札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座 トップページメール サイトマップ 札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座

イメージ 教授あいさつ 教室の沿革 教室の沿革 マップ

2007年度 業績・論文

腫瘍 感染症 性機能
排尿異常・前立腺肥大症 内分泌 その他

腫瘍

論文
1) Kitamura H, Honma I, Torigoe T, Asanuma H, Sato N and Tsukamoto T: Down-regulation HLA class I antigen is an independent prognostic factor for clear cell renal cell carcinoma.  J Urol 177; 1269-1272, 2007.
2) Suzuki K【学位論文】, Nakamura K, Kato K, Hamada H and Tsukamoto T: Exploration of target molecules for prostate cancer gene therapy.  The Prostate 67; 1163-1173, 2007.
3) Kitamura H, Torigoe T, Asanuma H, Honma I, Sato N and Tsukamoto T: Down-regulation of HLA class I antigens in prostate cancer tissues and up-regulation by histone deacetylase inhibition.  J Urol 178: 692-696, 2007.
4) Kitamura H, Honma I, Torigoe T, Hariu H, Asanuma H, Hirohashi Y, Sato E, Sato N and Tsukamoto T: Expression of livin in renal cell carcinoma and detection of anti-livin autoantibody in patients.  Urology 70; 38-42, 2007.
5) Nishida S, Itoh N, Sasao T, Masumori N, Taguchi K, Tsukamoto T: Adrenocortical carcinoma: Retrospective study of 14 patients experienced at a single institution over 34 years.  Int J Urol 14; 581-584, 2007.
6) Hirobe M, Takahashi A, Hisasue S, Kitamura H, Kunishima Y, Masumori N, Iwasawa A, Fujimoto K, Hasegawa T and Tsukamoto T: Bone scanning―Who needs it among patients with newly diagnosed prostate cancer?  Jpn J Clin Oncol 37; 788-792, 2007.
7) Maeda T, Takahashi A, Hirobe M, Honma I, Masumori N, Tsukamoto T: Adverse events of MVAC chemotherapy in patients with advanced urothelial cancer of the bladder.  Acta Urol Jpn 53; 213-219, 2007.
8) Ito N, Eto M, Nakamura E, Takahashi A, Tsukamoto T, Toma H, Nakazawa H, et al.: STAT3 polymorphism predicts interferon-alfa response in patients with metastatic renal cell carcinoma.  J Clin Oncol 25; 2785-2791, 2007.
9) Miki T, Mizutani Y, Akaza H, Ozono S, Tsukamoto T, Terachi T, Naito, K, Nonomura N, Hara I and Yoshida O: Long-term results of first-line sequential high-dose carboplatin, etoposide and ifosfamide chemotherapy with peripheral blood stem cell support for patients with advanced testicular germ cell tumor.  Int J Urol 14; 54-59, 2007.
10) Stenberg CN, Donat M, Bellmunt J, Millikan RE, Stadler W, Mulder P, Sherif A, Maase H, Tsukamoto T and Soloway MS: Chemotherapy for bladder cancer: Treatment guidelines for neoadjuvant chemotherapy, blader preservation, adjuvant chemotherapy, and metastatic cancer.  Urology 69 (Suppl 1A); 62-79, 2007.
11) Nagata Y, Sonoda T, Mori M, Miyanaga N, Okumura K, Goto K, Naito S, Fujimoto K, Hirao Y, Takahashi A, Tsukamoto T, Akaza H: Dietary isoflavones may protect against prostate cancer in Japanese men.   Nutr 137; 1974-1979, 2007.
12) Akaza H, Tsukamoto T, Murai M, Nakajima K and Naito S: Phase II study to investigation the efficacy, safety, and pharmacokiinjetics of Sorafenib in Japanese patients with advanced renal cell carcinoma.  Jpn J Clin Oncol 37; 755-762, 2007.
13) Hinotsu S, Akaza H, Usami M, Ogawa O, Kagawa S, Kitamura T, Tsukamoto T, et al: Current status of endocrine therapy for prostate cancer in Japan―Analysis of primary androgen deprivation therapy on the basis of date collected by J-Cap.  Jpn J Clin Oncol 37; 775-781, 2007.
14) 塚本泰司:腎腫瘍. 「NEW泌尿器科学」 改訂第2版、西沢理、松田公志、武田正之編集、pp.203-213、南江堂、東京、2007.
15) 舛森直哉、塚本泰司:前立腺癌―基礎・臨床研究のアップデート―. 日本臨床 65(増刊号); 239-242, 2007.
16) 塚本泰司、本間一也:泌尿器がん からだの科学No.253「がんの新事典」 垣添忠生編、pp.72-76、日本評論社、2007.
17) 塚本泰司:<泌尿器癌に使用する薬B>腎細胞癌(インターフェロン、インターロイキン-2). 泌尿器ケア 12; 137-141, 2007.
18) 塚本泰司、福多史昌、小林 皇:腎細胞癌. Medical Practice 24(臨時増刊号); 163-167, 2007.
19) 市原浩司、高橋 聡、井上隆太、橋本浩平、小林 皇、伊藤直樹、塚本泰司:Cyclophosphamide長期投与後に発症した膀胱癌の1例. 泌尿器外科 20; 699-701, 2007.
20) 市原浩司、高橋 敦、広部恵美、本間一也、福多史昌、舛森直哉、塚本泰司:高齢者に対する根治的膀胱摘除および尿路変向術後の早期合併症の検討. 泌尿紀要 53; 527-532, 2007.
21) 栗村雄一郎、高橋 敦、広部恵美、国島康晴、舛森直哉、松川雅則、伊藤直樹、塚本泰司:臨床的に腫瘍の存在が認められない尿細胞診陽性例の臨床的検討. 泌尿紀要 53; 455-458, 2007.
22) 塚本泰司:前立腺癌. コンセンサス癌治療 6; 147-149, 2007.
23) 塚本泰司、前田俊浩、福多史昌:筋層浸潤膀胱癌におけるneoadjuvant chemotherapyの意義. 泌尿器外科 20; 1137-1145, 2007.
24) 大園誠一郎、舛森直哉、服部良平、山本新吾、雑賀隆史:<座談会>新厚生腎細胞癌におけるサイトカイン療法の現状と将来―各種治療の整理と治療選択. Pharm Medica 25; 60-69, 2007.

学会発表
25) Honma I, Kitamura H, Torigoe T, Hirohashi Y, Shimozawa K, Takahashi A, Sato E, Takahashi A, Taguchi K, Masumori N, Itoh N, Sato N and Tsukamoto T: Phase I clinical study of anti-apoptosis protein, surviving-derived peptide vaccine therapy for patients with advanced or recurrent urothelial cancer.  AUA 102nd Annual Meeting, May 19-24, 2007l, Anaheim.
26) 本間一也、北村 寛、鳥越俊彦、廣橋良彦、佐藤英次、舛森直哉、高橋 敦、伊藤直樹、佐藤昇志、塚本泰司:新規単クローン抗体による泌尿器科癌におけるHLA class I down-regulation解析と臨床所見. 第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
27) 舛森直哉:<Debate>膀胱癌 “Neobladdet:(Studer法)” 第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
28) 舛森直哉、本間一也、塚本泰司:<ワークショップ>浸潤性膀胱癌に対する治療戦略 “浸潤性膀胱癌に対する外科治療と治療成績”. 第45回日本癌治療学会総会、2007年10月24-26日、京都市.
29) 鈴木一弘、中村公則、加藤和則、柳瀬雅裕、塚本泰司、濱田洋文:前立腺癌の標的化遺伝子治療に関する研究.  第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
30) 武居史泰、舛森直哉、伊藤直樹、高橋 敦、塚本泰司ほか:当院におけるT3-4NOMO前立腺癌78例の治療成績. 第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
31) 本間一也、北村 寛、鳥越俊彦、廣橋良彦、佐藤英次、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司、佐藤昇志:尿路上皮癌におけるsurvivin2Bペプチドワクチン療法第一相臨床試験.  第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
32) 福多史昌、本間一也、高橋 聡、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:根治的膀胱摘除術後の局所再発.  第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
33) 橋本浩平、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司、高橋 敦:根治的前立腺摘除術後のPSA再発症例におけるPSA自然経過に関する検討.  第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
34) 佐藤英次、鳥越俊彦、本間一也、廣橋良彦、中津川宗秀、井野田智子、桐山憲二、北村 寛、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司、佐藤昇志:新規腎癌抗原の同定と解析―免疫治療の適応に関する評価―. 第66回日本癌学会総会、2007年10月3-5日、横浜市.
35) 橋本浩平、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司、高橋 敦:前立腺全摘除術後における切除断端陽性または局所浸潤症例の再発後PSA経過に関する検討. 第45回日本がん治療学会総会、2007年10月24-26日、京都市.
36) 井上隆太、高橋 敦、舛森直哉、塚本泰司:腎癌転移症例の予後因子の検討. 第45回日本がん治療学会総会、2007年10月24-26日、京都市.

↑ページのトップへ

感染症

論文
1)
    • Takeyama K【学位論文】, Mitsuzawa H, Nishitani C, Shimizu T, Sano H, Kunishima Y, Takahashi S, Hotta H, Matsukawa M, Shibata K, Tsukamoto T and Kuroki Y: The 6-Fluoro-8-Methyoxy quinolonre gatifloxacin down-regulates interleukin-8 production in prostate cell line PC-3.  Antimicrobial Agents and Chemotherapy 51; 162-168, 2007.
2)
    • Matsukawa M, Kunishima Y, Takahashi S, Takeyama K and Tsukamoto T: Time courses of bacterial density in urine during antibacterial chemotherapy and influential factors in patients having positive bacteriuria with a complicated urinary tract.  J Infect Chemother 13; 99-104, 2007.
3)
    • Takahashi S, Takeyama K, Kunishima Y, Hashimoto K, Miyamoto S, Ichihara K, Takagi Y, Tanaka T, Hirose T, Sunaoshi K, Takei F, Miyao N, Kurimura Y, Tsukamoto T: Current survey of urinary tuberculosis in Hokkaido, Japan.  J Infect Chemother 13; 105-108, 2007.
4)
    • Inoue R, Hisasue S, Kunishima Y, Masumori N, Itoh N and Tsukamoto T: Pheochromocyhtoma with abscess.  Int J Urol 14; 644-646, 2007.
5)
    • 塚本泰司:高齢者の排尿管理と尿路感染症. 「感染症 今、何が問題となっているのか?」 阿部庄作、

塚本泰司監修、pp.48-50、北海道医師会、2007.

6) 舛森直哉、国島康晴、高橋 聡、佐藤志織里、伊藤直樹、塚本泰司、松川雅則:電子カルテ化に伴う医療環境設備の変化―コンピューター用マウスの細菌学的検査結果―. 環境感染 22; 113-117, 2007.
7) 村中貴之、国島康晴、執行雅紀、加藤隆一、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司ほか:Bacillus Calmette-Guerin膀胱内注入療法後に生じた根治的膀胱摘除後のBacillus Calmette-Guerinによる創感染の1例. 泌尿紀要 53; 581-584, 2007.
8) 高橋 聡:<間質性膀胱炎の最前線>治療手技の進歩―膀胱注入療法 排尿障害プラクティス 15; 258-262, 2007.
9) 高橋 聡:尖圭コンジローマ:男性 Mebio 24; 110-115, 2007.
10) 国島康晴:無症候性健康成人男性(大学生)におけるクラミジア、淋菌、human papillomavirusの陽性頻度. 日本化学療法学会誌 55; 143-146, 2007.
11)
    • 高橋 聡:<STDの現状と今後の展望> 1. 尿道炎の疫学、診断:新しい動向は? 泌尿器外科 20(臨増): 465-466, 2007.
12)
    • 高橋 聡、塚本泰司:尿路・性器の性感染症. 「Year note 2008 別冊SELECTED ARTICLES」, pp.1261-1269, 2007.

学会発表
13) Takahashi S, Takeyama K, Tsukamoto T, et al.: Pharyngeal gonococcal infection in the male patients with uretyhritis.  17th International Society for Sexually Transmitted Diseases Research. Jul. 29-Aug. 1, 2007, Seattle.
14)
    • 高橋 聡:<シンポジウム>性感染症の動向―変貌する尿道炎―“非淋菌性・非クラミジア性尿道炎の病態と対応”. 第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
15)
    • 高橋 聡:<シンポジウム>性感染症診断・治療ガイドライン策定のためのコンセンサス・ミーティング“性器クラミジア感染症―男性”. 日本性感染症学会第20回学術大会、2007年12月1-2日、東京.
16)
    • 高橋 聡:<シンポジウム>性感染症予防・治療のパートナーシップ―患者間および行政・学校・診療科間において―“HPV生殖器への定着―無症候検出”.  日本性感染症学会第20回学術大会、2007年12月1-2日、東京.
17)
    • 高橋 聡:<教育セミナー>淋菌、クラミジア、マイコプラズマの拡大防止策 “淋菌・クラミジア”.  日本性感染症学会第20回学術大会、2007年12月1-2日、東京.
18)
    • 高橋 聡:<Meet the Experts>性感染症に対する治療の最前線. 第72回日本泌尿器科学会東部総会、2007年8月29-31日、札幌市.
19)
    • 高橋 聡:<シンポジウム>各科領域におけるUTIの特徴と問題点 “泌尿器科領域「有熱性の複雑性腎盂腎炎」”. 第18回尿路感染症研究会、2007年11月17日、東京.
20) 橋本次朗、高橋 聡、竹山 康、国島康晴、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:尿路変向・再建術後症例における尿管ステント抜去時の発熱に関する検討. 第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
21) 高橋 聡、国島康晴、竹山 康、市原浩司、高柳明夫、竹内 基、橋本浩平、福多史昌、小林 皇、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:泌尿器科領域の術後感染予防抗菌薬投与における薬物動態的検討.  第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
22)
    • 高橋 聡、竹山 康、国島康晴、堀田 裕、橋本次朗、塚本泰司:複雑性腎盂腎炎に対するカルバペネム系抗菌薬の治療効果. 第55回日本化学療法学会総会、2007年6月1-2日、仙台市.
23)
    • 高橋 聡、小六幹夫、丹田 均、西村昌宏ほか:尿道炎患者における咽頭クラミジア・トラコマティス検出に関する検討. 日本性感染症学会第20回学術大会、2007年12月1-2日、東京.
24)
    • 高橋 聡、宮本慎太郎、橋本次朗、塚本泰司:尿分離多剤耐性緑膿菌に対する治療後に肺真菌性敗血症塞栓症となった1例. 第53回日本化学療法学会東日本支部総会、2007年10月26-27日、東京.
25)
    • 高橋 聡、京田有樹、伊藤直樹、塚本泰司:根治的膀胱摘除術後の創処置と手術創感染. 第37回日本創傷治癒学会、2007年12月6-7日、横浜市.
26) 高橋 聡、橋本次朗、福多史昌、竹山 康、国島康晴、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:尿路変向・再建術後症例における尿管ステント抜去時の発熱に関する検討. 第370回日本泌尿器科学会北海道地方会、2007年1月27日、札幌市.
27)
    • 高橋 聡、宮本慎太郎、五十嵐学、橋本浩平、塚本泰司、古屋亮兒、立木 仁、田口圭介、内田耕介、宮尾則臣、柳瀬雅裕、栗村雄一郎、高木良雄、市原浩司、堀田 裕、三宅正文、橋本次朗、竹山 康、国島康晴:複雑性腎盂腎炎に対するカルバペネム系抗菌薬の治療効果.  第371回日本泌尿器科学会北海道地方会、2007年6月30日、札幌市.
28)
    • 高橋 聡、上原央久、島 正樹、高杉尚吾、伊藤直樹、塚本泰司:尿分離多剤耐性緑膿菌に対する治療後に肺真菌性敗血症塞栓症となった1例.  第372回日本泌尿器科学会北海道地方会、2007年9月22日、旭川市.
29)
    • 高橋 聡、塚本泰司:泌尿器科領域手術手技分類の細分化. 第10回SSIサーベイランス研究会、2007年9月28日、札幌市.
30)
    • 高橋 聡、塚本泰司、小六幹夫、丹田 均、西村昌宏ほか:尿道炎患者における咽頭クラミジア・トラコマティスと咽頭淋菌検出に関する検討. 第25回日本クラミジア研究会、2007年10月27-28日、東京.
31)
    • 宮本慎太郎、高橋 聡、進藤哲哉、橋本浩平、田中俊明、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:経尿道的膀胱腫瘍切除術における周術期感染予防抗菌薬の妥当性. 第21回日本Endourology・ESWL学会総会、2007年11月26-28日、東京.
32)
    • 高橋 聡:泌尿器科手術における術創の消毒と意義. 第24回稲田賞受賞講演会、2007年7月28日、京都市.

↑ページのトップへ

性機能

論文
1)
    • Kato R, Wolfe D, Coyle CH, Huang S, Wechuck JB, Goins WF, Krisky DM, Tsukamoto T, et al: Herpes simplex virus vector-mediated delivcry of glial cell line-derived neurotrophic factor rescues erectile dysfunction following cavernous nerve injury,  Gene Therapy 14; 1344-1352, 2007.
2)
    • Suzuki N, Sato Y, Hisasue S, Kato R, Suzuki K and Tsukamoto T: Effect of testosterone on intracavernous pressure elicited wit electrical stimulation of the medial preoptic area and cavernous nerve in male rats.  J Androl 28; 218-222, 2007
3)
    • 伊藤直樹:質問票(アンケート)の意義と活用. 「男性更年期障害―LOH症候群」奥山明彦、pp.56-63、南山堂、2007.
4) 久末伸一:EDに関する基礎的研究の進歩. 「泌尿器科疾患治療の新しいストラテジー」村井勝、奥山明彦、内藤誠二編集、pp.307-312、Medical View社、2007.
5)
    • 伊藤直樹:PADAMに対する最新治療.  「泌尿器科疾患治療の新しいストラテジー」村井勝、奥山明彦、内藤誠二編集、pp.334-337、Medical View社、2007.
6) 伊藤直樹:男性更年期障害の診断. 臨床泌尿器科 61: 35-39, 2007.
7) 小林 皇、久末伸一、加藤隆一、塚本泰司:術後勃起能回復のための陰茎海綿体リハビリテーション―PDE5阻害薬とPGE1注射の上手な使い方. Urology View 5; 91-95, 2007.
8)
    • 小林 皇、塚本泰司:男性ホルモン補充療法の適応. Modern Physician 27; 1071-1074, 2007.
9) 塚本泰司、加藤隆一、小林 皇:<ホルモン補充療法Up-to-date>選択的アンドロゲン受容体モジュレーター(SARM)〜開発の現状と展望〜. Clinical Calcium 17; 1424-1428, 2007.
10) 小林 皇:下部尿路症状と性機能障害の関連についての研究. 「医学研究成果報告集 第15集」、財団法人札幌医科大学学術振興会編集、pp.128-130, 2007.

学会発表
11) Kato R, Wolfe DP, Coyle CH, Huang S, Wechuck JB, Goins WF, Miguel F, Tsukamoto T, Nelson JB, Chancellor MB, Glorioso JC and Yoshimura N: Herpes simplex virus vector-mediated delivery of glial cell line-derived neurotrophic factor rescues erectile dysfunction of a nerve-sparing radical prostatectomy model.  AUA 102nd Annual Meeting, May 19-24, 2007, Anaheim.
12) Kato R, Wolfe DP, Coyle CH, Wechuck JB, Miguel F, Tsukamoto T, Nelson JB, Chancellor MB, Glorioso J C and Yoshimura N: Herpes simplex virus vector-mediated delivery of a penile neurotrophic factor, neurturin,  rescues erectile dysfunction following cavernous nerve injury.  AUA 102nd Annual Meeting, May 19-24, 2007, Anaheim.
13) Itoh N: <Workshop>Approach and managing for LOH syndrome in Japan “The prevalence of men with late-onset hypogonadisms (LOH) syndrome in Japanese males.  The Second Japan-ASEAN Men’s Health & Aging Conference, Nov. 16-18, 2007, Kaga City, Japan.,
14) Kobayashi K, Kato R, Hashimoto K, Yamashita S, Masumori N, Itoh N, Tsukamoto T: Silodosin improved premature ejaculation ―A case report―. The Second Japan-ASEAN Men’s Health & Aging Conference, Nov. 16-18, 2007, Kaga City, Japan..
15) 伊藤直樹、小林 皇、舛森直哉、塚本泰司:<ワークショップ>泌尿器科領域におけるアンチエイジング医学“男性におけるエイジングとは” 第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
16)
    • 小林 皇:<シンポジウム>ED治療の現況“PDE5阻害剤” 第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
17) 舛森直哉:<卒後教育プログラム>下部尿路閉塞性疾患 “前立腺肥大症の薬物療法に伴う性機能障害” 第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
18) 小林 皇:<卒後・生涯教育プログラム>EDの治療:ED診療ガイドラインに基づいて “第一選択 PDE5阻害剤と陰圧式勃起補助具” 日本性機能学会第18回学術総会、2007年9月14-15日、岡山市.
19) 伊藤直樹:<ワークショップ>男性更年期―テストステロンの医学― “LOHガイドラインとホルモン補充療法”. 第7回日本抗加齢医学会総会、2007年7月20-21日、京都市.
20) 伊藤直樹:<ワークショップ>日本におけるLOH診療の現状と課題 “日本人男性における男性更年期症状とLOH症候群の頻度”. 第7回日本Men’s Health医学会、2007年11月17日、加賀市.
21) 加藤隆一:<シンポジウム>下部尿路症状とED:本当に接点はあるのか? “住民検診結果から見た下部尿路症状とEDとの関連.  第72回日本泌尿器科学会東部総会、2007年8月29-31日、札幌市.
22) 小林 皇、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:前立腺肥大症治療薬の性機能への影響―選択的α1A遮断薬による射精障害の検討.  第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
23) 加藤隆一、塚本泰司ほか:単純ヘルペスウイルスベクターを用いたglical cell line-deived neurotrophic factor (GDNF)による海綿体神経再生.  第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
24) 加藤隆一、小林 皇、塚本泰司:単純ヘルペスウイルスベクターを用いた、神経栄養因子による海綿体神経再生.  日本性機能学会第18回学術総会、2007年9月14-15日、岡山市.
25) 小林 皇、橋本浩平、加藤隆一、田中俊明、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司、広瀬崇興:HeinemannらによるAging male’s symptomsスコア日本語訳試案の妥当性に関する検討.  日本性機能学会第18回学術総会、2007年9月14-15日、岡山市.
26) 加藤隆一、小林 皇、塚本泰司、吉村直樹:単純ヘルペスウイルスベクターを用いた、神経栄養因子neurturinによる海綿体神経再生.  第72回日本泌尿器科学会東部総会、2007年8月29-31日、札幌市.
27) 小林 皇、加藤隆一、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:選択的α1A遮断薬による射精障害とその自覚症状に及ぼす影響. 日本アンドロロジー学会第26会学術大会、2007年7月15-16日、浦安市. 
28) 小林 皇、橋本浩平、高橋 聡、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:PDE5阻害剤時代における陰圧式勃起補助具によるED治療. 第17回日本性機能学会東部総会、2007年2月24日、横浜市.
29) 加藤隆一、小林 皇、塚本泰司ほか:単純ヘルペスウイルスベクターを用いた、神経栄養因子による海綿体神経再生. 日本泌尿器科学会第372回北海道地方会、2007年9月22日、旭川市.
30) 伊藤直樹:<特別講演>男性の医学を考える−男性更年期障害の概念、診断、治療の現状について. 北海道女性薬剤師会特別講演会・総会、2007年5月27日、札幌市.

↑ページのトップへ

排尿異常・前立腺肥大症

論文
1) sukamoto T, Masumori N, Rahman M, Crane MM: Change in international prostate symptom score, prostate-specific antigen and prostate volume in patients with benign porostatic hyperplasia followed longitudinally.  Int J Urol 14; 321-324, 2007.
2) Masumori N, Hashimoto J, Itoh N, Tsukamoto T, and The Sapporo Medical University Naftopidil Study Group: Short-term efficacy and long-term compliance/treatment failure of the α1 blocker naftopidil for patients with lower urinary tract symptoms suggestive of benign prostatic hyperplasia.  Scand J Urol Nephrol 41; 422-429, 2007.
3) Furuya R, Masumori N, Furuya S, Oda T, Tsakahashi S, et al.: Glomerulation observed during transurethral resection of the prostate for patients with lower urinary tract symptoms suggestive of benign prostatic hyperplasia is a common finding but no predictor of clinical outcome.  Urology 70; 922-926, 2007.
4) Yoshimura K, Kamoto T, Tsukamoto T, Oshiro K, Kinukawa N and Ogawa O: Seasonal aloterations in nocturia and other storage symptoms in three Japanese communities.  Urology 69; 864-870, 2007.
5) Yoshimura K, Kamoto t, Oka Y, Tsukamoto T, Oshiro K, Suzukamo Y, Kinukawa N and Ogawa O: Differences between bothersome and non-bothersome night-time frequency.  Neurourology and Urodynamics 26; 1014-1019, 2007.
6) 舛森直哉:慢性前立腺炎. 「よくわかって役に立つ排尿障害のすべて」 西澤理編集、pp.98-107、永井書店、2007.
7) 伊藤直樹:泌尿器疾患―前立腺肥大症. 「ガイドライン外来診療2007」 泉孝英編集、pp.342-347、日経メディカル、2007.
8) 田中俊明、舛森直哉、塚本泰司:自排尿型代用膀胱における排尿障害の原因とその対策. Urology View 5; 77-79, 2007.
9) 舛森直哉、塚本泰司:<治療法紹介>デュタスライド  排尿障害プラクティス 15; 196-203, 2007.
10) 舛森直哉:前立腺肥大症における前立腺の大きさの持つ意味とは? Current View on Urology No.2, 2007.
11) 田中吉則、舛森直哉、塚本泰司ほか:経尿道的前立腺切除術長期経過後の下部尿路症状と尿流率. 泌尿紀要 53; 369-373, 2007.
12) 田中吉則、舛森直哉:TURPの治療効果と排尿筋収縮力低下に対するウブレチド錠の有用性. 医薬の門 47; 510-513, 2007.

学会発表
13) 塚本泰司:<サテライトセミナー>前立腺肥大症の新たな展開 “a1ブロッカーによる治療―現状と課題―” 第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
14) 舛森直哉:<ケーススタディ>排尿障害/下部尿路閉塞性疾患. 第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
15) 舛森直哉:<イブニングセミナー>難治性慢性排尿障害に対する治療戦略 “慢性前立腺炎”. 第72回日本泌尿器科学会東部総会、2007年8月29-31日、札幌市.
16) 舛森直哉:<シンポジウム>高齢泌尿器科手術のジレンマ:克服へ向けての戦略. 第20回日本老年泌尿器科学会、2007年5月11-12日、長崎市.
17) 福多史昌、舛森直哉、塚本泰司:<イブニングセミナー>わが国における前立腺がん検診システムの多様性とその評価. 第15回日本がん検診・診断学会、2007年7月6-7日、京都市.
18) 塚本泰司:<Meet the Expert(教育企画)>高齢者前立腺疾患. 第49回日本老年医学会学術集会、2007年6月21日、札幌市.
19) 舛森直哉:<シンポジウム>高齢化と泌尿器疾患 “高齢化と前立腺肥大症”. 第16回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会、2007年7月12-13日、大阪市.
20) 塚本泰司、舛森直哉、荒井陽一、中川晴夫ほか:Longitudinal changes in prostate volume and its association with urological measures in Japanese patients with benign prostatic hyperplasia.  第14回日本排尿機能学会、2007年10月4-6日、猪苗代町.
21) 高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:間質性膀胱炎に対するDMSO膀胱内注入療法の評価.  第14回日本排尿機能学会、2007年10月4-6日、猪苗代町.
22) 福多史昌、舛森直哉、塚本泰司:北海道市町村における前立腺がん検診の実態調査. 日本泌尿器科学会第371回北海道地方会、2007年6月30日、札幌市.
23) 高橋 聡、市原浩司、舛森直哉、塚本泰司:間質性膀胱炎に対するDMSO膀胱内注入療法の評価. 第7回札幌排尿障害研究会、2007年11月15日、札幌市.

↑ページのトップへ

内分泌

論文
1) 伊藤直樹:<男性生殖の基礎知識>内分泌の基礎知識 「男性不妊症の臨床」 岩本晃明、松田公志編集、pp.10-15、Medical View、2007.
2) 伊藤直樹、田中俊明、前田俊浩:精液検査のガイドライン. 産婦人科の実際 53; 695-701, 2007.
3) 伊藤直樹:思春期の避妊―男性避妊法―. 周産期医学 37; 979-981, 2007.
4) 伊藤直樹、田中俊明、前田俊浩:男性不妊症における染色体検査. Modern Physician 27; 1605-1608, 2007.

学会発表
5) 伊藤直樹:<教育セミナー>低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症の最新治療. 第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
6) 伊藤直樹、田中俊明、前田俊浩、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:<要望演題>高アルドステロン血症、プレクリニカルクッシング症候群を呈した副腎皮質癌の1例. 第19回日本内分泌外科学会総会、2007年5月31日-6月1日、名古屋市.
7) 前田俊浩、伊藤直樹、笹尾拓己、田中俊明、塚本泰司ほか:非閉塞性無精子症に対する精巣内静子採取術(TESE)の臨床的検討:conventional TESEとmicrodissection TESEの比較. 第52回日本生殖医学会、2007年10月25-26日、秋田市.
8) 前田俊浩、伊藤直樹、笹尾拓己、田中俊明、塚本泰司ほか:非閉塞性無精子症に対する精巣内静子採取術(TESE)の臨床的検討:conventional TESEとmicrodissection TESEの比較. 第371回日本泌尿器科学会北海道地方会、2007年6月30日、札幌市.

↑ページのトップへ

論文
1) Tanaka T, Kitamura H, Sahara H, Imai A, Itoh Y, Honma I, Sato E, Kobayashi K, Maeda T, Takenouchi M, Ohta K, Sugawara F, Sakaguchi K, Ando A, Inoko H, Sato N and Tsukamoto T: Effects of a new immunosuppressive agent, β-SQAG9, in swine kidney transplantation.  Transplant Immunogy 18; 67-71, 2007.
2) Baba T, Endo T, Honnma H, Kitajima Y, Hayashi T, Ikeda H, Masumori N, et al.: Association between polycystic ovary syndrome and female-to-male transsexuality.  Human Reprod 22; 1011-1016, 2007.
3) 伊藤直樹:<泌尿器腹腔鏡基本術式>腎摘除術:後腹膜側方到達法. 「泌尿器腹腔鏡手術ベーシックテクニック」 吉田修、塚本泰司、並木幹夫ほか編集、pp.197-208、Medical View、2007.
4) 舛森直哉:外傷 1)腎外傷 「レジデント・コンパス 泌尿器科編」 野々村祝夫、鈴木啓悦監修、pp.209-216、ライフ・サイエンス、2007.
5) 伊藤直樹:<腹腔鏡下副腎摘除術:技術認定のための教育法>経腹膜到達法のポイント(左:側方到達法、右:前方到達法). 泌尿器外科 20; 1259-1263, 2007.
6) 塚本泰司:Question:右の睾丸が腫れています. 「NHKきょうの健康」 4月号; 124, 2007.

学会発表
7) 伊藤直樹、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司:<総会特別企画>膀胱全摘術後の尿路再建〜術後難渋例から学んだこと〜 “膀胱全摘術後の尿路再建―回腸導管、回腸新膀胱(Studer法)”. 第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
8) 伊藤直樹、舛森直哉:<ビデオシンポジウム>腹腔鏡下副腎摘除術:技術認定のための教育法 “経腹腔到達法のポイント(左側方、右前方)”.  第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
9) 田中俊明、石田英樹、宮本直志、白川浩希ほか(東京女子医大より):腎移植後抗HLA抗体新規産生例の予後について―de novo抗体HLA抗体陽性例―.  第95回日本泌尿器科学会総会、2007年4月14-17日、神戸市.
10) 伊藤直樹、田中俊明、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司、立木 仁、国島康晴:体腔鏡下尿管全摘除術の治療成績. 第21回日本Endourology・ESWL学会総会、2007年11月26-28日、東京.
11) 田中俊明、石田英樹、西田隼人ほか(東京女子医大より):造血幹細胞移植後に同一ドナーより生体腎移植を行った2症例の短期成績. 第40回日本臨床腎移植学会、2007年2月28日-3月2日、加賀市.
12) 田中俊明、北村 寛、佐原弘益、今井章仁、伊藤洋輔、高橋 聡、塚本泰司、佐藤昇志:ミニブタ腎移植における新規免疫抑制剤β-SQAG9の効果. 第43回日本移植学会総会、2007年114月22-24日、仙台市.
13) 舛森直哉、池田官司、遠藤秀明:経口テストステロン剤にて劇症肝炎をきたしたGID-FTM-TSの一例. GID(性同一性障害)学会第9回研究大会、2007年3月16-17日、所沢市.
14) 上原央久、高橋 聡、伊藤直樹、武居史泰、橋本次朗、島 正樹、塚本泰司:亀頭包皮に続発したアレルギー性紫斑病の一例. 第72回日本泌尿器科学会東部総会、2007年8月29-31日、札幌市.
15) 伊藤直樹:【特別講演】体腔鏡下副腎摘除術、腎摘除術―そのコツとpitfall. 第8回大阪Endourology研究会、2007年9月29日、大阪市.
16) 上原央久、高橋 聡、武居史泰、加藤秀一、島 正樹、高杉尚吾、松田洋平、福多史昌、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:尿路と交通した感染性腎嚢胞の1例. 日本泌尿器科学会第370回北海道地方会、2007年1月27日、札幌市.
17) 伊藤直樹、舛森直哉、国島康晴、松川雅則、高橋 敦、塚本泰司:ヘモロッククリップを用いた腎茎部処理とコツとpitfall. 日本泌尿器科学会第370回北海道地方会、2007年1月27日、札幌市.

↑ページのトップへ

 

業績・論文

2010年度 業績・論文

2009年度 業績・論文

2008年度 業績・論文

2007年度 業績・論文

2006年度 業績・論文

札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座アクセス

札幌医科大学附属病院

札幌医科大学


同門会

講義ノート