浩平、舛森直哉、塚本泰司:陰嚢に開口する副尿道の1例. 泌尿紀要 54; 505-507, 2008.
6) 左近賢人、塚本泰司、小林隆夫、藤田 悟、川島隆之ほか:腹部手術後静脈血栓塞栓症の予防に対するフォンダパリヌクスの臨床的評価―間欠的空気圧迫法をベンチマークとした無作為化オープン試験―. 臨床医薬 24; 679-689, 2008.
7) 内藤誠二、塚本泰司ほか、研究協力施設:前立腺癌・前立腺肥大症治療薬のインフォームド・コンセント形成に関する一考察 −前立腺癌・前立腺肥大症患者アンケート調査結果より−. 新薬と臨床 57; 617-624, 2008.
8) 津谷喜一郎、塚本泰司ほか、研究協力施設:よりよいインフォームド・コンセント形成支援のための患者アンケート調査―その2. 前立腺癌・前立腺肥大症― 新薬と臨床 57; 591-616, 2008.
9) 塚本泰司、福多史昌:成人〜老年 『からだの年齢事典』 鈴木隆雄、衛藤隆編集、pp.436-440、朝倉書店、2008.
10) 塚本泰司:<書評>『イラストレイデット泌尿器科手術―図式で覚える術式とチェックポイント』 加藤晴朗著、医学書院、2007. 週刊医学界新聞 No.2775、2008年3月31日号;6

学会発表
11) 舛森直哉、伊藤直樹、加藤隆一、高橋 聡、宮尾則臣、塚本泰司:札幌医大における鏡視下根治的腎摘除術102例のまとめ. 第22回日本Endourology・ESWL学会総会、2008年11月11-13日、大阪.
12) 舛森直哉:札幌医科大学における性別適合手術の現状. 性同一性障害患者支援センター 第3回海外招待講演、2008年7月20日、東京.

↑ページのトップへ

 

業績・論文

2010年度 業績・論文

2009年度 業績・論文

2008年度 業績・論文

2007年度 業績・論文

2006年度 業績・論文

札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座アクセス

札幌医科大学附属病院

札幌医科大学


同門会

講義ノート