2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度

業績・論文(2020年度)

感染症

【論文】
1) Kobayashi K, Yamamoto S, Takahashi S, Ishikawa K, Yasuda M, Wada K, Hamasuna R, Hayami H, Minamitanl S, Matsumoto T, Kiyota H, Tateda K, Sato J, Hanaki H, Masumori N, Hiyama Y, Yamada H, Egawa S, Kimura T, Nishiyama H, Miyazaki J, Matsumoto K, Homma Y, Kamei J, Fujimoto K, Torimoto K, Tanaka K, Togo Y, Uehara S, Matsubara A, Shoji K, Goto H, Komeda H, Ito T, Mori K, Mita K, Kato M, Fujimoto Y, Masue T, Inatomi H, Takahashi Y, Ishihara S, Nishimur K, Mitsumori K, Ito N, Kanamaru S, Yamad D, Maeda H, Yamashita M, Tsugawa M, Takenaka T, Takahashi K, Oka Y, Yasufuku T, Watanabe S, Chihara Y, Okumura K, Kawanishi H, Matsukawa M, Shigeta M, Koda S:The third national Japanese antimicrobial susceptibility pattern surveillance program: Bacterial isolates from complicated urinary tract infection patients. J Infect Chemother. 26(5); 418-428: 2020
2) Hiyama Y, Sato T, Takahashi S, Yamamoto S, Fukushima Y, Nakajima C, Suzuki Y, Yokota SI, Masumori N : Sitafloxacin has a potent activity for eradication of extended spectrum β-lactamase-producing fluoroquinolone-resistant Escherichia coli forming intracellular bacterial communities in uroepithelial cells. J Infect Chemother. 26(12); 1272-1277: 2020
3) 野藤誓亮、桧山佳樹、田中俊明、髙橋 聡、舛森直哉:菌血症を呈した尿路感染症の治療経過の検討、泌尿器科紀要 66(5); 141-145: 2020
4) 桧山佳樹、高橋 聡, 舛森直哉:泌尿器感染症 梅毒、淋菌性尿道炎・非淋菌性尿道炎(特集:疾患別 泌尿器科の薬物療法と患者管理 医師・看護師・薬剤師でつくる治療戦略)、Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure別冊; 191-201: 2020
【学会発表】
5) 桧山佳樹、髙橋 聡、横田伸一、舛森直哉:性感染症における問題点、第94回日本感染症学会総会・学術総会、2020年8月20日、東京
6) 桧山佳樹、髙橋 聡、上原央久、橋本次朗、舛森直哉:経尿道的手術における術前除菌の有効性の検討、第410回日本泌尿器科学会北海道地方会、2020年9月12日、札幌
7) 桧山佳樹、髙橋 聡、舛森直哉:当科でのESBL産生大腸菌による急性腎盂腎炎の治療経験、第68回日本化学療法学会総会、2020年9月13日、神戸
8) 桧山佳樹、髙橋 聡、上原央久、橋本次朗、舛森直哉:経尿道的手術における術前除菌の有効性の検討、第34回日本泌尿器内視鏡学会総会、2020年11月19-21日、岡山

内分泌

【論文】
なし
【学会発表】
なし

性機能

【論文】
1) 小林 皇、山本卓宜、野藤誓亮、酒井康之:イラストと写真で解説! これもおさえておきたい 研修医・若手医師のための 泌尿器科の小手術・包茎環状切開術、Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure 25(2); 307-312: 2020
2) 小林 皇:「性機能」に対する診断学 4)射精障害の診断のポイント、泌尿器科 11(6); 724-729: 2020
3) 小林 皇、林 裕介:ひとめでわかる頻用薬剤一覧表つき医師・看護師・薬剤師でつくる治療戦略 疾患別 泌尿器科の薬物療法と患者管理 薬剤特性を生かした泌尿器がん・下部尿路機能障害・泌尿器感染症へのアプローチ【第4章 その他の泌尿器疾患】◆2 勃起障害・加齢男性性腺機能低下症候群、泌尿器Care & Cure 別冊; 214-221: 2020
【学会発表】
4) 小林 皇、高柳明夫、橋本浩平、福多史昌、田中俊明、舛森直哉:神経再生誘導チューブ(ナーブリッジ®)を用いた海綿体神経再生の基礎研究、第17回泌尿器科再建再生研究会、2020年9月5日、Web
5) 小林 皇:性機能障害の診断と治療(卒後教育プログラム7 内分泌・生殖機能・性機能)、第72回西日本泌尿器科学会総会、2020年11月5-25日、Web
6) 小林 皇、福多史昌、高柳明夫、橋本浩平、田中俊明、舛森直哉:下部尿路症状は、性生活に影響をおよぼすのか?、第108回日本泌尿器科学会総会、2020年12月21-25日、Web

腫瘍

【論文】
1) Hashimoto K, Miyoshi Y, Shindo T, Hori M, Tsuboi Y, Kobayashi K, Fukuta F, Tanaka T, Miyamoto S, Maehana T, Okada M, Nishiyama N, Yanase M, Kato R, Hotta H, Kunishima Y, Takahashi A, Hinotsu S, Sakata KI, Kitamura H, Uemura H, Masumori N: Dynamic changes of bone metastasis predict bone-predominant status to benefit from radium-223 dichloride for patients with castration-resistant prostate cancer. Cancer Med. 9(22); 8579-8588: 2020
2) Maruo K, Tanaka T, Shindo T, Hashimoto K, Kobayashi K, Fukuta F, Masumori N: Incidence and risk factors of parastomal hernia after ileal conduit diversion in Japanese population. Int J Clin Oncol. 25(10); 1830-1834: 2020
3) Ogasawara T, Tanaka T, Shindo T, Hashimoto K, Fukuta F, Kobayashi K, Sugawara T, Hasegawa T, Masumori N: Two cases of osteoblastic bone metastasis from muscle-invasive bladder cancer with discrepancy in response to chemotherapy: problems and limitations of bone biopsy.Int Cancer Conf J. 9(4); 235-239: 2020
4) Nishiyama N, Hirobe M, Kikushima T, Matsuki M, Takahashi A, Yanase M, Ichimatsu K, Egawa M, Hayashi N, Negishi T, Masumori N and Kitamura H: The neutrophil-lymphocyte ratio has a role in predicting the effectiveness of nivolumab in Japanese patients with metastatic renal cell carcinoma: a multiinstitutional retrospective study. BMC Urol. 20(1); 110: 2020
5) Tomita Y, Tatsugami K, Nakaigawa N, Osawa T, Oya M, Kanayama H, Nakayama Kondoh C, Sassa N, Nishimura K, Nozawa M, Masumori N, Miyoshi Y, Kuroda S, Tanaka S, Kimura A and Tamada S: Cabozantinib in advanced renal cell carcinoma: A phase Il, open-label, single-arm study of Japanese patients. Int J Urol. 27(11); 952-959: 2020
6) Gocho T , Hori M , Fukushima Y , Someya M , Kitagawa M , Hasegawa T , Tsuchiya T , Hareyama M , Takagi M, Hashimoto K , Masumori N, Sakata K:Evaluation of the urethral α/ß ratio and tissue repair half-time for iodine-125 prostate brachytherapy with or without supplemental external beam radiotherapy. Brachytherapy. 19(3); 290-297: 2020
7) Terada N, Mizowaki T, Saito T, Yokomizo A, Kohei N, Tabata K, Shiota M, Takahashi A, Shimazui T, Goto T, Hashimoto Y, Fujii M, Tomida R, Sakurai T, Hashimoto K, Kawamura S, Teraoka S, Sakamoto S, Kimura T, Kamiyama M, Narita S, Tanaka N, Kato T, Kato M, Osawa T, Kojima T, Inoue T, Sugimoto M, Nishiyama H, Kamoto T, on behalf of Japanese Urological Oncology Group: Potential effectiveness of local radiotherapy for extending survival and reducing symptomatic local events in patients with de novo metastatic prostate cancer. BJUI compass. https://doi.org/10.1002/bco2.35
8) Shiota M, Terada N, Saito T, Yokomizo A, Kohei N, Goto T, Kawamura S, Hashimoto Y, Takahashi A, Kimura T, Tabata K, Tomida R, Hashimoto K, Sakurai T, Shimazui T, Sakamoto S, Kamiyama M, Tanaka N, Mitsuzuka K, Kato T, Narita S, Yasumoto H , Teraoka S , Kato M , Osawa T, Nagumo Y , Matsumoto H, Enokida H, Sugiyama T , Kuroiwa K, Inoue T, Mizowaki T, Kamoto T, Kojima T, Kitamura H, Sugimoto M, Nishiyama H, Eto M, Japanese Urological Oncology Group (JUOG): Differential prognostic factors in low- and high-burden de novo metastatic hormone-sensitive prostate cancer patients. Cancer Sci. 2020 Nov 7. doi: 10.1111/cas.14722. Online ahead of print.
9) Osawa T, Kojima T, Hara T, Sugimoto M, Eto M, Takeuchi A, Minami K, Nakai Y, Ueda K, Ozawa M, Uemura M, Miyauchi Y, Ohba K, Suzuki T, Anai S, Shindo T, Kusakabe N, Tamura K, Komiyama M, Goto T, Yokomizo A, Kohei N, Kashiwagi A, Murakami M, Sazuka T, Yasumoto H, Iwamoto H, Mitsuzuka K, Morooka D, Shimazui T, Yamamoto Y, Ikeshiro S, Nakagomi H, Morita K, Tomida R, Mochizuki T, Inoue T, Kitamura H, Yamada S, M Ito Y, Murai S, Nishiyama H, Shinohara N, Japanese Urological Oncology Group, Oncological outcomes of a multicenter cohort treated with axitinib for metastatic renal cell carcinoma. Cancer Sci. 111(7); 2460-2471: 2020
10) Omori G, Takada K, Murase K, Hayasaka N, Nakamura H, Iyama S, Ohnuma H, Miyanishi K, Fukuta F, Tanaka T, Masumori N, Kato J: Successful mycophenolate mofetil treatment of a patient with severe steroid-refractory hepatitis evoked by nivolumab plus ipilimumab treatment for relapsed bladder cancer. Clin Case Rep. 9(2); 654-659: 2020
11) Nakamura H, Takada K, Murase K, Sakamoto H, Hayasaka N, Ishikawa K, Ikeda Y, Yoshida M, Iyama S, Kobayashi K, Shindo T, Sugita S, Miyanishi K, Kobune M, Masumori N, Kato J: Successful Treatment by Surgery and Lenvatinib of a Patient with Adrenal Metastasis of Papillary Thyroid Cancer. Case Rep Oncol Med. 2020; 2107430: 2020
12) Ito K, Mikami S, Kuroda N, Nagashima Y, Tatsugami K, Masumori N, Kondo T, Takagi T, Nakanishi S, Eto M, Kamba T, Tomita Y, Matsuyama H, Tsushima T, Nakazawa H, Oya M, Kimura G, Shinohara N, Asano T: Difficulty in differential diagnosis for renal cancer with microscopic papillary architecture: overlapped pathological features among papillary renal cell carcinoma (RCC), mutinous tubular and spindle cell carcinoma, and unclassified RCC. Lessons from a Japanese multicenter study. Jpn J Clin Oncol. 50(11); 1313-1320: 2020
13) Nakamura K, Tanaka T, Masumori N, Miyamoto A, Hirano T: Evaluation of Proteinuria Using Urine Protein : Creatine Ratio in Treatment with Molecular Targeted Agents for Advanced Renal Cell Carcinoma. Biol Pharm Bull. 43(10); 1506-1510: 2020
14) Kubo T, Sugawara T, Shinkawa T, Kurisu T, Kouzen N, Tanaka T, Fukuta F, Yamasaki K, Sugita S, Matsuo K, Morita R, Hirohashi Y, Tsukahara T, Kanaseki T, Hasegawa T, Masumori N, Torigoe T: Fatal fulminant hepatitis induced by combined ipilimumab and nivolumab therapy despite favorable histologic response and confirmed by autopsy in a patient with clear cell renal cell carcinoma. Immunol Med. 7; 1-6: 2020
15) Ito K, Kobayashi M, Komiyama M, Naito S, Nishimura K, Yonese J, Hashine K, Saito S, Arai G, Shinohara M, Masumori N, Shimizu N, Satoh T, Yamauchi A, Tochigi T, Takezawa Y, Fujimoto H, Yokomizo A, Kakimoto KI, Fukui I, Karasawa K, Tsukamoto T, Nozaki M, Hasumi M, Ishiyama H, Ohtani M, Kuwahara M, Harada M, Ohashi Y, Kotake T, Kakizoe T, Suzuki K, Yamanaka H; National Research Project on Endocrine-Radiation Combination Therapy for Locally Advanced Prostate Cancer Investigators: Oncological outcomes for patients with locally advanced prostate cancer treated with neoadjuvant endocrine and external-beam radiation therapy followed by adjuvant continuous/intermittent endocrine therapy in an open-label, randomized, phase 3 trial. Cancer. 126(17); 3961-3971: 2020
16) Morizane S, Honda M, Ueki M, Masumori N, Fujimiya M, Takenaka A: New technique of transurethral en bloc resection of bladder tumor with a flexible cystoscope and endoscopic submucosal dissection devices for the gastrointestinal tract. Int J Urol. 27(3); 268-269: 2020
17) Idogawa M, Hida T, Tanaka T, Ohira N, Tange S, Sasaki Y, Uhara H, Masumori N, Tokino T, Natori H: Renal angiomyolipoma (AML) harboring a missense mutation of TSC2 with copy-neutral loss of heterozygosity (CN-LOH). Cancer Biol Ther. 21(4); 315-319: 2020
18) 橋本浩平、舛森直哉:特集 前立腺がんの過剰診断・過剰治療の解決策、PSAスクリーニングに関する大規模比較試験レビュー、泌尿器科11(1); 7-13: 2020
19) 橋本浩平、舛森直哉:去勢抵抗性前立腺がん骨転移治療におけるRa-223治療(解説)、泌尿器科 11(4); 466-471: 2020
20) 髙橋俊二、植村天受、舛森直哉、絹谷清剛、細野 眞、岡山 豊、砂谷敏行、堀尾知代、筧 善行:使用実態下における骨転移を有する去勢抵抗性前立腺癌患者を対象とした塩化ラジウム-223の安全性と有効性 –使用成績調査結果–、泌尿器外科33(4); 435-449: 2020
21) 橋本浩平、舛森直哉:特集 前立腺癌診療update 診断と治療、Ra-223のCRPCにおける役割と効果予測、日本臨床 78(6); 1019-1023: 2020
22) 進藤哲哉、池端良紀、加藤隆一、田口圭介、橋本浩平、國島康晴、広瀬崇興、堀田 裕、井上隆太、松川雅則、立木 仁、伊藤直樹、執行雅紀、堀田浩貴、髙橋 敦、田中俊明、樋之津史郎、舛森直哉:デュタステリド内服下に発見される前立腺癌に関する後ろ向き多施設共同研究、 Prostate Journal 7(1); 117-120: 2020
23) 植木洋平、田中俊明、橋本浩平、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:ニボルマブ投与により著明な免疫関連有害事象と、中止後の持続的腫瘍縮小を認めた転移性腎細胞癌の1例、泌尿器科紀要、66(5); 147-151: 2020
24) 橋本浩平、舛森直哉:特集 腎臓内科医に必要な泌尿器疾患へのアプローチ、PSA高値へのアプローチ、腎と透析 89(1); 93-97: 2020
25) 田中俊明、小林元気、舛森直哉:特集 泌尿器がんのリンパ節転移とリンパ節郭清、陰茎がんのリンパ節転移とリンパ節郭清、泌尿器科 12(1) ; 46-52: 2020
26) 柴森康介、橋本浩平、田端秀敏、高柳明夫、西田幸代、小林皇、福多史昌、田中俊明、舛森直哉:転移性前立腺癌における局所治療の タイミングと有用性の検討、泌尿器外科 33(8); 1074-1078: 2020
27) 舛森直哉、筧善行、細野眞、絹谷清剛、高橋俊二、岡山豊、砂谷敏行、堀尾知代部、植村天受:【使用成績調査】骨転移を有する去勢抵抗性前立腺癌患者を対象とした塩化ラシウム23の安全性と有効性:6回投与の治療完遂/中止に関する探索的解析、診療と新薬 57; 705-717: 2020
28) 橋本浩平、舛森直哉:前立腺癌の薬物療法:ホルモン感受性癌から去勢抵抗性癌まで 放射線内用療法:ラジウム-223, Prostate Journal. 7(2); 196-204: 2020
29) 舛森直哉:泌尿器科・病理・放射線科 腎癌 取扱い規約、メディカルレビュー社 第5版、2020年12月
30) 橋本浩平:座談会 去勢抵抗性前立腺癌の骨転移治療におけるRⅠ内用療法の現状、泌尿器外科 33(11); 1469-1477: 2020
31) 豊田朋弘、福多史昌、進藤哲哉、田中俊明、舛森直哉:腎盂癌との鑑別が困難であった線維上皮性ポリープの1例、泌尿器科紀要 66(9); 303-306: 2020
【学会発表】
1) Hashimoto K, Miyoshi Y, Shindo T, Nishiyama N, Miyamoto S, Maehana T, Okada M, Yanase M, Kato R, Hotta H, Kunishima Y, Takahashi T, Kitamura H, Uemura H, Masumori N: Who is bone predominant patient to maximize clinical benefits of radium-223 dichloride? ASCO 2020 Genitourinary Cancers Symposium, 2020, 2/12-14, San Francisco, U.S.A
2) Tanaka T, Hashimoto K, Kobayashi K, Fukuta F, Masumori N: Management of hydronephrosis after radical cystectomy and urinary diversion for bladder cancer. 2020 American Urological Association Congress, 2020, 5/15-19, Web
3) Shindo T, Takahashi A, Hashimoto K, Tanaka T, Taguchi K, Itoh N, Okada M, Hotta H, Kunishima Y, Hirose T, Matsukawa M, Tachiki H, Kato R, Hinotsu S, Masumori N: Optimal management for initially diagnosed Ta high grade bladder cancer. What does matter for intravesical recurrence? 2020 American Urological Association Congress, 2020, 5/15-19, Web
4) Sakai Y, Sato S, Shindo T, Takahashi A, Kunishima Y, Kato R, Itoh N, Okada M, Tachiki H, Taguchi K, Hirose T, Hotta H, Horita H, Matsukawa M, Muranaka T, Nishiyama K, Miyazaki A, Hashimoto K, Tanaka T, Masumori N: Anitiresorptive agent-related osteonecrosis of the jaw (ARONJ) in urological malignancies: Is the risk different between kidney and prostate cancer patients? 2020 European Association of Urology Congress, 2020, 7/17-19, Web
5) Hashimoto K, Miyoshi Y, Shindo T, Kobayashi K, Tanaka T, Miyamoto S, Maehana T, Okada M, Nishiyama N, Yanase M, Kato R, Hotta H, Kunishima Y, Takahashi A, Kitamura H, Uemura H and Masumori N:Who is a bone-predominant patient to maximize clinical benefits of radium-223 dichloride? 108th Japanase Urolorical Association Congress, 2020, 12/21-25, Kobe
6) Shindo T, Takahashi A, Hashimoto K, Tanaka T, Taguchi K, Itoh N, Okada M, Hotta H, Kunishima Y, Hirose T, Matsukawa M, Tachiki H, Kato R, Hinotsu S, Masumori N: Optimal management for initially diagnosed Ta high grade bladder cancer. What does matter for intravesical recurrence? 108th Japanase Urolorical Association Congress, 2020, 12/21-25, Kobe
7) 山崎浩司、橋本浩平、進藤哲哉、小林 皇、福多史昌、田中俊明、舛森直哉:上部尿路上皮癌に対する腎尿管全摘除術後腎機能低下の予測、第409回日本泌尿器科学会北海道地方会、2020年1月25日、札幌
8) 進藤哲哉、橋本浩平、髙橋 敦、田口圭介、伊藤直樹、堀田 裕、岡田 学、國島康晴、広瀬崇興、松川雅則、加藤隆一、立木 仁、田中俊明、樋之津史郎、舛森直哉:初発Ta high grade膀胱癌治療に関する多施設共同後ろ向き観察研究、第409回日本泌尿器科学会北海道地方会、2020年1月25日、札幌
9) 諸岡大地、橋本浩平、福多史昌、小林 皇、田中俊明、舛森直哉:終末期前立腺癌に対して緩和的な放射線照射が奏効した2例、第409回日本泌尿器科学会北海道地方会、2020年1月25日、札幌
10) 松木雅裕、廣橋良彦、中津川宗秀、田中俊明、鳥越俊彦、舛森直哉:腎細胞癌の腫瘍浸潤CD8+T細胞が認識する腫瘍内不均一なネオアンチゲンの同定、第29回泌尿器科分子・細胞研究会、2020年8月9日、Web
11) 橋本浩平、進藤哲哉、小林 皇、田中俊明、前鼻健志、加藤隆一、國島康晴、田口圭介、髙橋 敦、舛森直哉:高齢者去勢抵抗性前立腺癌におけるラジウム223の検討、第33回日本老年泌尿器科学会、2020年9月11-12日、Web
12) 中村 誠、橋本浩平、山崎浩司、田端秀敏、野藤誓亮、岡田 学、柴森康介、小林 皇、田中俊明、舛森直哉:ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術後の鼠経ヘルニアの検討、第410回日本泌尿器科学会北海道地方会、2020年9月12日、札幌
13) 橋本浩平:M0CRPC治療におけるアンメットニーズから新規治療へ期待すること(共催セミナー)、第85回日本泌尿器科学会東部総会、2020年9月27日、Web
14) 橋本浩平:mCSPCの最近の話題(共催セミナー)、日本Men’s Health医学会、2020年10月9日、Web
15) 西田幸代、堀 正和、橋本浩平、小林 皇、田中俊明、舛森直哉:前立腺癌に対する密封小線源療法後に発生した二次性癌および他臓器癌の臨床的検討、第58回日本癌治療学会、2020年10月22-24日、Web
16) 橋本浩平:前立腺癌治療のunmet needsと将来展望(共催セミナー)、第58回日本癌治療学会、2020年10月22-24日、京都
17) 橋本浩平:多様化する前立腺癌治療におけるM0去勢抵抗性前立腺癌に対する新規アンドロゲン受容体シグナル阻害薬の可能性(共催セミナー)、日本泌尿器腫瘍学会第6回学術集会、2020年10月24-25日、京都
18) 橋本浩平、山崎浩司、田端秀敏、野藤誓亮、岡田 学、柴森康介、小林 皇、田中俊明、舛森直哉:陰茎癌に対する鼠経リンパ節郭清術の検討、日本泌尿器腫瘍学会第6回学術集会、2020年10月24-25日、京都
19) 中村 誠、橋本浩平、山崎浩司、田端秀敏、野藤誓亮、岡田 学、柴森康介、小林 皇、田中俊明、舛森直哉:ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術後の鼠経ヘルニアの検討、第34回日本泌尿器内視鏡学会総会、2020年11月19-21日、Web
20) 舛森直哉、髙橋俊二、植村天受、絹谷清剛、細野 眞、岡山 豊、砂谷敏行、奥村正文、筧 善行:骨転移を有する去勢抵抗性前立腺癌患者を対象とした塩化ラジウム-223の使用成績調査結果、第108回日本泌尿器科学会総会、2020年12月21-25日、神戸
21) 橋本浩平:ゾーフィゴ単剤使用に適したBone Predominantな患者像を検討する(共催セミナー)、第108回日本泌尿器科学会総会、2020年12月21-25日、神戸
22) 橋本浩平:根治的前立腺摘除術後のPSA再発:次の一手(シンポジウム)、第108回日本泌尿器科学会総会、2020年12月21-25日、神戸

排尿異常・前立腺肥大症

【論文】
1) Shinkai N, Ichihara K, Kobayashi K, Tabata H, Hashimoto K, Fukuta F, Tanaka T, Masumori N: Long-term tadalafil administration can prevent functional and structural changes of the urinary bladder in male rats with partial bladder outlet obstruction. Neurourol Urodyn. 39(5); 1330-1337: 2020
2) Yoshida M, Takeda M, Gotoh M, Yokoyama O, Kakizaki H, Takahashi S, Masumori N, Nagai S, Minemura K: Efficacy of vibegron, a novel β3-adrenoreceptor agonist, on severe urgency urinary incontinence related to overactive bladder: post hoc analysis of a randomized, placebo-controlled, double-blind, comparative phase 3 study. BJU Int. 125(5); 709-717: 2020
3) 舛森直哉:前立腺肥大症 腎・泌尿器疾患、内科・外科疾患、year note TOPICS 2020-2021
4) 舛森直哉:泌尿器科・生殖器系疾患、前立腺肥大症、病気とくすり 基礎と実践、薬局 増刊号 71(4); 633-637: 2020
5) 舛森直哉:前立腺肥大症、今日の疾患辞典
6) 舛森直哉:前立腺肥大症、今日の診断指針、Today’s Diagnosis 8th 医学書院 2020
7) 舛森直哉:夜間頻尿と関連のある習慣病にはどのようなものがあるか?糖尿病、高血圧、脳卒中、心臓病、肥満などの生活習慣病と夜間頻尿との関連性が示されている。夜間頻尿 診療ガイドライン [第2版]、編集 日本排尿機能学会 / 日本泌尿器科学会 Pages 15-17
8) 舛森直哉:疫学、夜間頻尿 診療ガイドライン [第2版]、編集 日本排尿機能学会 / 日本泌尿器科学会 Pages 94-103
9) 舛森直哉:夜間頻尿の疫学とリスク因子(特集:夜間頻尿診療ガイドライン第2版を読み解く)、排尿障害プラクティス 28(1); 22-27: 2020
10) 萬谷和香子、西中一幸、上原央久、舛森直哉:集中的治療が奏功したシスチン結石症の2例、日本小児泌尿器科学会雑誌 (29)1; 54-58: 2020
11) 舛森直哉:男性下部尿路症状・前立腺肥大症の専門的診療(特集:排尿・排便障害-初期診療から専門診療まで)、日医雑誌 149(5); 847-850: 2020
12) 京田有樹、本望 修、舛森直哉:脊髄損傷患者に対する間葉系幹細胞移植療法の排尿機能への影響(特集:下部尿路機能障害と中枢神経:将来展望を探る)、日本排尿機能学会誌 30(2); 405-406: 2020
13) 福多史昌、舛森直哉:前立腺注入療法(ボツリヌス毒素、NX-1207、PRX302)(特集:前立腺肥大症の新しい外科的治療の選択肢)、泌尿器科 12(4); 412-419: 2020
【学会発表】
1) Shinkai N, Kobayashi K, Ichihara K, Tabata H, Hashimoto K, Fukuta F, Tanaka T, Masumori N: Oral administration of tadalafil can suppress both bladder dysfunction and detrusor fibrosis in male rats with partial bladder outlet obstruction (BOO). 2020 European Association of Urology Congress, 2020, 7/17-19, Web
2) 鰐渕 敦、京田有樹、小笠原卓、小林 皇、舛森直哉、伊藤直樹、進藤哲哉、髙橋 敦、國島康晴:急性単純性膀胱炎における主要下部尿路症状スコア(CLSS)の有用性の検討、第410回日本泌尿器科学会北海道地方会、2020年9月12日、札幌
3) 太刀川公人、京田有樹、福多史昌、小林 皇、舛森直哉:過活動膀胱に対するビベグロンの治療効果の検討(多施設共同前向き研究SCCOP study 19-01)、第410回日本泌尿器科学会北海道地方会、2020年9月12日、札幌
4) 舛森直哉:夜間頻尿の疫学と診断、第27回日本排尿機能学会、2020年10月15-17日、東京
5) 京田有樹、岡田 学、加藤隆一、松木雅裕、田沼 康、伊藤直樹、髙橋 敦、立木 仁、橋本浩平、小林 皇、田中俊明、舛森直哉:自己評価表を用いた認知行動療法による夜間頻尿の治療効果~多施設共同無作為化比較試験~、第27回日本排尿機能学会、2020年10月15-17日、東京
6) 京田有樹、舛森直哉:排尿日誌から見た夜間頻尿の治療戦略(共催セミナー)、第27回日本排尿機能学会、2020年10月15-17日、東京
7) 京田有樹、鰐渕 敦、田端秀敏、小林 皇、押切 勉、本望 修、舛森直哉:脊髄損傷に対する間葉系幹細胞移植による膀胱機能への効果(シンポジウム)、第27回日本排尿機能学会、2020年10月15-17日、東京
8) 鰐渕 敦、京田有樹、小笠原卓音、小林 皇、伊藤直樹、進藤哲哉、髙橋 敦、國島康晴、舛森直哉:急性単純性膀胱炎における主要下部尿路症状スコア(CLSS)の有用性の検討、第27回日本排尿機能学会、2020年10月15-17日、東京
9) 太刀川公人、京田有樹、福多史昌、小林 皇、舛森直哉:過活動膀胱に対するビベグロンの治療効果の検討(多施設共同前向き研究SCCOP study 19-01)、第27回日本排尿機能学会、2020年10月15-17日、東京
10) 田端秀敏、佐々木祐典, 佐々木優子, 市原浩司, 新海信雄, 福多史昌, 舛森直哉, 本望 修:Toll-like receptor 7刺激によるラット間質性膀胱炎モデルの開発、第108回日本泌尿器科学会総会、2020年12月21-25日、神戸

腎移植・腎疾患

【論文】
1) 田中俊明:BIOLOGY TOPICS 臓器移植におけるHSP90の役割、BIO Clinica 35 (1); 65-67: 2020
2) 前鼻健志、田中俊明、進藤哲哉、小笠原卓音、栗栖知世、舛森直哉: 生体肝移植後、エベロリムス投与直後に薬剤性肺障害を発症した1例、日本臨床腎移植学会雑誌 8(1); 120-123: 2020
3) 栗栖知世、田中俊明、小笠原卓音、福多史昌、海上耕平、舛森直哉:BMI 40kg/m2超のレシピエントに対する腎移植の経験、日本臨床腎移植学会雑誌 8(2); 281-285: 2020
【学会発表】
1) Tanaka T, Maehana T and Masumori N: Graft perfusion with an HSP90 inhibitor prolongs graft survival in murine heart transplantation by modulating expression of cyclin-dependent kinases and the senolytic effect. 2020 American Transplant Congress, 2020, 5/30-6/1, Web
2) Kurisu T, Tanaka T, Ikehata Y, Hashimoto K, Kobayashi K, Fukuta F, Masumori N: Prognostic impact of postoperative acute kidney injury after radical cystectomy. 108th Japanase Urolorical Association Congress, 2020, 12/21-25, Kobe
3) 中山 奨、田中俊明、豊田朋弘、山本卓宜、橋本浩平、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:繰り返す腎盂腎炎を契機に発見された腎杯憩室の1例、第409回日本泌尿器科学会北海道地方会、2020年1月25日、札幌
4) 田中俊明、福多史昌、前鼻健志、舛森直哉:腎移植にせん妄を発症した2例、第53回日本臨床腎移植学会、2020年2月19-21日、東京
5) 栗栖知世、田中俊明、小笠原卓音、福多史昌、舛森直哉:BMI 40のレシピエントに対する腎移植の経験、第53回日本臨床腎移植学会、2020年2月19-21日、東京
6) 幸前 和、田中俊明、栗栖知世、酒井康之、野藤誓亮、山崎浩司、前鼻健志、福多史昌、舛森直哉:透析歴40年の後に生体腎移植術を施行した一例、第53回日本臨床腎移植学会、2020年2月19-21日、東京
7) 田中俊明、前鼻健志、太刀川公人、舛森直哉:マウス心移植モデルにおけるHSP90阻害剤 グラフト灌流の生着延長効果の機序の解析〜サイクリン依存性キナーゼおよび老化細胞除去効果、日本移植学会、2020年9月30日、Web

G I D

【論文】
1) Ichihara K, Masumori N, Fujii S, Toda T: Pharmacokinetics of Testosterone Enanthate After Intramuscular Injection for Transgender Men. Androgens:Clinical Research and Therapeutics 1(1); 2020, https://doi.org/10.1089/andro.2020.0002
2) 遠藤俊明、馬場 剛、池田桂子、本間寛之、池田詩子、逸見博文、木谷 保、板橋詠子、藤井美穂、池田官司、舛森直哉、斉藤 豪:トランス男性(FTM)の性自認と多嚢胞性卵巣症候群など高男性ホルモンを示す病態との関係、日本性科学会雑誌 38(1); 3-15: 2020
【学会発表】
1) 舛森直哉:形成外科領域におけるGID治療の今後を考える ホルモン療法の功罪(パネルディスカッション)、第63回日本形成外科学会総会、2020年8月27日、Web
2) 舛森直哉:GID(性同一性障害)の診断と治療、第108回日本泌尿器科学会総会、2020年12月21-25日、神戸

その他

【論文】
1) Matsuki M, Tanaka T, Takahashi A, Inoue R, Hotta H, Itoh N, Taguchi K, Kato R, Kobayashi1 K, Masumori1 N:Incidence and risk factors of postoperative delirium in elderly patients undergoing urological surgery: A multi-institutional prospective study. Int J Urol. 27(3); 219-225: 2020
2) Tanaka T, Masumori N: Current approach to diagnosis and management of retroperitoneal fibrosis. Int J Urol. 27(5); 387-394: 2020
3) 舛森直哉:血精液症 泌尿器疾患、今日の治療指針 私はこう治療している 医学書院 Vol.62、TODAY’S THERAPY 2020
4) 西田幸代、木村友和、吉川武志、南里麻己、増田朋子、小林知子、山本恭代、樋口はるか、松下千枝、前田佳子、高橋さゆり、佐々木ひと美、舛森直哉、永井敦、宮澤克人:COVID-19感染拡大に伴う影響調査アンケート結果報告、日本泌尿器科学会雑誌 111(3); np1-np14: 2020
5) 舛森直哉:学会好事 第28回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会、Urology Today 26(4); 40-41: 2020
6) 田中俊明、舛森直哉 :特集 高齢者の泌尿器科手術、膀胱全摘除術後の尿路変向術:高齢者の術式選択と問題点、泌尿器科 11(2); 166-169: 2020
7) 栗栖知世、田中俊明、岡田 学、橋本浩平、小林 皇、福多史昌、吉田瑛司、奥谷浩一、竹政伊知朗、舛森直哉:膀胱自然破裂により汎発性腹膜炎を呈した1例 、泌尿器科紀要 66(7); 235-238: 2020
8) 桧山佳樹、西中一幸, 舛森直哉:再発性交通性陰嚢水瘤1例及びabdominoscrotal hydrocele 2例に対して腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術を施行した経験、Japanese Journal of Endourology 33(1); 179-184: 2020
【学会発表】
1) 西田幸代、木村友和、吉川武志、南里麻己、増田朋子、小林知子、山本恭代、樋口はるか、松下千枝、前田佳子、高橋さゆり、佐々木ひと美、舛森直哉、永井敦、宮澤克人: COVID-19感染拡大に伴う影響調査アンケート結果報告(ダイバーシティ推進委員会企画)、第70回日本泌尿器科学会中部総会、2020年11月12-14日、金沢市
2) 舛森直哉:Studer原法新膀胱combined method、第34回日本泌尿器内視鏡学会総会、2020年11月21日 、Web