札幌市保健所と本学・公衆衛生学講座が行う「手洗い徹底活動プロジェクト」が北海道日本ハムファイターズ様のご協力を得て、札幌ドームで公開されました

世界手洗いの日である2020年10月15日、北海道日本ハムファイターズ vs. 埼玉西武ライオンズ戦において、㈱北海道日本ハムファイターズ様及び㈱札幌ドーム様のご協力のもと、札幌市内の小・中学生が制作した「新型コロナ〇×クイズ」が札幌ドームの大型ビジョンで放送されました。
札幌市保健所と本学・公衆衛生学講座が行う「新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクト」の一つ「手洗い徹底活動プロジェクト」(教授:大西浩文、プロジェクトリーダー:大浦麻絵)とが共同して行った取り組みです。
同日、ファイターズの選手の皆さんにおかれましては、医療・介護に従事されている方々へ感謝の意を示すブルーの「ありがとう!リストバンド」を装着してプレーされました。

子ども達が自ら考えた情報発信法により、市民の皆様が感染予防に関する正しい知識を身に着け、予防行動の徹底に繋がることが期待されます。
北海道新聞社許諾D2010-2104-00022961
北海道新聞社許諾D2010-2104-00022961
読売新聞社許諾
読売新聞社許諾

発行日:

情報発信元
  • 医学部公衆衛生学講座