札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座 トップページメール サイトマップ 札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座

イメージ 教授あいさつ 教室の沿革 教室の沿革 マップ

2010年度 業績・論文

腫瘍 感染症 性機能
排尿異常・前立腺肥大症 内分泌 腎移植・腎疾患
その他    

腫瘍

論文
1) Kitamura H, Sedlik C, Jacquet A, Zaragoza B, Dusseaux M, Premel V, Sastre-Garau X and Lantz O: Long peptide vaccination can lead to lethality through CD4+T cell-mediated cytokine storm.  J Immunol 185; 892-901, 2010.
2) Nishiyama N, Arai E, Chihara Y, Fujimoto H, Hosoda F, Shibata T, Kondo T, Tsukamoto T, Yokoi S, Imoto I, Inazawa J, Hirohashi S and Kanai Y: Genome-wide DNA methylation profiles in urothelial carcinoma and urothelial at the precancerous stage.  Cancer Sci 101: 231-240, 2010.
3) Tanaka T, Kitamura H, Takahashi A, Masumori N and Tsukamoto T: Long-term outcome of chemotherapy for advanced testicular and extragonadal germ cell tumors: A single-center 27-year experience.  Jpn J Clin Oncol 40; 73-78, 2010.
4) Shindo T, Masumori N, Fukuta F, Miyamoto S and Tsukamoto T: Is T1G3 bladder cancer having a definite muscle layer in TUR specimens a highly progressive disease?  Jpn J Clin Oncol 40; 153-156, 2010.
5) Sato S, Tanaka T, Takahashi A, Sasai M, Kitamura H, Masumori N and Tsukamoto T: Late recurrence and second primary malignancy among 139 patients with germ cell tumors: Long-term outcome of the disease in a single-center experience.  Jpn J Clin Oncol 40; 157-162, 2010.
6) Hashimoto K, Hisasue S, Masumori N, Kobayashi K, Kato R, Fukuta F, Takahashi A, Hasegawa T and Tsukamoto T: Clinical safety and feasibility of a newly developed, simple algorithm for decision-making on neurovascular bundle preservation in radical prostatectomy.  Jpn J Clin Oncol 40; 343-348, 2010.
7) Takayanagi A, Masumori N, Hashimoto J, Kyoda Y, Yanase M and Tsukamoto T: Effect of delayed maximal androgen blockade therapy for patients with advanced prostate cancer who fail to respond to initial androgen deprivation monotherapy.  Jpn J Clin Oncol 40; 1154-1158, 2010.
8) Tsukamoto T, Shinohara N, Tsuchiya N, Hamamoto Y, Maruoka M, Fujimoto H, Niwakawa M, et al.: Phase III trial of everolimus in metastasis renal cell carcinoma: Subgroup analysis of Japanese patients from RECORD-1.  Jpn J Clin Oncol 41; 17-2, 2010.
9) Akaza H, Kawai K, Tsukamoto T, Fujioka T, Tomita Y, et al.: Successful outcome using combination therapy of interleukin-2 and interferon-alfa for renal cell carcinoma patients with lung metastasis.  Jpn J Clin Oncol 40; 684-689, 2010.
10) Naito S, Eto M, Shinohara N, Tomita Y, Fujisawa M, Namiki M, Nishikido M, Usami M, Tsukamoto T and Akaza H: Multicenter phase II trial of S-1 in patients with cytokine-refractory metastatic renal cell carcinoma.  J Clin Oncol 28; 5022-5029, 2010.
11) Kakehi Y, Hirao Y, Kim WJ, Ozono S, Masumori N, Miyanaga N, Nasu Y and Yokomizo A: Bladder cancer working group report.  Jpn J Clin Oncol 40 (Suppl 1); i57-i64, 2010.
12) Mizumori O, Zembutsu H, Kato Y, Tsunoda T, Miya F, Morizono T, Tsukamoto T, Fujioka T, Tomita Y, Kitamura T, Ozono S. Miki T, Naito S, Akaza H and Nakamura Y: Identification of a set of genes associated with response to interleukin-2 and interferon-alfa combination therapy for renal cell carcinoma through genome-side gene expression profiling.  Experimental and Therapeutic Medicine 1; 955-961, 2010.
13) The Committee for Establishment of the Guidelines on Screening for Prostate Cancer and Japanese Urological Association (Naito S, Kakehi Y, Okuyama A, Imamura T, Yasunaga H, Akaza H, Hinotsu S, Arai Y, Dokiya T, Egawa S, Suzuki K, Koga H, Masumori N, Akakura K, Kawashima K, Okihara K, Ito K): Updated Japanese urological association guidelines on prostate-specific antigen-based screening for prostate cancer in 2010.  Int J Urol 17; 830-838, 2010.
14) 塚本泰司:膀胱の腫瘍 『標準泌尿器科学 第8版』香川征監修、赤座英之、並木幹夫編集、pp.245-253、医学書院、2010.
15) 塚本泰司:尿道の腫瘍 『標準泌尿器科学 第8版』香川征監修、赤座英之、並木幹夫編集、pp.253-255、医学書院、2010.
16) 北村 寛、塚本泰司:筋層浸潤性膀胱がんの手術 『インフォームドコンセントのための図説シリーズ 膀胱がん』吉田修監修、大園誠一郎、赤座英之編、pp.58-63、医薬ジャーナル社、大阪、2010.
17) 北村 寛、塚本泰司:〈泌尿生殖器がん〉Maximal androgen blockadeは単独の内分泌療法より推奨されるか? 『EBMがん化学療法・分子標的治療法』西條長宏監修、pp.458-461、中外医学社、2010.
18) 北村 寛、塚本泰司、田中鈴子:根治的膀胱摘除術・回腸新膀胱造設術と看護上の注意点 『泌尿器科看護の知識と実際』筧 善行編集、pp.90-101、メディカ出版、大阪、2010.
19) 塚本泰司、橋本浩平:〈Question〉前立腺肥大症や前立腺炎と前立腺癌の発生には関係がありますか? 『前立腺癌診療 こんなときどうするQ&A   』筧 善行編集、pp.1-4、中外医学社、2010.
20) 舛森直哉:〈Question〉2次検査として前立腺生検が推奨されるのはどのような場合ですか? 『前立腺癌診療 こんなときどうするQ&A      』筧 善行編集、pp.22-25、中外医学社、2010.
21) 松田洋平、田中俊明、佐藤俊介、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:精巣腫瘍脳転移5症例の臨床的検討. 泌尿紀要 56; 99-102, 2010.
22) 北村 寛:〈シンポジウム 浸潤性膀胱癌周辺の話題〉拡大リンパ節郭清. 泌尿器外科 23(臨増); 451-453, 2010.
23) 北村 寛:リンパ節郭清術. 日臨(臨増 4: 腎・泌尿器癌); 282-286, 2010.
24) 井上隆太、高橋 敦、高杉尚吾、舛森直哉、塚本泰司ほか:転移性腎癌症例の予後因子の検討. 泌尿紀要 56; 75-79, 2010.
25) 栗村雄一郎、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:BCG膀胱内注入療法の副作用についての検討. 泌尿器外科 23; 193-194, 2010.
26) 舛森直哉:腎細胞がん. 泌尿器外科 23; 111-119, 2010.
27) 舛森直哉、福多史昌、塚本泰司:〈連載 前立腺癌〉PSAとBPHの関係. 排尿障害プラクティス 18; 147-153, 2010.
28) 橋本浩平、舛森直哉、福多史昌、北村 寛、塚本泰司:術前術後補助療法未施行の前立腺癌pT3pNOMOの予後. 泌尿器外科 23; 1123-1126, 2010.
29) 市原浩司、舛森直哉、武藤雅俊、福多史昌、広部恵美、北村 寛、塚本泰司:根治的膀胱摘除術および尿路変向術のCTCAEを用いた術後早期合併症の検討. 泌尿紀要 56; 605-611 2010.
30) 市原浩司、舛森直哉、松川雅則、橋本浩平、古屋亮兒、塚本泰司:前立腺癌検診5年間の結果から見た検診発見癌と外来受診発見癌との比較検討. 泌尿器外科 23; 1789-1793, 2010
31) 北村 寛:前立腺がん診療のupdate. 北海道年報 No.1096; 32-36, 2010.
32) 堀江重郎、西山博之、舛森直哉、武藤 智:〈座談会〉筋層浸潤性膀胱癌の治療戦略. 膀胱癌FRONTIER 2; 10-17, 2010.

学会発表
33) Tanaka T, Torigoe T, Hirohashi Y, Sato E, Honma I, Kitamura H, Masumori N, Sato N, Tsukamoto T: PHD3 has a HIF-independent-antiproliferative function in renal cell carcinoma.  AUA 2010 Annual Meeting, May 29-June 3, 2010, San Francisco.
34) Tanaka T, Torigoe T, Hirohashi Y, Kitamura H, Masumori N, Tsukamoto T, Sato N: PHD3 is expressed independently of HIF protein and has a HIF-independent anti-proliferative function in renal cell carcinoma: the novel expression mechanism and function.  21st Meeting o the European Association for Cancer Research, June 26-29, 2010, Oslo.
35) Hashimoto K, Masumori N, Tanaka T, Uchida K, Tsukamoto T: Anti-tumor effects of zoledronic acid and somatostatin analogues in murine androgen-independent neuroendocrine carcinoma as hormone-refractory prostate cancer model.  21st Meeting o the European Association for Cancer Research, June 26-29, 2010, Oslo.
36) Shimizu T, Suzuki H, Kitamura H, Yamamoto E, Imai K, Toyota M, Tsukamoto T: Identification of epigenetically silenced microRNA genes in bladder cancer.  The 27th Japan-Korea Urological Congress, Sept. 10-11, 2010, Kyoto.
37) Kitamura H, Mutoh M, Fukuta F, Masumori N, Tsukamoto T: A phase II study of paclitaxel, ifosfamide and nedaplatin as a second-line treatment in patients with cisplatin-refractory metastatic urothelial cancer.  35th European Society for Medical Oncology (ESMO) Congress Oct. 8-12, 2010, Milan.
38) 北村 寛:〈がん治療教育企画〉泌尿器科癌におけるNeoadjuvant療法の現況と課題“膀胱癌のネオアジュバント化学療法” 第98回日本泌尿器科学会総会、2010年4月27-30日、盛岡市.
39) 北村 寛、武居史泰、西田幸代、村中貴之、舛森直哉、塚本泰司:膀胱癌に対する拡大骨盤リンパ節廓清術における転移分布の検討.  第98回日本泌尿器科学会総会、2010年4月27-30日、盛岡市.
40) 田中俊明、鳥越俊彦、廣橋良彦、佐藤英次、本間一也、北村 寛、舛森直哉、佐藤昇志、塚本泰司:腎細胞癌におけるPHD3の増殖抑制効果.  第98回日本泌尿器科学会総会、2010年4月27-30日、盛岡市.
41) 橋本浩平、舛森直哉、塚本泰司:マウス前立腺神経内分泌癌に対するゾレドロン酸、ソマトスタンチンアナログの効果.  第98回日本泌尿器科学会総会、2010年4月27-30日、盛岡市.
42) 市原浩司、北村 寛、福多史昌、舛森直哉、塚本泰司:根治的膀胱摘除術前の前立腺尿道生検は有用か.  第98回日本泌尿器科学会総会、2010年4月27-30日、盛岡市.
43) 田中俊明、鳥越俊彦、廣橋良彦、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司、佐藤昇志:HIF prolyl hydroxylase-3 has a HIF-independent-antiproliferative function in renal cell carcinoma. 第69回日本癌学会総会、2010年9月22-24日、大阪市.
44) 清水 崇、鈴木 拓、北村 寛、山本英一郎、今井浩三、塚本泰司、豊田 実:Identification of epigenetically silenced microRNA genes in bladder cancer. 第69回日本癌学会総会、2010年9月22-24日、大阪市.
45) 舛森直哉、橋本浩平、高柳明夫、水野孝祐、塚本泰司:〈シンポジウム〉ホルモン抵抗性前立腺がん治療の現状と新たな展開“札幌医大におけるCRPC症例の予後と予後規定因子”. 第48回日本癌治療学会総会、2010年10月28-30日、京都市.
46) 舛森直哉、北村 寛、塚本泰司:〈パネルディスカッション〉泌尿器がんにおけるリンパ節廓清の意義“膀胱癌” 第48回日本癌治療学会総会、2010年10月28-30日、京都市.
47) 北村 寛、五十嵐学、舛森直哉、塚本泰司:〈パネルディスカッション〉(高リスク)筋層非浸潤性膀胱がんの治療戦略“ハイリスク筋層非浸潤性膀胱癌に対する膀胱全摘術” 第48回日本癌治療学会総会、2010年10月28-30日、京都市.
48) 井上隆太、橋本浩平、舛森直哉、竹内 基、北村 寛、塚本泰司:〈パネルディスカッション〉早期前立腺がんの治療戦略“前立腺全摘症例でactive surveillanceも適応と考えられた症例の病理所見の検討” 第48回日本癌治療学会総会、2010年10月28-30日、京都市.
49) 橋本浩平、舛森直哉、高橋 敦、北村 寛、加藤隆一、国島康晴、高木誠次、柳瀬雅裕、立木 仁、宮尾則臣、塚本泰司:前立腺癌に対する根治的前立腺摘除術後adjuvantフルタミド単独療法の検討.  第48回日本癌治療学会総会、2010年10月28-30日、京都市.
50) 北村 寛、鳥越俊彦、廣橋良彦、田中俊明、本間一也、舛森直哉、佐藤昇志、塚本泰司:尿路上皮癌に対するsurvivinペプチドワクチン療法:from bench to bed  第48回日本癌治療学会総会、2010年10月28-30日、京都市.
51) 北村 寛、鳥越俊彦、佐藤昇志、Lantz O、塚本泰司:ロングペプチドワクチンにより誘発されるCD4陽性Tリンパ球関連サイトカインストーム. 第14回日本がん免疫学会総会、2010年7月22-23日、熊本.
52) 西田幸代:〈ワークショップ〉Young Urologistからみた腎細胞がん治療2010−免疫療法の利点・分子標的療法の利点― “分子標的薬の特徴と利点” 第75回日本泌尿器科学会東部総会、2010年9月15-17日、宇都宮市.
53) 北村 寛、武藤雅俊、福多史昌、舛森直哉、塚本泰司:進行尿路上皮癌に対する2nd line化学療法としてのPaclitaxel, Ifosfamide, Nedaplatin併用療法の有用性.  第75回日本泌尿器科学会東部総会、2010年9月15-17日、宇都宮市.
54) 水野孝祐、進藤哲哉、橋本浩平、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:ホルモン不応性前立腺癌における局所の転帰についての検討.  第75回日本泌尿器科学会東部総会、2010年9月15-17日、宇都宮市.
55) 桧山佳樹、北村 寛、五十嵐学、橋本次朗、進藤哲哉、松田洋平、水野孝祐、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:前立腺癌腹膜播種の1例.  第75回日本泌尿器科学会東部総会、2010年9月15-17日、宇都宮市.
56) 桧山佳樹、北村 寛、五十嵐学、橋本次朗、進藤哲哉、松田洋平、水野孝祐、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:前立腺癌腹膜播種の1例.  第380回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年6月5日、旭川市.
57) 水野孝祐、橋本浩平、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:ホルモン不応性前立腺癌における前立腺局所所見の転帰.  第380回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年6月5日、旭川市.
58) 前田俊浩、村田雅樹、千葉英樹、舛森直哉、澤田典均、塚本泰司:【特別講演】Clostridium perfringens enterotoxinを利用した前立腺癌の分子標的療法.  第381回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年10月16日、札幌市.
59) 橋本浩平、舛森直哉、田中俊明、北村 寛、塚本泰司:マウス前立腺神経内分泌癌に対するゾレドロン酸、ソマトスタンチンアナログの効果.  第381回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年10月16日、札幌市.
60) 井上隆太、橋本浩平、舛森直哉、竹内 基、北村 寛、塚本泰司:根治的前立腺摘除術施行症例においてactive surveillanceも適応と考えられた症例の病理組織学的所見の検討.  第381回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年10月16日、札幌市.
61) 五十嵐学、北村 寛、進藤哲哉、舛森直哉、塚本泰司:T1G3膀胱癌に対して即時膀胱全摘除術は必要か? 第381回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年10月16日、札幌市.
62) 前田俊浩、千葉英樹、村田雅樹、田中 敏、小島 隆、舛森直哉、澤田典均、塚本泰司:Clostridium perfringens enterotoxinを利用した前立腺癌の分子標的療法. 第19回泌尿器科分子・細胞研究会、2010年2月19-20日、神戸市.
63) 北村 寛、武藤雅俊、福多史昌、舛森直哉、塚本泰司:進行尿路上皮癌に対する2nd line化学療法としてのPaclitaxel, Ifosfamide, Nedaplatin併用療法の有用性. 第8回日本臨床腫瘍学会学術集会、2010年3月18-19日、東京.
64) 加藤秀一、田中俊明、久末伸一、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:泌尿器悪性腫瘍に対し下大静脈切除を施行した17例の検討. 第7回泌尿器科再建再生研究会、2010年6月19日、札幌.
65) 橋本浩平:マウス前立腺神経内分泌癌に対するゾレドロン酸の効果. 第3回前立腺生物学シンポジウム、2010年6月17-18日、鳥羽市.
66) 前鼻健志、田中俊明、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:腎移植の技術を用いた悪性腫瘍治療―体外腎部分切除術、自家腎移植術を施行した腎細胞癌の一例. 第6回札幌腎不全懇話会、2010年11月13日、札幌.
67) 舛森直哉:〈非淡明細胞癌(肉腫様変化を含む)に対する治療戦略〉 肉腫様変化. 第40回腎癌研究会記念大会 JAPANESE KIDNEY CANCER SYMPOSIUM、2010年7月18日、東京.
68) 水野孝祐、進藤哲哉、橋本浩平、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:ホルモン不応性前立腺癌における前立腺局所の転帰についての検討.  第26回前立腺シンポジウム、2010年12月11-12日、東京.

↑ページのトップへ

感染症

論文
1) Hashimoto J, Takahashi S, Kukrimura Y, Takeyama K, Kunishima Y and Tsukamoto T: Clinical relevance of single administration of prophylactic antimicrobial agents against febrile events after removal of ureteral stents for patients with urinary diversion or reconstruction.  Int J Urol 17; 263-166, 2010.
2) Kyoda Y, Takahashi S, Takeyama K、Masumori N, Tsukamoto T: Decrease in incidence of surgical site infections in contemporary series of patients with radical cystectomy.  J Infect Chemother 15; 118-122, 2010.
3) Takahashi S, Kurimura Y, Takeyama K, Hashimoto K, Miyamoto S, Ichihara K, Igarashi M, Hashimoto J, Furuya R, Hotta H, Uchida K, Miyao N, Yanase M, Takagi Y, Tachiki H, Taguchi K, Tsukamoto T: Efficacy of treatment with carbapenems and third-generation cephalosporins for patients with febrile complicated pyelonephritis.  J Infect Chemother 15; 390-395, 2010.
4) 栗村雄一郎、塚本泰司、高橋 聡:〈粘膜免疫と臨床〉 泌尿器科との接点. 『臨床粘膜』 清野宏編集、pp.656-662、潟Vナジー、東京、2010.4
5) 国島康晴、塚本泰司:クラミジア感染症、淋菌感染症、梅毒、尖圭コンジローマ(男性). 『六訂版 家庭医学大全科』 高久史麿、猿田享男ほか監修、pp.2462-2466、竃@研、2010.
6) 高橋 聡:〈泌尿器科検査のここがポイント〉 Q15:細菌検査のポイントについて教えてください。 臨泌 64(増刊); 71-73, 2010.
7) 高橋 聡:〈泌尿器科検査のここがポイント〉 Q16:尿道分泌物検査、前立腺分泌物検査のポイントについて教えてください。 臨泌 64(増刊); 74-76, 2010.
8) 高橋 聡:男子性器感染症における抗菌薬の使い方. 臨泌 64; 321-324, 2010.
9) 高橋 聡:性感染症. Medical Practice 27(臨増); 358-362, 2010.
10) 高橋 聡:〈どんなときに性感染症を疑うか〉 泌尿器科的な症状・所見. 臨床研修プラクティス 7; 24-26, 2010.
11) 高橋 聡:泌尿器外来における感染対策―外来ナースが知っておくべきこと―. 泌尿器ケア 15; 295-298, 2010.

学会発表
12) Takahashi S: Antimicrobial resistance in Neisseira gonorrhoeae in Sapporo, Japan.  12th Western Pacific Congress Chemotherapy and Infectious Diseases, Dec. 2-5, 2010, Singapore.
13) 【学会賞】高橋 聡、橋本 浩平、広部恵美、栗村雄一郎、塚本泰司ほか:根治的膀胱摘除術時の術後感染予防抗菌薬血中濃度. 第98回日本泌尿器科学会総会、2010年4月27-30日、盛岡市.
14) 栗村雄一郎、高橋 聡、島 正樹、市原浩司、久末伸一、舛森直哉、塚本泰司:発熱時のプロカルシトニン測定の意義. 第98回日本泌尿器科学会総会、2010年4月27-30日、盛岡市.
15) 高橋 聡:〈シンポジウム〉急性複雑性腎盂腎炎の治療戦略 “診断における課題”. 第58回日本化学療法学会総会、2010年6月2-4日、長崎市.
16) 高橋 聡:〈シンポジウム〉「性感染症 診断・治療ガイドライン 2010」 改訂に関するコンセンサスミーティング “男性クラミジア”. 日本性感染症学会第23回学術大会、2010年12月11-12日、福岡市.
17) 高橋 聡、広瀬崇興、岩澤晶彦、市原浩司、橋本次朗、栗村雄一郎、塚本泰司:非淋菌性尿道炎に対するレボフロキサイン 500mgの臨床効果.  第58回日本化学療法学会総会、2010年6月2-4日、長崎市.
18) 高橋 聡、岩澤晶彦、西村昌宏、市原浩司、橋本次朗、栗村雄一郎、塚本泰司:札幌における淋菌の抗菌薬感受性. 第58回日本化学療法学会総会、2010年6月2-4日、長崎市.
19) 高橋 聡、橋本浩平、栗村雄一郎、岩澤晶彦、西村昌宏、塚本泰司:札幌における淋菌の抗菌薬感受性. 第84回日本感染症学会総会、2010年4月5-6日、京都市.
20) 栗村雄一郎、橋本次朗、高橋 聡、塚本泰司:尿路におけるサーファクタント蛋白質Dの発現と尿路病原性大腸菌感染防御. 第57回日本化学療法学会東日本支部総会、2010年10月21-22日、東京.
21) 橋 聡、橋本浩平、広部恵美、栗村雄一郎、塚本泰司ほか:根治的膀胱摘除術時の術後感染予防抗菌薬血中濃度. 第379回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年1月23日、札幌.
22) 岡田 学、高橋 聡、市原浩司、島 正樹、松木雅裕、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:間質性膀胱炎患者に発生した膀胱扁平上皮癌の1例.  第379回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年1月23日、札幌.
23) 高橋 聡、市原浩司、橋本次朗、栗村雄一郎、塚本泰司ほか:非淋菌性尿道炎に対するレボフロキサシン 500mgの臨床効果.  第380回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年6月5日、旭川.
24) 高橋 聡、市原浩司、橋本次朗、栗村雄一郎、塚本泰司、岩澤晶彦、西村昌宏ほか:札幌における淋菌の抗菌薬感受性.  第381回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年10月16日、札幌.
25) 栗村雄一郎、橋本次朗、高橋 聡、大野千明、黒木由夫、塚本泰司:尿路におけるサーファクタント蛋白質Dの発現と尿路病原性大腸菌感染防御.  第21回尿路感染症研究会、2010年10月9日、東京.
26) 【地方会賞】栗村雄一郎、橋本次朗、高橋 聡、大野千明、黒木由夫、塚本泰司:尿路におけるサーファクタント蛋白質Dの発現と尿路病原性大腸菌感染防御.  第381回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年10月16日、札幌.

↑ページのトップへ

性機能

論文
1) Hisasue S, Hashimoto K, Kobayashi K, Takeuchi M, Kyoda Y, Sato S, Masumori N and Tsukamoto T: Baseline erectile function alters the cavernous nerve quantity and distribution around the prostate.  J Urol 184; 2062-2067, 2010.
2) Hisasue S, Seney ML, Immermann E, Forger NG: Control of cell number in the bed nucleus of the stria terminalisofmice: Role of testosterone metabolites and estrogen receptor subtypes.  J Sex Med 7; 1401-1409, 2010.
3) Hisasue S: <Editorial: Characteristics and management of erectile dysfunction after various treatments for prostate cancer> External beam radiotherapy.  Int J Urol 17; 689-694, 2010.
4) Giuliano F, Pfaus J, Balasubramanian S, Hedlund P, Hisasue S, Marson L and Wallen K: Experimental models for the study of female and male sexual function.  J Sex Med 7; 2970-2995, 2010.
5) 久末伸一:〈第62回日本自律神経学会総会シンポジウム:EDの基礎と臨床〉加齢による神経栄養因子受容体の骨盤神経節細胞における遺伝子発現変化. 自律神経 47; 86-89, 2010.
6) 舛森直哉:〈泌尿器科 最新トピックス〉肥満と勃起障害 (ED). 泌尿器ケア 15; 621, 2010.

学会発表
7) Hisasue S, Hashimoto K, Furuya R, Takeuchi M, Kyoda Y, Maeda T, Kobayashi K, Tanaka T, Ichihara K, Kato R, Kitamura H, Takahashi S, Masumori N, Tsukamoto T: The impact of erectile function on the cavernous nerve quantity in the radical prostatectomy specimen.  AUA 2010 Annual Meeting, May 29-June 3, 2010, San Francisco.
8) Takeuchi M, Hisasue S, Hashimoto K, Furuya R, Iwasawa A, Ogura H, Ichihara K, Masumori N, Tsukamoto T: Direct evidence that visceral fat ratio affects the baseline erectile function among the radical prostatectomy patients.  AUA 2010 Annual Meeting, May 29-June 3, 2010, San Francisco.
9) Hisasue S: <Round Table> Optimizing treatment outcomes for Peyronie’s Disease “ Plication procedures”. The 14th World Meeting of the International Society for Sexual Medicine, Sept. 26-30, 2010, Seoul.
10) Hisasue S, Masumori N, Tateno M, Sasaki S, Kanaya M, Ideda H, Saito T, Tsukamoto T: Finger length ratio (2D : 4D) on female gender identity.  The 14th World Meeting of the International Society for Sexual Medicine, Sept. 26-30, 2010, Seoul.
11) 久末伸一、橋本浩平、竹内 基、前田俊浩、京田有樹、小林 皇、舛森直哉、塚本泰司:ヒト前立腺周囲におけるnNOS陽性神経線維分布とそれを規定する因子の検討. 第98回日本泌尿器科学会総会、2010年4月27-30日、盛岡市.
12) 久末伸一:〈シンポジウム〉前立腺癌治療に伴うED診療up-date “海綿体神経損傷ラットモデルを用いたEDリハビリテーションの有用性の検討. 日本性機能学会第21回学術総会、2010年8月27-29日、名古屋市.
13) 久末伸一:〈シンポジウム〉生殖器の形態および機能の比較 “海綿体神経の解剖と機能の最近の知見”. 日本アンドロロジー学会第29回学術大会、2010年7月30-31日、武蔵野市.
14) 久末伸一:〈シンポジウム〉基礎研究から生まれたシーズを性機能の臨床へ “海綿体神経機能回復に必要なものは何か? −臨床から基礎へ−. 第20回日本性機能学会中部総会、2010年7月3日、名古屋市.
15) 橋本浩平、久末伸一、竹内 基、小倉圭史、松田洋平、岩澤晶彦、舛森直哉、塚本泰司:内臓脂肪が根治的前立腺摘除術患者の術前勃起能に与える影響.  日本性機能学会第21回学術総会、2010年8月27-29日、名古屋市.
16) 久末伸一、舛森直哉、金谷正秀、佐々木掌子、池田官司、塚本泰司:手指の長さの比と性自認との関連.  日本アンドロロジー学会第29回学術大会、2010年7月30-31日、武蔵野市.
17) 久末伸一、舛森直哉、塚本泰司:〈シンポジウム〉身体的治療の問題点と将来への展望 “GID-FTMにおける2D/4Dの検討”. GID学会第12回研究大会、2010年3月20-21日、札幌. 
18) 久末伸一、橋本浩平、松田洋平、竹内 基、金谷正秀、塚本泰司:男性外来患者におけるテストステロン値と2D : 4Dの関連.  第10回日本Men’s Health医学会、2010年11月26-28日、東京.
19) 久末伸一、橋本浩平、山下慎一、竹内 基、松田洋平、金谷正秀、伊藤志織里、舛森直哉、塚本泰司:海綿体神経損傷ラットにおけるエビプロスタットの勃起能回復への有用性. 第75回日本泌尿器科学会東部総会、2010年9月15-17日、宇都宮市.
20) 久末伸一、橋本浩平、竹内 基、京田有樹、小林 皇、舛森直哉、塚本泰司:ヒト前立腺周囲におけるnNOS陽性神経線維分布とそれを規定する因子の検討. 第379回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年1月23日、札幌.
21) 久末伸一、橋本浩平、山下慎一、松田洋平、金谷正秀、伊藤志織里、舛森直哉、塚本泰司:海綿体神経損傷ラットにおけるエビプロスタットの勃起能回復への有用性. 第381回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年10月16日、札幌.
22) 久末伸一、橋本浩平、小林 皇、加藤秀一、舛森直哉、塚本泰司:ヒト前立腺周囲におけるnNOS陽性神経節細胞数の加齢による変化. 第7回泌尿器科再建再生研究会、2010年6月19日、札幌.

↑ページのトップへ

排尿異常・前立腺肥大症

論文
1) Masumori N, Tsukamoto T, Yanase M, Horita H and Aoki M: The add-on effect of solifenacin for patients with remaining overactive bladder after treatment with tamsulosin for lower urinary tract symptoms suggestive of benign prostatic obstruction.  Adv Urol 2010, ID: 205251.
2) Tanaka Y, Masumori N and Tsukamoto T: Urodynamic effects of solifenacin in untreated female patients with symptomatic overactive bladder.  Int J Urol 17; 796-800, 2010.
3) 塚本泰司、舛森直哉:泌尿器科医からのアンチエイジング・アドバイス. 『抗加齢医療』 米井義一編集、pp.113-115、新興医学社、2010.
4) 舛森直哉:前立肥大症. 『今日の診療のために ガイドライン外来診療 2010』、pp.355-359, 2010.
5) 古屋亮兒、舛森直哉、古屋聖兒、小椋 啓、武藤雅俊、小林 皇、久末伸一、塚本泰司:シロドシン投与全症例の有害事象と継続率についての検討. 日泌尿学会誌 101; 13-17, 2010.
6) 田中吉則、舛森直哉、塚本泰司、古屋亮兒、小椋 啓、古屋聖兒:経尿道的前立腺切除術後の排尿後尿滴下に関する調査. 日泌尿学会誌 101; 554-557, 2010.
7) 塚本泰司、白井 尚、酒本貞昭、秋山昭人、ほか:前立腺肥大症男性における排尿症状および蓄尿症状に対するデュタステリドの効果. 泌尿紀要 56; 677-682, 2010.
8) 舛森直哉:〈シンポジウム 同効薬剤の選択―そのエビデンスと実際―〉 αブロッカー. 泌尿器外科 23(臨増); 409-411, 2010.
9) 舛森直哉:前立腺肥大症のクスリ. 泌尿器ケア 15; 686-690, 2010.
10) 舛森直哉:〈治療法紹介 薬物療法 前立腺肥大症〉 ユリーフの剤形変更. 排尿障害プラクティス 18; 165-167, 2010.
11) 舛森直哉:〈前立腺肥大症の薬物療法〉 治療目的と前立腺の大きさを考慮. Nikkei Medical 2010年8月号; 10-106.
12) 舛森直哉:〈話題のくすり〉 デュタステリド. 日病薬誌 46; 695-698, 2010.
13) 塚本泰司:5α-還元酵素阻害薬 (5 alpha-reductase inhibitors)と前立腺肥大症/前立腺癌. Urology Today 17; 100-101, 2010.
14) 塚本泰司:下部尿路症状と前立腺肥大:長期の経過観察で見えてきたこと. 『第26回浜松カンファランス 泌-尿器科学の最近の進歩』 大園誠一郎編集・発行、pp.17-24、2010.
15) 勝岡洋司(司会)、塚本泰司、並木幹夫、後藤百万、高橋 悟:〈座談会〉前立腺肥大症に対する5α還元酵素阻害薬の有用性について. 泌尿器外科 23; 155-160, 2010.
16) 吉田正貴、辻村 晃、村上房夫、本間之夫、岡田 弘、後藤百万、曽根淳史、舛森直哉、ほか:過活動膀胱の薬物療法における夜間頻尿QOL質問票 (N-QOL)日本語版の反応性. 日排会誌 21; 325-331, 2010.
17) 吉田正貴、後藤百万、岡田 弘、曽根淳史、本間之夫、舛森直哉、ほか:新規夜間頻尿QOL質問票 (N-QOL)日本語版の反応性の検討―前立腺肥大症患者の夜間頻尿に対するタムスロシン治療効果―. 泌尿器外科 23; 917-925, 2010.

学会発表
18) Masumori N: <Symposium> Prostate Disease “Natural history of benign prostatic hyperplasia”. 5th Japan-Asean Congerence on Men’s Health & Aging,  July 9-11, 2010, Kota Kinabalu, Malaysia.
19) Masumori N: <Satelite Symposium) LUTS “Natural history of benign prostatic hyperplasia.  The 27th Japan-Korea Urological Congress, Sept. 10-11, Kyoto.
20) Tsukamoto T, Endo Y, Dutasteride-Research Group: Dutasteride for storage and voiding symptoms of Japanese patients with clinical BPH: post-hoc analysis of the results from a phase III trial. The 27th Japan-Korea Urological Congress, Sept. 10-11, Kyoto.
21) 舛森直哉:〈サテライトセミナー〉エビデンスに基づく抗コリン薬の新しい治療戦略 “抗コリン薬の切り換え及び増量の可能性”. 第98回日本泌尿器科学会総会、2010年4月27-30日、盛岡.
22) 舛森直哉:〈シンポジウム〉下部尿路機能障害の薬物治療―現状と展望 “5α Reductase inhibitor”. 第17回日本排尿機能学会、2010年9月9-10月1日、甲府.
23) 塚本泰司、白井 尚、酒本貞昭、秋山昭人、ほか:デュタステリドの蓄尿症状および排尿症状別の効果の検討. 国内第3相試験post-hoc解析. 第17回日本排尿機能学会、2010年9月9-10月1日、甲府.
24) 舛森直哉:〈モーニングセミナー〉テストステロンと前立腺 “5α reductase”.  第10回日本Men’s Health医学会、2010年11月26-28日、東京.
25) 福多史昌:【特別講演】前立腺肥大症の自然史―北海道島牧村における15年の縦断研究結果より―. 第379回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年1月23日、札幌.

↑ページのトップへ

内分泌

論文
  な し

学会発表
1) Tanaka T, Maehana T, Itoh N, Masumori N, Tsukamoto T: Establishment of a management protocol for sublinical Cushing’s syndrome and nonfunctioning aderenocortical adenoma.  14th International Congress of Endocrinology, March 26-30, Kyoto.
2) Hashimoto K, Kobayashi K, Tanaka T, Hisasue S, Maeda T, Itoh N, Masumori N, Tsukamoto T: Loss of bone mass due to androgen-deprivation therapy in patients with prostate cancer in comparison with those having benign prostate hyperplasia.  14th International Congress of Endocrinology, March 26-30, Kyoto.
3) 京田有樹、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司:副腎出血性偽嚢胞と褐色細胞腫の鑑別. 第75回日本泌尿器科学会東部総会、2010年9月15-17日、宇都宮市.
4) 前鼻健志、田中俊明、佐藤俊介、久末伸一、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司、高橋 敦、高木良雄:当科における難治性セミノーマの臨床的検討. 第380回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年6月5日、旭川.
5) 前鼻健志、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司:内分泌非活性副腎腫瘍の自然史〜内分泌活性腫瘍への進展〜. 第381回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年10月16日、札幌.
6) 前鼻健志、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司:内分泌非活性副腎腫瘍の自然史〜内分泌活性腫瘍への進展〜. 第10回日本内分泌学会北海道地方会、2010年10月2日、札幌.

↑ページのトップへ

腎移植・腎疾患

論文
  な し
学会発表
  な し
↑ページのトップへ

その他

論文
1) 塚本泰司:血精液症. 『今日の治療指針 2010』 山口 徹、北原光夫ほか編集、p.934、医学書院、2010.
2) 塚本泰司:泌尿器疾患. 『社会福祉学習双書14 医学一般』、『社会福祉学習双書』編集委員会編集、pp.98-100、社会福祉法人 全国社会福祉協議会、2010.
3) 五十嵐学、高橋 聡、田中俊明、橋本浩平、舛森直哉、塚本泰司:進行癌による上部尿路閉塞症例に対する尿管ステント留置の意義. 臨泌 64; 149-154, 2010.
4) 清水 崇、舛森直哉、広部恵美、橋本浩平、前田俊浩、福多史昌、田中俊明、塚本泰司:根治的前立腺摘除術における2-Octylcyanoacrylate(ダーマボンド )の有用性. 泌尿紀要 56; 495-498, 2010.
5) 舛森直哉:〈性同一性障害 (gender identity disorder)の外科治療〉男性から女性への手術 (MtF). 日本外科学会誌 111; 171-175, 2010.

学会発表
6) Nishida S, Kitamura H, Masumori N, Tsukamoto T: The experience of urological surgery have good influence on the results of laparoscopic virtual reality training system.  The 27th Japan-Korea Urological Congress, Sept. 10-11, 2010, Kyoto
7) 舛森直哉、池田官司、塚本泰司:(ビデオ)性同一性障害 Male to Female トランスセクシャルに対する性別適合手術. 第98回日本泌尿器科学会総会、2010年4月27-30日、盛岡.
8) 舛森直哉:〈シンポジウム〉性同一性障害をめぐる諸問題 “GIDの身体療法の課題”. 第106回日本精神神経学会学術総会、2010年5月20-22日、広島市.
9) 竹内 基、舛森直哉、塚本泰司:当科における腸管を利用した尿管再建法の検討.  第98回日本泌尿器科学会総会、2010年4月27-30日、盛岡.
10) 舛森直哉、伊藤直樹、西田幸代、塚本泰司:経腹的腹腔鏡下腎部分切除術における腫瘍切離時間を規定する因子の検討. 第24回日本Endourology・ESWL学会総会、2010年10月21-23日、京都.
11) 西田幸代、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:腹腔鏡手術の技術向上に経尿道的手術および開放手術の経験はどの程度寄与するか? 〜LapVR を用いて〜.  第24回日本Endourology・ESWL学会総会、2010年10月21-23日、京都.
12) 久末伸一:〈シンポジウム〉 男子思春期問題を考える―医学的立場からの検討― “脳と行動の男性化”. 第29回日本思春期学会総会、2010年8月28-29日、小樽.
13) 西田幸代:腹腔鏡手術の技術向上に経尿道的手術および開放手術の経験はどの程度寄与するか? 〜ラパロバーチャリティーシステム (LapVR)を用いて〜. 第10回日本VR医学会学術大会、2010年9月4日、京都.
14) 田端秀敏、久末伸一、前鼻健志、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:腎盂癌の骨転移を疑ったRosai-Dorfman病の1例. 第75回日本泌尿器科学会東部総会、2010年9月15-17日、宇都宮市.
15) 松木雅裕、高橋 聡、久末伸一、村中貴之、高柳明夫、前鼻健志、上原央久、舛森直哉、塚本泰司:十二指腸と交通した腎周囲膿瘍の1例. 第379回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年1月23日、札幌.
16) 竹内 基、舛森直哉、塚本泰司:当科における腸管を利用した尿管再建法の検討. 第379回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年1月23日、札幌.
17) 田端秀敏、久末伸一、前鼻健志、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:腎盂癌の骨転移を疑ったRosai-Dorfman病の1例. 第380回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年6月5日、旭川.
18) 西田幸代、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:腹腔鏡手術の技術向上に経尿道的手術および開放手術の経験はどの程度寄与するか? 〜LapVR を用いて〜. 第381回日本泌尿器科学会北海道地方会、2010年10月16日、札幌.

↑ページのトップへ

 

業績・論文

2010年度 業績・論文

2009年度 業績・論文

2008年度 業績・論文

2007年度 業績・論文

2006年度 業績・論文

札幌医科大学医学部 泌尿器科学講座アクセス

札幌医科大学附属病院

札幌医科大学


同門会

講義ノート