ウイルス性下痢症研究会会則


第1条 本会はウイルス性下痢症研究会と称する
第2条 本会の事務局は研究会代表の指定するところにおく
第3条 本会は、ウイルス性下痢症感染症に関する研究の促進、会員相互の情報の交換、ならびに技術協力を図ることを目的とする
第4条 本会では、前条の目的を達成するため次の事業を行う
  1. 学術集会の開催
  2. ウイルス性下痢症研究に関する情報の提供
  3. その他、本会の目的達成に必要な事業
第5条 本会の会員は本会の目的に賛同する者で、種別は次の通りとする
  1. 正会員
  2. 賛助会員
  3. 学生会員
第6条 本会に入会、または退会しようとする者は、所定の手続きにより本会に申し出るものとする
第7条 会員は次の事由により会員の資格を喪失する
  1. 退会の届けをしたとき
  2. 会費を2年以上滞納し、かつ督促勧告に応じないとき
  3. その他会則に違反したとき
第8条 本会には次の役員をおく

1-1.幹事会及び人数
  研究会代表  2名(主および副)
  幹  事  若干名
  会  計  1名
  顧  問  若干名
1-2. 会計監査   2名(幹事以外の会員)
 2. 研究会代表は幹事の中から互選により選出し、総会で承認を得る
 3. 幹事の選出方法は付則に定める
 4. 会計監査は幹事会で推薦し、総会で承認を得る
第9条 研究会代表の任期は2年とし、幹事、会計及び会計監査の任期は4年とする。但し再任は妨げない。ただし幹事は2年休役後の再任を可とする。
第10条
  1. 研究会代表は本会を代表し、総会、学術集会を主催する
  2. 幹事会は本会の運営に関する事項を処理する。幹事会は幹事の2/3以上の出席により成立し、議事は出席幹事の過半数により決定する
  3. 総会は、年1回研究会代表が招集し、議事は出席会員の過半数の承認を得る
  4. 会計監査は会計について監査する
第11条 本会の運営に関する事項及び本会則の変更は、総会において出席会員の過半数の承認を得る
<付則>  
  1. 本会則は平成9年1月1日より実施する。
    平成13年11月17日、平成19年10月20日、平成20年10月25日に一部改正された。
  2. 本研究会の会費は一年間
    正会員 1,000円
    賛助会員は一口 3,000円
    学生会員は無料 とする。
    但し、賛助会員の場合、会費は一口以上納入することが出来る
  3. 幹事は、退任にあたり地域、専門分野等を考慮して後任者を幹事会に推薦する。退任者より推薦の得られなかった場合、研究会代表が代行する
  4. 5. 幹事会は、新たに選出された幹事の承認を行い、総会に報告する
  5. 会計事務取り扱いは研究会代表が事務局に委任することが出来る
 
 
 
平成 9年 1月 1日施行
平成 13年 11月 17日一部改正
平成 19年 10月 20日一部改正
平成 20年 10月 25日一部改正

役員名簿
研究会代表  遠矢幸伸、葛谷光隆(主および副)
 
幹事

小林慎一、斉藤博之、鈴木 亨、滝澤剛則、野田 衛、原田誠也、福田伸治、 本間真二郎、山下育孝、山下和予、山下照夫、依田知子
(アイウエオ順)

 
会計 遠矢幸伸
 
顧問 浦澤正三、千葉峻三、山崎修道、牛島廣冶、田中智之
 
会計監査 森功次、沖津祥子
(平成25年1月1日現在)
トップページへもどる