学生のみなさんへ 学長メッセージ(制限レベル3の継続(2/28まで))

令和3年1月29日
学生の皆さんへ
学長 塚本 泰司
 
 新型コロナウイルス感染症の全国的な感染拡大が続く中、道内においても再拡大が懸念されることを踏まえ、北海道では「集中対策期間」を2月15日まで延長し、引き続き全道の対策を進めるとともに、特に感染者数や入院患者が高水準にある札幌市における強い措置を講じております。
 このため、本学においても、現在の制限レベル3(研究活動を除く)を2月28日まで継続することにしました。
 皆さんにおかれては、緊急事態宣言の対象地域との不要不急の往来の自粛はもとより、定期試験や国家試験終了後の旅行など、感染リスクの高い行動は厳に慎むとともに、一人ひとりが確実に感染防止を行うことの重要性を改めて認識のうえ、新型コロナウイルス感染症対策ハンドブックに従って、感染リスクを回避する行動を徹底し、感染が疑われるような場合には、平日、休日を問わず、必ず大学に連絡するようお願いします。
 特に卒業を予定されている学生の皆さんに関しては、4月1日からの初期臨床研修、各医療機関等への就職を控えており、非常に重要な時期であることから、自分自身を大切にし、他人を思いやる気持ちを持ちながら、まさに新しい人生の門出にふさわしい心身状況で臨んでもらいたいと思います。
 
<集中対策のポイント>
・ 緊急事態宣言の対象地域[東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、岐阜県、栃木県、福岡県(1/14現在)]との不要不急の往来自粛
・ 札幌市内及び小樽市における不要不急の外出や往来自粛
・ できる限り同居していない者との飲食の自粛
・ すすきの地区における飲食店等の利用の自粛  など
 
<新型コロナウイルス感染症対策ハンドブック:大学HP>
【連絡先】  
平日 新型コロナウイルスに関する総合窓口:学務課学務・学生支援係 内線21820
   体調報告などに関すること     :保健管理センター    内線22050
休日 学務課学務・学生支援係 携帯電話 090-1526-9785

発行日: