2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度

業績・論文(2019年度)

感染症

【論文】
1) Hiyama Y, Takahashi S, Sato T, Shinagawa M, Fukushima Y, Nakajima C, Suzuki Y, Masumori N and Yokota S : Evaluation of Susceptibilities to Carbapenems and Faropenem Against Cephalosporin-Resistant Neisseria gonorrhoeae Clinical lsolates with penA Mosaic Alleles. MICROBIAL DRUG RESISTANCE Mary Ann Liebert, Inc. DOI: 10.1089/mdr.2018.0263 2019
2) Hayami H, Takahashi S ,Ishikawa K , Yasuda M , Yamamoto S ,Wada K , Kobayashi K ,Hamasuna R , Minamitani S , Matsumoto T , Kiyota H , Tateda K , Sato J , Hanaki H, Masumori N ,Nishiyama H ,Miyazaki J ,Fujimoto K ,Tanaka K , Uehara S ,Matsubara A, Ito K , Hayashi K , Kurimura Y, Ito S ,Takeuchi T, Narita H , Izumitani M , Nishimura H, Kawahara M , Hara M , Hosobe T, Takashima K, Chokyu H , Matsumura M , Ihara H , Uno S , Monden K , Sumii T, Kawai S , Kariya S ,Sato T ,Yoshioka M , Kadena H ,Matsushita S, Nishi S , Hosokawa Y , Shirane T , Yoh M , Watanabe S , Makinose S ,Uemura T, Goto H : Second nationwide surveillance of bacterial pathogens in patients with acute uncomplicated cystitisconducted by Japanese Surveillance Committee from 2015 to 2016: antimicrobial susceptibility of Escherichia coli, Klebsiella pneumoniae, and Staphylococcus saprophyticus. J Infect Chemother 25 413-422 2019
【学会発表】
3) Hiyama Y, Takahashi S, Yasuda M, Masumori N:Chlamydial Urethritis. 17th Urological Associationn of Asia Congress, 2019,8/7-11, Malaysia
4) Hiyama Y, Sato T, Takahashi S, Shinagawa M, Fukushima Y, Nakajima C, Suzuki Y, Masumori N, Yokota S : A case of a patient with prolonged colonization of Escherichia coli producing extended-spectrum β-lactamase in the urinary tract: Failure of eradication by fosfomycin before urological surgery. The 41th Taiwan Urological Association Annual Meeting , 2019,8-17, Taiwan
5) 桧山佳樹、佐藤豊孝、髙橋 聡、横田伸一、舛森直哉:Fosfomycinによる術前除菌が無効であった尿道損傷患者の尿から検出されたESBL産生大腸菌の細菌学的検討、第89回日本感染症学会西日本地方会学術集会・第62回日本感染症学会中日本地方会学術集会・第67回日本化学療法学会西日本支部総会、2019年11月7-9日、浜松

内分泌

【論文】
なし
【学会発表】
1) 小林 皇、山本卓宜、橋本浩平、福多史昌、田中俊明、國島康晴、舛森直哉:原発・転移巣切除により外科的治癒を得た膀胱パラガングリオーマ、日本内分泌学会 第29回 臨床内分泌代謝Update in Kochi 、2019年11月29-30日、高知

性機能

【論文】
1) 松田洋平、小林 皇、舛森直哉:BPH/LUTSと性機能 2. BPH/LUTSとEDどちらが先に発症か?
Prostate Journal 6(1), 100~102, 2019
2) 萬谷和香子、小林 皇、橋本浩平、髙柳明夫、田端秀敏、岡田 学、舛森直哉:非虚血性持続勃起症に対する保存的加療の経過、日本性機能学会誌 Vol.34 No3, DECEMBER 2019
【学会発表】
3) 萬谷和香子、小林 皇、橋本浩平、田端秀敏、岡田 学、舛森直哉:非虚血性持続勃起症に対する保存的加療の経過、第29回日本性機能学会東部総会、2019年2月16日、浦安
4) 橋本 浩平、小林 皇、髙柳明夫、田端秀敏、野藤誓亮、酒井康之、舛森直哉:不適切な亀頭増大術を施行された1例、日本性機能学会第30回学術総会・第28回日本性機能学会西部総会、2019年9月20-22日、徳島

腫瘍

【論文】
1) Masumori N, Fukuta F: Development of combined method for construction of continent urinary diversion: Studer neobladder. Int J Urol. 26(12):1158-1160. 2019
2) Uemura H, Uemura H, Nagamori S, Wakumoto Y, Kimura G, Kikukawa H, Yokomizo A, Mizokami A, Kosaka T, Masumori N, Kawasaki Y, Yonese J, Nasu Y, Fukasawa S, Sugiyama T, Kinuya S, Hosono M, Yamaguchi I, Akagawa T, Matsubara N:Three-year follow-up of a phase II study of radium-223 dichloride in Japanese patients with symptomatic castration-resistant prostate cancer and bone metastases. Int J Clin Oncol. 24(5):557-566. 2019
3) Okita K, Hatakeyama S , Tanaka T, Ikehata Y, Tanaka T, Fujita N, Ishibashi Y, Yamamoto H,Yoneyama T, Hashimoto Y, Yoshikawa K, Kawaguchi T, Masumori N , Kitamura H ,Ohyama C:Impact of Disagreement Between Two Risk Group Models on Prognosis in Patients With Metastatic Renal-Cell Carcinoma. Clin Genitourin Cancer. 17(3):e440-e446. 2019
4) Hashimoto K, Tabata H, Shindo T, Tanaka T, Hashimoto J, Inoue R, Muranaka T, Hotta H, Yanase M, Kunishima Y, Takahashi A, Masumori N : Sapporo Medical University Urologic Oncology Consortium (SUOC). Serum testosterone level is a useful biomarker for determining the optimal treatment for castration-resistant prostate cancer. Urol Oncol. 37(7):485-491. 2019
5) Mori A, Hashimoto K, Koroki Y, Wu DB, Masumori N : The correlation between metastasis-free survival and overall survival in non-metastatic castration resistant prostate cancer patients from the Medical Data Vision claims database in Japan. Curr Med Res Opin. 35(10):1745-1750. 2019
6) Shindo T, Hirobe M, Adachi Y, Sasaki Y, Tokino T, Masumori N:Genomic characterization for familial cases with urothelial carcinoma. Int Cancer Conf J. 8(4):185-189. 2019
7) Kadono Y, Konaka H, Izumi K, Anai S, Fujimoto K, Ishibashi K, Kawai N, Kato T, Iba A, Masumori N, Yoshimura K, Mizokami A:Efficacy and safety of cytokines versus first-line sunitinib and second-line axitinib for patients with metastatic renal cell carcinoma (ESCAPE study): A study protocol for phase III randomized sequential open-label study. Contemp Clin Trials Commun. 15:100403. 2019
8) Idogawa M , Hida T, Tanaka T, Ohir N , Tange S, Sasaki Y , Uhara H , Masumori N , Tokino T, and Natori H :Renal angiomyolipoma (AML) harboring a missense mutation of TSC2 with copy-neutral loss of heterozygosity (CN-LOH) . Cancer Biology & Therapy 2019
9) 進藤哲哉、清水 崇、野島正寛、新沼 猛、丸山玲緒、北嶋洋志、甲斐正広、伊藤直樹、鈴木 拓、舛森直哉:膀胱癌再発予測バイオマーカーとしての尿中DVAメチル解析、北海道医学雑誌、94(1)、2019
10) 橋本浩平:前立腺がん PSA検査による早期発見治療が重要、医療と介護ナビ 2019年版夏・秋号
11) 橋本浩平、舛森直哉:特集 ハイリスク前立腺癌を深堀するーその変遷とMO CRPCの最新治療〈HNPC治療の現状と課題〉HNPCにたいするアンドロゲンレセプターを標的とする治療、 臨床泌尿器科7月 73巻8号 (548-551) 2019
12) 福多史昌、小林 皇、橋本浩平、柴森康介、桧山佳樹、松木雅裕、田中俊明、舛森直哉:ロボット支援下腎部分切除術の標準化、札幌医大泌尿器科におけるロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術、泌尿器外科、32(臨増)、649-650、2019
13) 小笠原卓音、橋本浩平、小野寺耕一、進藤哲哉、田中俊明、畠中正光、舛森直哉:前立腺癌における前立腺針生検前MRIの有用性の検討、泌尿器外科、32(8)、1025~1028、2019
【学会発表】
14)

Shibamori K, Yamamoto T, Tabata H, Shindo T, Tanaka T, Masumori N: The efficacy and safety of open partial nephrectomy in the laparoscopic era. Next Frontiers in Urology 2019: A Biennial AUA/JUA Symposium,2019, 2/6-8, Los Angeles

15) Shindo T, Niinuma T, Nishiyama N, Kitajima H, Kai M, Maruyama R, Tokino T, Masumori N, Suzuki H :Epigenetic regulation of miR-200b is associated with cisplatin resistance in bladder cancer. 11th AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer Research: Biology to Precision Medicine, 2019, 2/8-14, Maui
16) Matsuki M, Hirohashi Y, Kubo T, Nakatsugawa M, Kanaseki T, Tsukahara T, Tanaka T, Masumori N, Torigoe T:Tumor-infiltrating CD8+ T cell recognizes an intra-tumor neoantigen of clear cell renal cell carcinoma. 第78回日本癌学会、2019年9月26-28日、京都
17) Tanaka T, Shindo T, Hashimoto K, Kobayashi K, Fukuta F, Masumori N:Clinical outcomes of immune-related adverse events in urologic malignancy. 第57回日本癌治療学会学術集会、2019,年10月24-26日、福岡
18) Ogasawara T , Tanaka T, Shindo T , Hashimoto K, Fukuta F, Kunishima Y , Masumori N : Two cases of muscle-invasive bladder cancer with suspicious lesions for osteoblastic bone metastasis; Should we perform routine bone biopsy? 第57回日本癌治療学会学術集会、2019,年10月24-26日、福岡
19) 田端秀敏、橋本浩平、進藤哲哉、田中俊明、舛森直哉:Autopsyおよびliquid biopsyを用いた去勢抵抗性前立腺癌の腫瘍進展に関する遺伝子解析の1例報告、第3回Liquid Biopsy研究会、2019年1月18-19日、東京
20) 橋本浩平、進藤哲哉、京田有樹、村中貴之、太刀川公人、桐澤崇宏、野藤誓亮、前鼻健志、前田俊浩、小林 皇、福多史昌、田中俊明、堀田 裕、加藤隆一、國島康晴、立木 仁、田口圭介、柳瀬雅裕、高橋 敦、舛森直哉:塩化ラジウム(223Ra)の最適な患者像とはー骨転移経過の違いからー、第406回日本泌尿器科学会北海道地方会、2019年1月26日、札幌
21) 進藤哲哉、鈴木 拓、舛森直哉:【特別講演】膀胱癌におけるマイクロRNAのエピジェネティックな制御機構の解析、第406回日本泌尿器科学会北海道地方会、2019年1月26日、札幌
22) 舛森直哉:去勢抵抗性前立腺癌 骨転移治療におけるRa-223の位置づけの再考、第5回日本泌尿器癌局所療法研究会、2019年2月2日、横浜
23) 舛森直哉、橋本浩平、興梠陽介、森明日香、David Bin-Chia Wu:MDVレセプトデータベースを用いた国内のnmCRPC患者におけるMFSとOSの相関の検討、第107回日本泌尿器科学会総会、2019年4月18-21日、名古屋
24) 橋本浩平:骨転移治療戦略:いかにRa-223を活用するか、第107回日本泌尿器科学会総会、2019年4月18-21日、名古屋
25) 橋本浩平、進藤哲哉、京田有樹、村中貴之、太刀川公人、野藤誓亮、前鼻健志、前田俊浩、舛森直哉:骨転移経過の違いによる塩化ラジウムを選択すべき患者とは、第107回日本泌尿器科学会総会、2019年4月18-21日、名古屋
26) 進藤哲哉、田中俊明、髙橋敦、堀田裕、國島康晴、柳瀬雅裕、伊藤直樹、立木仁、松川雅則、田口圭介、加藤隆一、執行雅紀、舛森直哉:転移性尿路上皮癌に対するぺムブロリズマブ治療の現状、第107回日本泌尿器科学会総会、2019年4月18-21日、名古屋
27) 福多史昌、小林 皇、柴森康介、岡田 学、舛森直哉:札幌医科大学におけるRARCの初期経験、第407回日本泌尿器科学会北海道地方会、2019年5月25日、札幌
28) 小林 皇、山本卓宜、橋本浩平、福多史昌、田中俊明、舛森直哉:回腸導管に生じた免疫関連胃腸障害の一例、第407回日本泌尿器科学会北海道地方会、2019年5月25日、札幌
29) 小林元気、進藤哲哉、髙柳明夫、橋本浩平、小林 皇、福多史昌、田中俊明、舛森直哉:尿管癌を契機に発見されたリンチ症候群の1例、第407回日本泌尿器科学会北海道地方会、2019年5月25日、札幌
30) 橋本 浩平、田中 俊明、進藤 哲哉、柴森 康介、田端 秀敏、松木 雅裕、高柳 明夫、小林 皇、福多 史昌、舛森 直哉:転移性腎細胞癌に対する分子標的薬治療のrelative dose intensityと効果の検討、第50回腎癌研究会、2019年7月6日、東京
31) 進藤哲哉、小林 皇、田中俊明、髙橋 敦、舛森直哉:腎細胞癌に対するスニチニブ治療による疲労感の予防におけるカルニチンの有用性、第28回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会、2019年7月18-19日、札幌
32) 小林元気、進藤哲哉、髙柳明夫、橋本浩平、小林 皇、福多史昌、田中俊明、舛森直哉:尿管癌を契機にリンチ症候群を疑った1例、第28回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会、2019年7月18-19日、札幌
33) 酒井康之、佐藤俊介、進藤哲哉、髙橋 敦、國島康晴、加藤隆一、伊藤直樹、岡田 学、立木 仁、田口圭介、広瀬崇興、堀田 裕、堀田浩貴、松川雅則、村中貴之、西山廣陽、宮崎晃亘、橋本浩平、田中俊明、舛森直哉:骨転移を有する前立腺癌および腎癌患者における再吸収阻害剤関連顎骨壊死(ARONJ)の発生頻度に関する多施設共同後ろ向き観察研究、第408回日本泌尿器科学会北海道地方会、2019年9月21日、旭川
34) 小笠原卓音、田中俊明、進藤哲哉、橋本浩平、國島康晴、舛森直哉:骨生検にて診断した尿路上皮癌による造骨性骨転移の2例、第408回日本泌尿器科学会北海道地方会、2019年9月21日、旭川
35) 小林元気、進藤哲哉、髙柳明夫、橋本浩平、小林 皇、福多史昌、田中俊明、舛森直哉:尿管癌を契機に発見されたリンチ症候群の1例、第84回日本泌尿器科学会東部総会、2019年10月3-6日、東京
36) 小林 皇、橋本浩平、田中俊明、舛森直哉:免疫チェックポイント阻害剤の有害事象として回腸導管部の腸管に炎症を発症した1例、日本泌尿器腫瘍学会第5回学術集会、2019,年10月26-27日、 福岡
37) 山崎浩司、橋本浩平、進藤哲哉、小林 皇、福多史昌、田中俊明、舛森直哉:上部尿路上皮癌に対する腎尿管全摘除術後腎機能低下の予測、日本泌尿器腫瘍学会第5回学術集会、2019,年10月26-27日、 福岡
38) 諸岡大地、橋本浩平、福多史昌、小林 皇、田中俊明、舛森直哉:終末期前立腺癌に対してpalliativeな放射線照射が奏効した2例、日本泌尿器腫瘍学会第5回学術集会、2019,年10月26-27日、 福岡
39) 舛森 直哉、福多史昌:ロボット支援下回腸新膀胱(Studer)法C-CUDの確立、第33回日本泌尿器内視鏡学会総会、2019年11月21-23日、京都
40) 福多 史昌、小林 皇、田中俊明、髙柳明夫、橋本浩平、柴森康介、山本卓宜、舛森直哉:札幌医科大学におけるロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術(RARC)の初期経験、第33回日本泌尿器内視鏡学会総会、2019年11月21-23日、京都
41) 小林 皇、福多史昌、橋本浩平、髙柳明夫、田中俊明、舛森直哉:ロボット支援前立腺全摘除における拡大リンパ節郭清の検討、第33回日本泌尿器内視鏡学会総会、2019年11月21-23日、京都
42) 柴森康介、橋本浩平、田端秀敏、髙柳明夫、西田幸代、小林 皇、福多史昌、田中俊明、舛森直哉:転移性前立腺癌における局所治療のタイミングと有用性の検討、第35回前立腺シンポジウム、2019年12月14-15日、東京

排尿異常・前立腺肥大症

【論文】
1) Tanaka Y, Tanuma Y, Masumori N, Ohnishi H:Investigation of the reasons for withdrawal from long term treatment with mirabegron of treatment naïve Japanese female patients with overactive bladder in the real world clinical setting. UROLOGY ANNALS Volume 11 Issue 2 April-June 2019
KyodaY, Ichihara K, Hashimoto K, Kobayashi K, Fukuta F and Masumori N : Sustained density of neuroendocrine cells with aging precedes development of prostatic hyperplasia in spontaneously hypertensive rats. BMC Urology 19:91 2019
2) 舛森直哉:前立腺肥大症、泌尿器疾患、今日の治療指針 私はこう治療している、医学書院 Vol.61 TODAY’S THERAPY 2019
3) 舛森直哉:前立腺肥大症 腎・泌尿器疾患、内科・外科疾患、year note TOPICS 2019-2020
4) 舛森直哉: 特集 これからの前立腺肥大症の手術は何がメジャーになるのか 前立腺肥大症に対する手術療法のこれまでとこれから、泌尿器外科、32(3)、211~216、2019
5) 京田有樹、舛森直哉: 特集 これからの前立腺肥大症の手術は何がメジャーになるのか BPH手術新時代におけるTURPの役割、泌尿器外科、32(3)、231~233、2019
6) 舛森直哉:前立腺肥大症、5α還元酵素阻害薬、泌尿器外科Vol.32特別号泌尿器科薬物療法 2019
7) 舛森直哉、福多史昌:シンポジウム5 BPH手術の新時代:どれがいいのか 座長の言葉、泌尿器外科、32(臨増)、601、2019
8) 京田有樹、舛森直哉:シンポジウム5 BPH手術の新時代:どれがいいのか BPH手術新時代におけるTURPの役割、泌尿器外科、32(臨増)、607、2019
9) 福多史昌、舛森直哉:特集2 Pros and Cons「α1遮断薬VS PDE5 阻害薬」総説、前立腺肥大症に対するα1遮断薬とPDE5阻害薬の長期成績、日本排尿機能学会誌、29巻、2号、379~381、2019
10) 舛森直哉:自然排尿型尿路変更術 Studer型代用膀胱再建術、Urologic Surgery Next 5 尿路変更・再建術 MEDICAL VIEW 51-64、2019
11) 舛森直哉:低活動膀胱(UAB)の最前線、特集 UABの外科的治療、メディカルレビュー社、排尿障害プラクティス Vol.27 No2. December 2019
12) 舛森直哉:前立腺肥大症の自然史と治療後の長期成績の解明、北海道医師会賞・北海道知事賞 令和元年度
【学会発表】
13) 新海信雄、小林 皇、市原浩司、田端秀敏、橋本浩平、福多史昌、田中俊明、舛森直哉:部分的膀胱出口部閉塞ラットに対するタダラフィル長期投与の効果、第406回日本泌尿器科学会北海道地方会、2019年1月26日、札幌
14) 小笠原卓音、小林 皇、村中貴之、國島康晴、柳瀬雅裕、舛森直哉:根治的前立腺摘除術後の腹圧性尿失禁に対する人工尿道括約筋挿入術の検討、第406回日本泌尿器科学会北海道地方会、2019年1月26日、札幌
15) 舛森直哉:人生100年時代~排尿の悩みを解決して長生きしましょう、かちまい・札幌医大 医療セミナー、2019年2月20日、音更
16) 福多史昌、舛森直哉:前立腺肥大症に対する前立腺注入療法、第107回日本泌尿器科学会総会、2019年4月18-21日、名古屋
17) 京田有樹、柴森康介、田端秀敏、新海信雄、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:TURP症例の患者背景 ~術前の尿失禁、疼痛、QOLを中心に~、第107回日本泌尿器科学会総会、2019年4月18-21日、名古屋
18) 福多 史昌:シンポジウム1 QOL維持を見据えたBPHとOAB治療のコツ -BPH治療薬-、第28回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会、2019年7月18-19日、札幌
19) 福多史昌:OABに対する薬物療法 -最近の話題-、第6回SMU Urology Forum、2019年7月27日、札幌
20) 舛森 直哉:夜間頻尿の疫学、第26回日本排尿機能学会、2019年9月12-14日、東京
19) 福多 史昌:Male LUTS治療に対する併用療法を再考する、第26回日本排尿機能学会、2019年9月12-14日、東京
20) 福多 史昌、舛森直哉:本邦の前立腺肥大症手術の現状と展望、第26回日本排尿機能学会、2019年9月12-14日、東京
21) 京田 有樹、福多史昌、押切 勉、森田智慶、本望 修、舛森直哉:脊髄損傷患者に対する間葉系幹細胞移植療法による排尿機能への影響、第26回日本排尿機能学会、2019年9月12-14日、東京

腎移植・腎疾患

【論文】
1) 田中俊明、佐藤俊介、舛森直哉、長岡由修、小林正樹:腹膜透析カテーテル留置に伴い、後腹膜到達法による左腎摘除術を施行した常染色体劣性多発性嚢胞腎の1乳児例、日本小児腎不全学会雑誌Vol. 39 : 146~148, 2019
【学会発表】
2) Tanaka T, Maehana T, Masuori N:Graft perfusion with alvespimycin, an HSP90 inhibitor, suppresses IL-2 and IL-12b production in graft-infiltrating cells, leading to prolongation of graft survival in murine heart transplantation. American Transplant Congress 2019, 2019, 6/1-5, Boston
3) 田中俊明、前鼻健志、進藤哲哉、舛森直哉:全尿路全摘除術後に二期的に回腸導管造設術、生体腎移植術を施行した1例、第406回日本泌尿器科学会北海道地方会、2019年1月26日、札幌
4) 田中俊明、前鼻健志、進藤哲哉、舛森直哉:全尿路全摘除術後症例に対して施行した生体腎移植術の1例、第52回日本臨床腎移植学会、2019年2月13-15日、大阪
5) 田中俊明、前鼻健志、進藤哲哉、福多史昌、舛森直哉:骨盤部放射線照射の既住があったため同所性腎移植術を施行した1例、第35回腎移植・血管外科研究会、2019年5月17-18日、高山
6) 田中俊明、前鼻健志、進藤哲哉、福多史昌、舛森直哉:骨盤部放射線照射の既住があったため同所性腎移植術を施行した1例、第407回日本泌尿器科学会北海道地方会、2019年5月25日、札幌
7) 幸前 和、田中俊明、植木洋平、進藤哲哉、橋本浩平、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:免疫関連有害事象として重篤な急性腎障害を呈した転移性腎細胞癌の2例の経験、第408回日本泌尿器科学会北海道地方会、2019年9月21日、旭川
7) 田中俊明、前鼻健志、舛森直哉:HSP90阻害剤・alvespimycinのグラフト灌流によるマウス心移植生着延長効果の機序の解析、第55回日本移植学会総会、2019年10月10-12日、広島
7) 中山 奨、田中俊明、豊田朋弘、山本卓宜、橋本浩平、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:繰り返す腎盂腎炎を契機に発見された腎杯憩室の1例、第84回日本泌尿器科学会東部総会、2019年10月3-6日、東京
7) 幸前 和、田中俊明、植木洋平、進藤哲哉、橋本浩平、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:免疫関連有害事象として重篤な急性腎障害を呈した転移性腎細胞癌の2例の経験、第84回日本泌尿器科学会東部総会、2019年10月3-6日、東京

GID

【論文】
1) Matsuo K, Ichihara K, Gotoh M, and Masumori N:Comparison of the Uroflowmetry Parameter Results Between Transgender Males Undergoing Gender-Affirming Hormone Therapy and Age-Matched Cisgender Females: Preliminary Data. Transgender Health Volume 4.1, 2019
2) 舛森直哉:性同一性障害、別冊 日本臨床 領域別症候群シリーズ№3、内分泌症候群(第3版)―その他の内分泌疾患を含めてー、株式会社日本臨床社 P441-445
3) 舛森直哉:《性同一性障害診療の実際》性同一性障害と健康保険、Modern Physician Vol.39 No.5 2019
【学会発表】
4) 舛森直哉:札幌医大における保険適用後の手術療法の動向、第10回GID手術手技研究会、2019年3月23日、岡山
5) 萬谷和香子、市原浩司、舛森直哉:当科におけるSRSの成績、GID(性同一性障害)学会第21回研究大会・総会、2019年3月23-24日、岡山
6) 舛森 直哉:性同一性障害における手術療法、日本アンドロロジー学会第38回学術大会2019年6 /21-22、 大阪市

その他

【論文】
1) 田中俊明、舛森直哉:泌尿科領域におけるトラブルシューティング 希少な医原性尿路損傷に対する対処の経験、泌尿器外科、32(6)、839-841、2019
2) 舛森直哉:マネジメント・アイズ 北海道全域の医療を支え最先端の再生医療も手がける、IN・SIGHT Vol.12 2019
3) 太刀川公人、市原浩司、小林 皇、田中俊明、舛森直哉:難治性陰核痛に対しRisperidoneが有効だったハンナ型間質性膀胱炎の一例、日本性機能学会誌、Vol.34 No.1, 23~26, JUNE 2019
4) 福多史昌:特集 まるごと 泌尿器科患者の疑問に答えるQ&A検査・診断・手術・合併症・副作用、泌尿器科検査に関する患者さんからよくある質問、前立腺施行時の痛みと麻酔、PSA検査は何歳くらいから受けるべきでしょうか。前立腺生検はどうして必要なのですか?、泌尿器CaRE&Cure Uro-roみえる・わかる・ふかくなる第24巻3号(通巻269号)MCメディカ出版2019
5) 佐藤由佳子、伊藤小夜子、福多史昌:特集 まるごと 泌尿器科患者の疑問に答えるQ&A検査・診断・手術・合併症・副作用、泌尿器科検査に関する患者さんからよくある質問、前立腺生検施行時の痛みと麻酔、前立腺生検は痛いのでしょうか?麻酔はしてもらえますか?、泌尿器CaRE&Cure Uro-roみえる・わかる・ふかくなる第24巻3号(通巻269号)(277) MCメディカ出版2019
【学会発表】
6) Masumori N:Comparison of Surgical Treatment Options. Next Frontiers in Urology 2019: A Biennial AUA/JUA Symposium, 2019,2/6-8, Los Angeles
7) Maruo K, Tanaka T, Shindo T, Hashimoto K, Kobayashi K, Fukuta F and Masumori N:Incidence of parastomal hernia in ileal conduit is associated with size of passage through abdominal muscle. AUA 2019, 2019,5/3-6 ,Chicago
8) Masumori N: Modified Nephrometry Score and Prediction of Ischemic Time in Trans-abdominal Laparoscopic Partial Nephrectomy, The 36th Korea-Japan Urological Congress 2019, 2019, 9/19-22 Seoul
9) 田中俊明、丸尾一貴、橋本浩平、小林皇、福多史昌、舛森直哉:回腸導管傍ストーマヘルニア嵌頓症例の検討、第107回日本泌尿器科学会総会、2019年4月18-21日、名古屋
10) 西田幸代、鈴木啓悦、那須保友、藤井靖久、山本新吾、佐々木ひと美、高橋さゆり、前田佳子、小島聡子、松下千枝、樋口はるか、山本恭代、小林知子:日本泌尿器科学会総会における「わくわくジュニア手術体験セミナー」でのアンケート集計報告、第107回日本泌尿器科学会総会、2019年4月18-21日、名古屋
11) 舛森直哉、福多史昌:ロボット支援下回腸新膀胱(Studer法)Combined Method of Construction of Continent Urinary Diversion (C-CUD)の確率、第407回日本泌尿器科学会北海道地方会、2019年5月25日、札幌
12) 栗栖知世、田中俊明、岡田 学、橋本浩平、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:膀胱自然破裂により汎発性腹膜炎を呈した1例、第408回日本泌尿器科学会北海道地方会、2019年9月21日、旭川
13) 栗栖知世、田中俊明、岡田 学、橋本浩平、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:膀胱自然破裂により汎発性腹膜炎を呈した1例、第84回日本泌尿器科学会東部総会、2019年10月3-6日、東京