学生の皆さんへ 学長メッセージ(課外活動の禁止等)

 令和2年11月9日
学生の皆さんへ
学長 塚本 泰司
 
 先日(7日)開催された北海道の新型コロナウイルス感染症対策本部において、本道における感染対策の警戒ステージが「ステージ3」に更に引き上げられるとともに、11月27日までを集中対策期間とした更なる感染拡大防止対策について協力要請がありました。
 本学の行動指針全体の制限レベルは2のままでありますが、現在、課外活動については臨床実習を行っている学生のみ制限を課していました。しかし、札幌市内の若い世代を中心に感染者が急増していることを踏まえ、今後、制限レベルを3とし、当分の間、全学生の課外活動を原則禁止します。
 また、集中対策期間中、次のとおり感染拡大防止対策を強化しますので、留意して行動してください。


 
1 札幌市中央区南3条西2丁目、南3条西6丁目、南8条西2丁目、南8条西6丁目に囲まれた区域においては、
   アルバイト等への従事を極力避けるとともに、カラオケ、ライブハウス、酒類を提供する施設等の利用は自粛すること。
2 次の感染拡大防止対策を徹底すること。
 (1)  発熱や倦怠感、咳等があるなど体調が悪い場合は、大学に連絡の上、自宅で療養し、通院以外の不要な外出はしないこと。
 (2)  授業後や休憩時間、食事中など感染リスクを高めやすい場面や高齢者、基礎疾患を有する方と接する場面等では、
        「マスクを着用する」「人との距離を取る」「大声を控える」などの回避行動を実践すること。
 (3)  国の接触確認アプリ(COCOA)や北海道のコロナ通知システムを活用すること。
 
※ 明日(11月10日)から大学施設の入口にサーモグラフィカメラを設置することとしましたので、登校前の体温測定に加えて、施設内に入る時も体表温
      を確認してください。
      引き続き、新型コロナウイルス感染症対策ハンドブック及び課外活動等方針に従って、しっかりと感染防止対策を行い、感染が疑われるような場合
      には、平日、休日を問わず、必ず大学に連絡してください。
 
【連絡先】  
平日 新型コロナウイルスに関する総合窓口:学務課学務・学生支援係 内線21820
   体調報告などに関すること     :保健管理センター     内線22050
休日 学務課学務・学生支援係 携帯電話 090-1526-9785

発行日: