附属病院における新型コロナウイルス感染者の発生について

令和2年11月2日
札幌医科大学附属病院

 このたび、札幌医科大学附属病院11階北病棟におきまして、4名(職員2名、入院患者1名、退院患者1名)が、新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。
 経過などについては次のとおりです。

【職員A(看護師:20代女性)】
10月25日夜から咳の症状、26日に38℃台の発熱がありましたが、27日には症状が改善し、以降現在まで症状はありません。10月30日に、ご家族のPCR検査陽性の連絡を受け、同日、当院においてPCR検査を行った結果、陽性が確認されました。なお、10月23日の勤務後、翌24日から現在まで勤務しておりません。
【職員B(看護師:20代女性)】
職員Aと同じ病棟に勤務し接触が疑われたことから、10月31日に当院においてPCR検査を行った結果、陽性が確認されました。なお、10月23日以降、24、25日以外、30日まで通常勤務をしておりました。

 当院では、同じ病棟から職員2名の感染が判明したことから、11階北病棟で勤務している職員等及び入院患者さん全員を対象にPCR検査を行い、入院患者さん1名の陽性が確認されました。
 また、既に退院された患者さんには、健康観察をお願いしておりますが、体調についてご連絡いただいた退院患者さん1名にPCR検査を行った結果、陽性が確認されました。

 現時点で、このほかの当該病棟で勤務している職員等及び入院患者さん、また、濃厚接触の疑いがある退院患者さんのPCR検査の結果は、陰性を確認しております。
 なお、その他の患者さんから、発熱症状など体調不良等のお申し出はございません。
 また、消毒作業は実施済みです。

 現在、札幌市保健所とともに、感染の経緯や濃厚接触者について調査を行っていますが、現時点では病院内での感染の疑いがあると考えています。

 本件に伴い、10月31日(土)から2週間程度、11階北病棟への新規入院患者の受け入れを一時休止させていただくことといたしました。
 皆さまには、大変、ご迷惑とご心配をお掛けいたしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

<お問い合わせ先>
◯患者さんからのお問い合わせ(平日9:00~17:00)
 病院課 電話(代表)011-611-2111
◯報道機関からのお問い合わせ.
 病院課長 電話(直通)011-688-9477
 

発行日: