札幌医科大学開学70周年(創基75周年)記念キャッチフレーズが決定しました

札幌医科大学開学70周年(創基75周年)の節目を記念して、今後、本学が更なる飛躍を目指す姿を伝えられるキャッチフレーズを学内で募集しました。
在学生・教職員から109点の応募があり、審査員による選考の結果、お二方の作品を組み合わせて採用することとし、次のとおり決定いたしました。

命と医の知の未来を創る。

【作者】
 星野 英里子さん(医療人育成センター研究補助員)
【作品】
 命と医の知の未来のために
【作品の説明】
 限りある「命(健康)」を守り、取り戻すという医療人の尊い職務は「医の知」にかかっています。
 「医の知」の示すものは、札幌医科大学がこれまでも残してきた医学研究におけるパイオニア的実績であり、医学及び保健医療学に関する学理を教授し、それにより育成されてきた知的・道徳的・応用的能力に富む人材です。
 開学70周年にあたる札幌医科大学が、さらなる「医の知」の発展を支え、そしてさらに多くの「命(健康)」が守られるようにとの思いを込めました。
【作者】
 佐藤 涼さん(医学部医学科3年生)
【作品】
 命を見つめて70年。未来を創り続ける。
【作品の説明】
 教育機関であり医療機関でもある、という医科大学特有の特徴にマッチするよう考えました。
 札幌医科大学は、地域の人たちの未来、そしてそれを叶える人たちの未来を創り続けていると思います。

発行日: