2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度

業績・論文(2018年度)

感染症

【論文】
1) Yoshiki Hiyama, Satoshi Takahashi, Naoya Masumori:Management of fungus balls as a result of candida albicans, International Journal of Urology 2018
2) 桧山佳樹、舛森直哉:周術期感染予防と抗菌薬の使い方 後期研修医がおさえておきたい泌尿器手術TOP30 適応判定と周術期管理 もう電カルの前で悩まない!泌尿器外科Vol.31 特別号P8-13 2018年
3) 桧山佳樹、髙橋 聡、西山直隆、中江舞美、藤居 賢、品川雅明、舛森直哉:同時期に泌尿器科病棟で経験したHelicobacter cinaediによる菌血症の4例、泌尿紀要 63 : 461-463,2017
4) 市原浩司、桧山佳樹、髙橋 聡:第2部 感染症疾患の病理 M. 腎臓・上下部尿路領域2.重篤なグラム陰性桿菌による気腫性腎盂腎炎、病理と臨床【臨時増刊号】Vol.36 2018
5) 市原浩司、髙橋 聡:特集 泌尿器感染症まるごと疾患別 泌尿器科の薬剤選択と服薬指導 急性細菌性前立腺炎・急性精巣上体炎、泌尿器Care&Cure、uro-Lo 第23巻4号(通巻264号)MCメディカ出版 2018年
6) 岡部 洸、桧山佳樹、前田俊浩、髙橋 聡、舛森直哉:血行感染により発症した難治性左腎周囲膿瘍に対し、ドレナージ術にて腎温存に成功した1例、泌尿器外科31(10), 1475~1478, 2018年
【学会発表】
7) 野藤誓亮、桧山佳樹、田中俊明、髙橋 聡、舛森直哉:菌血症を呈した尿路感染症の治療経過の検討、第106回日本泌尿器科学会総会、2018年4月19-22日、京都
8) 桧山佳樹、西中一幸、上原央久、舛森直哉:小児尿路感染症に対するgentamicin1日1回投与の経験、第27回日本小児泌尿器科学会、2018年6月26-28日、金沢
9) 中村 誠、小林 皇、橋本浩平、福多史昌、田中俊明、舛森直哉:腎摘後の残存尿管部膿瘍の一例、第405回日本泌尿器科学会北海道地方会、2018年10月6日、札幌
10) 中村 誠、小林 皇、橋本浩平、福多史昌、田中俊明、舛森直哉:腎摘後の残存尿管部膿瘍の一例、第83回日本泌尿器科学会東部総会、2018年10月12-15日、東京
11) 桧山佳樹:淋菌性尿道炎、第67回日本感染症学会東日本地方会・第65回日本化学療法学会東日本支部総会、2018年10/24-26日、東京
12) 桧山佳樹、髙橋聡、上原央久、西中一幸、舛森直哉:小児尿路感染症に対するgentamicin1日1回投与の経験、第67回日本感染症学会東日本地方会・第65回日本化学療法学会東日本支部総会、2018年10/24-26日、東京
13) 桧山佳樹、高橋 聡、佐藤豊孝、山本 聡、横田伸一、品川雅明、舛森直哉:淋菌に対するpiperacilllinとtazobactam/piperacillinの薬剤感受性の検討、日本性感染症学会第31回学術大会、2018年11/23-25日、東京

内分泌

【論文】
1) 野藤誓亮、前田俊浩、松木雅裕、前鼻健志、田中俊明、舛森直哉:血清コルチゾールが低値であった副腎性サブクリニカルクッシング症候群の1例、泌尿器外科、31(2), 217~220, 2018年
2) 前田俊浩、田中俊明、前鼻健志、舛森直哉:精索静脈瘤に対する顕微鏡下内精静脈低位結紮術の治療成績、泌尿器外科、31(3), 301~304, 2018年
【学会発表】
なし

性機能

【論文】
1) 髙柳明夫、小林 皇、福多史昌、田端秀敏、松木雅裕、松田洋平、舛森直哉:日本人男性における加齢に伴うフリーテストステロン値と性機能の縦断的変化、日本泌尿器科学会雑誌、109(1), 20~24, 2018年
2) 小林 皇:特集 その他の疾患 性機能障害(勃起障害)、泌尿器Care&Cure Uro-Lo2018Vol.23 no.03
3) 萬谷和香子、小林 皇、野藤誓亮、松木雅裕、橋本浩平、舛森直哉:外陰部の壊死性筋膜炎と凍傷との鑑別が困難であった1例、泌尿紀要 64 : 283-285 2018
4) 小林 皇:第Ⅰ章 がん化学療法で起こる合併症・副作用の病態と実臨床での具体的対処法 第17節 前立腺がん患者における性機能障害、(株)技術情報協会 発刊書籍、がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発 2018
5) 小林 皇:解説 性機能障害全般、腎臓内科・泌尿器科, 8(3):267-271, 2018
6) 高柳明夫、舛森直哉:勃起障害に対する幹細胞治療の現状、Urology Today Vol.25, No.4 2018
7) 岡部 洸、小林 皇、橋本浩平、野藤誓亮、萬谷和香子、松木雅裕、髙柳明夫、舛森直哉:ヒアルロン酸迷入による陰嚢内異物の1例、日本性機能学会雑誌 第33巻 第3号 P255~258 2018
【学会発表】
8) Ko Kobayashi, Fumimsa Fukuta, Akio Takayanagi, Kohei Hashimoto, Toshiaki Tanaka, Naoya Masumori:Is free testosterone good or evil for lower urinary tract symptoms?:analysis of aJapanese community-based study, World Meeting on Sexual Medicine 2018年国際性医学会議(ISSM2018)/ 欧州性医学会議(ESSM2018) 第20回, 2018, 2/28-3/3, Lisbon
9) Hidetoshi Tabata, Kohei Hashimoto, Tetsuya Shindo, Ko Kobayashi, Fumimasa Fukuta, Toshiaki Tanaka ,  Naoya Masumori:A developed simple algorithm for the decision-making on neurovascular bundle preservation does not compromise surgical margins in high risk prostate cancer, World Meeting on Sexual Medicine 2018年国際性医学会議(ISSM2018)/ 欧州性医学会議(ESSM2018) 第20回, 2018, 2/27-3/4, Lisbon
10) Yohei Matsuda, Akio Takayanagi, Ko Kobayashi, Naoya Masumori:Intravenous infusion of bone marrow derived mesenchymal stem cells reduces erectile dysfunction following cavernous nerve injury in rats, 第106回日本泌尿器科学会総会、2018年4 月19-22 日、京都
11) Yohei Matsuda, Akio Takayanagi, Ko Kobayashi, Naoya Masumori:Intravenous infusion of mesenchymal stem cells reduces dysfunction following cavernous nerve injury in rats, 第106回日本泌尿器科学会総会、2018年4 月19-22 日、京都
12) Yohei Matsuda, Akio Takayanagi, Ko Kobayashi, Naoya Masumori:Intravenous infusion of mesenchymal stem cells reduces dysfunction following cavernous nerve injury in rats, 16th uaa Congress 2018 , 2018, 4/17-21, Kyoto
13) 松田洋平、小林 皇、髙柳明夫、佐々木祐典、本望 修、舛森直哉:陰茎海綿体神経電気損傷ラットモデルの勃起障害に対する骨髄幹細胞移植の有効性、第403回日本泌尿器科学会北海道地方会、2018年1月27日、札幌
14) 髙柳明夫、本望 修、舛森直哉:〈シンポジウム〉Stem cell によるED治療、第18回日本抗加齢医学会総会、2018年5月25-27日、大阪
15) 小林 皇、髙柳明夫、橋本浩平、岡田 学、田端秀敏、福多史昌、田中俊明、田中豪一、舛森直哉:血管内皮機能と夜間勃起の関連について、第18 回日本Men’s Health 医学会、2018年7/14-15日、東京
16) 松田洋平、小林 皇、髙柳明夫、舛森直哉、佐々木祐典、本望 修:〈特別講演〉陰茎海綿体神経電気損傷ラットモデルの勃起障害に対する骨髄幹細胞移植の有効性、第405回日本泌尿器科学会北海道地方会、2018年10月6日、札幌

腫瘍

【論文】
1) Tetsuya Shindo, Takeshi Niinuma, Naotaka Nishiyama, Nobuo Shinkai, Hiroshi Kitajima, Masahiro Kai, Reo Maruyama, Takashi Tokino, Naoya Masumori and Hiromu Suzuki:Epigentic silencing of miR-200b is associated with cisplatin resistance in bladder cancer, Oncotarget, 9(36):24457-24469, 2018
2) Tetsuya Shindo, Naotaka Nishiyama, Naoya Masumori: Second transurethral resection against Ta high grade tumor: Residual location and predictive factor. A single center, retrospective study, Japanese Journal of Endourology 31, 108-112, 2018
3) Wakako Yorozuya, Naotaka Nishiyama, Tetsuya Shindo, Yuki Kyoda, Naoki Itoh, Shintaro Sugita, Tadashi Hasegawa, and Naoya Masumori:Bacillus Calmétte-Guerin may have clinical benefit for glandular or squamous differentiation in non-muscle invasive bladder cancer patients: retrospective multicenter study, Jpn J of Clin Oncol, 48(7):661-666, 2018
4) Naotaka Nishiyama, Hiroshi Hotta, Atsushi Takahashi, Masahiro Yanase, Naoki Itoh, Hitoshi Tachiki, Noriomi Miyao, Masanori Matsukawa, Yasuharu Kunishima, Keisuke Taguchi, Hiroshi Kitamura, Naoya Masumori:Upper tract urothelial carcinoma following intravesical bacillus Calmette-Guérin therapy for nonmuscle-invasive bladder cancer: Results from a multiinstitutional retrospective study, Urol Oncol 36(6) e9-306. 2018
5) Daichi Morooka, Naotaka Nishiyama, Yoshiki Hiyama, Naoya Masunori:A case of ureteral obstruction and sepsis induced by bladder perforation following Intravesical bacillus Calmette-Guerin successfully treated with an antituberculous Agent, antimicrobial chemotherapy and percutaneous urine drainage, International Cancer Conference Journal 7:103-106 2018
6) Ko Okabe, Tetsuya Shindo, Takeshi Maehana, Naotaka Nishiyama, Kohei Hashimoto, Naoki Itoh, Atsushi Takahashi, Keisuke Taguchi, Hitoshi Tachiki, Toshiaki Tanaka, and Naoya Masumori: Neoadjuvant chemotherapy with gemcitabine and cisplatin for muscle-invasive bladder cancer: multicenter retrospective study. Jpn J of Clin Oncol, 48(10):934-941, 2018
7) Tetsuya Shindo, Ko Kobayashi, Toshiaki Tanaka, Naoya Masumori:Can levocarnitine supplementation improve fatigue caused by sunitinib asatreatmentforrenalcellcarcinoma? Asing le-centerprospectivepilot study. Supportive Care in Cancer 29, October 2018
8) Hirobe M, Tanaka T, Shindo T, Ichihara K, Hotta H, Takahashi A, Kato R, Yanase M, Matsukawa M, Itoh N, Kunishima Y, Taguchi K, Horita H, Masumori N. Complications within 90 days after radical cystectomy for bladder cancer: results of a multicenter prospective study in Japan. Int J Clin Oncol. 23(4):734-741. 2018
9) Pereira BA, Lister NL, Hashimoto K, Teng L, Flandes-Iparraguirre M, Eder A, Sanchez-Herrero A, Niranjan B; Melbourne Urological Research Alliance (MURAL). Tissue engineered human prostate microtissues reveal key role of mast cell-derived tryptase in potentiating cancerassociated fibroblast (CAF)-induced morphometric transition in vitro. Biomaterials. doi: 10.1016/j.biomaterials.12.030. Epub 2018
10) Porter LH, Hashimoto K, Lawrence MG, Pezaro C, Clouston D, Wang H, Papargiris M, Thorne H, Li J; kConFab, Ryan A, Norden S, Moon D, Bolton DM, Sengupta S, Frydenberg M, Murphy DG, Risbridger GP, Taylor RA. Intraductal carcinoma of the prostate can evade androgen deprivation, with emergence of castrate-tolerant cells. BJU Int. 121(6):971-978.2018
11) Ito K, Mikami S, Tatsugami K, Masumori N, Shinohara N, Kondo T, Nakanishi S, Nagashima Y, Eto M, Kamba T, Kuroda N, Tomita Y, Matsuyama H, Onishi T, Tsushima T, Nakazawa H, Oya M, Ozono S, Naito S, Asano T:Clinical Outcomes in Patients With Metastatic Papillary Renal-Cell Carcinoma:A Multi-Institutional Study in Japan., Clin Genitourin Cancer Aug11 2018
12) Tanaka T:Editorial Comment to Assessing perioperative, functional and oncological outcomes of patients with imperative versus elective indications for robot-assisted partial nephrectomy: Results from a high-volume center. Int J Urol25:831,2018.
13) Tanaka T, Masumori N:Re: Therapy-related acute myeloid leukemia and myelodysplastic syndrome among refractory germ cell tumor patients. Int J Urol 25:1017-1018,2018
14) 舛森直哉:特集1. 前立腺がん検診ガイドライン改訂の概要と背景、2. 前立腺がん検診受診者への対応 Prostate Journal 5(2),P159-163,2018
15) 桐澤崇宏、小林 皇、野藤誓亮、福多史昌、橋本浩平、田中俊明、長谷川匡、舛森直哉:後腹膜腔に発症したAtypical spindle cell lipomatous tumorの1例、泌尿紀要 64:431-433, 2018
【学会発表】
16) Kohei Hashimoto:Recurrent Prostate Cancer After Radiotherapy, AUA/JUA Joint Symposium,16th uaa Congress 2018 , 2018, 4/17-21, Kyoto
17) Kohei Hashimoto, Toshiaki Tanaka, Hidetoshi Tabata, Tetsuya Sindo, Akio Takayanagi, Takanobu Yamamoto, Kosuke Shibamori, Syuichi Kato, Jiro Hashimoto, Ryuta Inoue, Takashi Muranaka,Atsushi Takahashi, Naoya Masumori:Survival benefit of cabazitaxel in castrationresistant prostate cancer patients predicted with poor prognosis, 16th uaa Congress 2018 , 2018, 4/17-21, Kyoto
18) Yuki Kyoda, Toshiaki Tanaka, Keishi Ogura, Takeshi Maehana, Koji Ichihara, Naoya Masumori:Tumor volume occupying renal parenchyma Have an impact on the ischemic time in laparoscopic partial nephrectomy done by a single surgeon, 16th uaa Congress 2018 , 2018, 4/17-21, Kyoto
19) Naotaka Nishiyama, Tetsuya Shindo, Masahiro Matsuki, Toshihiro Maeda, Kohei Hashimoto, Fumimasa Fukuta, Ko Kobayashi, Toshiaki Tanaka, Naoya Masumori:Two cases of metastatic urothelial carcinoma showing longterm response treated with Pembrolizumab as second line therapy, 第106回日本泌尿器科学会総会、2018年4月19-22 日、京都
20) Masahiro Matsuki, Yoshihiko Hirohashi, Terufumi Kubo, Munehide Nakatsugawa, Takayuki Kanaseki, Tomohide Tsukahara, Toshiaki Tanaka, Naoya Masumori,Toshihiko Torigoe:Analysis of renal cell carcinoma reactive tumor-infiltrating T cells、第107回日本病理学会総会、2018年6月21-23日、札幌
21) Tetsuya Sindo, Takeshi Niinuma, Naotka Nishiyama, Hiroshi Kitajima, Masahiro Kai,Reo Maruyama, Takashi Tokino, Naoya Masumori, Hiomu Suzuki:Epigenetic regulation of miR-200b is associated with cisplatin resistance in bladder cancer、第77回日本癌学会総会、2018年9月27-29日、大阪
22) Kohei Hashimoto:“Case Discussion” Recurrent Prostate Cancer After Radiotherapy、17th International Prostate Forum, 第83回日本泌尿器科学会東部総会、2018年10月12-15日、東京
23) Naoya Masumori, Hirotsugu Uemura, Seigo Kinuya, Shungi Takahashi, Kazufumi Hirano, Yasuhiro Matsuba, Toshiyuki Sunaya, Yoshiyuki Kakehi:First interim analysis results from postmarketing surveillance study of radium-223 dichloride in Japanese CRPC patients with bone metastases、第56回日本癌治療学会学術集会、2018年10月18-20日、横浜
24) 足立 靖、広部恵美、佐々木泰史、中村正弘、見田裕章、遠藤高夫、舛森直哉:Genomic characterization for familiar cases with upper tract urothelial carcinoma 家族内発症の尿路上皮癌2 例の遺伝子変化、第56回日本癌治療学会学術集会、2018年10月18-20日、横浜
25) Toshiaki Tanaka, Tetsuya Shindo, Kohei Hashimoto, Ko Kobayashi, Fumimasa Fukuta, Naoya Masumori:Clinical course after cessation of nivolumab in patients with metastatic RCC、第56回日本癌治療学会学術集会、2018年10月18-20日、横浜
26) Kohei Hashimoto, Toshiaki Tanaka, Hidetoshi Tabata, Tetsuya Shindo, Fumimasa Fuluta, Ko Kobayashi, Ryuta Inoue, Takashi Muranaka, Hiroshi Hotta, Yasuharu Kunishima, Atsushi Takahashi, and Naoya Masumori:What is characteristics of metastatic hormone-sensitive prostate cancer to predict progression with low serum testosterone which indicates to be resistant against androgen receptor targeted therapy?、第56回日本癌治療学会学術集会、2018年10月18-20日、横浜
27) Tetsuya Shindo, Kohei Hashimoto, Tadashi Hasegawa, Naotaka Nishiyama, Toshiaki Tanaka, Naoya Masumori :Are Ta high grade tumors truly high risk bladder cancer ? Retrospective single center study. 第56回日本癌治療学会学術集会、2018年10月18-20日、横浜
28) 橋本浩平、田中俊明、田端秀敏、進藤哲哉、髙柳明夫、山本卓宜、柴森康介、加藤秀一、橋本次朗、 井上隆太、村中貴之、堀田 裕、立木 仁、加藤隆一、田口圭介、柳瀬雅裕、高橋 敦、舛森直哉:去勢抵抗性前立腺癌に対するカバジタキセルの治療成績、第403回日本泌尿器科学会北海道地方会、2018年1月27日、札幌
29) 広部恵美、足立 靖、佐々木泰史、舛森直哉:次世代シーケンサーを用いて遺伝子解析を行った家族内発症の尿路上皮癌の2例、第27回泌尿器科分子・細胞研究会、2018年2月2-3日、東京
30) 松木雅裕、廣橋良彦、田中俊明、鳥越俊彦、舛森直哉:腎細胞癌における腫瘍浸潤リンパ球解析、第27回泌尿器科分子・細胞研究会、2018年2月2-3日、東京
31) 橋本浩平:超高齢者に対する前立腺癌治療、< シンポジウム: 高齢者社会における超高齢者泌尿器科疾患をどう治療していくか? > 第106回日本泌尿器科学会総会、2018年4月19-22日、京都
32) 京田有樹、田端秀敏、新海信雄、市原浩司、小林 皇、福多史昌、舛森直哉、堀 正和、坂田耕一:前立腺癌に対する根治的放射線単独療法後の排尿障害治療薬内服の予測因子~内分泌療法未施工症例の検討~、第106回日本泌尿器科学会総会、2018年4月19-22日、京都
33) 進藤哲哉、田中俊明、橋本浩平、新海信雄、松木雅裕、北嶋洋志、新沼 猛、甲斐正広、鈴木 拓、舛森直哉:Stage1 淡明細胞型腎細胞癌における TM4SF1 発現の意義、第106回日本泌尿器科学会総会、2018年4月19-22日、京都
34) 田端秀敏、橋本浩平、進藤哲哉、小林 皇、福多史昌、田中俊明、舛森直哉:高リスク前立腺癌に対するロボット支援腹腔鏡下前立腺摘除術における神経温存術式の適応についての検討、第106回日本泌尿器科学会総会、2018年4月19-22日、京都
35) 佐藤俊介、田中俊明、松木雅裕、進藤哲哉、広部恵美、橋本浩平、西山直隆、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:腹腔鏡下膀胱全摘除術後の再発様式の検討- 開放手術との比較、第106回日本泌尿器科学会総会、2018年4月19-22日、京都
36) 丸尾一貴、田中俊明、橋本浩平、西山直隆、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:回腸導管における傍ストーマヘルニア発生要因の検討、第106回日本泌尿器科学会総会、2018年4月19-22 日、京都
37) 西山直隆、広部恵美、松木雅裕、進藤哲哉、髙橋 敦、柳瀬雅裕、田中俊明、舛森直哉:転移性腎細胞癌に対するニボルマブの初期治療経験:多施設後ろ向き観察研究、第106回日本泌尿器科学会総会、2018年4月19-22日、京都
38) 田中俊明、前鼻健志、進藤哲哉、舛森直哉:転移性尿路上皮癌に対するGC 療法において高齢は独立した予後不良因子である、第31回日本老年泌尿器科学会、2018年5月10-12日、福井
39) 田中俊明、橋本浩平、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:回腸利用尿路変更後の水腎症の検討、第404回日本泌尿器科学会北海道地方会、2018年6月30日、札幌
40) 福多史昌、小林 皇、橋本浩平、柴森康介、桧山佳樹、松木雅裕、田中俊明、舛森直哉:札幌医大泌尿器科におけるロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の初期経験、第404回日本泌尿器科学会北海道地方会、2018年6月30日、札幌
41) 田中俊明、進藤哲哉、佐藤俊介、小林 皇、舛森直哉:内分泌療法を施行中の前立腺癌患者における骨粗鬆症の有病率、第5回前立腺生物学シンポジウム伊勢志摩2018,2018年7月12-13日、鳥羽
42) 橋本浩平:前立腺癌における神経内分泌細胞、第5回前立腺生物学シンポジウム伊勢志摩2018,2018年7月12-13日、鳥羽
43) 橋本浩平:前立腺がんの手術・薬物治療、市民公開講座、2018年8月4日、札幌
44) 植木洋平、田中俊明、進藤哲哉、橋本浩平、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:irAE にてニボルマブを中止後も持続的に腫瘍縮小が見られた腎細胞癌の1例、第405回日本泌尿器科学会北海道地方会、2018年10月6日、札幌
45) 豊田朋弘、福多史昌、進藤哲哉、田中俊明、舛森直哉:腎盂癌との鑑別が困難であった線維上皮性ポリープの1例、第405回日本泌尿器科学会北海道地方会、2018年10月6日、札幌
46) 福多史昌、小林 皇、舛森直哉:札幌医大泌尿器科におけるロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術、第83回日本泌尿器科学会東部総会、2018年10月12-15日、東京
47) 橋本浩平:カバジタキセルの適切な導入タイミングについて(札幌医大の症例を用いて)、< ランチョンセミナー> 第83回日本泌尿器科学会東部総会、2018年10月12-15日、東京
48) 植木洋平、田中俊明、進藤哲哉、橋本浩平、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:irAE にてニボルマブを中止後も持続的に腫瘍縮小が見られた腎細胞癌の1例、第83回日本泌尿器科学会東部総会、2018年10月12-15日、東京
49) 豊田朋弘、福多史昌、進藤哲哉、田中俊明、舛森直哉:腎盂癌との鑑別が困難であった線維上皮性ポリープの1例、第83回日本泌尿器科学会東部総会、2018年10月12-15日、東京
50) 舛森直哉:ハイリスク筋層日浸潤性膀胱癌に対する膀胱全摘術、第56回日本癌治療学会学術集会、2018年10月18-20日、横浜
51) 藤野景子、進藤哲哉、橋本浩平、小林 皇、田中俊明、舛森直哉:CDDP 抵抗性、転移性尿路上皮癌に対するPaclitaxel,Carboplatin 併用療法の治療の検討、日本泌尿器腫瘍学会第4回学術集会、2018年10月20-21日、横浜
52) 舛森直哉、市原浩司、前鼻健志:修正R.E.N.A.L. スコアとBMI は腹腔鏡下腎部分切除術の阻血時間を正確に予測する、第32回日本泌尿器内視鏡学会総会、2018年11/27-29日、仙台
53) 福多史昌、小林 皇、橋本浩平、柴森康介、桧山佳樹、松木雅裕、田中俊明、舛森直哉:札幌医大泌尿器科におけるロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の初期経験、第32回日本泌尿器内視鏡学会総会、2018年11/27-29日、仙台
54) 小笠原卓音、橋本浩平、小野寺耕一、進藤哲哉、田中俊明、畠中正光、舛森直哉:前立腺癌における前立腺針生検前MRI の有用性の検討、第34回前立腺シンポジウム、2018年12/8-9日、東京

排尿異常・前立腺肥大症

【論文】
1) Naoya Masumori, Yuya Funato, Yasunobu Yamaguchi, and Kunio Itoh:Evaluation of Usefulness of Propiverine Hydrochloride in Poor Responders to Previous Anticholinergics, LUTS(2018) 10, 116-121
2) Koji Ichihara, Naoya Masumori, Akihiko Iwasawa, Keisuke Taguchi, Yasuhiro Yamaguchi, Masahiro Nishimura, Hiroto Sasamura, Nobukazu Suzuki, Kazunori Haga, Noriomi Miyao and Takaoki Hirose:Silodosin as second-line α -blocker monotherapy in patients with benignpr prostatic hyperplasia: A prospective observational study, International Journal of Urology 25, 849-854 2018
3) Nazneen Haque, Naoya Masumori, Sadaaki Sakamoto, Zhangqun Ye, Sang-Jin Yoon, Hann-Chorng Kuo, Betsy Brotherton, Timothy Wilson, Chandra Muganurmath,Megan McLaughlin and Michael Manyak:Superiority of dutasteride 0.5 mg and tamsulosin 0.2 mg for the treatment of moderate-to-severe benign prostatic hyperplasia in Asian men, International Journal of Urology 25, 944-951, 2018
4) Masaki Yoshida, Masayuki Takeda, Momokazu Gotoh, Osamu Yokoyama, Hidehiro Kakizaki,Satoru Takahashi, Naoya Masumori, Shinji Nagai, Keita Hashimoto and Kazuyoshi Minemura:Efficacy of novel β 3 - adrenoreceptor agonist vibegron on nocturia in patients with overactive bladder: A post-hoc analysis of a randomized, double-blind, placebo-controlled phase 3 study , Int J Urol 2018
5) 舛森直哉:過活動膀胱、今日の治療指針 私はこうして治療している 医学書院TODAY’S THERAPY 2018
6) 舛森直哉:男性型脱毛症治療薬(5 α還元酵素阻害薬)内複者への対応は必要か? CQ6 26-28P、前立腺肥大症治療薬内服者への対応は必要か? CQ7 29-32、直腸診の検診・診断における単独検査・PSA 検査の補完検査としての意義は? CQ18 75-78、メディカルレビュー社 前立腺がん 検診ガイドライン「日本泌尿器科学会 編」 2018年
7) 舛森直哉:前立腺肥大症 腎・泌尿器疾患、内科・外科疾患、year note TOPICS 2018-2019
8) 舛森直哉:前立腺肥大症、病気とくすり2018 基礎と実践 Expert’s Guido 南江堂Vol.69,No.4,P627-631、薬局2018
9) 武田正之、後藤百万、吉田正貴、横山 修、柿崎秀宏、髙橋 悟、舛森直哉、橋本恵太:夜間頻尿かつ夜間多尿を有する過活動膀胱患者の尿生成, 排尿量および第一覚醒時間に対するイミダフェナシンの効果の検討―2 臨床試験の統合解析―31(3), 305~311 泌尿器外科 2018年
10) 舛森直哉:特集2 前立腺肥大症に対する新規技術 序文、Prostate Journal 5(1), 67, 2018
11) 舛森直哉:特集2 前立腺肥大症に対する新規技術 4. 前立腺インプラント埋め込み尿道吊り上げ術、Prostate Journal 5(1),2018, 89~94
12) 福多史昌, 舛森直哉:特集2 前立腺肥大症に対する新規技術 8. 前立腺内注入療法(NX-1207, PRX302)、Prostate Journal 5(1),2018, 113~117
13) 舛森直哉:糖尿病治療薬と一緒に、使われる薬のキホン 神経因性膀胱の薬、糖尿病治療を支える医療スタッフ向け情報誌、糖尿病を測る検査、DxM Vol.21 Augusut 2018
14) 市原浩司、舛森直哉:泌尿器 診療 Q&A 特集 BPH 治療(α 1 ブロッカー)にOAB 治療(抗コリン薬)を追加したとき、尿閉をきたして困ったことがあります。抗コリン薬を併用する可否の判断基準を教えて下さい。LUTS 2018 年9月14日発行、第10号 Vol.5 No.2 2018 秋
15) 市原浩司、舛森直哉:コンサルテーション 下部尿路機能障害を伴った2 型糖尿病患者の症例報告、DIABETES UPDATE Vol.7 No.4 2018
【学会発表】
16) Yuki Kyoda , Koji Ichihara , Kohei Hashimoto , Ko Kobayashi , Fumimasa Fukuta and Naoya Masumori : Neuroendocrine cells have an impact on the initial growth of prostatic hyperplasia in human and rats , EAU2018, 2018, 3/16-20 , Copenhagen
17) Haque N, Masumori N, Sakamoto S, Ye Z, Yoon S, Kuo H, Brotherton B, Wilson T, Muganumath C, McLaughlin M , and Manyak M:Superiority of Dutasteride 0.5 mg and Tamsulosin 0.2 mg for the Treatment of Benign Prostatic Hyperplasia (BPH) in Asisn Subjects , 16th uaa Congress 2018 , 2018, 4/17-21, Kyoto
18) Kimihito Tachikawa, Kazuyuki Nishinaka, Kosuke Shibamori, Naoya Masumori:Preservation of renal/bladder function in newborns with spina bifida managed with early treatment by new definition of poor compliance in urodynamic evaluation, 16th uaa Congress 2018 , 2018, 4/17- 21, Kyoto
19) 市原浩司、太刀川公人、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:難治性陰核痛に対しリスペリドンが有効であったハンナ型間質性膀胱炎の1例、第403回日本泌尿器科学会北海道地方会、2018年1月27日、札幌
20) 太刀川公人、市原浩司、小林 皇、舛森直哉:難治性陰核痛に対してリスペリドンが有効であったハンナ型間質性膀胱炎の1例、第28回日本性機能学会東部総会、2018年2月24日、横浜
21) 福多史昌、市原浩司、京田有樹、新海信雄、小林 皇、前田俊浩、橋本浩平、北村 寛、舛森直哉:ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術後の尿禁制を予測する因子についての前向き検討―膀胱内圧尿流検査結果およびMR 画像検査結果を含めて、第106回日本泌尿器科学会総会、2018年4月19-22日、京都
22) 小林 皇、福多史昌、髙柳明夫、橋本浩平、田端秀敏、新海信雄、京田有樹、市原浩司、田中俊明、舛森直哉:男性ホルモンの下部尿路症状に対する影響、第106回日本泌尿器科学会総会、2018年4月19-22日、京都
23) 鰐渕 敦、福多史昌、舛森直哉:当科での前立腺肥大症に対するタダラフィル新規投与症例の検討、第106回日本泌尿器科学会総会、2018年4月19-22日、京都
24) 新海信雄、京田有樹、市原浩司、田端秀敏、野藤誓亮、山本卓宜、岡田 学、福多史昌、小林 皇、舛森直哉:ウロダイナミクスでみたロボット支援下腹腔鏡前立腺摘除術の術前、手術2年後の膀胱機能の比較、第404回日本泌尿器科学会北海道地方会、2018年6月30日、札幌
25) 舛森直哉:前立腺肥大症治療の進歩、第18回日本Men’s Health 医学会、2018年7/14-15日、東京
26) 福多史昌:① Male LUTS に対する薬物併用療法におけるデュタステリドの位置づけ②前立腺肥大症に対するα 1 遮断薬とPDE5阻害薬の長期成績、第25回日本排尿機能学会、2018年9/27-29、名古屋
27) 小林 皇、福多史昌、橋本浩平、田中俊明、舛森直哉:BPH/LUTS 患者に対するPDE5 阻害薬先行投与後のβ 3 作動薬の追加投与についての検討、第25回日本排尿機能学会、2018年9/27-29、名古屋
28) 新海信雄、京田有樹、市原浩司、田端秀敏、野藤誓亮、山本卓宜、岡田 学、福多史昌、小林 皇、舛森直哉:ウロダイナミクスでみたロボット支援下腹腔鏡前立腺摘除術の術前、手術2年後の膀胱機能の比較、第25回日本排尿機能学会、2018年9/27-29、名古屋
29) 田端秀敏、京田有樹、山本卓宜、新海信雄、小林 皇、福多史昌、田中俊明、舛森直哉:携帯式尿流量計を用いた排尿後尿滴下についての検討、第25回日本排尿機能学会、2018年9/27-29、名古屋
30)

京田有樹、小林 皇、田端秀敏、新海信雄、髙柳明夫、福多史昌、舛森直哉:指動脈弾力性と膀胱機能の関係(第2報)、第25回日本排尿機能学会、2018年9/27-29、名古屋

31) 小林 皇、福多史昌、橋本浩平、田中俊明、舛森直哉:男性下部尿路症状に対するPDE5 阻害薬先行投与後のβ 3 作動薬の追加投与についての検討、第405回日本泌尿器科学会北海道地方会、2018年10月6日、札幌
32) 京田有樹:BPH手術新時代におけるTURPの役割、第83回日本泌尿器科学会東部総会、2018年10月12-15日、東京
33) 舛森直哉:〈イブニングセミナー6 〉前立腺肥大症の最近の研究と治療、第70回西日本泌尿器科学会総会、2018年11月2-4 日、長崎

腎移植・腎疾患

【論文】
なし
【学会発表】
1) Toshiaki Tanaka, Takeshi Maehana and Naoya Masumori:Graft perfusion with alvespimycin, an HSP90 inhibitor, suppresses acute allograft rejection and prolongs graft survival in murine heart transplantation American Transplant Congress 2018, 2018, 6/1-6, Seattle
2) 前鼻健志、髙橋 聡、市原浩司、田中俊明、高橋祐輔、舛森直哉:腸管利用尿路変更患者における尿中LFABP 基礎値の検討、第403回日本泌尿器科学会北海道地方会、2018年1月27日、札幌
3) 前鼻健志、市原浩司、田中俊明、高橋 聡、髙橋祐輔、舛森直哉:腸管利用尿路変更患者における尿中LFABP 基礎値の検討、第106回日本泌尿器科学会総会、2018年4月19-22日、京都
4) 田中俊明、京田有樹、前鼻健志、舛森直哉:腎細胞癌症例における腎摘除術後の腎機能の変化の検討~ドナー基準を考察する、第18回日本抗加齢医学会総会、2018年5月24-26日、鹿児島
5) 田中俊明、前鼻健志、舛森直哉:マウス同種心移植におけるHSP90 阻害剤グラフト灌流の治療1効果、第54 回日本移植学会総会、2018年10月3-5日、東京
6) 田中俊明、佐藤俊介、舛森直哉、長岡由修、小林正樹:腹膜透析カテーテル留置に伴い、経後腹膜到達法による左自己腎摘除術を施行した常染色体劣性多発性嚢胞腎の1例、第40回日本小児不全学会学術集会、2018年11/8-10日、宮崎

GID

【論文】
1) 舛森直哉:【性同一性障害を考えるvol.1 】性の多様性を理解しよう! LGBT/GID とは?ABeauty 2018
2) 舛森直哉:【性同一性障害を考えるvol.2 】GID の方への正しい対応とは?A- Beauty 2018
3) 舛森直哉:第10章 性腺疾患 性同一性障害、内分泌代謝科専門医 研修ガイドブック 診断と治療社
4) 舛森直哉:GID 学会 発足20 周年記念企画 第19回研究大会、GID(性同一性障害)学会誌、Vol.11 No.1 通巻11号 2018年12月25日発行
5) 舛森直哉:手術療法の保険適用まで、GID(性同一性障害)学会誌、Vol.11 No.1 通巻11号2018年12月25日発行
6) 市原浩司、舛森直哉: FtM 当事者に対するテストステロンデポ製剤を用いたホルモン療法が性的活動性に及ぼす影響について - 当事者聞き取り調査の初期報告 - 、GID(性同一性障害)学会誌、Vol.11 No.1 通巻11号 2018年12月25日発行
7) 桐澤崇宏、市原浩司、酒井康之、諸岡大地、伊與木貴也、舛森直哉:「ホルモンとホルモン療法」 FtM 当事者に対するテストステロンデポ製剤を用いたホルモン療法の影響、GID(性同一性障害)学会誌、Vol.11 No.1 通巻11号 2018年12月25日発行
【学会発表】
8) 市原浩司、舛森直哉:Ⅰ FtM 当事者に対するテストステロンデポ製剤を用いたホルモン療法が性的活動に及ぼす影響について- 当事者聞き取り調査の初期報告- Ⅱ SRS-FTM 術後に尿閉きたした1例、GID 学会第20回研究大会、2018年3月24-25日、東京
9) 桐澤崇宏、市原浩司、酒井康之、諸岡大地、伊與木貴也、舛森直哉:FtM 当事者に対するテストステロンデポ製剤を用いたホルモン療法の影響、GID 学会第20回研究大会、2018年3月24-25日、東京
10) 桐澤崇宏、市原浩司、酒井康之、諸岡大地、伊與木貴也、舛森直哉:FtM 当事者に対するテストステロンデポ製剤を用いたホルモン療法の影響、第106回日本泌尿器科学会総会、2018年4月19-22日、京都
11) 舛森直哉:〈ワークショップ9〉 ( 性同一性障害に関する委員会) 性同一性障害 / 性別違和に対する精神科領域の治療と身体的治療、第114回日本精神神経学会学術総会、2018年6月21-22、神戸
12) 市原浩司、舛森直哉:FtM 当事者に対するテストステロンデポ製剤を用いたホルモン療法が性活動に及ぼす影響について、第404回日本泌尿器科学会北海道地方会、2018年6月30日、札幌
13) 桐澤崇宏、市原浩司、酒井康之、諸岡大地、伊與木貴也、舛森直哉:FtM 当事者に対するテストステロンデポ製剤を用いたホルモン療法の影響、第404回日本泌尿器科学会北海道地方会、2018年6月30日、札幌
14) 舛森直哉:性同一性障害の診療、第14回日本抗加齢医学会北海道研究会、2018年7月8日、札幌
15) 舛森直哉:性同一性障害の診療、第70回西日本泌尿器科学会総会、2018年11月2-4日、長崎

その他

【論文】
1) Takeshi Maehana, Fumimasa Fukuta, Ko Kobayashi, Megumi Hirobe, Toshaki Tanaka and Naoya Masumori:Laparoscopic Surgery for Seminal Vesicle Cysts and Ureterocele with Urination Disorder: A Case Report of Zinner Syndrome, JOURNAL OF ENDOUROLOGY CASE REPORTS Volumu4.1, P35-38, 2018
2) Naoya Masumori, Koji Ichihara, and Takeshi Maehana:Modified Nephrometry Score With Body Mass Index More Accurately Predicts Ischemic Time in Transabdominal Laparoscopic Partial Nephrectomy for Small Renal Masse, UROLOGY 2018
3) 鰐渕 敦、西中一幸、舛森直哉:重複腎盂尿管に伴う高度膀胱尿管逆流症に施行した膀胱外再建術(common sheath reimplantation)の治療経験、日本小児外科学会雑誌 第54巻1号 pp.90-95 2018年2月
4) 田中俊明、進藤哲哉、舛森直哉:PNS(経皮的腎瘻造設術)/ 経尿道的尿管ステント留置術、後期研修医がおさえておきたい泌尿器手術TOP30 適応判定と周術期管理 もう電カルの前で悩まない!泌尿器外科Vol.31 特別号 P324-332 平成30年
5) 福多史昌、舛森直哉:連載 前立腺検診のコツ、直腸診、Prostate Journal 5(2),P267-270,2018
6) 舛森直哉:【9-2 班】各関連学会への広報活動のあり方、日本泌尿器科学会雑誌 Vol. 109, Supplemennt NOVEMBER2018、JUA Future Vision 2018
【学会発表】
7) 丸尾一貴、田中俊明、橋本浩平、西山直隆、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:回腸導管における傍ストーマヘルニア発生要因の検討、第403回日本泌尿器科学会北海道地方会、2018年1月27日、札幌
8) 田中俊明、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:回腸利用尿路変更術後の尿管回腸吻合部狭窄に対する再建術、第15回泌尿器科再建再生研究会、2018年6月16日、沖縄
9) 舛森直哉:学会における広報のあり方、JUA Future Vision 2018 、2018年8月3-4日、神戸
10) 田中俊明、橋本浩平、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:回腸利用尿路変向後の水腎症の検討、第83回日本泌尿器科学会東部総会、2018年10月12-15日、東京
11) 橋本暁佳、佐々木純子、堀由紀子、山崎紀恵子、舛森直哉、升田好樹、水内将人、井上弘行、最上いくみ、亘 文恵:死戦期帝王切開を実現するための当院の取り組み~「産科救急コール」による母体救急体制の構築と多職種シュミレーション、第13回医療の質・安全学会学術集会、2018年11/24-25日、名古屋
12) 桧山佳樹、西中一幸、上原央久、舛森直哉:当院における腹腔鏡下鼠経ヘルニア修復術(LPEC)の経験、第32回日本泌尿器内視鏡学会総会、2018年11/27-29日、仙台