札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座 トップページメール サイトマップ 札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座

イメージ 教授あいさつ 教室の沿革 教室の沿革 マップ

2007年度 業績・論文

腫瘍 感染症 性機能
排尿異常・前立腺肥大症 内分泌 その他

腫瘍

論文
1) Kitamura H【学位論文】, Torigoe T, Asanuma H, Hisasue S, Suzuki K, Tsukamoto T, et al.: Cytosolic overexpression of p62 sequestosome 1 in neoplastic prostate tissue.  Histopathology 48; 157-161, 2006.
2) Kitamura H【学位論文】, Torigoe T, Honma I, Asanuma H, Nakazawa E, Shimozawa K, Hirohashi Y, Sato E, Sato N, Tsukamoto T: Expression and antigenicity of survivin, an inhibitor if apoptosis family member, in bladder cancer: Implications for specific immunotherapy.  Urology 67, 955-959, 2006.
3) Uchida K【学位論文】, Masumori N, Takahashi A, Itoh N, Kato K, Matusik RJ and Tsukamoto T: Murine androgen-independent neuroendocrine carcinoma promotes metastasis of human prostate cancer cell line LNCaP.  The Prostate 66; 536-545, 2006.
4) Yuan J【学位論文】, Takahashi A, Masumori N, Itoh N, Tsukamoto T: Peroxisome proliferators-activated receptor gamma is frequently underexpressed in renal cell carcinoma.  Int J Urol 13: 265-270, 2006.
5) Kitamura H and Tsukamoto T: Early bladder cancer: concept, diagnosis, and management.  Int J Clin Oncol 11; 28-37, 2006.
6) Tanaka T, Kitamura H, Masumori N, Tsukamoto T, Kimura M: Retroperitonmeal extragonadal germ cell tumor presenting as a bulky pelvic mass of the obturator fossa.  Int J Urol 13; 180-182, 2006.
7) Tanaka T, Kitamura H, Kunishima Y, Takahashi S, Takahashi A, Masumori N, Itoh N and Tsukamoto T: Modifid and bilateral retroperitoneal lymph node dissection for testicular cancer: Peri- and postoperative complications and therapeutic outcome.  Jpn J Clin Oncol 36: 381-386, 2006.
8) Kitamura H, Torigoe T, Honma I, Sato E, Asanuma H, Hirohashi Y, Sato N, Tsukamoto T: Effect of human leukocyte antigen class I expression of tumor cells on outcome of intravesical instillation of bacillus calmette-guerin immunotherapy for bladder cancer.  Clin Cancer Res 12: 4641-4644, 2006.
9) Honma I, Masumori N, Sato E, Maeda T, Hirobe M. Kitamura H, Takahashi A, Itoh N, Tamakawa M,
Tsukaoto T: Removal of more lymph nodes may provide better outcome, as well as more accurate pathologic findings, in patients with bladder cancer –Analysis of role of pelvic lymph node dissection.  Urology 68; 543-548, 2006.
10) Barry M, Murai M, Bosch R, Cheng C, Cussenot O, Donovan J, Etzioni R, Jacobsen S, Khauli R, Lee E, Sahabudin R, Sasidharan K, Stanford J, Tsukamoto T, Zhou L: Epidemiology and natural history of prostate cancer.  In “Prostate Cancer”, Ed. by McConnell J, Denis L, Akaza H, et al., 6th International Consultation on New Developments in Prostate Cancer and Prostatr Disease (June 24-27, 2005), Co-sponsored by Internastional Union Against Cancer (UICC), Chapter 2, Committer 3A, pp.35-54, Health Publications, 2006.
11) Murai M, Chen C, Khauli R, Lee E, Sahabuddin RM, Sasidharan K, Tsukamoto T, Zhoul L: Epidemiology of prostate cancer in Asia.  In “Prostate Cancer”, Ed. by McConnell J, Denis L, Akaza H, et al., 6th International Consultation on New Developments in Prostate Cancer and Prostatr Disease (June 24-27, 2005), Co-sponsored by Internastional Union Against Cancer (UICC), Chapter 3, Committer 3B, pp.55-66, Health Publications, 2006.
12) Yokomizo A, Murai M, Baba S, Ogawa O, Tsukamoto T, Niwakawa M, et al.: Percentage of positive biopsy cores, preoperative prostate-specific antigen (PSA) level, pT and Gleason score as predictors of PSA recurrence after radical prostatectomy: a multi-institutional outcome study in Japan.  Brit J Urol International 98; 549-553, 2006.
13) Kinouchi T, Sakamoto J, Tsukamoto T, Akaza H, Kubota Y, et al.: Prospective randomized trial of natural interferon-alpha versus natural interferon-alpha plus cimetidine in advanced real cell carcinoma with pulmonary metastasis.  J Cancer Res Clin Oncol 132; 499-504, 2006.
14) Akaza H, Hinotsu S, Usami M, Ogawa O, Kagawa S, Kitamura T, Tsukamoto T, Naito S, hirao Y, Murai M, Yamanaka H, Namiki M: The case for androgen deprivation as primary therapy for early stage disease: Results from J-Cap and CaPSURETM.  J Urol 176; S47-S49, 2006.
15) Akaza H, Tsukamoto T, Onishi T, Miki T, Kinouchi T, Naito S: A low-dose combination therapy of interleukin-2 and interferon-α is effective for lung metastasis of renal cell carcinoma: a multicenter open study.  Int J Clin Oncol 11; 434-440, 2006.
16) 北村 寛、本間一也、高橋 敦、舛森直哉、塚本泰司:進行性膀胱癌に対する外科治療(膀胱全摘除術および骨盤リンパ節郭清術)の意義と限界. 泌尿器外科 19; 339-342, 2006.
17) 舛森直哉、市原浩司、廣部恵美、高橋 敦、塚本泰司:高齢者の浸潤性膀胱癌の治療:根治性とQOLのバランスをどうとるか. Urology View 4; 36-42, 2006.
18) 西田幸代、舛森直哉、福多史昌、高橋 敦、伊藤直樹、塚本泰司:初回前立腺生検陰性症例の臨床経過. 泌尿紀要 52; 523-526, 2006.
19) 市原浩司、高橋 聡、高橋 敦、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:後腹膜悪性線維性組織球腫の検討. 泌尿紀要 52; 761-764, 2006.

学会発表
20) Honma I, Torigoe T, Hirohashi Y, Kitamura H, Sato E, Takahashi A, Masumori N, Itoh N, Sato N, Tsukamoto T: Aberrant expression andn potency as a cancer immunotherapy target of alpha-methylacyl-coenzyme A racement (AMACR) in prostate cancer.  The 21st Annual Congress of the European Association of Urology, April 5-8, 2006, Paris.
21) 舛森直哉:<パネルディスカッション>“日本における前立腺癌検診の現状と展望” 検診によって予後は改善したか−PRSC−. 第94回日本泌尿器科学会総会、2006年4月12-15日、福岡市.
22) 舛森直哉:<教育セミナー>“前立腺癌診断におけるフリーPSAの意義とPSA&FPSAによる前立腺癌検診の試み” 東北、南北海道地区における共同プロジェクト報告.  第94回日本泌尿器科学会総会、2006年4月12-15日、福岡市.
23) 田中俊明、高橋 敦、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:精巣腫瘍に対する後腹膜リンパ節郭清の合併症の検討.  第94回日本泌尿器科学会総会、2006年4月12-15日、福岡市.
24) 本間一也、廣橋良彦、佐藤英次、北村 寛、鳥越俊彦、小林淳一、高橋 敦、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司、佐藤昇志:前立腺癌におけるalpha-Methylacyl-Coenzyme Racemase (AMACR)の発現と自己抗体の産生.  第94回日本泌尿器科学会総会、2006年4月12-15日、福岡市.
25) 橋本次朗、舛森直哉、高橋 敦、伊藤直樹、塚本泰司:当科におけるホルモン不応性前立腺癌の治療成績.  第94回日本泌尿器科学会総会、2006年4月12-15日、福岡市.
26) 本間一也、北村 寛、鳥越俊彦、廣橋良彦、下澤久美子、中澤恵実理、佐藤英次、高橋 敦、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司、佐藤昇志:新規単クローン抗体による膀胱癌HLA Class 1 down-regulation解析と臨床所見. 第65回日本癌学会総会、2006年9月28-30日、横浜市.
27) 佐藤英次、鳥越俊彦、廣橋良彦、本間一也、北村 寛、高橋 敦、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司、佐藤昇志:新規腎癌抗原分子の同定と解析.  第65回日本癌学会総会、2006年9月28-30日、横浜市.
28) 舛森直哉、本間一也、伊藤直樹、高橋 敦、塚本泰司:尿管・膀胱より発生した神経内分泌癌8例の臨床的検討. 第44回日本癌治療学会総会、2006年10月18-20日、東京.
29) 本間一也、北村 寛、市原浩司、佐藤英次、国島康晴、高橋 敦、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:根治的膀胱摘除術症例における扁平上皮癌成分の臨床的意義、予後への影響.  第44回日本癌治療学会総会、2006年10月18-20日、東京.
30) 橋本浩平、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司、高橋 敦、堀田 裕:根治的前立腺摘除術における外科的切除縁と予後に関する検討.  第44回日本癌治療学会総会、2006年10月18-20日、東京.
31) 加藤秀一、伊藤直樹、舛森直哉、高橋 聡、福多史昌、武居史泰、高杉尚吾、塚本泰司:膀胱癌の晩期再発の1例. 第71回日本泌尿器科学会東部総会、2006年10月19-21日、東京.
32) 京田有樹、高橋 敦、伊藤直樹、小林 皇、橋本浩平、井上隆太、市原浩司、塚本泰司:術後13年目に非典型的な肝転移により再発した腎細胞癌の1例. 第367回北海道地方会、2006年1月21日、札幌市.
33) 田中俊明、高橋 敦、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:精巣腫瘍に対する後腹膜リンパ節郭清の合併症の検討.第367回北海道地方会、2006年1月21日、札幌市.
34) 本間一也、北村 寛、佐藤英次、高橋 敦、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司ほか:前立腺癌におけるα-Methylacyle-CoA racemase (AMACR)の発現と自己抗体の産生.  第367回北海道地方会、2006年1月21日、札幌市.
35) 橋本浩平、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司、高橋 敦、堀田 裕:根治的前立腺摘除術における外科的切除縁と予後に関する検討.  第368回北海道地方会、2006年6月10日、札幌市.
36) 武居史泰、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司、高橋 敦:当科におけるstage C前立腺癌.  第368回北海道地方会、2006年6月10日、札幌市
37) 鈴木一弘:【特別講演】前立腺癌を標的とした遺伝子治療の開発を目指して.  第368回北海道地方会、2006年6月10日、札幌市
38) 橋本浩平、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司、高橋 敦、堀田 裕:High risk症例前立腺癌に対する根治的前立腺摘除術の検討.  第369回北海道地方会、2006年10月14日、札幌市
39) 北村 寛、鳥越俊彦、浅沼広子、本間一也、佐藤英次、舛森直哉、佐藤昇志、塚本泰司:前立腺癌におけるHLA class I down-regulationと免疫逃避. 第15回泌尿器科分子・細胞研究会、2006年2月24-25日、京都市.
40) 舛森直哉:<シンポジウム>“前立腺癌細胞の生物学的特性” 前立腺癌のホルモン非依存性に関与する神経内分泌細胞の役割. 前立腺生物学シンポジウム 伊勢志摩2006、2006年6月15-16日、鳥羽市.
41) 橋本浩平:根治的前立腺摘除術における病理学的病期からみた予後と予測因子. 第1回北海道泌尿器科がんフォーラム、2006年9月2日、札幌市.

↑ページのトップへ

感染症

論文
1)
    • Takeyama K【学位論文】, Mitsuzawa H, Shimizu T, Konishi M, Nishitani C, Sano H, Kunishima Y, Matsukawa M, Takahashi S, Shibata K, Tsukamoto T and Kuroki Y: Prostate cell lines secrete IL-8 in response to mycoplasma hominis through toll-like receptor 2-mediated mechanism.  The Prostate 66; 386-391, 2006.
2) Takahashi S, Takeyama K, Hashimoto K, Kurimura Y, Hirobe M, Takei F, Furuya R, Shimizu ST, Kunishima Y, Hotta H, Matsukawa M and Tsukamoto T: Disinfection by antiseptics in management of postoperative surgical wounds in urologic operations.  Acta Urol Jpn 52; 89-94, 2006.
3) Furuya R, Takahashi S, Furuya S, Takeyama K, Masumori N and Tsukamoto T: Chlamydial seminal vesiculitis without symptomatic urethritis and epididymitis.  Int J Urol 13; 466-467, 2006.
4) Takahashi S, Takeyama K, Miyamoto S, Ichihara K, Maeda ST, Kunishima Y, Matsukawa M and Tsukamoto T: Detection of Mycoplasma genitalium, Mycoplasma hominis, Ureaplasma urealyticum, and Ureaplasma parvum DNAs in urine from symptomatic healthy young Japanese men.  J Infect Chemother 12; 269-271, 2006.
5) Takahashi S, Takeyama K, Kunishima Y, Takeda K, Suzuki N, Nishimura M, Furuya R and Tsukamoto T: Analysis of clinical manifestations of male patients with urethritis.  J Infect Chemother 12; 283-286, 2006.
6) Takahashi A, Kanamaru S, Kurazono H, Kunishima Y, Tsukamoto T, Ogawa O and Yamamoto S: Escherichia coli isolates associated with uncomplicated and complicated cystitis and asymptomatic bacteriuria possess similar phylogenies, virulence genes, and 0-serogroup profiles.  J Clin Microb 44; 4589-4592, 2006.
7) 国島康晴、塚本泰司:V.特殊病態下における管理ポイント B.腎機能障害 『周術期感染対策マニュアル ―抗菌薬使用法から周術期管理まで―』 炭山嘉伸編集、pp.113-118、南江堂、東京、2006.
8) 高橋 聡、広瀬崇興:<ヘルペスウイルス感染症 各科領域でのヘルペスウイルス感染症>泌尿器科領域. 日本臨床 64(増刊号3); 77-80, 2006.
9) 高橋 聡、塚本泰司:HPV感染症―男性の無症候性感染―. 日本性感染症学会誌 17; 47-51, 2006.
10) 高橋 聡:感染症―上部尿路感染症(急性結石性腎盂腎炎). Urology View 4;p 38-41, 2006.
11) 熊本悦明、塚本泰司、松川雅則、国島康晴、広瀬崇興ほか:尿路感染症分離菌に対する経口ならびに注射用抗菌薬の抗菌力比較(第26報 2004年) その1. 感受性について Jpn J Anstibiotics 59; 177-200, 2006.
12) 熊本悦明、塚本泰司、松川雅則、国島康晴、広瀬崇興ほか:尿路感染症分離菌に対する経口ならびに注射用抗菌薬の抗菌力比較(第26報 2004年) その2. 患者背景 Jpn J Anstibiotics 59; 201-213, 2006.
13) 熊本悦明、塚本泰司、松川雅則、国島康晴、広瀬崇興ほか:尿路感染症分離菌に対する経口ならびに注射用抗菌薬の抗菌力比較(第26報 2004年) その3. 感受性の推移 Jpn J Anstibiotics 59; 217-315, 2006.
14) 高橋 聡、井上隆太、市原浩司、舛森直哉、塚本泰司ほか:間質性膀胱炎に対するレジニフェラトキシン膀胱内注入療法の経験. 泌尿紀要 52; 911-913, 2006.
15) 国島康晴:泌尿器科骨盤内手術における創感染 (surgical site infection: SSI) の細菌学的研究とリスク要因の特定に関する研究. 『医学研究成果報告集2006』 財団法人札幌医科大学学術振興会、pp.77-80, 2006.

学会発表
16) Takahashi S, Kunishima Y, Tsukamoto T, Koroku M, Tanda H, Kobayashi K: Pharyngeal gonococcal infection in the male patients with uretyhritis.  10th Western Pacific Congress on Chemotherapy and Infection Diseases, Dec. 3-6, 2006, Fukuoka, Japan.
17) Takahashi S: <Symposium> Diagnosis and treatment of chronic prostatitis  “The efficacy of antimicrobial agents for chronic prostatitis and prospects for the future” 第94回日本泌尿器科学会総会、2006年4月12-15日、福岡市.
18) 高橋 聡:<教育セミナー>新しい核酸増幅・検出法によるクラミジアと淋菌の同時検出について.               第94回日本泌尿器科学会総会、2006年4月12-15日、福岡市.
19) 高橋 聡:<シンポジウム>“STDの現状と今後の展望” 尿道炎の疫学、診断:新しい動向は? 第71回日本泌尿器科学会東部総会、2006年10月19-21日、東京
20) 国島康晴、高橋 聡、塚本泰司、札幌慢性前立腺炎研究グループ:慢性前立腺炎に対する抗菌薬 (GFLX)投与の有用性に関する検討.  第94回日本泌尿器科学会総会、2006年4月12-15日、福岡市.
21) 高橋 聡、国島康晴、橋本浩平、宮本慎太郎、廣瀬崇興、竹山 康、砂押研一、塚本泰司:尿路結核の検討.第80回日本感染症学会総会、2006年4月20-21日、東京.
22) 高橋 聡、国島康晴、塚本泰司、小六幹夫ほか:男子尿道炎患者での咽頭淋菌感染. 日本性感染症学会第19回学術大会、2006年12月3-4日、北九州市.
23) 舛森直哉、国島康晴、高橋 聡、伊藤志織里、伊藤直樹、塚本泰司、松川雅則:電子カルテ化に伴う医療環境設備の変化―コンピューターマウスの細菌学的検査の実施結果より―. 第21回日本環境感染学会総会、2006年2月24-25日、東京.
24) 国島康晴、高橋 聡、塚本泰司、松川雅則ほか:男子尿道炎に対するアジスロマイシンの臨床効果. 第368回北海道地方会、2006年6月10日、札幌.
25) 高橋 聡、国島康晴、塚本泰司ほか:男子尿道炎患者での咽頭淋菌感染.  第368回北海道地方会、2006年6月10日、札幌.
26) 高橋 聡、国島康晴、竹山 康l、市原浩司、高柳明夫、竹内 基、橋本浩平、福多史昌、小林 皇、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:泌尿器科領域の術後感染予防抗菌薬投与における薬物動態的検討.  第368回北海道地方会、2006年6月10日、札幌.
27) 高橋 聡、竹山 康、宮本慎太郎、高木良雄、国島康晴、塚本泰司:経尿道的尿管砕石術 (TUL)に対する術後感染予防抗菌薬の投与期間. 第4回北海道泌尿器科手術手技研究会、2006年1月28日、札幌.
28) 高橋 聡、国島康晴、塚本泰司ほか:男性非淋菌性尿道炎に対するアジスロマイシンの臨床効果. 第24回日本クラミジア研究会、2006年10月21-22日、北九州市.
29) 高橋 聡:<ランチョンセミナー>新しい核酸増幅・検出法によるクラミジアと淋菌の同時検出について. 第53回日本臨床検査医学会学術集会、2006年11月10日、青森市.
30) 高橋 聡、国島康晴、橋本浩平、宮本慎太郎、田中俊明、廣瀬崇興、竹山 康、高木良雄、砂押研一、武居史泰、宮尾則臣、栗村雄一郎、高木誠次、木村 慎、塚本泰司:尿路結核の検討. 第17回尿路感染症研究会、2006年11月11日、東京.

↑ページのトップへ

性機能

論文
1) Hashimoto K, Hisasue S, Kato R, Kobayashi K, Shimizu T, Tsukamoto T: Outcome analysis for conservative management of Peyronie’s disease.  Int J Urol 13; 244-247, 2006.
2) Kobayashi K, Hisasue S, Kato R, Shimizu T, Hashimoto K, Yamashita N, Itoh N, Tsukamoto T: Outcomr analysis of sildenafil citrate for erectile dysfunction of Japanese patients  Int J Impo Res 18; 302-305, 2006.
3)
    • Hisasue S, Kato R, Suetomi T, Kato K, Suzuki K, Kobayashi K, Itoh N, Kiyama H, Tsukamoto T: Age-related alteration of neurturin receptor GFRa2 and nNOS in pelvic ganglia.  Neurobiology of saging 27: 1524-1530, 2006.
4) Hisasue S, Furuya R, Itoh N, Kobayashi K, Furuya S, Tsukamoto T: Ejaculatory disorder caused by alpha-1 adrenoceptor antagonists is not retrograde ejaculation but a loss of seminal emission.  Int J Urol 13; 1311-1316, 2006.
5) Ichioka E, Nishiyama H, Yoshimura KI, Itoh N, Okubo K, Terai A: Aging males’ symptoms scale in Japanese men attending a multiphasic health screening clinic.  Urology 67; 589-593, 2006.
6) 久末伸一、伊藤直樹、塚本泰司:男性更年期障害のテストステロン補充療法. 「糖尿病・代謝・内分泌」、金澤康徳、武谷雄二他編集、pp.247-251、中外医学社、2006.
7) 塚本泰司:<理論編>エイジングによる疾患 11. 泌尿生殖器の老化 「アンチエイジング医学−その理論と実践」、吉川敏一、pp.124-128、診断と治療社、東京、2006.
8) 塚本泰司:<実践編>エイジングの予防と疾患 11. 泌尿生殖器の老化 「アンチエイジング医学−その理論と実践」、吉川敏一、pp.249-251、診断と治療社、東京、2006.
9) 伊藤直樹:男性更年期障害はあるのか? 治療 88(増刊号); 934-937, 2006.
10)
    • 塚本泰司、伊藤直樹、舛森直哉:泌尿器科医からのアンチエイジング・アドバイス. Modern Physician 26: 568-570, 2006.
11) 伊藤直樹、久末伸一、塚本泰司:アンドロゲンと疾患―LOH(late-onset hypogonadism :男性更年期障害). 日本臨床 64(増刊号4 臨床分子内分泌学4―生殖内分泌系―); 499-503, 2006.
12) 久末伸一、塚本泰司、古屋亮兒:α1ブロッカーによる射精障害は逆行性射精か? 排尿障害プラクティス 14; 140-145, 2006.
13) 久末伸一:陰茎海綿体神経損傷後の神経再生メカニズム. Urology View 4; 68-73, 2006.
14)
    • 伊藤直樹:男性更年期障害―Late-onset hypogonadism (LOH)―. 臨床泌尿器科 60; 783-794, 2006.
15) 伊藤直樹:男性更年期ならびにアンドロゲン補充療法. アンチ・エイジング―日本抗加齢医学会誌 2; 455-458, 2006.
16) 伊藤直樹、小林 皇、久末伸一:臨床所見からみたLOHの診断. 泌尿器外科 19; 1283-1287, 2006.
17) 市岡健太郎、大久保和俊、西山博之、寺井章人、伊藤直樹ほか:男子不妊症患者における男性更年期障害症状の調査. 泌尿紀要 52; 615-618, 2006.

学会発表
18) Itoh N, Kobayashi K, Hashimoto K, Hisasue S, Tsukamoto T, Tanaka T, Hirose T: Serum free testosterone is the most predictive market for aging males’ symptoms in healthy Japanese males.  5th World Congress on the Aging Male, Feb. 9-12, 2006, Salzburg.
19) Hisasue S, Yanase M, Takatsuka K, Fukuta F, Nishida S, Suetomi T, Suzuki K, Kobayashi K, Itoh N, Kiyama H, Tsukamoto T: Age-related alteration of NNOS-specific neurotrophic factor receptor “GFRA2” in major pelvic ganglia.  AUA 101st Annual Meeting, May 20-25, 2006, Atlanta.
20) 伊藤直樹:<クリニカルアワー>“男子更年期の臨床的問題点” 男性更年期障害の概念. 第79回日本内分泌学会総会、2006年5月19-21日、神戸市.
21) 塚本泰司:<シンポジウム>“Aging Male” 加齢と下部尿路の病態および症状. 第6回日本抗加齢医学会総会、2006年5月19-20日、東京.
22)
      • 伊藤直樹:<シンポジウム>“男性更年期とED” PADAMからLOHへ −ガイドラインを含めて−.              第71回日本泌尿器科学会東部総会、2006年10月19-21日、東京.
23) 伊藤直樹:<ミニレクチャー>“Topics on Basic Science of ED” 動物モデルを用いたED基礎研究. 日本性機能学会第17回学術総会、2006年9月1-2日、京都.
24) 小林 皇、鈴木一弘、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司、久末伸一、橋本浩平、加藤隆一ほか:根治的前立腺摘除後の勃起障害に対するPGE1海綿体注射によるリハビリテーション.  日本性機能学会第17回学術総会、2006年9月1-2日、京都.
25) 高柳明夫、小林 皇、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司、橋本浩平:アナボリックステロイドの濫用による性腺昨日低下症の一例.  日本性機能学会第17回学術総会、2006年9月1-2日、京都.
26) 橋本浩平、小林 皇、久末伸一、加藤隆一、鈴木一弘、伊藤直樹、塚本泰司:外傷性Peyronie病における臨床検討. 第16回日本性機能学会東部総会、2006年2月25日、東京.
27) 久末伸一:【特別講演】海綿体神経の再生と可塑性変化―生体吸収性神経再生誘導管の有用性と加齢の神経栄養因子. 第367回北海道地方会、2006年1月21日、札幌市.
28) 伊藤直樹、小林 皇、田中俊明、久末伸一、廣瀬崇興、塚本泰司:検診受診者における男子更年期障害症状と血中testosteroneの関連. 第368回北海道地方会、2006年6月10日、札幌市.
29) 小林 皇、久末伸一、橋本浩平、加藤隆一、鈴木一弘、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司ほか:根治的前立腺摘除後の勃起障害に対するPGE1海綿体注射によるリバビリテーション. 第369回北海道地方会、2006年10月14日、札幌市.
30) 小林 皇、伊藤直樹、前田俊浩、舛森直哉、塚本泰司:ARTはLOH症状の何を改善しているのか? 第6回日本Men’s Health医学会、2006年11月25日、東京.
31) 橋本浩平、舛森直哉、久末伸一、小林 皇、加藤隆一、鈴木一弘、伊藤直樹、塚本泰司:根治的前立腺摘除術における神経温存術の適応について―当科アルゴリズムの有用性の検討―. 第22回前立腺シンポジウム、2006年12月3日、東京.
32) 久末伸一、加藤隆一、小林 皇、橋本浩平、末富崇弘、伊藤直樹、田畑泰彦、塚本泰司:生体吸収性素材を用いた海綿体神経再生による骨盤神経節内のGFRa2とnNOSの変化. 第3回泌尿器科再建再生研究会、2006年6月3日、札幌市.
33) 小林 皇、久末伸一、橋本浩平、加藤隆一、鈴木一弘、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司ほか:根治的前立腺摘除術後の勃起障害に対するPGE1海綿体注射によるリバビリテーション.  第3回泌尿器科再建再生研究会、2006年6月3日、札幌市.
34) 橋本浩平:根治的前立腺摘除術における神経温存術の適応. 第3回泌尿器疾患フォーラム、2006年9月30日、札幌市.
35) 小林 皇:下部尿路症状と勃起障害の関連について−基礎研究の視点から−.  第3回泌尿器科再建再生研究会、2006年6月3日、札幌市.
36) 伊藤直樹:【特別講演】男性更年期障害は本当にあるのか? ―診断・治療の現状―. 第83回新潟内分泌代謝同好会、2006年4月22日、新潟市.
37) 久末伸一:α1遮断剤の射精に及ぼす影響. 前立腺疾患学術集会(オルガノン製薬主催)、2006年4月17日、大阪市.
38) 伊藤直樹:<ワークショップ>“女性性機能障害” 日本における女性性機能障害の実態―質問紙を用いた検討. OSAKA ED FORUM、2006年11月9日、大阪市.

↑ページのトップへ

排尿異常・前立腺肥大症

論文
1) Tanaka Y【学位論文】, Masumori N, Itoh N, Furuya S, Ogura H, Tsukamoto T: Is the short-term outcome of transurethral resection of the prostate affected by preoperative degree of bladder outlet obstruction, status of detrusor contractility or detrusor overactivity.  Int J Urol 13; 1398-1404, 2006.
2) Kunishima Y【学位論文】, Mori M, Kitamura H, Sato E, Tsukamoto T: Prevalence of prostatitis-like symptoms in Japanese men: Population-based study in a town in Hokkaido.  Int J Urol 13; 1286-1289, 2006.
3) Barry M, Murai M, Bosch RI, Cheng C, Cussenot O, Donovan J, Etzioni R, Jacobsen S, Khauli R, Lee E, Sahabudin R, Sasidharan K, Stanford J, Tsukamoto T, Zhou L: Epidemiology and natural history of benign prostatic hyperplasia.  In “Male Lower Urinary Tract Dysfunction Evaluation and Management”, Ed. by McConnell J, Abrams P, et al., 6th International Consultation on New Developments in Prostate Cancer and Prostate Disease (June 24-27, 2005), Co-sponsored by International Union Against Cancer, Health Publications, Chapter 2, Committee 3A, pp.35-53, 2006.
4) Murai M, Cheng C, Khauli R, Lee E, Sahabuddin RM, Sasidharan K, Tsukamoto T, Zhou L: Epidemiology of benign prostatic hyperplasia in Asia. In “Male Lower Urinary Tract Dysfunction Evaluation and Management”, Ed. by McConnell J, Abrams P, et al., 6th International Consultation on New Developments in Prostate Cancer and Prostate Disease (June 24-27, 2005), Co-sponsored by International Union Against Cancer, Health Publications, Chapter 2, Committee 3A, pp.55-68, 2006.
5) Fujimoto K, Hirao Y, Masumori N, Arai Y, Yamanaka H, Kato T, Miyazawa K: Prostate-specific antigen changes as a result of chlormadione acetate administration to patients with benign prostatic hyperplasia: A retrospective multi-institutional study.  Int J Urol 13; 543-549, 2006.
6) 舛森直哉:前立腺における神経内分泌細胞. 臨床泌尿器科 60; 439-451, 2006.
7) 井上隆太、高橋 聡、砂押研一、市原浩司、舛森直哉、塚本泰司:間質性膀胱炎患者に対する麻酔下水圧療法の臨床的効果と生検組織免疫染色との関連. 泌尿紀要 52: 765-768, 2006.
8) 塚本泰司:「前立腺肥大」が再発し、症状が改善しません.  NHK『きょうの健康』 2006年1月号,  p.122.
9) 塚本泰司:高齢者の排尿管理と尿路感染症. 北海道医報 No.1048; 33-35, 2006.
10) 舛森直哉、塚本泰司:前立腺肥大症の外科治療. 日本医事新報 No.4272; 37-43, 2006.
11) 塚本泰司、舛森直哉:下部尿路症状(LUTS)/前立腺肥大症の疫学と自然史. カレントテラピー 24; 334-338, 2006.
12) 舛森直哉:<質疑応答>Q:前立腺肥大症の経過. 日本医事新報 No.4279; 91-92, 2006.
13) 塚本泰司:QOLを保つ前立腺肥大症とのつきあい方.  NHK『きょうの健康』 2006年6月号; 116-122.
14) 舛森直哉:前立腺肥大症に対する薬物療法最前線. Urology View 4; 122-128, 2006.
15) 舛森直哉、塚本泰司:排尿障害〜前立腺肥大症の治療〜. Medicament News No.1874; 13-15, 2006.
16) 舛森直哉:自然史および疫学. Modern Physician 26; 969-972, 2006.
17) 古屋亮兒、小椋 啓、古屋聖兒、舛森直哉:非泌尿器科医によるa1ブロッカー治療が無効で経尿道的前立腺切除を行った前立腺肥大症症例の検討. 泌尿紀要 52; 95-98, 2006.

学会発表
18) 舛森直哉:<サテライトシンポジウム>“前立腺肥大症に伴う下部尿路症状(LUTS)の成因と治療についての最近の知見” a1遮断薬を使用する際の最近の留意点. 第94回日本泌尿器科学会総会、2006年4月12-15日、福岡市
19) 竹内 基、舛森直哉、塚本泰司:前立腺肥大症外科治療症例の臨床像の年次推移.  第94回日本泌尿器科学会総会、2006年4月12-15日、福岡市
20) 舛森直哉、塚本泰司:前立腺肥大症に対する塩酸タムスロシンおよびナフトピジルの有効性の比較. 第13回日本排尿機能学会、2006年9月6-8日、東京.
21) 舛森直哉:前立腺肥大症症例に対するa1ブロッカーによる射精障害の検討. Urology Forum(旭化成ファーマ主催)、 2006年5月19日、東京.

↑ページのトップへ

内分泌

論文
1) Tanaka T, Itoh N, Sasao T, Maeda T, Tsukamoto T, et al: Prediction of candidate for seminal tract reconstructive surgery among patients with clinically suspected idiopathic or inflammatory obstructive azoospermia. Reprod Med Biol 5; 211-214, 2006.
2) Tatsunami S, Matsumiya K, Tsujimura A, Itoh N, Sasao T, et al.: Inter/intra investigator variation in orchidometric measurements of testicular volume by ten investigators from five institutions  Asian J Androl 8; 373-378, 2006.
3) 塚本泰司、伊藤直樹:男性性腺機能低下症における骨粗鬆症の病態と治療. Clinical Calcium 16; 481-485, 2006.
4) 伊藤直樹:性腺分化の異常―XYY症候群. 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズNo.2『内分泌症候群U 第2版』; 525-527, 2006.
5) 伊藤直樹:血中テストステロン(フリーテストステロンを含む). 日本医師会雑誌 135(特別号); S262-S263, 2006.
6) 伊藤直樹:小児の性器異常と生殖予後:停留精巣症例における妊孕能の検討. 小児外科 38; 1244-1247, 2006.

学会発表
7) 伊藤直樹:<教育セミナー>Recommendations for the management of late-onset hypogonadism in Japan. 日本アンドロロジー学会第25回学術大会、2006年7月15-16日、加賀市.
8) 前田俊浩、伊藤直樹、田中俊明、笹尾拓己、木村 慎、塚本泰司:精索静脈瘤に対する顕微鏡下内精索静脈低位結紮術の検討. 第51回日本生殖医学会、2006年11月8-10日、大阪市.
9) 伊藤直樹、西田幸代、笹尾拓己、田口圭介、高橋 敦、舛森直哉、塚本泰司:副腎皮質癌の臨床的検討. 第18回日本内分泌外科学会総会、2006年5月12-13日、多治見市.

↑ページのトップへ

その他

論文
1) Nishida S, Masumori N, Hisataki T, Kunishima Y, Takahashi A, Itoh N, Tsukamoto T: Mechanical trouble with balloon and cuff of silicone catheter is still a clinical problem: little progression in uro-catheters?  Jpn J Endourol ESWL 19; 225-226, 2006.
2) Hida T, Saga K, Ogino J, Inoue R, Takahashi A, et al.: <Letter to the Editor>Testicular swelling as the presenting sign of cutaneous malignant melanoma.  J Eur Acad Derm Venereol 20; 351-353, 2006.
3) 舛森直哉:エルスバーグ症候群を知っていますか? 帯状疱疹により尿閉をきたした症例. 泌尿器ケア 11; 1046-1047, 2006.
4) 国島康晴:<泌尿器科検査を受ける患者さんの羞恥心への配慮>泌尿器科検査の基礎知識. 泌尿器ケア No.121 2006年冬季増刊「図解で学ぶ! 泌尿器科の看護技術コツとポイント」; 112-114, 2006.
5) 国島康晴:<残尿測定>残尿測定の基礎知識.  泌尿器ケア No.121 2006年冬季増刊「図解で学ぶ! 泌尿器科の看護技術コツとポイント」; 119-121, 2006.
6) 国島康晴:<残尿測定>残尿測定 コツとポイント.  泌尿器ケア No.121 2006年冬季増刊「図解で学ぶ! 泌尿器科の看護技術コツとポイント」; 122-124, 2006.
7) 国島康晴:<膀胱鏡検査機器取り扱い>膀胱鏡検査の基礎知識.  泌尿器ケア No.121 2006年冬季増刊「図解で学ぶ! 泌尿器科の看護技術コツとポイント」; 125-129, 2006.
8) 古屋亮兒、古屋聖兒、小椋 啓、加藤晴朗、高橋 聡、塚本泰司:血精液症に対する内視鏡的手術―前立腺小室嚢胞状拡張に対する開窓術と射精管拡張に対する射精管切開術―. Audio-Visual Journal of JUA, Vol.12, No.2; 12-12、第19回日本Endourology・ESWL学会総会会長推薦ビデオ、2006.
9) 舛森直哉:国際共同治験を実施して. 「第10回医薬品開発基礎研究会記録集」、2005年11月18日、於 昭和大学、pp.91-105, 2006.
10) 高橋 聡:<卒後・生涯教育プログラム>“外傷・救急医療” 上部尿路結石の救急―急性結石性腎盂腎炎―. 第94回日本泌尿器科学会総会、2006年4月12-15日、福岡市.
11) 伊藤直樹:<シンポジウム>“より安全で確実な全人的腹腔鏡手術を目指して” 腹腔鏡手術時の基本手技. 第71回日本泌尿器科学会東部総会、2006年10月19-21日、東京.
12) 伊藤直樹:<ミニワークショップ>“腎癌・副腎腫瘍に対する腹腔鏡手術適応拡大” 司会とKeynote Lecture 第20回日本Endourology・ESWL学会、2006年10月4-7日、大阪市.
13) 伊藤直樹:<ミニワークショップ>“腹腔鏡下腎盂形成術は経腹膜か後腹膜か” 腎盂尿管移行部狭窄に対する腹腔鏡下腎盂形成術. 第20回日本Endourology・ESWL学会、2006年10月4-7日、大阪市.
14) 西田幸代、舛森直哉、久滝俊博、国島康晴、高橋 敦、伊藤直樹、塚本泰司:シリコン製腎盂バルーンカテーテルにおけるバルーン自然収縮現象.  第94回日本泌尿器科学会総会、2006年4月12-15日、福岡市.
15) 小林 皇、高橋 敦、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:当科における根治的腎摘除術の合併症.  第94回日本泌尿器科学会総会、2006年4月12-15日、福岡市.
16) 高柳明夫、小林 皇、国島康晴、舛森直哉、高橋 敦、伊藤直樹、塚本泰司ほか:当科における希釈式自己血輸血の有用性に関する検討.  第94回日本泌尿器科学会総会、2006年4月12-15日、福岡市.
17) 市原浩司、高橋 敦、廣部恵美、本間一也、北村 寛、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司ほか:高齢者の膀胱全摘除術.  第94回日本泌尿器科学会総会、2006年4月12-15日、福岡市.
18) 伊藤直樹、舛森直哉、国島康晴:ヘモロッククリップを用いた腎茎部処理のコツとpitfall. 第19回日本内視鏡外科学会総会、2006年12月5-7日、京都市.
19) 島 正樹、久末伸一、柳瀬雅裕、西田幸代、宮本慎太郎、高塚慶次、塚本泰司、舛森直哉:腸腰筋血腫の1例 第71回日本泌尿器科学会東部総会、2006年10月19-21日、東京.
20) 小林 皇、高橋 敦、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:当科における根治的腎摘除術の合併症. 第367回北海道地方会、2006年1月21日、札幌市.
21) 市原浩司、高橋 敦、本間一也、北村 寛、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司、廣部恵美ほか:高齢者における膀胱全摘除術.  第367回北海道地方会、2006年1月21日、札幌市.
22) 高橋 聡、市原浩司、田中俊明、本間一也、高橋 敦、舛森直哉、伊藤直樹、塚本泰司:根治的膀胱摘除術での尿路再建としての女性の回腸新膀胱. 第8回日本女性骨盤底医学会学術集会、2006年6月24-25日、札幌市.

↑ページのトップへ

 

業績・論文

2010年度 業績・論文

2009年度 業績・論文

2008年度 業績・論文

2007年度 業績・論文

2006年度 業績・論文

札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座アクセス

札幌医科大学附属病院

札幌医科大学


同門会

講義ノート