2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度

業績・論文(2017年度)

感染症

【論文】
1) Jiro Hashimoto, Motoko Takahashi, Atushi Saito, Masaki Murata, Yuichiro Kurimura, Chiaki Nishitani, Rina Takamiya, Yasuaki Uehara, Yoshihiro Hasegawa, Yoshiki Hiyama, Norimasa Sawada, Satoshi Takahashi, Naoya Masumori, Yoshio Kuroki, and Shigeru Ariki:Surfactant Protein A Inhibits Growth and Adherence of Uropathogenic Escherichia coli To Protect Bladder from Infection. The Journal of Immunology, 198: 2898-2905 , 2017
2) 舛森直哉:尿路・性器結核、今日の治療指針 私はこうして治療している 医学書院、TODAY’S THERAPY , 2017
3) 髙橋 聡、舛森直哉:前立腺炎症候群、1336専門家による 私の治療 P1224-1226 , 2017-18年度版
4) 藤居 賢、吉岡 薫、國本雄介、清治翔伍、桧山佳樹、髙橋 聡、舛森直哉、宮本 篤 : 抗菌化学療法認定薬剤師の役割と病棟専従薬剤師への支援―泌尿器科領域―、日本化学療法学会雑誌、VOL.65 NO.4 , 2017
5) 市原浩司、舛森直哉、髙橋 聡:フルニエ壊疽(壊死性筋膜炎)、特集 まるごと 尿路感染症と性感染症ぷらす炎症性疾患、メディカ出版uro-Lo 2017 vol.22 no.04 (474-477)70-73(通巻258号)2017年8月25日発行
【学会発表】
6) Yoshiki Hiyama, Satoshi Takahashi, Teruhisa Uehara, Koji Ichihara, Jiro Hashimoto, Naoya Masumori: 28.The clinical efficacy of rectal swab culture before transrectal ultrasound guided prostate biopsy for preventing infective complications and characterristics of quinolone resistant Escherichia coli isolated from the rectal swab. Advancements in Urology 2017,米国泌尿器科学会(AUA)/日本泌尿器科学会(JUA)symposium.Janu 10-17,2017,San Diego
7) 桧山佳樹、髙橋 聡、上原央久、市原浩司、橋本次朗、舛森直哉:膀胱全摘除術+腸管利用 尿路変向術後の急性腎盂腎炎の臨床的検、第105回日本泌尿器科学会総会、2017年4月21-24 日、鹿児島
8) 野藤誓亮、桧山佳樹、田中俊明、髙橋 聡、舛森直哉:菌血症を呈した尿路感染症の治療経 過の検討、北海道地方会、2017年10月28日、札幌
9) 桧山佳樹:尿路感染症予防 ワクチンの将来展望、第66回日本感染症学会東日本地方会総会学術集会・第64回日本化学療法学会東日本支部総会、2017年10月31日-11月2日、東京

内分泌

【論文】
なし
【学会発表】
1) Keiko Fujino, Toshihiro Maeda, Toshiaki Tanaka, Naoya Masumori:Preoperative plasma aldosterone-to-renin ratio is a predictor of decrement in glomerular filtration rate after adrenalectomy for primary aldosteronism ,AUA 2017 ,2017, 5/12-16, Boston
2) 藤野景子、前田俊浩、前鼻健志、田中俊明、舛森直哉:原発性アルドステロン症に対する腹腔鏡下副腎摘除術後の腎機能障害の検討、第105回日本泌尿器科学会総会、2017年4月21-24日、鹿児島

性機能

【論文】
1) 小林 皇、舛森直哉:【前立腺癌患者の性機能を考える】 日本人高齢男性における性機能の実態(解説/特集)、Prostate Journal (2188-4978)4巻1号 Page3-7(2017.04)
2) 小林 皇、舛森直哉:【高齢者の泌尿器疾患-病態に基づく診断・治療上の問題-】 総論 高齢者泌尿器疾患の疫学(解説/特集)、日本臨床 (0047-1852)75巻4号 Page527-532(2017.04)
【学会発表】
1) 萬谷和香子、小林 皇、野藤誓亮、松木雅裕、松田洋平、橋本浩平、舛森直哉:外陰部の壊死性筋膜炎と凍傷との鑑別が困難だった一例、第27回日本性機能学会東部総会、2017年2月18日、東京
2) 小林 皇:〈シンポジウム〉労災の申請を訴えた患者への対抗、第82回日本泌尿器科学会東部総会、2017年 9月15-18日、東京
3) 小林 皇、福多史昌、高柳明夫、野藤誓亮、田端秀敏、橋本浩平、舛森直哉:男性ホルモンは下部尿路症状に対して、悪玉か善玉か?(ポスター)、〈シンポジウム〉LOH症候群における個別化医療、日本性機能学会第28回学術総会 2017年9/21-23日、東京

腫瘍

【論文】
1) Naotaka Nishiyama, Naoya Masumori:A case of metastatic renal cell carcinoma showing complete remission after cytoreductive nephrectomy followed by temsirolimus. International Cancer Conference Journal, 6,lssue 1,pp 4-7, 2017
2) Tomokazu Hasegawa. Masanori Someya. Masakazu Hori. Yoshihisa Matsumoto. Kensei Nakata. Masanori Nojima. Mio Kitagawa. Takaaki Tsuchiya. Naoya Masumori. Tadashi Hasegawa. Koh-ichi Sakata: Expression of Ku70 predicts results of radiotherapy in prostate cancer . Strahlenther Onkol 193:29-37, 2017
3) Masanori Someya , Tomokazu Hasegawa , Masakazu Hori , Yoshihisa Matsumoto , Kensei Nakata , Naoya Masumori and Koh-ichi Sakata : Local tumor control and DNA-PK activity of peripheral blood lymphocytes in prostate cancer patients receiving radiotherapy Journal of Radiation Research,Vol.58,No.2,PP.225-231 , 2017
4) Junichi Inokuchi・Kentaro Kuroiwa・Yoshiyuki Kakehi・Mikio Sugimoto・Toshiki Tanigawa・Hiroyuki Fujimoto・Momokazu Gotoh・Naoya Masumori・Osamu Ogawa・Masatoshi Eto・Chikara Ohyama・Akito Yamaguchi・Hideyasu Matsuyama・Tomohiko Ichikawa・Tomohiko Asano・Junki Mizusawa・Junko Eba・Seiji Naito:Role of Iymph node dissection during radical nephroureterectomy for upper urinary tract urothelial  cancer:multi-institutional large retrospective
study JCOG1110A . World J Urol , 2017
5) Naotaka Nishiyama, Naoya Masumori : A casu of metastatic renal cell carcinoma showing complete remission after cytoreductive nephrectomy followed by temsirolimus . Int Canc Conf J ,6:4-7, 2017
6) Nobuaki Matsubara, Satoshi Nagamori, Yoshiaki Wakumoto, Hirotsugu Uemura, Go Kimura,
Akira Yokomizo, Hiroaki Kikukawa, Atsushi Mizokami, Takeo Kosaka, Naoya Masumori,
Yoshihide Kawasaki, Junji Yonese, Yasutomo Nasu, Satoshi Fukasawa, Takayuki Sugiyama, Seigo Kinuya, Makoto Hosono, Iku Yamaguchi, Hirokazu Tsutsui, Hiroji Uemura : Phase II study of radium-223 dichloride in Japanese patients with symptomatic castration-resistant prostate
patients with symptomatic castration-resistant prostate canser ,Int J Clin Oncol, DOI 10.1007/s10147-017-1176-0 , 2017
7) Kimihito Tachikawa, Naotaka Nishiyama, Takashi Muranaka, Koichi Takada, Kazuyuki Murase, Tsutomu Kouno, Kato Junji, Naoya Masumori : A case of cisplatin-refractory advanced pure seminoma showing complete remission after treatment with high-dose carboplatin plus etoposide as fourth-line salvage chemotherapy, International Cancer Conference Journal, DOI 10.1007/s13691-017-0308-8 , 2017
8) Tetsuya Shindo, Kohei Hashimoto, Fumimasa Fukuta, Naoya Masumori:Preoperative Serum Prostate-Specific Antigen Level is a Predictive Factor for Biochemical Recurrence in High Risk Prostate Cancer after Radical Prostatectomy,ARC J Urol 2017 Volume-2 Issue-1, Page No: 11-17,2017
9) Tetsuya Sindo, Takashi Simizu, Masanori Nojima, Takeshi Niinuma, Reo Maruyama, Hiroshi Kitajima, Masahiro Kai, Naoki Itoh, Hiromu Suzuki, Naoya Masumori, Evaluation of Urinary DNA Methylation as a Marker for Recurrent Bladder Cancer: A 2-Center Prospective Study, Urology P71-78, 2017
10) Tetsuya Sindo : Editorial Comment to Case of hydrocele testis caused by vaginalitis, a rare manifestation of immunoglobulin G4-related disease. Int J Urol Oct24(10) P773-774, 2017
11) 田中俊明、前鼻健志、舛森直哉:膀胱癌尿路変更後の長期成績、第43回 尿路悪性腫瘍研究会記録、泌尿器科サバイバーシップ、2017年5月15日発行
12) 水野孝祐、西中一幸、木村幸子、舛森直哉:【学会賞受賞論文】8歳女児に精細管内胚細胞腫瘍を認めた安全型アンドロゲン不応症候群の1例、J.J.P.U. Vol26,No.1 , 2017
13) 柴森康介、進藤哲哉、高柳明夫、北村寛、舛森直哉:進行性前立腺癌に対する内分泌単億療法による治療成績の検討、泌尿器外科 30: 1019-1023, 2017
14) 舛森直哉:前立腺がん、北海道の医療最前線 目指せ100歳 健康寿命を延ばす習慣、教えます!知っておきたい七大生活習慣病の正体56~59
15) 橋本浩平、舛森直哉:特集 まるごと 泌尿器がんの化学療法・分子標的療法・免疫療法 化学療法(ドセタキセル・カバジタキセル)を用いた治療、Vol.22 no.05 79-82 uro-ro , 2017
16) 田中俊明、舛森直哉:新腎・泌尿器癌(上)-基礎・臨床研究の進歩― 腎癌 Ⅳ. 腎癌の浸潤・転移 臓器別転移の実態、日本臨床 75巻 増刊号6 2017年8月20日発行
17) 田中俊明、舛森直哉:新腎・泌尿器癌(下)-基礎・臨床研究の進歩― 精巣癌 Ⅳ. 精巣癌の治療 手術療法 術後合併症とその対策、日本臨床 75巻 増刊号7 2017年10月20日発行
【学会発表】
18) Tetsuya Shindo, Takashi Shimizu, Naotaka Nishiyama, Takeshi Niinuma, Hiroshi Kitajima, Masahiro Kai, Naoki Itoh, Toshiaki Tanaka, Hiromu Suzuki, Naoya Masumori :Diagnosis and prediction of recurrent bladder cancer by urinary DNA methylation analysis: multicenter prospective study, EAU2017, 2017,3/24-28, London
19) Tetuuya Shindo,:Management of fatigue in patietns treated by sunitinib, Rcc meeting, 2017,4/1 ,東京
20) Tetsuya Shindo, Takashi Shimizu, Naotaka Nishiyama, Takeshi Niinuma, Hiroshi Kitajima, Masahiro Kai, Nobuo Shinkai, Naoki Itoh, Toshiaki Tanaka, Hiromu Suzuki, Naoya Masumori,:Diagnosis and Prediction of Recurrent Bladder Cancer by Urinary DNA methylation analysis : Multicenter Prospective study. 第105回日本泌尿器科学会総会、2017年4月21-24日、鹿児島
21) Kohei hashimoto, Hidetoshi Tabata, Tetsuya Shindo, Toshiaki Tanaka, Jiro Hashimoto, Ryuta Inoue, Takashi Shimizu, Takashi Muranaka, Hiroshi Hotta, Masahiro Yanase, Atsushi Takahashi, and Naoya Masumori :Serum testosterone level is a useful biomarker to aid optimal treatment selection in men with castration-resistant prostate cancer. AUA2017, 2017,5/12-16, boston
22) Tetuuya Shindo, Naotaka Nishiyama, Takeshi Niinuma, Hiroshi Kitajima, Masahiro Kai, Nobuo Shinkai, Hiromu Suzuki, Naoya Masumori : Downregulation of miR-200b is associated with cisplatin-resistance in bladder cancer cells. AUA2017, 2017,5/12-16, boston
23) Tetsuya Sindo, Takeshi Niinuma, Naotka Nishiyama, Nobuo Shinkai, Takashi Tokino, Reo Maruyama, Hiroshi Kitajima, Masahiro Kai, Naoya Masumori, Hiomu Suzuki:Epigenetically regulated microRAN 200b associates with cisplatin resistance in bladder cancer、第76回日本癌学会総会,2017年9月28-30日、横浜
24) 進藤哲哉、清水 崇、西山直隆、新沼 猛、北嶋洋志、甲斐正広、伊藤直樹、鈴木 拓、舛森直哉:尿 中DNAメチル化解析による膀胱がん再発診断法の開発、第1回Liquid Biopsy研究会、2017年1月21日、東京
25) 岡部 洸、進藤哲哉、西山直隆、前鼻健志、伊藤直樹、高橋 敦、田口圭介、立木 仁、田中俊明、舛森直哉:筋層浸潤性膀胱癌に対する術前Gemcitabine/Cisplatin化学療法の検討:多施設共同後向き研究、第400 回北海道地方会、2017年1月28日、札幌
26) 萬谷和香子、西山直隆、進藤哲哉、京田有樹、伊藤直樹、舛森直哉:glandular/squamous differentiationを有するNMIBCに関する臨床的検討、第400回北海道地方会、2017年1月28日、札幌
27) 進藤哲哉、西山直隆、丸山玲緒、新沼 猛、甲斐正広、北嶋洋志、時野隆至、鈴木 拓、舛森直哉:マイクロRNA200bによる膀胱がんシスプラチン耐性化機構第26回泌尿器科分子・細胞研究、2017年 3月10-11日、大分
28) 新海信雄、西山直隆、進藤哲哉、鈴木 拓、舛森直哉:抗癌剤耐性膀胱癌細胞株におけるDNAメチル化の変化およびDNA脱メチル化剤の抗癌剤感受性への効果、第105回日本泌尿器科学会総会、2017年4月21-24日、鹿児島
29) 29) 岡部 洸、進藤哲哉、西山直隆、前鼻健志、伊藤直樹、高橋 敦、田口圭介、立木 仁、田中俊明、舛森直哉:筋層浸潤性膀胱癌に対する術前Gemcitabine/Cisplatin化学療法の検討:多施設共同後向き研究、第105回日本泌尿器科学会総会、2017年4月21-24日、鹿児島
30) 萬谷和香子、西山直隆、進藤哲哉、京田有樹、伊藤直樹、舛森直哉:glandular/squamous differentiationを有するNMIBCに関する臨床的検討、第105回日本泌尿器科学会総会、2017年4月21-24日、鹿児島
31) 西山直隆、新海信雄、進藤哲哉、鈴木 拓、舛森直哉:抗癌剤耐性膀胱癌細胞株におけるDNAメチル化の変化およびDNA脱メチル化剤の抗癌剤感受性への効果、第11回日本エピジェネティクス研究会年会、2017年5月22-23日、東京
32) 桐澤崇宏、小林 皇、野藤誓亮、福多史昌、広部恵美、橋本浩平、田中俊明、舛森直哉:後腹膜に発生したAtypical Spindle Cell Lipomatous Tumorの1例、第401回北海道地方会、2017年6月17日、札幌
33) 諸岡大地、桧山佳樹、西山直隆、田中俊明、舛森直哉:BCG膀胱内注入療法後に膀胱穿孔をきたした1例、第401回北海道地方会、2017年6月17日、札幌
34) 桐澤崇宏、小林 皇、野藤誓亮、福多史昌、広部恵美、橋本浩平、田中俊明、舛森直哉:後腹膜に発生したAtypical Spindle Cell Lipomatous Tumorの1例、第82回日本泌尿器科学会東部総会、2017年9月15-18日、東京
35) 諸岡大地、桧山佳樹、西山直隆、田中俊明、舛森直哉:BCG膀胱内注入療法後に膀胱穿孔をきたした1例、第82回日本泌尿器科学会東部総会、2017年9月15-18日、東京
36) 橋本浩平:〈ランチョンセミナー〉カバジタキセルの適切な導入タイミングについて(札幌医大の症例を用いて)、〈シンポジウム〉根治的前立腺摘除術後の再発に対する救済放射線療法、第82回日本泌尿器科学会東部総会、2017年9月15-18日、東京
37) 田中俊明、進藤哲也、佐藤俊介、小林 皇、舛森直哉:内分泌療法を施行中の前立腺癌患者における骨粗鬆症の有病率、日本泌尿器腫瘍学会第3回学術集会,2017年10月22日、東京
38) 進藤哲哉、小林 皇、田中俊明、舛森直哉:腎癌に対するスニチニブ投与時の癌関連倦怠感対するカルニチン製剤の有用性の検討、第55回日本癌治療学会総会、2017年10月20-22日、横浜
39) 舛森直哉:〈臓器別シンポジウム12〉「腎癌」腎癌の予防と診断、第55回日本癌治療学会総会、2017年10月20-22日、横浜
40) 橋本浩平、田中俊明、田端秀敏、進藤哲哉、橋本次朗、井上隆太、清水 崇、村中貴之、堀田 裕、柳瀬雅裕、高橋 敦、舛森直哉:【優秀演題賞受賞】血清テストステロン値は去勢抵抗性前立腺癌の治療選択バイオマーカーになり得るか、第55回日本癌治療学会総会、2017年10月20-22日、横浜
41) 松木雅裕、進藤哲哉、橋本浩平、西山直隆、田中俊明、舛森直哉:根治的膀胱摘除術におけるリンパ節郭清範囲に関する検討、第55回日本癌治療学会総会、2017年10月20-22日、横浜
42) 西山直隆、廣部恵美、田中俊明、舛森直哉:進行性腎癌に対するアキシチニブの治療成績に関する検討:単一施設後ろ向き研究、第55回日本癌治療学会総会、2017年10月20-22日、横浜
43) 広部恵美、西山直隆、松木雅裕、舛森直哉:転移性腎細胞癌に対するニボルマブの初期治療経験、第402回北海道地方会、2017年10月28日、札幌
44) 舛森直哉:教育セミナーⅠ 新規ホルモン剤を再考する患者背景に応じた治療薬の使い分けを考える、第69回西日本泌尿器科学会総会、2017年11月10日、大分
45) 諸岡大地、桧山佳樹、西山直隆、田中俊明、舛森直哉:BCG膀胱内注入療法後に膀胱穿孔をきたし、保存的に改善を認めた1例、第10回BCG注入療法研究会、2017年12月1日、東京

排尿異常・前立腺肥大症

【論文】
1) Yoshinori Tanaka, Yasushi Tanuma, and Naoya Masumori : The Persistence of Silodosin Monotherapy and the Reasons for Withdrawal from Treatment of Previously Untreated Japanese Patients with Lower Urinary Tract Symptoms Suggestive of Benign Prostatic Hyperplasia . Advances in Urology Volume , Article ID 4842025, 6 pages , 2017
2) Yukio Homma, Momokazu Gotoh, Akihiko Kawauchi, Yoshiyuki Kojima, Naoya Masumori, Atsushi Nagai, Tadanori Saitoh, Hideki Sakai, Satoru Takahashi, Osamu Ukimura, Tomonori Yamahishi, Osamu Yokoyama, Masaki Yoshida and Kenji Maeda : Clinical guidelines for male lower urinary tract symptoms and benign prostatic hyperplasia , International Journal of Urology , 2017
3) 【学位論文】Koji Ichihara, Naoki Aizawa, Yoshiyuki Akiyama, Jun Kamei, Naoya Masumori, Karl-Erik Andersson, Yukio Homma, Yasuhiko Igawa:Toll-like receptor 7 is overexpressed in the bladder of Hunner-type interstitial cystitis, and its activation in the mouse bladder can induce cystitis and bladder pain, PAIN 158, Number 8 ,1538-1545 , 2017
4) 舛森直哉 : 前立腺肥大症、『Year Note TOPICS 2017-2018 内科・外科疾患』7th edition、pp.258-259、MEDIC MEDIA、2017.
5) 舛森直哉:泌尿器系・生殖器系疾患 前立腺肥大症、循環器系・泌尿器系・生殖器系の病気とくすり、薬局2017、Vol.68 , No4 620-624 , 2017
6) 舛森直哉 :男性下部尿路症状・前立腺肥大症・診療ガイドライン(作成委員)、2017年4月20日 第1版 第1刷 発行
7) 舛森直哉:保険薬局の薬剤師が知っておくべき排尿障害治療薬について~男性下部尿路症状・前立腺肥大症診療ガイドラインを踏まえて~あすかクラブ通信 P6-7 autumn 2017
8) 舛森直哉:特集 男性下部尿路症状・前立腺肥大症の疫学、改訂 男性下部尿路症状・前立腺肥大症診療ガイドライン、排尿障害プラクティス、Vol.25 No.2 , 2017
【学会発表】
9) 福多史昌:BPH薬物治療:使い分けのポイント 長期成績を見据えたBPHの薬物治療~3剤以上の薬物併用療法の現状と問題点を含めて、第105回日本泌尿器科学会総会、2017年4月21-24日、鹿児島
10) 福多史昌、柿崎秀宏、篠原信雄、舛森直哉:Male LUTS治療における3剤以上の薬物投与に関する意識調査、第401回北海道地方会、2017年6月17日、札幌
11) 京田有樹:【特別講演】神経内分泌細胞は前立腺肥大症の発生に関与するか、第401回北海道地方会、2017年6月17日、札幌
12) 野藤 誓亮、福多史昌、小林 皇、鰐渕 敦、新海信雄、京田有樹、市原浩司、舛森直哉:横断性脊椎炎後にDHIC(Detrusor hyperactivity with impaired contractility)を発症した一例、第82回日本泌尿器科学会東部総会、2017年9月15-18日、東京
13) 酒井康人、福多史昌、西山直隆、市原浩司、京田有樹、鰐渕 敦、桐澤崇宏、舛森直哉:低コンプライアンスを呈する神経因性膀胱に対してミラベグロンが著効した一例、第82回日本泌尿器科学会東部総会、2017年9月15-18日、東京
14) 市原浩司、髙橋 聡、舛森直哉:間質性膀胱炎に対するヘパリン・リドカイン混合液膀胱内注入療法初期経験、第24回日本排尿機能学会、2017年9月28-30日、東京
15) 京田有樹、田端秀敏、新海信雄、市原浩司、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:前立腺癌に対する根治的放射線照射後の排尿状態の変化、第24回日本排尿機能学会、2017年9月28-30日、東京
16) 福多史昌、柿崎秀宏、篠原信雄、舛森直哉:Male LUTS治療における3剤以上の薬物投与に関する意識調査、第24回日本排尿機能学会、2017年9月28-30日、東京
17) 鰐渕 敦、福多史昌、舛森直哉:当科での前立腺肥大症に対するタダラフィル新規投与症例の検討、第402回北海道地方会、2017年10月28日、札幌
18) 酒井康之、福多史昌、市原浩司、京田有樹、舛森直哉:低コンプライアンスを呈する神経因性膀胱に対してミラベグロンが著効した一例、第402回北海道地方会、2017年10月28日、札幌

腎移植・腎疾患

【論文】
1) Masahiro Matsuki・Toshiaki Tanaka・Takeshi Maehana・Yuki Kyoda・Koji Ichihara・Kohei Hashimoto・Masahiro Yanase・Masanori Matsukawa・Hideki Adachi・Satoshi Takahashi・Naoya Masumori:The discrepancy between serum creatinine and cystatin C can predict renal function after treatment for postrenal acute Kidney injury: multicenter study and pooled data analysis . Clinical and Experimental Nephrology 2017
2) 岡田 学、前鼻健志、田中俊明、北村 寛、舛森直哉:交叉性異所性融合腎に発生した腎細胞癌に対して腎部分切除術を施行した1例、 泌尿器科紀要63:15-20 , 2017
3) 田中俊明、舛森直哉:腎後性腎不全の診断と治療後経過の予測【血清シスタチンCは腎後性腎不全の治療後経過の予測に有利】週刊 日本医事新報  №4843 ,2月3週, 2017,2,18
4) 市原浩司、髙橋 聡:特集 泌尿器科感染症にかかわるエマージェンシー 急性腎盂腎炎、泌尿器メディカ出版Care&Cure ULO-LO 2017 vol.22 no.03 (通巻257号) 2017年6月25日発行
5) 前鼻健志、田中俊明、舛森直哉:腎移植後骨粗鬆症に対するデノスマブの初期治療経験、日本泌尿器科学会雑誌108(4):175-181 , 2017
【学会発表】
6) Masahiro Matsuki, Tosiaki Tanaka, Takeshi Maehana, Yuki Kyoda, Koji Ichihara, Kohei Hashimoto, Masahiro Yanase, Masanori Matsukawa, Hideki Adachi, Satoshi Takahashi and Naoya Masumori:18 The discrepancy between serum creatinine and cystatin C can Predict renal function after treatment for postrenal acute kidney injury-multicenter study and pooled data analysis. Advancements in Urology 2017,米国泌尿器科学会(AUA)/日本泌尿器科学会(JUA)symposium .Janu 10-17,2017,San Diego
7) Toshiaki Tanaka, Takeshi Maehana and Naoya Masumori:Inhibition of heat shock protein 90 suppresses The expression of MHC class Ⅰmolecules, but not MHC class Ⅱmolecules,on endothelial cells in allografts、American Transplant Congress 2017、2017, 4/29-5/3、シカゴ
8) Takeshi Maehana, Toshiaki Tanaka and Naoya Masumori:Heat Shock Protein 90 Inhibitor,17DMAG Suppresses Acute Allograft Rejection and Prolongs Allograft Survival in Solid Organ Transplantation、American Transplant Congress 2017、2017, 4/29-5/3、シカゴ
9) Megumi Hirobe, Nishiyama Naotaka, Masahiro Matsuki, Naoya Masumori:Nivolumab therapy for advanced renal cell carcinoma; at single center experience、第48回腎癌研究会、2017年7月8日、東京
10) 前鼻健志:尿路結石による尿路閉塞を伴う急性腎盂炎の検討、第2回札幌尿路感染症研究会、2017年2月18日、札幌
11) 田中俊明、前鼻健志、市原浩司、舛森直哉:当科における自家腎移植術の検証、第33回腎移植・血管外科研究会、2017年7月6-8日、小田原市
12) 田中俊明:腎移植拒絶反応におけるheat shock protein 90 の関与、第53回日本移植学会、2017年 9/7-9 日、旭川
13) 前鼻健志、田中俊明、舛森直哉:マウス同種皮膚、心移植におけるHSP90阻害剤の移植片拒絶抑制効果の検討、第53回日本移植学会、2017年 9/7-9 日、旭川

その他

【論文】
1) 舛森直哉:我が国における性同一性障害診断の現状と課題【適切な処置が行えるよう、医療者と当事者間での正確な情報提供が重要】週刊 日本医事新報 P51 No.4862 、2017.7.1
2) 舛森直哉 :性同一性障害のCareとCure, メディカ出版uro-Lo 2017 vol.22 no.04 (515-520)111-116(通巻258号)2017年8月25日発行
3) 太刀川公人、前鼻健志、田中俊明、市原浩司、柳瀬雅裕、福澤信之、原田 浩、舛森直哉:胸腺腫瘍を指摘された生体腎移植ドナー候補に対して ビデオ補助胸腔鏡手術で悪性腫瘍の除外診断を行いドナー適格と判断し得た1例、日本臨床腎移植学会雑誌Vol.5(1):41~42 , 2017
4) 村中貴之、小林 皇、前田俊浩、進藤哲哉、舛森直哉:札幌科大学附属病院における腹腔鏡下根治的膀胱摘除術の検討、Japanese Journal of Endourology 30:228-232 , 2017
5) 伊與木貴也、前鼻健志、田中俊明、山本元久、高橋裕樹、舛森直哉:特発性後腹膜線維症に対する治療成績の検討-IgG4関連疾患の積極的診断を考慮した診断・治療プロトコールの検証ー、 泌尿紀要 63 : 449-454 , 2017
6) 舛森直哉,巻頭言,GID(性同一性障害)学会 Vol.10 No1. 通巻10号 2017年12月24日発行
7) 舛森直哉,GIDとの出会い-ホップ,ステップ,そしてジャンプ,GID(性同一性障害)学会 Vol.10 No1. 通巻10号 2017年12月24日発行
【学会発表】
8) 舛森直哉:札幌医大泌尿器科の現状とこれから、第400回北海道地方会、2017年1月28日、札幌
9) 舛森直哉:GIDとの出会い ホップ、ステップ、そしてジャンプ、GID学会第19回研究大会、2017年3月18-19日、札幌
10) 市原浩司:性別適合手術について、GID学会第19回研究大会【市民公開講座】2017年3月18-19日、札幌
11) 伊與木貴也、市原浩司、舛森直哉:Female-to-male当事者に対する男性更年期症状質問紙の回答結果、GID学会第19回研究大会、2017年3月18-19日、札幌
12) Koji Ichihara , Naoya Masumori:Effects of cross-sex hormone replacement therapy on lower urinary tract function in patients with female-to-male gender identity disorder:a case-control study、第105回日本泌尿器科学会総会、2017年4月21-24日、鹿児島
13) 野藤誓亮、西中一幸、舛森直哉:原発性膀胱尿管逆流(VUR)に対するDefluxR内視鏡注入療法の長期成績、第105回日本泌尿器科学会総会、2017年4月21-24日、鹿児島
14) 前鼻健志、福多史昌、広部恵美、小林 皇、舛森直哉:排尿困難を主訴に診断されたZinner症候群に対して、腹腔鏡下右腎尿管、精嚢嚢胞摘除を施行した1例、第14回泌尿器科再建再生研究会、2017年6月3日、東京
15) 松木雅裕、髙橋 敦、井上隆太、堀田 裕、伊藤直樹、田口圭介、加藤隆一、柳瀬雅裕、前鼻健志、田中俊明、舛森直哉:泌尿器科手術患者の術後せん妄に対するリスク因子の検討:多施設共同前向き試験、第30回日本老年泌尿器科学会、2017,年6月9-10日、東京
16) 松木雅裕、高橋 敦、井上隆太、堀田 裕、伊藤直樹、田口圭介、加藤隆一、柳瀬雅裕、前鼻健志、田中俊明、舛森直哉:泌尿器科手術患者の術後せん妄に対するリスク因子の検討:多施設共同前向き試験、第401回北海道地方会、2017年6月17日、札幌
17) 前鼻健志、福多史昌、広部恵美、小林 皇、舛森直哉:排尿障害を呈する精嚢嚢胞に対し腹腔鏡下切除術が奏効したZinner症候群の1例(JCHO北海道病院)、第401回北海道地方会、2017年6月17日、札幌
18) 市原浩司:前立腺がんから命を守るための第一歩、市民公開講座 、2017年6月25日、 札幌
19) 舛森直哉:性同一性障害の診療、平成29年度精神科薬物療法認定薬剤師講習会、2017年10月15日、東京
20) 佐藤俊介、田中俊明、松木雅裕、進藤哲哉、廣部恵美、橋本浩平、西山直隆、小林 皇、福多史昌、舛森直哉:腹腔鏡下膀胱全摘除術のoncological outcomeは開放手術よりも劣るのか?-propensity score matching法による検討-、第402回北海道地方会、2017年10月28日、札幌
21) 舛森直哉:性同一性障害の診療、第67回日本泌尿器科学会東部総会,2017年11月26日、大阪