2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度

業績・論文(2016年度)

感染症

【論文】
1) Yoshiki Hiyama,Satoshi Takahashi,Teruhisa Uehara,Koji Ichihara,Jiro Hashimoto,Naoya Masumori:A case of infective endocarditis and pyogenic spondylitis after transrectal ultrasound Guided prostate biopsy.Journal of Infection and Chemotherapy.1-3,2016
2) Satoshi Takahashi, Ryoichi Hamasuna, MitsuruYasuda, Kiyohito Ishikawa, Hirshi Hayami, Shinya Uehara, Shingo Yamamoto, Shinichi Minamitani, Junichi Kadota, Satoshi Iwata, Mitsuo Kaku, Akira Watanabe, Junko Sato, Hideaki Hanaki, Naoya Masumori, Hiroshi Kiyota, Shin Egawa, Kazushi Tanaka, Soichi Arakawa, Masato Fujisawa, Hiromi Kumon, Koichiro Wada, Kanao Kobayashi, Akio Matsubara, Tetsuro Matsumoto, Masatoshi Eto, Katsunori Tatsugami, Kentaro Kuroiwa, Kenji Ito, Takahide Hosobe, Hideo Hirayama, Harunori Narita, Takamasa Yamaguchi, Shin Ito, Toru Sumii, Shuichi Kawai, Mototsugu Kanokogi, Hiromi Kawano, Hirofumi Chokyu, Satoshi Uno, Koichi Monden, Shinichi Kaji, Motoshi Kawahara, Kazuo Takayama, Masayasu Ito, Masaru Yoshioka, Motonori Kano, Takatoshi Konishi, Hitoshi Kadena, Shohei Nishi, Hirofumi Nishimura, Takamine Yamauchi, Shinichi Maeda, Masanobu Horie, Hideari Ihara, Masaru Matsumura, Takeshi Shirane, Koh Takeyama, Kikuo Akiyama, Koichi Takahashi, Toshihiro Ikuyama, Hisato Inatomi, Mutsumasa Yoh:Nationwide surveillance of the antimicrobial susceptibility of Chlamydia trachomatis from.Male urethritis in Japan. Journal of Infection and Chemotherapy .1-6,2016
3) 桧山佳樹、市原浩司、髙橋 聡:特集=泌尿器疾患の治療戦略,気腫性腎盂腎炎の治療戦略、 MEDICANENT NEWS 第2227号、2016年4月5日
4) 市原浩司、髙橋 聡、舛森直哉:糖尿に伴う下部尿路機能障害と尿路感染症、日本化学療法学会雑誌 VOL.64 NO.5 SEPT.2016
5) 太刀川公人、桧山佳樹、市原浩司、髙橋 聡、関根利佳、山蔭道明、舛森直哉:間質性膀胱炎に対する両側仙骨神経根ブロックが著効した1例、泌尿器外科 29; 173-176, 2016.
【学会発表】
6) YOSHIKI HIYAMA, SATOSHI TAKAHASHI, MASAAKI SHINAGAWA, SHIN ITO, NAOYA MASUMORI: Does nucleic acid amplification test indicafe false negative result of Chlamydia trachomatis for male patients with both gonococcal and chlamydial urethritis?.19th IUSTI Asia-Pacific Conference.第19回国際性感染症学会アジア太平洋地域、2016年12月1-4日、岡山
7) 桧山佳樹、髙橋 聡、上原央久、市原浩司、橋本次朗、松川雅則、田口圭介、國島康晴、堀田 裕、 柳瀬雅裕、伊藤直樹、広瀬崇興、竹山 康、立木 仁、舛森直哉:経直腸的前立腺生検後の感染性合併症予防のための直腸培養の有用性とキノロン耐性大腸菌の細菌学的特徴、第397回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年1月30日、札幌
8) 桧山佳樹、髙橋 聡、中江舞美、青木弘太郎、石井良和、飴田一博、舛森直哉:同時期に泌尿器科病棟で経験したHelicobacter cinaedi菌血症4例の臨床的・細菌学的検討、第31回日本環境感染学会総会、2016年2月19-20日、京都
9) 桧山佳樹、髙橋 聡、市原 浩司、舛森直哉:尿閉を契機に診断され、排尿管理に難渋したCandida albicansによる尿路真菌球症の1例、第90回日本感染症学会総会 、2016年 4月15-16日、仙台
10) 桧山佳樹、髙橋 聡、上原央久、市原浩司、橋本次朗、舛森直哉:経直腸的前立腺生検後の感染性合併症予防のための直腸培養の有用性とキノロン耐性大腸菌の細菌学的特徴、第104回日本泌尿器科学会総会、2016年4月23-25日、仙台
11) 桧山佳樹、髙橋 聡、藤野景子、鰐渕 敦、新海信雄、市原浩司、小林 皇、舛森直哉:尿閉を契機に診断され、排尿管理に難渋したCandida albicans による尿路真菌球症の1例、第398回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年5月28日、札幌
12) 桧山佳樹、髙橋 聡、上原央久、市原浩司、橋本次朗、藤居 賢、舛森直哉:当科におけるLinezolidの使用経験、第64回日本化学療法学会総会、2016年6月9-11日、神戸
13) 岡部 洸、桧山佳樹、伊與木貴也、藤野景子、山本卓宜、髙森大樹、前田俊浩、髙橋 聡、舛森直哉:血行感染により発症した難治性左腎周囲膿瘍に対し、ドレナージ術にて腎温存に成功した一例、第81回日本泌尿器科学会東部総会、2016年10月7-10日、青森
14) 桧山佳樹:Is antibiotic treatment necessary for the patients with asymptomatic bacteriuria?
韓国尿路感染症研究会 、2016年10月28-29日、韓国
15) 桧山佳樹、髙橋 聡、品川雅明、伊藤 晋、舛森直哉:Neisseria gonorrhoeaeとChlamydia trachomatisの混合感染時に、核酸増幅法でのChlamydia、trachomatisの偽陰性は生じるか?、日本性感染症学会第29回学術大会、2016年 12月1-4日、岡山

内分泌

【論文】
1) 舛森直哉:カレントトピックス Current Topics、「甲状腺、上皮小体、副腎の外科」副腎疾患の外 科的治療、北海道外科雑誌 第61巻 第1号 別刷
【学会発表】
2) 前田俊浩、小林 皇、藤野景子、福多史昌、髙森大樹、田中俊明、舛森直哉:両側副腎褐色細胞腫(MEN2A)に対して腹腔鏡下副腎部分切除術を施行した1例、第30回日本泌尿器内視鏡学会総会、2016年11月17-19日、大阪

性機能

【論文】
1) Seiji Furuya,Naoya Masumori and Akio Takayanagi:Natural history of hematospermia in 189 Japanese men.International Journal of Urology 23,934-940,2016
2) Akio Takayanagi, Ko Kobayashi, Fumimasa Fukuta, Masahiro Matsuki, Yohei Matsuda, Mitsuru Mori and Naoya Masumori:Changes of sexual function and perception in Japanese men: A 15-year. International Journal of Urology 23, 941-945,2016
3) 小林 皇: 特集EDをあなどるなかれー知っておきたい最近の話題、LOH症候群とED、臨床泌尿器科第70巻 第13号 2016年12月20日(1008-1012)
【学会発表】
4) Akio Takayanagi:Intravenous preload of mesenchymal stem cells rescues erectile function in a rat model of cavernous nerve injury.20th world meeting on sexual medicine Beijing, china 2016年9月22-25日 中国、北京
5) 小林 皇、松田洋平、岡田 学、舛森直哉:近年のRigiscanの使用状況、第397回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年1月30日、札幌
6) 髙柳明夫:〈特別講演〉基礎の見地から 海綿体神経損傷に対する幹細胞治療の可能性、第26回日本性機能学会東部総会 、2016年3月19日、小樽
7) 小林 皇:シンポジウム「Men’s Health の基本薬としてのPDE5阻害薬」、PDE5阻害薬の排尿機能への作用機序、第16回日本Men’s Health医学会・日本臨床泌尿器科医会合同シンポジウム 、2016年7月9日、 札幌
8) 小林 皇:ナフトピジルの服薬継続率を上げる工夫、第15回泌尿器疾患カンファレンス、2016年5月21日、札幌
9) 松田洋平、小林 皇、髙柳明夫、福多史昌、森 満、舛森直哉:発症はLUTSが先か、EDが先か -15年間 の銃弾研究から-、日本性機能学会第27回学術総会 、2016年 8月25-28日、大阪
10) 小林 皇、松田洋平、橋本浩平、松木雅裕、田中俊明、舛森直哉:当科性機能外来における高プロラクチン血症の検討、日本性機能学会第27回学術総会、2016年 8月25-28日、大阪
11) 小林 皇、福多史昌、前田俊浩、橋本浩平、髙柳明夫、松田洋平、舛森直哉:ロボット支援腹腔鏡下前立腺摘除術後の性機能に関する検討、第399回北海道地方会、2016年9月24日、旭川

腫瘍

【論文】
1) Yoshie Nagata・Yukiko Sugiyama・Fumimasa Fukuta・Akio Takayanagi・Naoya Masumori・Taiji Tukamoto・Hiroshi Akasaka・Hirofumi Ohnishi・Shigeyuki Saitoh・Tetsuji Miura・Kaoru Moriyama・Hirokazu Tsuji・Hideyuki Akaza・Mitsuru Mori:Relationship of serum levels and dietary intake of isoflavone,and the novel bacterium Slackia Sp.strain NATTS with the risk of prostate cancer :a case-control study among Japanese men Received:13 March 2016/Accepted:24 May 2016、Int Urol Nephrol
2) Tomokazu Hasegawa,Masanori Someya,Masakazu Hori,Yosihisa Matsumoto,Kensei Nakata, Masanori Nojima,Mio Kitagawa,Takaaki Tsuchiya,Naoya Masumori,Tadashi Hasegawa, Koh-ichi Sakata:Expression of Ku70 Predicts results results radiotherapy in prostate cancer STRAHLENTHERAPIE UND ONKOLOGIE、Journal of Radiation Oncology,Biology,Physics 27 July 2016
3) Tomomi Kamba・Toshiyuki Kamoto ・Shinichiro Maruo・Takashi Kikuchi ・Yosuke ShimizuShunichi Namiki ・Kiyohide Fujimoto・ Hirokai Kawanishi ・Fuminori Sato ・Shintaro Narita Takefumi Satoh ・Hideo Saito ・Mikio Sugimoto ・Jun Teishima ・Naoya Masumori Shin Egawa ・Hideki Sakai ・Yusaku Okada ・Toshiro Terachi ・Osamu Ogawa・ ZAPCA Study Group A phase III multicenter, randomized, controlled study of combined androgen blockade with versus without zoledronic acid in prostate cancer patients with metastatic bone disease: results of the ZAPCA Trial、Received:13 June 2016/Accepted:28 August 2016、Japan Society of Clinical Oncology 2016
4) Kitamura H, Takahashi A, Takei F, Hotta H, Miyao N, Shindo T, Igarashi M, Tachiki H, Kunisima Y, Muranaka T, Shigyo M, Ikehata Y, Masumori N:Molecular-targeted therapy and surgery may prolong survival of renal cell carcinoma patients with bone metastasis:a multi-institutional retrospective study in Japan、Anticancer Res 2016;36(10):5531-5536
5) 岡田 学、西山直隆、北村 寛、舛森直哉、中田健生、坂田耕一:膀胱全摘除術後に再発をきたした転移性膀胱癌に対する放射線療法の治療成績、泌尿器外科 29; 57-61, 2016.
6) 西田幸代、舛森直哉:第13章 がん幹細胞を標的とした治療薬研究 第5節 前立腺癌のがん幹細胞を標的とした治療薬研究、『次世代のがん治療薬・診断のための研究開発』 pp. 360-364、㈱技術情報協会、2016.
7) 井上隆太、進藤哲哉、西山直隆、舛森直哉、北村 寛:転移性腎細胞癌に対する1st-line sunitinib 治療:投与スケジュールと効果の検討、泌尿紀要 62; 173-177, 2016.
8) 舛森直哉:特集 まるごと 膀胱がん、膀胱全摘除術・尿路変向術について患者さんに説明しよう!
膀胱がんのcure11、uro-ro2016 vol.21 no.04
9) 舛森直哉:前立腺がん、北海道の医療最前線、人生100年時代 長寿の秘訣、教えてドクター!!
男と女のズバッと知りたい病気の話、高齢長寿だからがんが増えている?、HO 2016年9月号増刊
10) 進藤哲哉、福多史昌、北村 寛、柳瀬雅裕、宮尾則臣、安達秀樹、伊藤直樹、舛森直哉:去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセルre-challenge治療の検討、泌尿器外科 2016年8月号 29(8),1307~1309
11) 舛森直哉:疫学、前立腺癌 診療ガイドライン 日本泌尿器科学会 編 2016年版
12) 前鼻健志、橋場貴恵、舛森直哉:症例報告、回腸導管ストーマ周囲に生じた偽上皮腫性肥厚に対し液体窒素療法を施行した1例、泌尿器外科 2016年 29(10),1585~1588
13) 田中俊明:腸管利用尿路再建術 -その手技・管理をめぐるコントロバシー、特集 ロボット手術時代における癌開放手術の意義、泌尿器外科 2016年 29(12). 1737~1742
【学会発表】
14) Naotaka Nishiyama, Stephanie Yi, Christopher E, Duymich, Jessica Charlet,Siamak Daneshmand, Peter A, Jones, Hooman Djaladat, Naoya Masumori, Gangning Liang:DNA methylation inhibitors may reverse drug-resistance in human bladder cancer cells,AUA Annual Meeting 2016,May6-10,2016,San Diego
15) Tetsuya Sindo, Naotka Nishiyama, Reo Maruyama, Takeshi Niinuma, Masahiro Kai, Hiroshi Kitajima, Takashi Tokino, Hiomu Suzuki and Naoya Masumori:Identification of microRNAs associated with cisplatin resistance in bladder cancer cells. 第75回日本癌学会総会 2016年10月6日―8日、横浜
16) 広部恵美、田中俊明、進藤哲哉、市原浩司、堀田 裕、髙橋 敦、宮尾則臣、柳瀬雅裕、松川雅則、伊藤直樹、國島康晴、田口圭介、堀田浩貴、舛森直哉:根治的膀胱摘除術における術後早期合併症の前向き検討、第397回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年1月30日、札幌
17) 進藤哲哉、丸山玲緒、西山直隆、鈴木 拓、舛森直哉:抗がん剤抵抗性膀胱癌の増殖能に関与するmicroRNA研究、第25回泌尿器科分子・細胞研究会、2016年2月26-27、大阪
18) 前鼻健志、田中俊明、進藤哲哉、髙橋 敦、伊藤直樹、田口圭介、堀田 裕、柳瀬雅裕、宮尾則臣、立木 仁、広瀬崇興、井上隆太、松川雅則、執行雅紀、堀田浩貴、高木誠次、北村 寛、舛森直哉:尿路上皮癌に対するGemcitabine投与に伴う発熱と予後に関する多施設共同後ろ向き研究、第104回日本泌尿器科学会、2016年4月23-25日、仙台
19) 橋本浩平、田端秀敏、野藤誓亮、髙橋 敦、髙木良雄、池田 健:前立腺intraductal carcinomaの検討、第104回日本泌尿器科学会、2016年4月23-25日、仙台
20) 進藤哲哉、丸山玲緒、西山直隆、北村 寛、鈴木 拓、舛森直哉:抗がん剤抵抗性膀胱癌の増殖能に関与するmicroRNA研究、第104回日本泌尿器科学会、2016年4月23-25日、仙台
21) 福多史昌、舛森直哉:前立腺住民健診後15年の前立腺癌罹患率の検討―北海道島牧村の健診結果より、第104回日本泌尿器科学会、2016年4月23-25日、仙台
22) 前鼻健志、田中俊明、進藤哲哉、髙橋 敦、伊藤直樹、田口圭介、堀田 裕、柳瀬雅裕、宮尾則臣、立木 仁、広瀬崇興、井上隆太、松川雅則、執行雅紀、堀田浩貴、高木誠次、北村 寛、舛森直哉:転移性尿路上皮癌におけるGC療法前全身炎症反応に基づいた予後予測因子の検討:多施設共同後向き研究(地方会賞受賞)、第398回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年5月28日、札幌
23) 西山直隆:【特別講演】化学療法抵抗性膀胱癌細胞株における脱メチル化剤5-aza-2’-deoxycytidine(5-Aza-CdR)による化学療法再感受性獲得に関する基礎研究、第398回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年5月28日、札幌
24) 舛森直哉:新規ホルモン剤を再考する、見えてきたCYP17祖害剤の新たな価値、日本泌尿器科学会甲信越合同学術大会 、2016年6月11日、新潟
25) 田中俊明、前鼻健志、舛森直哉:膀胱癌尿路変更後の長期成績、尿路悪性腫瘍研究会、2016年7月16日、札幌
26) 福多史昌、舛森直哉:泌尿器腹腔鏡技術認定医取得を目指す医師を指導する指導医の技術指導に関する意識調査、 第399回北海道地方会、 2016年 9月24日、旭川
27) 伊與木貴也、前鼻健志、田中俊明、舛森直哉:当科における後腹膜線維症に対する診断・治療プロトコールと治療成績、 第399回北海道地方会、2016年 9月24日、旭川
28) 太刀川公人、西山直隆、村中貴之、高田弘一、村瀬和幸、河野 勤、舛森直哉:化学療法難事性精巣腫瘍に対し大量化学療法(Carboplatin+Etoposide)を施行し完全寛解が得られた1例、第399回北海道地方会、2016年 9月24日、旭川
29) 橋本浩平、新海信雄、田中俊明、舛森直哉: 尖部腹側を含めた前立腺針生検の有用性の検討、第54回日本癌治療学会総会、2016年10月20-22日、横浜
30) 髙森大樹、進藤哲哉、舛森直哉:当院における後腹膜原発脂肪肉腫12例の検討、第54回日本癌治療学会総会、2016年10月20-22日、横浜
31) 西山直隆、太刀川公人、村中貴之、高田弘一、村瀬和幸、河野 勤、舛森直哉:化学療法難事性精巣腫瘍に対し大量化学療法(Carboplatin+Etoposide)を施行し完全寛解が得られた1例、第54回日本癌治療学会総会、2016年10月20-22日、横浜
32) 進藤哲哉、清水 崇、西山直隆、新沼 猛、北嶋洋志、甲斐正弘、伊藤直樹、舛森直哉、鈴木 拓:尿中DNAメチル化解析による膀胱がん再発診断法の開発、第36回日本分子腫瘍マーカー研究会 、2016年10月4日、横浜
33) 進藤哲哉、西山直隆、萬谷和香子、舛森直哉:筋層非浸潤性膀胱癌として診断された微小乳頭状(micropapillary variant)膀胱癌にかんする臨床的検討、第2回泌尿器腫瘍学会、2016年10月23日、横浜
34) 太刀川公人、西山直隆、村中貴之、高田弘一、村瀬和幸、河野 勤、舛森直哉:化学療法難事性精巣腫瘍に対し大量化学療法(Carboplatin+Etoposide)を施行し完全寛解が得られた1例、第81回日本泌尿器科学会東部総会、2016年10月7-10日、青森
35) 小林 皇、福多史昌、前田俊浩、橋本浩平、髙柳明夫、松田洋平、舛森直哉:当科におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺摘除後の性機能に関する検討、第30回日本泌尿器内視鏡学会総、2016年11月17-19日、大阪
36) 新海信雄、井上隆太、舛森直哉:術式別の根治的前立腺摘除術の検討、第30回日本泌尿器内視鏡学会総会、2016年11月17-19日、大阪
37) 萬谷和香子、西山直隆、進藤哲哉、京田有樹、伊藤直樹、舛森直哉:variant histology を有する筋層非潤性膀胱癌に関する臨床的検討、第9回BCG注入療法研究会、2016年12月2-3日、東京
38) 新海信雄、橋本浩平、田中俊明、舛森直哉:尖部腹側を含めた前立腺針生検の有用性の検討、第32回前立腺シンポジウム 、2016年12月10-11日、東京

排尿異常・前立腺肥大症

【論文】
1) Naoya Masumori, Taiji Tukamoto, Akihiko Shibuya, Noriomi Miyao, Yasuharu Kunisima, Akihiko Iwasawa: Three-year outcome analysis of alpha l-blocker naftopidial for patients with benign prostatic hyperplasia in a prospective multicenter study in japan.Patient Preference and Adherence 2016:10 1309-1316
2) Yoshinori Tanaka, Yasushi Tanuma and Naoya Masumori:Long-term prospective study of the persistence of solifenacin succinate in previously untreated Japanese female patients with overactive bladder. International Journal of Urology 2016 doi:10.1111/iju.13174
3) 舛森直哉:前立腺肥大症の薬物治療、日本医事新報 No.4786; 27-32, 2016.
4) 舛森直哉:前立腺肥大症、『Year Note TOPICS 2016-2017 内科・外科疾患』4th edition、pp.229-230、MEDIC MEDIA, 2016.
5) 舛森直哉:〈質疑〉前立腺肥大症における薬物治療と外科治療の選択 〈応答〉QOL障害の程度 と治療効果を評価し、薬物治療と外科治療の利点と欠点を説明して患者と一緒に決定する、日本医事新報 No.4794; 55-56, 2016, 3,12.
6) 舛森直哉:〈質疑〉排尿日誌による睡眠状態も併せた正確な評価方法、日本医事新報 No.4796;2016,3,26
7) 舛森直哉:泌尿器系・生殖器系疾患 前立腺肥大症、病気とくすり 2016、薬局(THE JOURNAL of PRACTICAL PHARMACY)、増刊号2016,Vol.67,No.4 606-610(1078-1082)
8) 舛森直哉:特集 Men’s Health、男性の排尿障害―male LUTS、別刷 日本医師会雑誌 第145巻・第2号/平成28(2016)年5月
9) 福多史昌、舛森直哉:特集 まるごと 下部尿路機能障害、下部尿路機能障害をきたす主な疾患:前立腺肥大症、泌尿器Care&Cure UrO-LO 2016 VoI.21 02 、治療と看護 みんなとつながるマガジン ウロロ、第21巻2号(通巻250号)2016年4月25日発行、MCメディカ出版
10) 福多史昌、舛森直哉: 特集 下部尿路機能障害Q&A、よくある質問に答えます!前立腺肥大症にまつわるエトセトラ、泌尿器Care&Cure UrO-LO 2016 VoI.21 02 、治療と看護 みんなとつながるマガジン ウロロ、第21巻2号(通巻250号)2016年4月25日発行、MCメディカ出版
11) 福多史昌、舛森直哉:シンポジウム 5 前立腺肥大症治療の最前線 、前立腺肥大症治療における薬物療法の役割と限界、泌尿器外科 2016年 29(臨増)、687~689
12) 福多史昌、舛森直哉:第15章 泌尿器系疾患 11.前立腺肥大症、腎と透析 2016増刊号
13) 市原浩司、舛森直哉:特集 前立腺肥大症の薬物療法―使い分けのポイント、〈併用・追加・代替療法〉、 β3作動薬、臨床泌尿器科 第70巻 第6号 別刷、2016年5月20日 発行
14) 舛森直哉:Office Urologistsへのアンケート、3剤以上のmale LUTS治療関連薬物処方に関する意識調査、排尿障害プラクティス Vol .24 No.2 2016  6(94)~13(101)メディカルレビュー社
15) 舛森直哉:特集に寄せて、Male LUTSの薬物療法、排尿障害プラクティスVol.24 No.2 2016 15(103) メディカルレビュー社
16) 福多史昌、舛森直哉:Male LUTSの薬物療法、特集 抗コリン薬やβ?作業薬が適応となるmaleLUTS とは?排尿障害プラクティス Vol .24 No.2 2016 、43(131)~50(138)
【学会発表】
17) Koji Ichihara, Naoki Aizawa, Rino Sugiyama, Hiroki Ito, Yoshiyuki Akiyama, Jun Kamei, Naoya Masumori, Yukio Homma and Yasuhiko Igawa:Activation of toll like receptor (TLR)7 Induces cystitis and facilitation of bladder pain and mechano-sensation in mice. 31th Annual Congress of European Association of Urology(EAU2016) March 11-15,2016,Munich
18) Koji Ichihara, Naoki Aizawa, Rino Sugiyama, Hiroki Ito, Yoshiyuki Akiyama, Jun Kamei, Naoya Masumori, Karl-Erik Andersson, Yukio Homma and Yasuhiko Igawa:Toll like receptor 7 is overexpressed in the bladder mucosa of Humner type interstitial cystitis and its activation in the mousu bladder Induces cystitis and pain. 31th Annual Congress of European Association of Urology(EAU2016) March 11-15,2016,Munich
19) Koji Ichhara, Naoki Aizawa, Rino Sugiyama, Hiroki Ito, Jun kamei, Yoshiyuki Akiyama, Naoya Masumori, Yukio Homma and Yasuhiko Igawa:Toll like receptor 7 is overexpressed in the bladder mucosa of Hunner type interstitial cystitis and its activation in the mouse bladder induces cystitis and pain、第104回日本泌尿器科学会総会、2016年4月23-25日、仙台
20) Naoya Masumori:Role of Naftopidil for Treatment of BPH Long-term outcome of medical and surgical treatment. 2016ic Symposium 、May 14,2016,Korea
21) HIROKI TAKAMORI, NAOYA MASUMORI, TOSHIYUKI KAMOTO:Surgical procedures for benign prostatic hyperplasia A nationwide survey in Japan 2014 Update. 第33回日韓泌尿器科会議、2016年10 月7-8日、青森
22) 京田有樹、新海信雄、市原浩司、福多史昌、小林 皇、舛森直哉:高血圧自然発症ラットの前立腺、尿道における神経内分泌細胞の分布、第397回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年1月30日、札幌
23) 鰐渕 敦、福多史昌、野藤誓亮、山本卓宜、池端良紀、新海信雄、京田有樹、市原浩司、舛森直哉:デュタステリド新規投与症例の服薬継続期間と中止理由に関する検討、第397回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年1月30日、札幌
24) 市原浩司:【特別講演】ヒト間質性膀胱炎におけるToll like receptor (TLR)7の発現とマウス膀胱におけるTLR7の機能的役割の検討、第397回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年1月30日、札幌
25) 福多史昌、舛森直哉:〈シンポジウム〉BPH薬物療法のエビデンス、OABを伴うBPH:α1遮断薬とβ3作動薬の併用効果、第104回日本泌尿器科学会、2016年4月23-25日、仙台
26) 小林 皇、福多史昌、森 満、舛森直哉:排尿後尿滴下と前立腺肥大症の関連について、第104回日本泌尿器科学会総会、2016年4月23-25日、仙台
27) 髙森大樹、舛森直哉、賀本敏行:本邦における前立腺肥大症の外科的治療の変遷 Up date、第398回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年5月28日、札幌
28) 村中貴之、太刀川公人、髙森大樹、前田俊浩、北村 寛、舛森直哉:両側尿管・回腸新膀胱吻合部狭窄に対し虫垂を利用して尿路再建を行った1例、第13回泌尿器科再建再生研究会、2016年6月18日、鳥取
29) 舛森直哉:男性の夜間頻尿の疫学と治療update、日本臨床泌尿器科医会第13回臨床検討会 、2016年 7月10日、札幌
30) 髙森大樹、舛森直哉、賀本敏行:本邦における前立腺肥大症に対する外科的治療の 変遷2014、第23回日本排尿機能学会、2016年12月6-8日、東京
31) 福多史昌、大西浩文、京田有樹、新海信雄、池端良紀、鰐渕 敦、市原浩司、小林 皇、舛森直哉:本邦における男性の尿閉の発生頻度の前向き調査(第1報)、第23回日本排尿機能学会、2016年12月6-8日、東京
32) 京田有樹、舛森直哉:神経内分泌細胞は前立腺肥大症の発生に関与するか、第23回日本排尿機能学会、2016年12月6-8日、東京
33) 京田有樹、小林 皇、松田洋平、新海 信雄、市原浩司、福多史昌、舛森直哉:指動脈弾力性と膀胱機能の関係、第23回日本排尿機能学会、2016年12月6-8日、東京

腎移植・腎疾患

【論文】
1) Naoki Kohei, Toshiaki Tanaka, Kazunari Tanabe, Naoya Masumori, Nina Dvorina,Anna Valujskikh, William M.Baldwin lll and Robert L.Fairchild:Natural killer cells play a critical role in mediating inflammation and graft failure during antibody-mediated rejection of kidney allografts. Kidney International 2016 89,1293-1306
2) Yoshinori Ikehata, Toshiaki Tanaka, Koji Ichihara, Ko Kobayashi, Hiroshi Kitamura, Satoshi Takahashi and Naoya Masumori:Incidence and risk factors for acute kidney injury after radical cystectomy. International Journal of Urology 2016 23,558-563
3) 【学位論文】 Maehana T, Tanaka T, Kitamura H, Fukuzawa N, Ishida H, Tanabe K, Masumori N: Heat Shock Protein 90α Is a Potential Serological Biomarker of Acute Rejection after Renal Transplantation.PloS One. 2016 Sep 15;11(9):e0162942. doi:10.1371/ jounal. pone. 0162942. eCollection 2016.
4) 前鼻健志、原田 浩、福澤信之、川口 愛、中村美智子、田中 博、平野哲夫、富樫正樹、関 利盛、舛森直哉:生体腎移植後上咽頭癌肝、脾転移に対し,カルシニューリン阻害薬中止, エベロリムス投与及び 化学療法にて著名な治療効果を認めた1例、腎移植、血管外科Vol.26 NO.12014 P74~77 別刷、Japanese Society of Renal Transplantation and Vascular Surgery
【学会発表】
5) Toshsiaki Tanaka, Naoki Kohei, Hidetoshi Tsuda, Naoya Masumori, Robert L Fairchild:Modified technique for murine kidney transplantation. Transplantation Science Symposium.Apr 8-9,2016,Tokyo 6)Takeshi Maehana, Toshiaki Tanaka, Hiroshi Kitamura and Naoya Masumori:Heat shock protein 90inhibitor is a new potential target of antibody-mediated rejection in organ transplantation Transplantation Science Symposium. Apr 8-9,2016,Tokyo
6) Takeshi Maehana , Toshiaki Tanaka , Tetuya Sindou , Atsushi Takahashi , Naoki Itoh , Keisuke Taguchi , Hiroshi Hotta ,Hiroshi Kitamura and Naoya Masumori:Developmennto of a new prognostic model to predict survival of patients with metastatic urothelial carcinoma receiving first-line gemcitabineplus plus cisplatin chemotherapy:multicenter retrospective study by the Sapporo Medical University Urologic Oncology Consortium.AUA Annual Meeting 2016.May 6-10 2016,San Diego
7) T Tanaka, N Kohei, N Dvorina, A Valujskikh, W Baldwin 3rd and R Fairchild:NK Cells Play a Critical Role in Mediating Inflammation and Graft Failure During Antibody-Mediated Rejection of Kidney Allografts. Americn Transplant Congress2016.Jun 12-16,2016,BOSTON
8) ベストポスター
Takeshi Maehana,Toshiaki Tanaka,Hiroshi Kitamura and Naoya Masunori:Heat shock protein 90 inhibitor 17DMAG is a potential new therapeutic agent against acute allograft rejection.  Americn Transplant Congress2016, Jun 12-16,2016,BOSTON
9) 舛森直哉:副腎疾患の外科的治療、平成27年度日本外科学会北海道地区生涯教育セミナー 、 2016年 1月9日、札幌
10) 前鼻健志、田中俊明、池端良紀、舛森直哉:腎移植後骨粗鬆症に対するデノスマブの治療経験、第35回北海道腎移植談話会、2016年1月23日、札幌
11) 前鼻健志、田中俊明、池端良紀、舛森直哉:腎移植後骨粗鬆症に対するデノスマブの治療経験、第49回日本臨床腎移植学会 、2016年3月23-25日、米子市
12) 太刀川公人、前鼻健志、田中俊明、市原浩司、福澤信之、原田 浩、舛森直哉:生体腎ドナー評価のCTで胸腺腫が疑われ、移植前にビデオ補助胸腔鏡手術を施行しドナーとなり得た一例、第32回腎移植・血管外科研究会 、2016年5月26-28日、姫路市
13) 松木雅裕、田中俊明、前鼻健志、京田有樹、市原浩司、橋本浩平、柳瀬雅裕、松川雅則、安達秀樹、髙橋 聡、舛森 直哉:血清シスタチンCは腎後性腎不全患者において閉塞解除術後の腎機能予測に有用である、第398回北海道Uro地方会、2016年5月28日、札幌
14) 松木雅裕、田中俊明、前鼻健志、京田有樹、市原浩司、橋本浩平、柳瀬雅裕、松川雅則、安達秀樹、髙橋 聡、舛森直哉:血清シスタチンCは腎後性腎不全患者において閉塞解除術後の腎機能予測に有用である、日本臨床泌尿器科医会第13回臨床検討会、2016年7月10日、札幌
15) 前鼻健志:【特別講演】同種移植免疫応答におけるHeat shock protein 90の関与、および拒絶反応治療標的としての可能性に関する検討、第399回北海道地方会 、2016年9月24日、旭川
16) 前鼻健志、田中俊明、北村 寛、舛森直哉、福澤信之、原田 浩、石田英樹、田邉一成:腎移植後拒絶反応発症時における新規バイオマーカーとしてのHeat shock protein90の可能性、第52回日本移植学会、2016年9月29-30日、東京
17) 前鼻健志、田中俊明、舛森直哉:HSP90阻害剤を用いた腎移植後拒絶反応に対する新規分子標的治療法の開発、 第36回北海道腎移植談話会 、2016年11月26日、札幌
18) 前鼻健志、太刀川公人、田中俊明、市原浩司、福澤信之、原田 浩、舛森直哉:生体腎ドナー評価のCTで胸腺腫が疑われ、移植前にビデオ補助胸腔鏡手術を施行しドナーとなり得た一例、第36回北海道腎移植談話会 、2016年11月26日、札幌

その他

【論文】
1) 舛森直哉:血精液症、『2016 今日の治療指針』Vol. 58、山口 徹、北原光夫監修、pp.1029-1210、医学書院、2016.
2) 橋本次朗、伊藤直樹、舛森直哉:当科における腹腔鏡下腎盂形成術の治療成績、泌尿器外科 29; 155-159, 2016.
3) 舛森直哉:泌尿器領域における、トラブルシューティング、手術編 大血管損傷の予防と対処方法、開腹手術における大血管損傷の予防と対処、泌尿器外科Vol.29特別号、平成28年4月30日発行、医学図書出版株式会社
4) 市原浩司、舛森直哉:〈性同一障害の現状と治療〉身体的治療:ホルモン療法、 医学のあゆみ 256; 290-294, 2016.
5) 舛森直哉: 〈性同一性障害の現状と治療〉はじめに、医学のあゆみ 256; 267, 2016
6) 舛森直哉、市原浩司:「外科的治療-現状と課題」札幌医科大学における性別適合手術の現状と課題、GID(性同一性障害)学会雑誌 Vol.9 No.1 通巻9号 2016年12月23日発行
【学会発表】
7) 舛森直哉、市原浩司:〈シンポジウム4〉外科治療の現状と課題、札幌医科大学における性別適合手術の 現状と課題、GID学会第18回研究大会 、2016年3月19-20日、東京
8) 舛森直哉:性同一性障害の臨床本邦の現状と課題、第104回日本泌尿器科学会総会、2016年4月23-25 日、仙台
9) Naoya Masumori:Current Management of BPH/LUTS in Japan、第104回日本泌尿器科学会総会、2016年 4月23-25日、仙台
10) 舛森直哉:性同一性障害(GID)に対する身体的治療の現状、第112回日本精神神経学会学術総会、 2016年6月2日、千葉
11) 福多史昌、舛森直哉:泌尿器腹腔鏡技術認定制度と認定医取得に関わる問題点、第22回北海道内視鏡外科研究会、2016年6月25日、札幌
12) 福多史昌、舛森直哉:泌尿器腹腔鏡技術認定制度と認定医取得に関わる問題点、第22回北海道内視鏡外科研究会、2016年6月25日、札幌
13) 舛森直哉:性同一性障害(GID)に対する身体的治療の現状、平成28年度 日本精神神経学会生涯教育研修会(夏季)、2016年7月10日、札幌
14) 伊與木貴也、前鼻健志、田中俊明、舛森直哉:当科における後腹膜線維症に対する診断・治療プロトコールと治療成績、第81回日本泌尿器科学会東部総会 、2016年 10月7-10日、青森
15) 舛森直哉:腹腔鏡下腎部分切除のコツとピットフォール、第30回日本泌尿器内視鏡学会総会、2016年11月17-19日、大阪
16) 野藤誓亮、西中一幸、舛森直哉:原発性膀胱尿管逆流(VUR)に対するDeflux®内視鏡注入法の長期成績、第30回日本泌尿器内視鏡学会総会、2016年11月17-19日、大阪