業績・論文

感染症

【論文】
1) Yoshiki Hiyama,Satoshi Takahashi,Teruhisa Uehara,Koji Ichihara,Jiro Hashimoto,Naoya Masumori:A case of infective endocarditis and pyogenic spondylitis after transrectal ultrasound Guided prostate biopsy.Journal of Infection and Chemotherapy.1-3,2016
2) Satoshi Takahashi, Ryoichi Hamasuna, MitsuruYasuda, Kiyohito Ishikawa, Hirshi Hayami, Shinya Uehara, Shingo Yamamoto, Shinichi Minamitani, Junichi Kadota, Satoshi Iwata, Mitsuo Kaku, Akira Watanabe, Junko Sato, Hideaki Hanaki, Naoya Masumori, Hiroshi Kiyota, Shin Egawa, Kazushi Tanaka, Soichi Arakawa, Masato Fujisawa, Hiromi Kumon, Koichiro Wada, Kanao Kobayashi, Akio Matsubara, Tetsuro Matsumoto, Masatoshi Eto, Katsunori Tatsugami, Kentaro Kuroiwa, Kenji Ito, Takahide Hosobe, Hideo Hirayama, Harunori Narita, Takamasa Yamaguchi, Shin Ito, Toru Sumii, Shuichi Kawai, Mototsugu Kanokogi, Hiromi Kawano, Hirofumi Chokyu, Satoshi Uno, Koichi Monden, Shinichi Kaji, Motoshi Kawahara, Kazuo Takayama, Masayasu Ito, Masaru Yoshioka, Motonori Kano, Takatoshi Konishi, Hitoshi Kadena, Shohei Nishi, Hirofumi Nishimura, Takamine Yamauchi, Shinichi Maeda, Masanobu Horie, Hideari Ihara, Masaru Matsumura, Takeshi Shirane, Koh Takeyama, Kikuo Akiyama, Koichi Takahashi, Toshihiro Ikuyama, Hisato Inatomi, Mutsumasa Yoh:Nationwide surveillance of the antimicrobial susceptibility of Chlamydia trachomatis from.Male urethritis in Japan. Journal of Infection and Chemotherapy .1-6,2016
3) 桧山佳樹、市原浩司、髙橋 聡:特集=泌尿器疾患の治療戦略,気腫性腎盂腎炎の治療戦略、 MEDICANENT NEWS 第2227号、2016年4月5日
4) 市原浩司、髙橋 聡、舛森直哉:糖尿に伴う下部尿路機能障害と尿路感染症、日本化学療法学会雑誌 VOL.64 NO.5 SEPT.2016
5) 太刀川公人、桧山佳樹、市原浩司、髙橋 聡、関根利佳、山蔭道明、舛森直哉:間質性膀胱炎に対する両側仙骨神経根ブロックが著効した1例、泌尿器外科 29; 173-176, 2016.
【学会発表】
6) YOSHIKI HIYAMA, SATOSHI TAKAHASHI, MASAAKI SHINAGAWA, SHIN ITO, NAOYA MASUMORI: Does nucleic acid amplification test indicafe false negative result of Chlamydia trachomatis for male patients with both gonococcal and chlamydial urethritis?.19th IUSTI Asia-Pacific Conference.第19回国際性感染症学会アジア太平洋地域、2016年12月1-4日、岡山
7) 桧山佳樹、髙橋 聡、上原央久、市原浩司、橋本次朗、松川雅則、田口圭介、國島康晴、堀田 裕、 柳瀬雅裕、伊藤直樹、広瀬崇興、竹山 康、立木 仁、舛森直哉:経直腸的前立腺生検後の感染性合併症予防のための直腸培養の有用性とキノロン耐性大腸菌の細菌学的特徴、第397回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年1月30日、札幌
8) 桧山佳樹、髙橋 聡、中江舞美、青木弘太郎、石井良和、飴田一博、舛森直哉:同時期に泌尿器科病棟で経験したHelicobacter cinaedi菌血症4例の臨床的・細菌学的検討、第31回日本環境感染学会総会、2016年2月19-20日、京都
9) 桧山佳樹、髙橋 聡、市原 浩司、舛森直哉:尿閉を契機に診断され、排尿管理に難渋したCandida albicansによる尿路真菌球症の1例、第90回日本感染症学会総会 、2016年 4月15-16日、仙台
10) 桧山佳樹、髙橋 聡、上原央久、市原浩司、橋本次朗、舛森直哉:経直腸的前立腺生検後の感染性合併症予防のための直腸培養の有用性とキノロン耐性大腸菌の細菌学的特徴、第104回日本泌尿器科学会総会、2016年4月23-25日、仙台
11) 桧山佳樹、髙橋 聡、藤野景子、鰐渕 敦、新海信雄、市原浩司、小林 皇、舛森直哉:尿閉を契機に診断され、排尿管理に難渋したCandida albicans による尿路真菌球症の1例、第398回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年5月28日、札幌
12) 桧山佳樹、髙橋 聡、上原央久、市原浩司、橋本次朗、藤居 賢、舛森直哉:当科におけるLinezolidの使用経験、第64回日本化学療法学会総会、2016年6月9-11日、神戸
13) 岡部 洸、桧山佳樹、伊與木貴也、藤野景子、山本卓宜、髙森大樹、前田俊浩、髙橋 聡、舛森直哉:血行感染により発症した難治性左腎周囲膿瘍に対し、ドレナージ術にて腎温存に成功した一例、第81回日本泌尿器科学会東部総会、2016年10月7-10日、青森
14) 桧山佳樹:Is antibiotic treatment necessary for the patients with asymptomatic bacteriuria?
韓国尿路感染症研究会 、2016年10月28-29日、韓国
15) 桧山佳樹、髙橋 聡、品川雅明、伊藤 晋、舛森直哉:Neisseria gonorrhoeaeとChlamydia trachomatisの混合感染時に、核酸増幅法でのChlamydia、trachomatisの偽陰性は生じるか?、日本性感染症学会第29回学術大会、2016年 12月1-4日、岡山

内分泌

【論文】
1) 舛森直哉:カレントトピックス Current Topics、「甲状腺、上皮小体、副腎の外科」副腎疾患の外 科的治療、北海道外科雑誌 第61巻 第1号 別刷
【学会発表】
2) 前田俊浩、小林 皇、藤野景子、福多史昌、髙森大樹、田中俊明、舛森直哉:両側副腎褐色細胞腫(MEN2A)に対して腹腔鏡下副腎部分切除術を施行した1例、第30回日本泌尿器内視鏡学会総会、2016年11月17-19日、大阪

性機能

【論文】
1) Seiji Furuya,Naoya Masumori and Akio Takayanagi:Natural history of hematospermia in 189 Japanese men.International Journal of Urology 23,934-940,2016
2) Akio Takayanagi, Ko Kobayashi, Fumimasa Fukuta, Masahiro Matsuki, Yohei Matsuda, Mitsuru Mori and Naoya Masumori:Changes of sexual function and perception in Japanese men: A 15-year. International Journal of Urology 23, 941-945,2016
3) 小林 皇: 特集EDをあなどるなかれー知っておきたい最近の話題、LOH症候群とED、臨床泌尿器科第70巻 第13号 2016年12月20日(1008-1012)
【学会発表】
4) Akio Takayanagi:Intravenous preload of mesenchymal stem cells rescues erectile function in a rat model of cavernous nerve injury.20th world meeting on sexual medicine Beijing, china 2016年9月22-25日 中国、北京
5) 小林 皇、松田洋平、岡田 学、舛森直哉:近年のRigiscanの使用状況、第397回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年1月30日、札幌
6) 髙柳明夫:〈特別講演〉基礎の見地から 海綿体神経損傷に対する幹細胞治療の可能性、第26回日本性機能学会東部総会 、2016年3月19日、小樽
7) 小林 皇:シンポジウム「Men’s Health の基本薬としてのPDE5阻害薬」、PDE5阻害薬の排尿機能への作用機序、第16回日本Men’s Health医学会・日本臨床泌尿器科医会合同シンポジウム 、2016年7月9日、 札幌
8) 小林 皇:ナフトピジルの服薬継続率を上げる工夫、第15回泌尿器疾患カンファレンス、2016年5月21日、札幌
9) 松田洋平、小林 皇、髙柳明夫、福多史昌、森 満、舛森直哉:発症はLUTSが先か、EDが先か -15年間 の銃弾研究から-、日本性機能学会第27回学術総会 、2016年 8月25-28日、大阪
10) 小林 皇、松田洋平、橋本浩平、松木雅裕、田中俊明、舛森直哉:当科性機能外来における高プロラクチン血症の検討、日本性機能学会第27回学術総会、2016年 8月25-28日、大阪
11) 小林 皇、福多史昌、前田俊浩、橋本浩平、髙柳明夫、松田洋平、舛森直哉:ロボット支援腹腔鏡下前立腺摘除術後の性機能に関する検討、第399回北海道地方会、2016年9月24日、旭川

腫瘍

【論文】
1) Yoshie Nagata・Yukiko Sugiyama・Fumimasa Fukuta・Akio Takayanagi・Naoya Masumori・Taiji Tukamoto・Hiroshi Akasaka・Hirofumi Ohnishi・Shigeyuki Saitoh・Tetsuji Miura・Kaoru Moriyama・Hirokazu Tsuji・Hideyuki Akaza・Mitsuru Mori:Relationship of serum levels and dietary intake of isoflavone,and the novel bacterium Slackia Sp.strain NATTS with the risk of prostate cancer :a case-control study among Japanese men Received:13 March 2016/Accepted:24 May 2016、Int Urol Nephrol
2) Tomokazu Hasegawa,Masanori Someya,Masakazu Hori,Yosihisa Matsumoto,Kensei Nakata, Masanori Nojima,Mio Kitagawa,Takaaki Tsuchiya,Naoya Masumori,Tadashi Hasegawa, Koh-ichi Sakata:Expression of Ku70 Predicts results results radiotherapy in prostate cancer STRAHLENTHERAPIE UND ONKOLOGIE、Journal of Radiation Oncology,Biology,Physics 27 July 2016
3) Tomomi Kamba・Toshiyuki Kamoto ・Shinichiro Maruo・Takashi Kikuchi ・Yosuke ShimizuShunichi Namiki ・Kiyohide Fujimoto・ Hirokai Kawanishi ・Fuminori Sato ・Shintaro Narita Takefumi Satoh ・Hideo Saito ・Mikio Sugimoto ・Jun Teishima ・Naoya Masumori Shin Egawa ・Hideki Sakai ・Yusaku Okada ・Toshiro Terachi ・Osamu Ogawa・ ZAPCA Study Group A phase III multicenter, randomized, controlled study of combined androgen blockade with versus without zoledronic acid in prostate cancer patients with metastatic bone disease: results of the ZAPCA Trial、Received:13 June 2016/Accepted:28 August 2016、Japan Society of Clinical Oncology 2016
4) Kitamura H, Takahashi A, Takei F, Hotta H, Miyao N, Shindo T, Igarashi M, Tachiki H, Kunisima Y, Muranaka T, Shigyo M, Ikehata Y, Masumori N:Molecular-targeted therapy and surgery may prolong survival of renal cell carcinoma patients with bone metastasis:a multi-institutional retrospective study in Japan、Anticancer Res 2016;36(10):5531-5536
5) 岡田 学、西山直隆、北村 寛、舛森直哉、中田健生、坂田耕一:膀胱全摘除術後に再発をきたした転移性膀胱癌に対する放射線療法の治療成績、泌尿器外科 29; 57-61, 2016.
6) 西田幸代、舛森直哉:第13章 がん幹細胞を標的とした治療薬研究 第5節 前立腺癌のがん幹細胞を標的とした治療薬研究、『次世代のがん治療薬・診断のための研究開発』 pp. 360-364、㈱技術情報協会、2016.
7) 井上隆太、進藤哲哉、西山直隆、舛森直哉、北村 寛:転移性腎細胞癌に対する1st-line sunitinib 治療:投与スケジュールと効果の検討、泌尿紀要 62; 173-177, 2016.
8) 舛森直哉:特集 まるごと 膀胱がん、膀胱全摘除術・尿路変向術について患者さんに説明しよう!
膀胱がんのcure11、uro-ro2016 vol.21 no.04
9) 舛森直哉:前立腺がん、北海道の医療最前線、人生100年時代 長寿の秘訣、教えてドクター!!
男と女のズバッと知りたい病気の話、高齢長寿だからがんが増えている?、HO 2016年9月号増刊
10) 進藤哲哉、福多史昌、北村 寛、柳瀬雅裕、宮尾則臣、安達秀樹、伊藤直樹、舛森直哉:去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセルre-challenge治療の検討、泌尿器外科 2016年8月号 29(8),1307~1309
11) 舛森直哉:疫学、前立腺癌 診療ガイドライン 日本泌尿器科学会 編 2016年版
12) 前鼻健志、橋場貴恵、舛森直哉:症例報告、回腸導管ストーマ周囲に生じた偽上皮腫性肥厚に対し液体窒素療法を施行した1例、泌尿器外科 2016年 29(10),1585~1588
13) 田中俊明:腸管利用尿路再建術 -その手技・管理をめぐるコントロバシー、特集 ロボット手術時代における癌開放手術の意義、泌尿器外科 2016年 29(12). 1737~1742
【学会発表】
14) Naotaka Nishiyama, Stephanie Yi, Christopher E, Duymich, Jessica Charlet,Siamak Daneshmand, Peter A, Jones, Hooman Djaladat, Naoya Masumori, Gangning Liang:DNA methylation inhibitors may reverse drug-resistance in human bladder cancer cells,AUA Annual Meeting 2016,May6-10,2016,San Diego
15) Tetsuya Sindo, Naotka Nishiyama, Reo Maruyama, Takeshi Niinuma, Masahiro Kai, Hiroshi Kitajima, Takashi Tokino, Hiomu Suzuki and Naoya Masumori:Identification of microRNAs associated with cisplatin resistance in bladder cancer cells. 第75回日本癌学会総会 2016年10月6日―8日、横浜
16) 広部恵美、田中俊明、進藤哲哉、市原浩司、堀田 裕、髙橋 敦、宮尾則臣、柳瀬雅裕、松川雅則、伊藤直樹、國島康晴、田口圭介、堀田浩貴、舛森直哉:根治的膀胱摘除術における術後早期合併症の前向き検討、第397回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年1月30日、札幌
17) 進藤哲哉、丸山玲緒、西山直隆、鈴木 拓、舛森直哉:抗がん剤抵抗性膀胱癌の増殖能に関与するmicroRNA研究、第25回泌尿器科分子・細胞研究会、2016年2月26-27、大阪
18) 前鼻健志、田中俊明、進藤哲哉、髙橋 敦、伊藤直樹、田口圭介、堀田 裕、柳瀬雅裕、宮尾則臣、立木 仁、広瀬崇興、井上隆太、松川雅則、執行雅紀、堀田浩貴、高木誠次、北村 寛、舛森直哉:尿路上皮癌に対するGemcitabine投与に伴う発熱と予後に関する多施設共同後ろ向き研究、第104回日本泌尿器科学会、2016年4月23-25日、仙台
19) 橋本浩平、田端秀敏、野藤誓亮、髙橋 敦、髙木良雄、池田 健:前立腺intraductal carcinomaの検討、第104回日本泌尿器科学会、2016年4月23-25日、仙台
20) 進藤哲哉、丸山玲緒、西山直隆、北村 寛、鈴木 拓、舛森直哉:抗がん剤抵抗性膀胱癌の増殖能に関与するmicroRNA研究、第104回日本泌尿器科学会、2016年4月23-25日、仙台
21) 福多史昌、舛森直哉:前立腺住民健診後15年の前立腺癌罹患率の検討―北海道島牧村の健診結果より、第104回日本泌尿器科学会、2016年4月23-25日、仙台
22) 前鼻健志、田中俊明、進藤哲哉、髙橋 敦、伊藤直樹、田口圭介、堀田 裕、柳瀬雅裕、宮尾則臣、立木 仁、広瀬崇興、井上隆太、松川雅則、執行雅紀、堀田浩貴、高木誠次、北村 寛、舛森直哉:転移性尿路上皮癌におけるGC療法前全身炎症反応に基づいた予後予測因子の検討:多施設共同後向き研究(地方会賞受賞)、第398回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年5月28日、札幌
23) 西山直隆:【特別講演】化学療法抵抗性膀胱癌細胞株における脱メチル化剤5-aza-2’-deoxycytidine(5-Aza-CdR)による化学療法再感受性獲得に関する基礎研究、第398回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年5月28日、札幌
24) 舛森直哉:新規ホルモン剤を再考する、見えてきたCYP17祖害剤の新たな価値、日本泌尿器科学会甲信越合同学術大会 、2016年6月11日、新潟
25) 田中俊明、前鼻健志、舛森直哉:膀胱癌尿路変更後の長期成績、尿路悪性腫瘍研究会、2016年7月16日、札幌
26) 福多史昌、舛森直哉:泌尿器腹腔鏡技術認定医取得を目指す医師を指導する指導医の技術指導に関する意識調査、 第399回北海道地方会、 2016年 9月24日、旭川
27) 伊與木貴也、前鼻健志、田中俊明、舛森直哉:当科における後腹膜線維症に対する診断・治療プロトコールと治療成績、 第399回北海道地方会、2016年 9月24日、旭川
28) 太刀川公人、西山直隆、村中貴之、高田弘一、村瀬和幸、河野 勤、舛森直哉:化学療法難事性精巣腫瘍に対し大量化学療法(Carboplatin+Etoposide)を施行し完全寛解が得られた1例、第399回北海道地方会、2016年 9月24日、旭川
29) 橋本浩平、新海信雄、田中俊明、舛森直哉: 尖部腹側を含めた前立腺針生検の有用性の検討、第54回日本癌治療学会総会、2016年10月20-22日、横浜
30) 髙森大樹、進藤哲哉、舛森直哉:当院における後腹膜原発脂肪肉腫12例の検討、第54回日本癌治療学会総会、2016年10月20-22日、横浜
31) 西山直隆、太刀川公人、村中貴之、高田弘一、村瀬和幸、河野 勤、舛森直哉:化学療法難事性精巣腫瘍に対し大量化学療法(Carboplatin+Etoposide)を施行し完全寛解が得られた1例、第54回日本癌治療学会総会、2016年10月20-22日、横浜
32) 進藤哲哉、清水 崇、西山直隆、新沼 猛、北嶋洋志、甲斐正弘、伊藤直樹、舛森直哉、鈴木 拓:尿中DNAメチル化解析による膀胱がん再発診断法の開発、第36回日本分子腫瘍マーカー研究会 、2016年10月4日、横浜
33) 進藤哲哉、西山直隆、萬谷和香子、舛森直哉:筋層非浸潤性膀胱癌として診断された微小乳頭状(micropapillary variant)膀胱癌にかんする臨床的検討、第2回泌尿器腫瘍学会、2016年10月23日、横浜
34) 太刀川公人、西山直隆、村中貴之、高田弘一、村瀬和幸、河野 勤、舛森直哉:化学療法難事性精巣腫瘍に対し大量化学療法(Carboplatin+Etoposide)を施行し完全寛解が得られた1例、第81回日本泌尿器科学会東部総会、2016年10月7-10日、青森
35) 小林 皇、福多史昌、前田俊浩、橋本浩平、髙柳明夫、松田洋平、舛森直哉:当科におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺摘除後の性機能に関する検討、第30回日本泌尿器内視鏡学会総、2016年11月17-19日、大阪
36) 新海信雄、井上隆太、舛森直哉:術式別の根治的前立腺摘除術の検討、第30回日本泌尿器内視鏡学会総会、2016年11月17-19日、大阪
37) 萬谷和香子、西山直隆、進藤哲哉、京田有樹、伊藤直樹、舛森直哉:variant histology を有する筋層非潤性膀胱癌に関する臨床的検討、第9回BCG注入療法研究会、2016年12月2-3日、東京
38) 新海信雄、橋本浩平、田中俊明、舛森直哉:尖部腹側を含めた前立腺針生検の有用性の検討、第32回前立腺シンポジウム 、2016年12月10-11日、東京

排尿異常・前立腺肥大症

【論文】
1) Naoya Masumori, Taiji Tukamoto, Akihiko Shibuya, Noriomi Miyao, Yasuharu Kunisima, Akihiko Iwasawa: Three-year outcome analysis of alpha l-blocker naftopidial for patients with benign prostatic hyperplasia in a prospective multicenter study in japan.Patient Preference and Adherence 2016:10 1309-1316
2) Yoshinori Tanaka, Yasushi Tanuma and Naoya Masumori:Long-term prospective study of the persistence of solifenacin succinate in previously untreated Japanese female patients with overactive bladder. International Journal of Urology 2016 doi:10.1111/iju.13174
3) 舛森直哉:前立腺肥大症の薬物治療、日本医事新報 No.4786; 27-32, 2016.
4) 舛森直哉:前立腺肥大症、『Year Note TOPICS 2016-2017 内科・外科疾患』4th edition、pp.229-230、MEDIC MEDIA, 2016.
5) 舛森直哉:〈質疑〉前立腺肥大症における薬物治療と外科治療の選択 〈応答〉QOL障害の程度 と治療効果を評価し、薬物治療と外科治療の利点と欠点を説明して患者と一緒に決定する、日本医事新報 No.4794; 55-56, 2016, 3,12.
6) 舛森直哉:〈質疑〉排尿日誌による睡眠状態も併せた正確な評価方法、日本医事新報 No.4796;2016,3,26
7) 舛森直哉:泌尿器系・生殖器系疾患 前立腺肥大症、病気とくすり 2016、薬局(THE JOURNAL of PRACTICAL PHARMACY)、増刊号2016,Vol.67,No.4 606-610(1078-1082)
8) 舛森直哉:特集 Men’s Health、男性の排尿障害―male LUTS、別刷 日本医師会雑誌 第145巻・第2号/平成28(2016)年5月
9) 福多史昌、舛森直哉:特集 まるごと 下部尿路機能障害、下部尿路機能障害をきたす主な疾患:前立腺肥大症、泌尿器Care&Cure UrO-LO 2016 VoI.21 02 、治療と看護 みんなとつながるマガジン ウロロ、第21巻2号(通巻250号)2016年4月25日発行、MCメディカ出版
10) 福多史昌、舛森直哉: 特集 下部尿路機能障害Q&A、よくある質問に答えます!前立腺肥大症にまつわるエトセトラ、泌尿器Care&Cure UrO-LO 2016 VoI.21 02 、治療と看護 みんなとつながるマガジン ウロロ、第21巻2号(通巻250号)2016年4月25日発行、MCメディカ出版
11) 福多史昌、舛森直哉:シンポジウム 5 前立腺肥大症治療の最前線 、前立腺肥大症治療における薬物療法の役割と限界、泌尿器外科 2016年 29(臨増)、687~689
12) 福多史昌、舛森直哉:第15章 泌尿器系疾患 11.前立腺肥大症、腎と透析 2016増刊号
13) 市原浩司、舛森直哉:特集 前立腺肥大症の薬物療法―使い分けのポイント、〈併用・追加・代替療法〉、 β3作動薬、臨床泌尿器科 第70巻 第6号 別刷、2016年5月20日 発行
14) 舛森直哉:Office Urologistsへのアンケート、3剤以上のmale LUTS治療関連薬物処方に関する意識調査、排尿障害プラクティス Vol .24 No.2 2016  6(94)~13(101)メディカルレビュー社
15) 舛森直哉:特集に寄せて、Male LUTSの薬物療法、排尿障害プラクティスVol.24 No.2 2016 15(103) メディカルレビュー社
16) 福多史昌、舛森直哉:Male LUTSの薬物療法、特集 抗コリン薬やβ₃作業薬が適応となるmaleLUTS とは?排尿障害プラクティス Vol .24 No.2 2016 、43(131)~50(138)
【学会発表】
17) Koji Ichihara, Naoki Aizawa, Rino Sugiyama, Hiroki Ito, Yoshiyuki Akiyama, Jun Kamei, Naoya Masumori, Yukio Homma and Yasuhiko Igawa:Activation of toll like receptor (TLR)7 Induces cystitis and facilitation of bladder pain and mechano-sensation in mice. 31th Annual Congress of European Association of Urology(EAU2016) March 11-15,2016,Munich
18) Koji Ichihara, Naoki Aizawa, Rino Sugiyama, Hiroki Ito, Yoshiyuki Akiyama, Jun Kamei, Naoya Masumori, Karl-Erik Andersson, Yukio Homma and Yasuhiko Igawa:Toll like receptor 7 is overexpressed in the bladder mucosa of Humner type interstitial cystitis and its activation in the mousu bladder Induces cystitis and pain. 31th Annual Congress of European Association of Urology(EAU2016) March 11-15,2016,Munich
19) Koji Ichhara, Naoki Aizawa, Rino Sugiyama, Hiroki Ito, Jun kamei, Yoshiyuki Akiyama, Naoya Masumori, Yukio Homma and Yasuhiko Igawa:Toll like receptor 7 is overexpressed in the bladder mucosa of Hunner type interstitial cystitis and its activation in the mouse bladder induces cystitis and pain、第104回日本泌尿器科学会総会、2016年4月23-25日、仙台
20) Naoya Masumori:Role of Naftopidil for Treatment of BPH Long-term outcome of medical and surgical treatment. 2016ic Symposium 、May 14,2016,Korea
21) HIROKI TAKAMORI, NAOYA MASUMORI, TOSHIYUKI KAMOTO:Surgical procedures for benign prostatic hyperplasia A nationwide survey in Japan 2014 Update. 第33回日韓泌尿器科会議、2016年10 月7-8日、青森
22) 京田有樹、新海信雄、市原浩司、福多史昌、小林 皇、舛森直哉:高血圧自然発症ラットの前立腺、尿道における神経内分泌細胞の分布、第397回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年1月30日、札幌
23) 鰐渕 敦、福多史昌、野藤誓亮、山本卓宜、池端良紀、新海信雄、京田有樹、市原浩司、舛森直哉:デュタステリド新規投与症例の服薬継続期間と中止理由に関する検討、第397回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年1月30日、札幌
24) 市原浩司:【特別講演】ヒト間質性膀胱炎におけるToll like receptor (TLR)7の発現とマウス膀胱におけるTLR7の機能的役割の検討、第397回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年1月30日、札幌
25) 福多史昌、舛森直哉:〈シンポジウム〉BPH薬物療法のエビデンス、OABを伴うBPH:α1遮断薬とβ3作動薬の併用効果、第104回日本泌尿器科学会、2016年4月23-25日、仙台
26) 小林 皇、福多史昌、森 満、舛森直哉:排尿後尿滴下と前立腺肥大症の関連について、第104回日本泌尿器科学会総会、2016年4月23-25日、仙台
27) 髙森大樹、舛森直哉、賀本敏行:本邦における前立腺肥大症の外科的治療の変遷 Up date、第398回日本泌尿器科学会北海道地方会、2016年5月28日、札幌
28) 村中貴之、太刀川公人、髙森大樹、前田俊浩、北村 寛、舛森直哉:両側尿管・回腸新膀胱吻合部狭窄に対し虫垂を利用して尿路再建を行った1例、第13回泌尿器科再建再生研究会、2016年6月18日、鳥取
29) 舛森直哉:男性の夜間頻尿の疫学と治療update、日本臨床泌尿器科医会第13回臨床検討会 、2016年 7月10日、札幌
30) 髙森大樹、舛森直哉、賀本敏行:本邦における前立腺肥大症に対する外科的治療の 変遷2014、第23回日本排尿機能学会、2016年12月6-8日、東京
31) 福多史昌、大西浩文、京田有樹、新海信雄、池端良紀、鰐渕 敦、市原浩司、小林 皇、舛森直哉:本邦における男性の尿閉の発生頻度の前向き調査(第1報)、第23回日本排尿機能学会、2016年12月6-8日、東京
32) 京田有樹、舛森直哉:神経内分泌細胞は前立腺肥大症の発生に関与するか、第23回日本排尿機能学会、2016年12月6-8日、東京
33) 京田有樹、小林 皇、松田洋平、新海 信雄、市原浩司、福多史昌、舛森直哉:指動脈弾力性と膀胱機能の関係、第23回日本排尿機能学会、2016年12月6-8日、東京

腎移植・腎疾患

【論文】
1) Naoki Kohei, Toshiaki Tanaka, Kazunari Tanabe, Naoya Masumori, Nina Dvorina,Anna Valujskikh, William M.Baldwin lll and Robert L.Fairchild:Natural killer cells play a critical role in mediating inflammation and graft failure during antibody-mediated rejection of kidney allografts. Kidney International 2016 89,1293-1306
2) Yoshinori Ikehata, Toshiaki Tanaka, Koji Ichihara, Ko Kobayashi, Hiroshi Kitamura, Satoshi Takahashi and Naoya Masumori:Incidence and risk factors for acute kidney injury after radical cystectomy. International Journal of Urology 2016 23,558-563
3) 【学位論文】 Maehana T, Tanaka T, Kitamura H, Fukuzawa N, Ishida H, Tanabe K, Masumori N: Heat Shock Protein 90α Is a Potential Serological Biomarker of Acute Rejection after Renal Transplantation.PloS One. 2016 Sep 15;11(9):e0162942. doi:10.1371/ jounal. pone. 0162942. eCollection 2016.
4) 前鼻健志、原田 浩、福澤信之、川口 愛、中村美智子、田中 博、平野哲夫、富樫正樹、関 利盛、舛森直哉:生体腎移植後上咽頭癌肝、脾転移に対し,カルシニューリン阻害薬中止, エベロリムス投与及び 化学療法にて著名な治療効果を認めた1例、腎移植、血管外科Vol.26 NO.12014 P74~77 別刷、Japanese Society of Renal Transplantation and Vascular Surgery
【学会発表】
5) Toshsiaki Tanaka, Naoki Kohei, Hidetoshi Tsuda, Naoya Masumori, Robert L Fairchild:Modified technique for murine kidney transplantation. Transplantation Science Symposium.Apr 8-9,2016,Tokyo 6)Takeshi Maehana, Toshiaki Tanaka, Hiroshi Kitamura and Naoya Masumori:Heat shock protein 90inhibitor is a new potential target of antibody-mediated rejection in organ transplantation Transplantation Science Symposium. Apr 8-9,2016,Tokyo
6) Takeshi Maehana , Toshiaki Tanaka , Tetuya Sindou , Atsushi Takahashi , Naoki Itoh , Keisuke Taguchi , Hiroshi Hotta ,Hiroshi Kitamura and Naoya Masumori:Developmennto of a new prognostic model to predict survival of patients with metastatic urothelial carcinoma receiving first-line gemcitabineplus plus cisplatin chemotherapy:multicenter retrospective study by the Sapporo Medical University Urologic Oncology Consortium.AUA Annual Meeting 2016.May 6-10 2016,San Diego
7) T Tanaka, N Kohei, N Dvorina, A Valujskikh, W Baldwin 3rd and R Fairchild:NK Cells Play a Critical Role in Mediating Inflammation and Graft Failure During Antibody-Mediated Rejection of Kidney Allografts. Americn Transplant Congress2016.Jun 12-16,2016,BOSTON
8) ベストポスター
Takeshi Maehana,Toshiaki Tanaka,Hiroshi Kitamura and Naoya Masunori:Heat shock protein 90 inhibitor 17DMAG is a potential new therapeutic agent against acute allograft rejection.  Americn Transplant Congress2016, Jun 12-16,2016,BOSTON
9) 舛森直哉:副腎疾患の外科的治療、平成27年度日本外科学会北海道地区生涯教育セミナー 、 2016年 1月9日、札幌
10) 前鼻健志、田中俊明、池端良紀、舛森直哉:腎移植後骨粗鬆症に対するデノスマブの治療経験、第35回北海道腎移植談話会、2016年1月23日、札幌
11) 前鼻健志、田中俊明、池端良紀、舛森直哉:腎移植後骨粗鬆症に対するデノスマブの治療経験、第49回日本臨床腎移植学会 、2016年3月23-25日、米子市
12) 太刀川公人、前鼻健志、田中俊明、市原浩司、福澤信之、原田 浩、舛森直哉:生体腎ドナー評価のCTで胸腺腫が疑われ、移植前にビデオ補助胸腔鏡手術を施行しドナーとなり得た一例、第32回腎移植・血管外科研究会 、2016年5月26-28日、姫路市
13) 松木雅裕、田中俊明、前鼻健志、京田有樹、市原浩司、橋本浩平、柳瀬雅裕、松川雅則、安達秀樹、髙橋 聡、舛森 直哉:血清シスタチンCは腎後性腎不全患者において閉塞解除術後の腎機能予測に有用である、第398回北海道Uro地方会、2016年5月28日、札幌
14) 松木雅裕、田中俊明、前鼻健志、京田有樹、市原浩司、橋本浩平、柳瀬雅裕、松川雅則、安達秀樹、髙橋 聡、舛森直哉:血清シスタチンCは腎後性腎不全患者において閉塞解除術後の腎機能予測に有用である、日本臨床泌尿器科医会第13回臨床検討会、2016年7月10日、札幌
15) 前鼻健志:【特別講演】同種移植免疫応答におけるHeat shock protein 90の関与、および拒絶反応治療標的としての可能性に関する検討、第399回北海道地方会 、2016年9月24日、旭川
16) 前鼻健志、田中俊明、北村 寛、舛森直哉、福澤信之、原田 浩、石田英樹、田邉一成:腎移植後拒絶反応発症時における新規バイオマーカーとしてのHeat shock protein90の可能性、第52回日本移植学会、2016年9月29-30日、東京
17) 前鼻健志、田中俊明、舛森直哉:HSP90阻害剤を用いた腎移植後拒絶反応に対する新規分子標的治療法の開発、 第36回北海道腎移植談話会 、2016年11月26日、札幌
18) 前鼻健志、太刀川公人、田中俊明、市原浩司、福澤信之、原田 浩、舛森直哉:生体腎ドナー評価のCTで胸腺腫が疑われ、移植前にビデオ補助胸腔鏡手術を施行しドナーとなり得た一例、第36回北海道腎移植談話会 、2016年11月26日、札幌

その他

【論文】
1) 舛森直哉:血精液症、『2016 今日の治療指針』Vol. 58、山口 徹、北原光夫監修、pp.1029-1210、医学書院、2016.
2) 橋本次朗、伊藤直樹、舛森直哉:当科における腹腔鏡下腎盂形成術の治療成績、泌尿器外科 29; 155-159, 2016.
3) 舛森直哉:泌尿器領域における、トラブルシューティング、手術編 大血管損傷の予防と対処方法、開腹手術における大血管損傷の予防と対処、泌尿器外科Vol.29特別号、平成28年4月30日発行、医学図書出版株式会社
4) 市原浩司、舛森直哉:〈性同一障害の現状と治療〉身体的治療:ホルモン療法、 医学のあゆみ 256; 290-294, 2016.
5) 舛森直哉: 〈性同一性障害の現状と治療〉はじめに、医学のあゆみ 256; 267, 2016
6) 舛森直哉、市原浩司:「外科的治療-現状と課題」札幌医科大学における性別適合手術の現状と課題、GID(性同一性障害)学会雑誌 Vol.9 No.1 通巻9号 2016年12月23日発行
【学会発表】
7) 舛森直哉、市原浩司:〈シンポジウム4〉外科治療の現状と課題、札幌医科大学における性別適合手術の 現状と課題、GID学会第18回研究大会 、2016年3月19-20日、東京
8) 舛森直哉:性同一性障害の臨床本邦の現状と課題、第104回日本泌尿器科学会総会、2016年4月23-25 日、仙台
9) Naoya Masumori:Current Management of BPH/LUTS in Japan、第104回日本泌尿器科学会総会、2016年 4月23-25日、仙台
10) 舛森直哉:性同一性障害(GID)に対する身体的治療の現状、第112回日本精神神経学会学術総会、 2016年6月2日、千葉
11) 福多史昌、舛森直哉:泌尿器腹腔鏡技術認定制度と認定医取得に関わる問題点、第22回北海道内視鏡外科研究会、2016年6月25日、札幌
12) 福多史昌、舛森直哉:泌尿器腹腔鏡技術認定制度と認定医取得に関わる問題点、第22回北海道内視鏡外科研究会、2016年6月25日、札幌
13) 舛森直哉:性同一性障害(GID)に対する身体的治療の現状、平成28年度 日本精神神経学会生涯教育研修会(夏季)、2016年7月10日、札幌
14) 伊與木貴也、前鼻健志、田中俊明、舛森直哉:当科における後腹膜線維症に対する診断・治療プロトコールと治療成績、第81回日本泌尿器科学会東部総会 、2016年 10月7-10日、青森
15) 舛森直哉:腹腔鏡下腎部分切除のコツとピットフォール、第30回日本泌尿器内視鏡学会総会、2016年11月17-19日、大阪
16) 野藤誓亮、西中一幸、舛森直哉:原発性膀胱尿管逆流(VUR)に対するDeflux®内視鏡注入法の長期成績、第30回日本泌尿器内視鏡学会総会、2016年11月17-19日、大阪

感染症

【論文】
1) Takahashi S, Kiyota H, Ito S, Iwasawa A, Hiyama Y, Uehara T, Ichihara K, Hashimoto J, Masumori N, Sunaoshi K, Takeda K, Suzuki N, et al.: Clinical efficacy of a single two gram dose of azithromycin extended release for male patients with urethritis.? Antibiotics 3; 109-120, 2014. DOI: 10.3390/antibiotics3020109
2) Uehara T, Takahashi S, Ichihara K, Hiyama Y, Hashimoto J, Kurimura Y, Masumori N: Surgical site infection of scrotal and inguinal lesions after urologic surgery.?J Infect Chemother 20; 186-189, 2014.
3) Hamasuna R, Tanaka K, Hayami H, Yasuda M, Takahashi S, Kobayashi K, Kiyota H, Yamamoto S, Arakawa S and Matsumoto T on behalf of the Japanese Research Group for UTI (JRGU): .Treatment of acute uncomplicated cystitis with faropenem for 3 days versus 7 days: multicentre, randomized, open-label, controlled trial.?J Antimicrob Chemother 69; 1675-1680, 2014.?DOI: 10.1093/jac/dku014
4) Togo Y, Kubo T, Taoka R, Hiyama Y, Uehara T, Hashimoto J, Kurimura Y, Takahashi S, Tsukamoto T, Miyazaki J, Nishiyama H, et al.: Occurrence of infection following prostate biopsy procedures in Japan. Japanese research group for urinary tract infection (JRGU)―A multi-center retrospective study.?J Infect Chemother 20; 232-237, 2014.
5) 高橋 聡、和田耕一郎、公文裕巳、増田 均、鈴木康之ほか:日本語版National Institute of Health Chronic Prostatitis Symptom Indexの作成について. 日泌尿学会誌 105; 62-65, 2014.
6) 高橋 聡:〈急性感染症における実践的な抗菌薬の使い方〉尿路感染症および性感染症. 感染と抗菌薬 17; 174-178, 2014.
7) 高橋 聡:〈感染症診療update Ⅱ章. 主要な臓感染症器 L. 尿路感染症〉 膀胱炎(単純性・複雑性)、無症候性細菌尿. 日本医師会雑誌 143(特別号); S215-S216, 2014.
8) 高橋 聡:〈感染症診療update Ⅲ章. 主要な感染症 B. グラム陰性球菌感染症〉 淋菌感染症. 日本医師会雑誌 143(特別号); S290-S214, 2014.
【学会発表】
9) Hashimoto J, Ariki S, Uehara Y, Hasegawa Y, Takamiya R, Hiyama Y, Kurimura Y, Takahashi S, Takahashi M, Masumori N, Kuroki Y: Surfactant protein A prevents UPEC adhesion to the urothelial surface and inhibitis growth of UPEC in Urine.? 34th Congress of Societe Internationale D’Urologie, Oct. 12-15, 2014, Glasgow.
10) Takahashi S, Hiyama Y, Uehara T, Ichihara K, Hashimoto J, Nishiyama N, Kitamura H, Masumori N: Laparoscopic radical cystectomy resolves the issue of surgical site infection as a postoperative complication.? 32nd World Congress of Endourology & SWL 2014, Sept 3-7, 2014, Taipei.
11) Takahashi S: < Symposium > CP/CPPS. The 4th Congress of Asian Pacific Prostate Society, March 21-22,? 2014, Nago.
12) Hiyama Y, Takahashi S, Ichihara K, Hashimoto J, Taguchi K, Kunishima Y, Yanase M, Hirose T, Masumori N: Fluoroquinolone resistant Escherichia Coli isolated fromr rectal swab in patients who undergo transrectal ultrasound guided prostate biopsy. The 4th Congress of Asian Pacific Prostate Society, March 21-22,?2014, Nago.
13) Takahashi S: <Guidelines for Sexually Transmitted Infections>?Chlamydial urethritis. Asian UTI/STI Forum, May 9-10, 2014, Soul.
14) Takahashi S: Emergence of drug-resistant bacteria in urological field in Japan.?31st Japan-Korea Urological Congress, Sept. 27-28, 2014, Tokyo.
15) 高橋 聡:<卒後教育プログラム> 尿路性器感染症 “泌尿器科医が知っておくべき感染症ガイドライン-CRBSI・Sepsis・FN-” 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
16) 高橋 聡:<ランチョンセミナー> 尿路感染症治療の現状と問題点.  第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
17) 高橋 聡:<シンポジウム> 尿路閉塞を伴った急性腎盂腎炎~重症尿路感染症への対応を考える “尿路結石による尿路閉塞を伴った急性腎盂腎炎に関する全国調査結果” 第61回日本化学療法学会東日本支部総会、2014年10月29-31日、東京.
18) 高橋 聡:<教育セミナー> 急性膀胱炎の予防法.  第61回日本化学療法学会東日本支部総会、2014年10月29-31日、東京.
19) 高橋 聡:<パネルディスカッション> 多剤性菌―近未来の危機的状況を如何に打開するか.“多剤耐性緑膿菌およびMRSAに対する薬剤選択”.  第79回日本泌尿器科学会東部総会、2014年10月12-14日、横浜.
20) 高橋 聡:〈ランチョンシンポジウム〉 多剤耐性緑膿菌の治療“尿路での対応” 第48回緑膿菌感染症研究会日、2014年1月25日、長崎.
21) 橋本次朗、高橋 聡、舛森直哉:尿路開放手術における術前尿培養陽性別に対する術前抗菌薬投与プロトコールの妥当性.  第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
22) 高橋 聡、桧山佳樹、上原央久、橋本次朗、舛森直哉、伊藤 晋、岩澤晶彦、砂押研一、竹田孝一、鈴木伸和他橋:尿道炎に対するアジスイロマイシン2g製剤の臨床効果、第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
23) 橋本次朗、高橋 聡、桧山佳樹:自己導尿患者の無症候性細菌尿と症候性尿路感染症.  第62回日本化学療法学会総会、2014年6月18-20日、福岡.
24) 桧山佳樹、高橋 聡、橋本次朗、舛森直哉:腹腔鏡下根治的膀胱摘除術後の手術部位感染症に関する検討. 第88回日本感染症学会総会、2014年6月18-20、福岡.
25) 高橋 聡、桧山佳樹、宮本慎太郎、西山直隆、舛森直哉:経直腸的前立腺針生検施行後に化膿性脊椎炎と感染性心内膜炎を発症した1例. 第61回日本科学療法学会東日本支部総会、2014年10月29-31日、東京.
26) 橋本次朗、高橋 聡、上原泰昭、長谷川喜弘、舛森直哉:膀胱におけるサーファクタント蛋白質Aの発現と尿路病原性大腸菌に対する感染防御機構. 第61回日本科学療法学会東日本支部総会、2014年10月29-31日、東京.
27) 上原央久、堀田 裕、桧山佳樹、市原浩司、橋本次朗、高橋 聡、舛森直哉:軟性尿管鏡を使用した経尿道的尿管砕石術後の感染性合併症.  第61回日本科学療法学会東日本支部総会、2014年10月29-31日、東京.
28) 高橋 聡、桧山佳樹、上原央久、橋本次朗、舛森直哉、伊藤 晋、砂押研一、竹田孝一、鈴木伸和、鈴木範宣、西村昌宏ほか:TMA法によるクラミジア・トラコマティスおよび淋菌同時検出試薬を用いたうがい液の咽頭感染検査. 第79回日本泌尿器科学会東部総会、2014年10月12-14日、横浜.
29) 高橋 聡、菊地謙成、桧山佳樹、野藤誓亮、岡田 学、宮本慎太郎、西山直隆、小林 皇、北村 寛、舛森直哉:経直腸的前立腺針生検施行後に化膿性脊椎炎と感染性心内膜炎を発症した1例. 第79回日本泌尿器科学会東部総会、2014年10月12-14日、横浜.
30) 橋本次朗、高橋 聡、舛森直哉、有木 茂、高宮里奈、高橋素子、黒木由夫ほか:膀胱におけるサーファクタント蛋白質Aの発現と尿路病原性大腸菌に対する感染防御機構. 第392回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年5月31日、札幌.
31) 高橋 聡、菊地謙成、桧山佳樹、野藤誓亮、岡田 学、宮本慎太郎、西山直隆、小林 皇、北村 寛、舛森直哉:経直腸的前立腺針生検施行後に化膿性脊椎炎と感染性心内膜炎を発症した1例. 第393回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年10月4日、札幌.
32) 村中貴之、前鼻健志、桧山佳樹、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:特発性後腹膜線維症に対するステロイド治療の感染症に関する検討.  第393回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年10月4日、札幌.
33) 高橋 聡:尿道炎に対するアジスロマイシン2g単回治療の有効性. 第32回クラミジア研究会、2014年9月27日、京都.
34) 橋本次朗、高橋 聡、舛森直哉、有木 茂、高宮里奈、高橋素子、黒木由夫ほか:膀胱におけるサーファクタント蛋白質Aの発現と尿路病原性大腸菌に対する感染防御機構. 第25回尿路感染症研究会、2014年11月1日、東京.

内分泌

【論文】
  なし
【学会発表】
1) 前田俊浩、田中俊明、前鼻健志、舛森直哉、伊藤直樹:札幌医科大学泌尿器科男性不妊外来の臨床統計. 第56回北海道生殖医学会、2014年2月16日、札幌.

性機能

【論文】
1) Matsuda Y, Hisasue S, Kumamoto Y, Kobayashi K, Hashimoto K, Sato Y, Masumori N: Correlation between Erection Hardness Score and Nocturnal Penile Tumescence Measurement. J Sex Med 11; 2272-2276, 2014.
【学会発表】
1) Takayanagi A, Kobayashi K, Fukuta F, Matsuki M, Matsuda Y, Masumori N: Longitudinal changes of free testosterone levels with aging in Japanese men from a community-based longitudinal study.? 16th World ?Meeting on Sexual Medicine, Oct. 8-12, 2014, San Paulo.
2) Kobayashi K, Takayanagi A, Matsuda Y, Masumori N: Correlation between erectile function and endothelial function evaluated using finger artery stiffness.? 16th World? Meeting on Sexual Medicine, Oct. 8-12, 2014, San Paulo.
3) 高柳明夫、小林 皇、福多史昌、野藤誓亮、岡田 学、松木雅裕、松田洋平、舛森直哉:日本人男性の性機能の変化についての検討~北海道島牧村における横断研究結果より~. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
4) 高柳明夫、小林 皇、福多史昌、野藤誓亮、岡田 学、舛森直哉:日本人男性の性機能の変化についての検討~北海道島牧村における横断研究結果より. 第391回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年1月25日、札幌.
5) 松田洋平、小林 皇、高柳明夫、福多史昌、舛森直哉、森 満:勃起障害を予測する下部尿路症状についての縦断的検討前. 第14回日本Men’s Health医学会性、2014年9月27-28日、大阪府豊中.

腫瘍

【論文】
1) 【学位論文】Tanaka T, Torigoe T, Hirohashi Y, Sato E, Honma I, Kitamura H, Masumori N, Tsukamoto T, Sato N: Hypoxia-inducible factor (HIF)-independent expression mechanism and novel function of HIF prolyl hydroxylase-3 in renal cell carcinoma.? J Cancer Res Clin Oncol 140; 503-513, 2014.
2) Ichihara K, Masumori N, Kitamura H, Hasegawa T and Tsukamoto T: Clinical outcomes of urothelial carcinoma of the prostate detected in radical cystectomy specimens.? Int J Clin Oncol 19; 152-156, 2014.
3) 【学位論文】Takeuchi M, Amano M, Kitamura H, Tsukamoto T, Masumori N, Hirose K, Ohashi T and Nishimura S: N- and O-glycome analysis of serum and urine from bladder cancer patients using a high-throughput glycoblotting method.? J Glucomics Lipidomics 3; 108. Doi: 10.4172/2143-0637 1000108.
4) Nishiyama N, Kitamura H, Hotta H, Takahashi A, Yanase M, Itoh N, Tachiki H, Miyao N, Matsukawa M, Kunishima Y, Taguchi K and Masumori N: Construction of predictive models for cancer-specific survival of patients with non-muscle-invasive bladder cancer treated with bacillus calmette-guerin: Results from a multicenter retrospective study.? Jpn J Clin Oncol 44; 1101-1108, 2014.? Doi: 10.1093/jjco/hyu119.
5) Horiguchi H, Takada K, Kamihara Y, Ibata S, Iyama S, Sato T, Hayashi T, Miyanishi K, Sato Y, Takimoto R, Kobune M, Kobayashi K, Hirayama Y, Masumori N, Hasegawa T, Kato J: Radiation-induced leiomyosarcoma of the prostate after brachytherapy for prostatic adenocarcinoma.? Case Reports in Oncology 7; 565-570, 2014.
6) Ide H, Tanaka T, Wakumoto Y, Kitamura K, Muto S, Yamaguchi R, Masumori N, Horie S: Circulating tumor cell count during zoledronic acid treatment in men wioth metastatic prostate cancer: A pilot study? Prostate Int 2; 147-151, 2014.
7) Kimura Y, Keira Y, Imamura M, Ito T, Nobuoka T, Mizuguchi T, Masumori N, Hasegawa T and Hirata K: Histopathological aspects of pancreatic metastases in renal cell carcinoma: Does the mode of invasion permit limited resections?? Pancreat Disord Ther 2014, Vol.4 Issue 2 1000136.
8) 舛森直哉:〈IV 全身化学療法・その他〉 総論 『腎盂・尿管癌 診療ガイドライン 2014年版』 日本泌尿器科学会編、 pp.59-62
9) 西山直隆、進藤哲哉、堀田 裕、高橋 敦、柳瀬雅裕、伊藤直樹、立木 仁、宮尾則臣、松川雅則、国島康晴、田口圭介、北村 寛、舛森直哉:BCG Relapsingをきたした筋層非浸潤性膀胱癌 (NMIBC)症例の予後に関する後ろ向き・多施設共同研究. 泌尿器外科 27; 346-347, 2014.
10) 北村 寛:〈前立腺癌の診療ナビゲーション II. 前立腺癌の診断〉 PSA値に異常が認められた場合の検査 直腸診. 臨床泌尿器科 38(増刊号); 54-56, 2014.
11) 北村 寛:〈前立腺癌の診療ナビゲーション II. 前立腺癌の診断〉 PSA値に異常が認められた場合の検査―前立腺超音波検査. 臨床泌尿器科 38(増刊号); 57-59, 2014.
12) 広部恵美、舛森直哉、田中俊明、北村 寛、外岡暁子、長谷川匡、塚本泰司:〈Symposium 2 非淡明細胞癌〉 Xp11.2 translocation renal cell carcinomaの臨床病理学的検討.  泌尿器外科 27(別冊); 14-16, 2014.
13) 北村 寛、井上隆太、広部恵美、京田有樹、田中俊明、舛森直哉:分子標的療法の導入により腎癌骨転移の治療成績は向上したか? 泌尿器外科 27(別冊); 93-95, 2014.
14) 舛森直哉:小径腎腫瘍の自然史.  臨床泌尿器科 68; 727-740, 2014.
15) 北村 寛:膀胱癌のクリニカル・パール. 臨床泌尿器科 68; 838-842, 2014.
16) 北村 寛:ソラフェニブトシル酸塩の副作用ケア. 泌尿器ケア 19; 1031-1041, 2014.
17) 西田幸代、舛森直哉:〈特集:去勢抵抗性前立腺癌〉前立腺癌におけるがん幹細胞研究. 日本臨床 72; 2229-2233, 2014.
18) 伊藤敬一、三上修治、立神勝則、舛森直哉、近藤恒徳、長嶋洋治ほか:〈Symposium 2 非淡明細胞癌〉本邦における転移性乳頭状腎細胞癌の治療成績―多施設共同研究中間報告―.  泌尿器外科 27(別冊); 14-16, 2014.
19) 内藤誠二(司会)、江藤正俊、舛森直哉:〈座談会〉 腎細胞癌診療の話題と将来展望 ~ASCO2014より~ 診療と新薬 51; 1115-1119, 2014.
【学会発表】
20) Kitamura H, Takahashi A, Hotta H, Kato R, Kunishima Y, Takei F, Horita H and Masumori N: Palonosetron with aprepitant plus dexamethasone to prevent chemotherapy ? Induced nausea and bomitinmg (CINV) during gemicitabine/cisplatin (GC) in urothelial cancer (UC) patients: A multi-institutional retrospective study in Japan.? Genitourinary Cancers Symposium, Jan. 30-Feb. 1, 2014, San Francisco, USA.
21) Kitamura H: 〈招請講演〉Survival of Japanese RCC patients with bone metastasis in the era of targeted therapy.? East-Asia Urologic Oncology Group Meeting, March 28-29, 2014, Seoul.
22) Inoue R, Hirohashi Y, Torigoe T, Kitamura H, Nishida S, Takahashi A, Masumori N, Sato N: Neuregulin 1 HRG-beta 1 plays a critical role in cell survival of urothelial carcinoma cancer stem-like cells.? 29th Annual Europen Urology Association Congress, April 11-15, 2014, Stockholm.
23) Takeuchi M, Kitamura H, Tsukamoto T, Masumori N, Amano M, Hirose K, Ohashi T, Nishimura S: N- and O-glycome analysis of serum and urine from bladder cancer patients using a high-throughput glycoblotting method.? AUA 2014 Annual Meeting, May 16-21, 2014, Orland.
24) Nishiyama N: Construction of predictive models for cancer-specific survival of patients with non-muscle invasive bladder cancer treated with bacillus calmette-guierin: results from a multicenter retrospective study.? 34th Congress of Societe Internationale D’Urologie, Oct. 12-15, 2014, Glasgow.
25) Nishiyama N, Kitamura H, Inoue R, Nishida S, Hirobe M, Takahashi S, Masumori N: Overexpression of ADAMTS1 is associated with gemcitabine/cisplatin resistance and poor prognosis in urothelial carcinoma of the bladder. 第73回日本癌学会総会、2014年9月25-27日、横浜.
26) Kitamura H: <AUA/JUA Joint Symposium> The role of neoadjuvant/adjuvant chemotherapy and extended pelvic lymph node dissection in muscle-invasive bladder cancer. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸
27) 北村 寛:〈特別企画〉治療開発マップの作成:尿路上皮 “転移・再発尿路上皮癌に対する治療開発”. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
28) 北村 寛、舛森直哉:〈シンポジウム〉進行性膀胱癌の治療戦略 “MVACのエビデンスとポジション” 第79回日本泌尿器科学会東部総会、2014年10月12-14日、横浜.
29) 北村 寛、高橋 敦、武居史泰、堀田 裕、宮尾則臣、進藤哲哉、五十嵐学、立木 仁、国島康晴、村中貴之、執行雅紀、池端良紀、舛森直哉:腎癌骨転移に対する分子標的療法の意義に関する多施設共同後ろ向き研究. 第52回日本癌治療学会総会、2014年8月28-30日、横浜.
30) 西山直隆、堀田 裕、高橋 敦、柳瀬雅裕、伊藤直樹、立木 仁、宮尾則臣、松川雅則、国島康晴、田口圭介、北村 寛、舛森直哉. BCG注入療法を施行した筋層非浸潤性膀胱癌の上部尿路再発に関する多施設共同研究.  第52回日本癌治療学会総会、2014年8月28-30日、横浜.
31) 進藤哲哉、北村 寛、小林 皇、橋本浩平、西田幸代、高橋 聡、舛森直哉:当科の前立腺全摘除術神経温存アルゴリズムに対する3TMRIの追加意義の検討. 第52回日本癌治療学会総会、2014年8月28-30日、横浜.
32) 広部恵美、北村 寛、進藤哲哉、京田有樹、小林 皇、舛森直哉、外岡暁子、長谷川匡:腎細胞癌における肉腫様変化と予後との関連性についての検討. 第52回日本癌治療学会総会、2014年8月28-30日、横浜.
33) 西山直隆、北村 寛、井上隆太、前田俊浩、高橋 聡、舛森直哉:当院における進行性腎細胞癌に対するエベロリムスの使用成績に関する検討. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸
34) 前鼻健志、田中俊明、北村 寛、舛森直哉:尿路上皮癌におけるGemcitabine 投与時の発熱は治療効果と関係はあるか. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸
35) 井上隆太、北村 寛、西山直隆、田中俊明、舛森直:進行性腎癌症例に対するsunitinib投与方法の検討. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸
36) 北村 寛、高橋 敦、武居史泰、堀田 裕、宮尾則臣、進藤哲哉、五十嵐学、立木 仁、国島康晴、村中貴之、執行雅紀、池端良紀、舛森直哉:分子標的療法を受けた腎癌骨転移患者における予後規定因子の検討. 第79回日本泌尿器科学会東部総会、2014年10月12-14日、横浜.
37) 井上隆太、廣橋良彦、鳥越俊彦、北村 寛、西田幸代、高橋あかり、舛森直哉、佐藤昇志:ALDH1活性を用いた尿路上皮癌幹細胞の同定と特異的遺伝子発現の検討. 第103回日本病理学会総会、2014年4月24-26日、広島.
38) 岡部 洸、北村 寛、藤野景子、野藤誓亮、岡田 学、宮本慎太郎、西山直隆、高橋 聡、舛森直哉:12歳の女児に生じた嫌色素性腎細胞癌の一例. 第23回日本小児泌尿器科学会総会、2014年7月10-11日、横浜.
39) 北村 寛、高橋 敦、堀田 裕、加藤隆一、国島康晴、武居史泰、堀田浩貴、舛森直哉:Palonosetron with aprepitant plus dexamethasone ton prevent CINV during gemcitabine/cisplatin in urothelial patients(尿路上皮癌に対するGC療法における制吐療法・新旧プロトコールの比較に関する多施設共同後ろ向き研究). 第12回日本臨床腫瘍学会学術集会、2014年7月17-19日、福岡.
40) 北村 寛、田中俊明、井上隆太、西田幸代、廣橋良彦、鳥越俊彦、佐藤昇志、舛森直哉:進行尿路上皮癌に対するサバイビン2Bペプチドワクチン臨床試験におけるirResponse Criteriaを用いた治療効果判定. 第18回日本がん免疫学会総会、2014年7月30日-8月1日、松山市.
41) 西山直隆、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:リンパ節転移を有する進行性腎細胞癌に対しテムシロリムスにより完全奏功が得られた1例. 第45回腎癌研究会、2014年7月20日、東京.
42) 舛森直哉:〈シンポジウム〉前立腺癌診療この10年の進歩“手術療法” 第10回GUTR(泌尿器腫瘍放射線治療)研究会 2014年8月30日、横浜.
43) 進藤哲哉、北村 寛、小林 皇、橋本浩平、西田幸代、高橋 聡、舛森直哉:当科の前立腺全摘術神経温存アルゴリズムに対する3TMRIの追加意義の検討. . 第10回GUTR(泌尿器腫瘍放射線治療)研究会 2014年8月30日、横浜.
44) 北村 寛:〈卒後教育プログラム〉 高異型度筋層非浸潤性膀胱癌の治療. 第25回西日本泌尿器科学会総会、2014年11月7日、倉敷市.
45) 西山直隆:BCG膀胱内注入療法を施行した筋層非浸潤性膀胱癌 (NMIBC) の上部尿路再発に関する後ろ向き・多施設共同研究. 第7回BCG注入療法研究会、2014年11月21日、東京.
46) 北村 寛:腎細胞癌に対するロングペプチド・ショートペプチド併用による新規免疫療法の開発. 第27回日本バイオセラピィ学会学術集会総会、2014年12月4-5日、大阪.
47) 進藤哲哉、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:当院におけるハイリスク前立腺癌に対する根治手術の治療成績およびPSA再発リスク因子の検討. 第30回前立腺シンポジウム、2014年12月13-14日、東京.
48) 前鼻健志、田中俊明、岡田 学、西山直隆、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:尿路上皮癌におけるGemcitabine投与時の発熱は治療効果と関係はあるか。 第391回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年1月25日、札幌.
49) 岡部 洸、北村 寛、藤野景子、野藤誓亮、岡田 学、宮本慎太郎、西山直隆、高橋 聡、舛森直哉ほか:12歳の女児に発生した嫌色素性腎細胞癌の1例. 第392回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年5月31日、札幌.
50) 進藤哲哉、北村 寛、小林 皇、橋本浩平、西田幸代、高橋 聡、舛森直哉:当科の前立腺全摘除術神経温存アルゴリズムに対する3TMRIの追加意義の検討. 第392回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年5月31日、札幌.
51) 井上隆太:【特別講演】 ALDH活性を用いた尿路上皮癌幹細胞の同定と特異的遺伝子発現の検討.  第392回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年5月31日、札幌.
52) 松田洋平、西山直隆、北村 寛、舛森直哉:集学的治療を施行した陰茎癌5例の検討.  第393回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年10月4日、札幌.

排尿異常・前立腺肥大症

【論文】
1) Masumori N, Tsukamoto T, Horita H, Sunaoshi K, Tanaka Y, Takeyama K, Sato E and Miyao N: Does baseline prostate volume affect the short-term outcome of tamsulosin?? LUTS 6; 113-116, 2014.
2) 舛森直哉:前立腺肥大症 『Year Note TOPICS 2014-2015』 4th Edition, pp.203-205, MEDIC MEDIA, 2014.
3) 舛森直哉: XIV-3 前立腺肥大症 前立腺肥大症診療ガイドライン (2011) 『診療ガイドライン UP-TO-DATE 2014-2015』 門脇 孝、小室一成、宮地良樹監修、 pp.778-72、メディカルレビュー、 2014.
4) 舛森直哉:前立腺肥大症  『プライマリ・ケア医のためのLUTS診療ハンドブック』 後藤百万編著、pp.78-89、中外医学社、2014.
5) 舛森直哉:前立腺腺肥大症 『今日の診療のめに ガイドライン外来診療 2014』 泉 孝英編集、pp.368-372、日経メディカル、2014.
6) 舛森直哉:<老年泌尿器科・前立腺肥大症:前立腺肥大症の診断と治療> Ⅲ. 外科治療  日本泌尿器科学会 2014年卒後教育テキスト 19; 167-173, 2014.
7) 市原浩司、舛森直哉:市民公開講座における前立腺がん検診理解度調査の結果報告. Prostate Journal 1; 153-157, 2014.
8) 舛森直哉:〈前立腺肥大症の薬物療法を再考する〉 序文 Prostate Journal 1; 239, 2014.
9) 福多史昌、舛森直哉:<前立腺肥大症の薬物療法を再考する> 2. α1遮断薬の有用性と限界. Prostate Journal 1; 245-251, 2014.
10) 舛森直哉:前立腺肥大症とmale LUTSのコンセプトと診断・治療法の変化. 泌尿器外科 27; 425-430, 2014
11) 舛森直哉:前立腺肥大症の治療戦略. 内科 114; 1113-1115, 2014.
12) 舛森直哉:『病気じゃない? いいえ、病気なのです』 医療と介護ナビ(女性のライフステージと検討) 2014年夏・秋号 ; 16-17.
13) 舛森直哉、市原浩司:排尿障害―排尿困難の病理と治療. 遥か 9; 45-50, 2014.
14) (司会)舛森直哉、(討論者)海法康浩、松本成史、野宮正範、今井 篤:<Prostate Journal 座談会> LUTS/BPHの新たなる治療戦略―PDE阻害薬タダラフィルへの期待―. Prostate Journal 1; 281-288, 2014.
15) (司会)酒井英樹、(討論者)柿崎秀宏、高橋 悟、舛森直哉:<座談会> 前立腺肥大症と前立腺肥大症に伴う OABについて. Prostate Journal 1; 123-130, 2014.
16) (司会)武田正之、(討論者)後藤百万、斎藤源顕、舛森直哉:<座談会>Male LUTSに対する薬物利用を再考する. 泌尿器外科 27; 953-960, 2014.
【学会発表】
17) Masumori N, Tsukamoto T, Member of Hokkaido Urological Conference: Long-term efficacy and safety of alpha 1-blocker naftopidil for patients with benign prostatic hyperplasia: 3-year outcome analysis of a prospective multicenter study.? AUA 2014 Annual Meeting, May 16-21, 2014, Orland.
18) Masumori N: <Luncheon Seminar> Indication of medical treatment of BPH.? 31st? Japan-Korea Urological Congress, Sept. 27-28, 2014, Tokyo.
19) Masumori N, Ichihara K, Fukuta F, Tsukamoto T, Iwasawa A, Tanaka Y: A randomized controlled study to evaluate the efficacy of tamsulosin monotherapy and its combination with mirabegron on patients with overactive bladder induced by benign prostatic hyperplasia.? 44th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS), Oct. 20-24, 2014, Rio de Janeiro.
20) 舛森直哉:〈ランチョンセミナー〉 BPH/OAMの最近の話題―ADDITION Studyを中心に. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
21) 舛森直哉:〈卒後教育〉 老年泌尿器科・前立腺肥大症 “前立腺肥大症の診断と治療” 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
22) 舛森直哉:<イブニングセミナー>男性BPH/OABの治療戦略. 第21回日本排尿機能学会、2014年9月17-20日、岡山.
23) 舛森直哉:<ランチョンセミナー>夜間頻尿の治療戦略.  第21回日本排尿機能学会、2014年9月17-20日、岡山.
24) 小林 皇:<パネルディスカッション>女性性機能:新たな評価法と今後の展開 “女性性機能とその評価法” 第21回日本排尿機能学会、2014年9月17-20日、岡山.
25) 京田有樹、池端良紀、市原浩司、福多史昌、舛森直哉:前立腺組織内における神経内分泌細胞の分布.  第21回日本排尿機能学会、2014年9月17-20日、岡山.
26) 市原浩司、舛森直哉、福多史昌、塚本泰司、岩澤晶彦、田中吉則、柳瀬雅裕、田口圭介、宮尾則臣、佐藤嘉一、鈴木伸和、古屋聖兒:過活動膀胱を合併する前立腺肥大症患者におけるα遮断薬単剤治療とβ3受容体作動薬併用治療の無作為化比較対照試験.  第21回日本排尿機能学会、2014年9月17-20日、岡山.
27) 池端良紀、福多史昌、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:当科におけるデュタステリド投与症例の服薬継続期間に関する調査. 第393回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年10月4日、札幌.
28) 市原浩司、舛森直哉、福多史昌、塚本泰司、岩澤晶彦、田中吉則、柳瀬雅裕、田口圭介、宮尾則臣、佐藤嘉一、鈴木伸和、古屋聖兒:過活動膀胱を合併する前立腺肥大症患者におけるα遮断薬単剤治療とβ3受容体作動薬併用治療の無作為化比較対照試験.  第393回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年10月4日、札幌骨
29) 舛森直哉:【特別講演】BPH/LUTS治療の進歩~新規のBPH治療剤 タダラフィル登場まで~. 第249回日本泌尿器科学会東北地方会、2014年5月10日、青森.

腎移植・腎疾患

【論文】
1) 前鼻健志、田中俊明、市原浩司、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:術後せん妄による尿道カテーテル自己抜去が要因と考えられた生体腎移植後膀胱尿管逆流の1例. 日本臨床腎移植学会誌 2; 222-224, 2014.
【学会発表】
2) Ikehata Y, Tanaka T, Ichihara K, Kobayashi K, Kitamura H, Takahashi S, Masumori N: Incidence and risk factors for acute kidney injury after radical cystectomy. AUA 2014 Annual Meeting,
3) 京田有樹、田中俊明、市原浩司、前鼻健志、新海信雄、上原央久、田端秀敏、小林 皇、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:術前尿中微量アルブミンが腎部分切除後の腎機能へ与える影響. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
4) 前鼻健志、田中俊明、市原浩司、北村 寛、高橋 聡:術後せん妄による尿道カテーテル自己抜去が原因とされたVURの1例. 第47回日本臨床腎移植学会、2014年3月12-14日、奈良.
5) 前鼻健志、原田 浩、福沢信之、千葉智市、樋口はるか、川口 愛、中村美智子、田中 博、平野哲夫、関 利盛、富樫正樹、舛森直哉:生体腎移植後EBV関連上咽頭癌肝・脾転移に対し、CNI中止、EVR投与及び化学療法にて著明な治療科を認めた1例. 第30回腎移植・血管外科研究会、2014年6月27-28日、那覇.
6) 岡田 学、田中俊明、岡部 洸、松尾かずな、加藤秀一、宮本慎太郎、北村 寛、舛森直哉:骨盤融合腎に発生した腎細胞癌にたいして腎部分切除術を施行した1例.  第30回腎移植・血管外科研究会、2014年6月27-28日、那覇.
7) 岡部 洸、前鼻健志、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:若年女性に発生した巨大mixed epithelial and stromal tumor of kidneyに対し、腎部分切除を施行した1例.  第30回腎移植・血管外科研究会、2014年6月27-28日、那覇.
8) 市原浩司、田中俊明、松木雅裕、五十嵐学、北村 寛、高橋 聡、松川雅則、柳瀬雅裕、舛森直哉:血液透析患者における血清プロカルシトニン値の観察研究. 第391回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年1月25日、札幌.
9) 京田有樹、田中俊明、市原浩司、前鼻健志、小林 皇、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:術前尿中微量アルブミンが腎腫瘍術後の腎機能へ与える影響. 第391回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年1月25日、札幌.
10) 岡部 洸、前鼻健志、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:若年女性に発生した巨大mixed epithelial and stromal tumor of kidneyに対し、腎部分切除について腫瘍摘除が可能であった1例. 第393回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年10月4日、札幌.
11) 前鼻健志:回腸導管造設後長期症例の上部尿路合併症・腎機能の推移. 第2回JUSRT(泌尿器画像診断・治療技術)研究会、2014年9勝ち12-13日、京都.
12) 前鼻健志、原田 浩、福沢信之、川口 愛、中村美智子、田中 博、平野哲夫、関 利盛、富樫正樹、舛森直哉:生体腎移植後EBV関連上咽頭癌肝・脾転移に対し、CN1中止、EVR投与及び化学療法で著明な治療効果を認めた1例. 第34回北海道腎移植談話会、2014年11月22日、札幌.

その他

【論文】
1) Kitamura H, Maeda H, Tanaka T, Fukuta F, Kobayashi K, Nishiyama N, Takahashi S, Masumori N: Comparison of laparoscopic, hand-assisted, and open surgical nephroureterectomy.? J Soc Laparoendo- scopic Surg 18; 288-293, 2014.
2) Takeuchi M, Masumori N, tsukamoto T: Ureteral reconstruction with bowel segments: Experience with eight patients in a single institute.? Korean J Urol 55; 742-749, 2014.
3) Tanaka T: <Editorial Comment> Editorial comment to prediction of partial nephrectomy outcomes by using the diameter-axis-polar nephrometry score.? Int J Urol 21; 446-447, 2014.
4) 舛森直哉:骨盤内悪性腫瘍に対する前立腺・尿路合併切除と再建術. 手術 66; 743-748, 2014.
5) 北村 寛、舛森直哉:腹腔鏡下腎尿管全摘除術の予後因子:膀胱内再発を含めて. Jpn J Endourology 27; 258-261, 2014
6) 高橋 聡、舛森直哉:<泌尿器科領域におけるトラブルシューティング>ドレナージに関するトラブル回避. 泌尿器外科 27; 111-121, 2014.
7) 市原浩司、舛森直哉:腹腔鏡下腎部分切除術におけるrenal scoring systemと手術手技の選択. 泌尿器外科 27; 1763-1768, 2014.
8) 田中俊明:<患者さんへの説明にそのまま使える泌尿器科手術のすべて> 経皮的腎瘻造設術. 泌尿器ケア 2014年夏季増刊号 ; 65-70, 2014.
9) 橋本亜香利、高田弘一、瀧本理修、堀口拓人、佐藤 勉、井山 諭、村瀬和幸、小野 薫、館越鮎美、林 毅、宮西浩嗣、佐藤康史、小船雅義、平山泰生、北村 寛、中西勝也、舛森直哉、長谷川匡、加藤淳二:Pazopanibが有効であった転移性横紋筋肉腫の1例. 癌と化学療法 41; 1041-1044, 2014.
10) <泌尿器科教室訪問> 札幌医科大学医学部泌尿器科学講座 “前立腺肥大症や泌尿器感染症の分野では、研究面でもわが国を牽引”. Corr Pon Urology No.2; 6-8, 2014.
11) 舛森直哉:【教室だより】 札幌医科大学 泌尿器科学講座―光のトンネルをくぐり抜けて未来へ向かうー北海道医誌 89; 177-178, 2014.
【学会発表】
12) 高橋 聡、麦谷荘一:<シンポジウム> 長期間留置尿路ステントガイドライン~ “must” or “must not” ~ “尿管ステント・ガイドワイヤーの種類”. 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会、2014年11月26-28日、福岡.
13) 北村 寛、京田有樹、市原浩司、前鼻健志、進藤哲哉、高柳明夫、小林 皇、前田俊浩、高橋 聡、舛森直哉:ロボット支援腹腔鏡した前立腺全摘除術後の早期尿禁制に関与する因子の検討. 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会、2014年11月26-28日、福岡.
14) 田中俊明、舛森直哉:<シンポジウム> 10年以上経過した尿禁制型代用膀胱患者のアウトカム “回腸導管は今もゴールドスタンダートか~長期成績からの提言~”. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
15) 宮本慎太郎、前鼻健志、市原浩司、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:経皮的腎生検における当科周術期プロトコールおよび出血性合併症の検討.  第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
16) 北村 寛、市原浩司、松尾かずな、前鼻健志、京田有樹、高柳明夫、小林 皇、舛森直哉:ロボット支援腹腔鏡鏡下前立腺全摘除術後の早期尿禁制に関与する因子の検討. 第6回日本ロボット外科学会総会、2014年2月22日、福岡.
17) 松尾かずな、市原浩司、後藤百万、舛森直哉:Female to Male患者へのcross-sex hormone療法の下部尿路機能への影響. GID学会第16回研究大会、2014年3月21-22日、那覇.
18) 市原浩司、松尾かずな、舛森直哉:S状結腸による造膣を併用したSRS-MTFの1例.  GID学会第16回研究大会、2014年3月21-22日、那覇.
19) 舛森直哉:【特別講演】GID診療の現状と課題. 第391回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年1月25日、札幌.
20) 松尾かずな、市原浩司、後藤百万、舛森直哉:Female to Male患者へのcross-sex hormone療法の下部尿路機能への影響. 第391回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年1月25日、札幌.
21) 宮本慎太郎、前鼻健志、市原浩司、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:経皮的腎生検における当科周術期プロトコールおよび出血性合併症の検討. 第392回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年5月31日、札幌.
22) 加藤秀一、舛森直哉:尿道外傷の観血的尿道再建術の成績. 第11回泌尿器科再建再生研究会、2014年7月5日、青森
23) 上原央久:〈教育講演〉 小児の自己導尿. 第30回北海道思春期研究会、2014年10月18日、室蘭.

感染症

【論文】
1) Takahashi S, Kurimura Y, Hashimoto J, Uehara T, Hiyama Y, Iwasawa A, Nishimura M, Sunaoshi K, Takeda K, Suzuki N, Tsukamoto T: Antimicrobial susceptibility and penicillin-binding protein 1 and 2 mutations in Neisseria gonorrhoeae isolated from male urethritis in Sapporo, Japan.? J Infect Chemother 19; 50-56, 2013.
2) Takahashi S, Hamasuna R, Yasuda M, et al.: A randomized clinical trial to evaluate the preventive effect of cranberry juice (UR65) for patients with recurrent urinary tract infection.? J Infect Chemother 19; 112-117, 2013.
3) Takahashi S, Hamasuna R, Yasuda M, Ito S, Ito K, Kawai S, Yamaguchi T et al.: Clinical efficacy of sitafloxacin 100mg twice daily for 7 days for patients with non-gonococcal urethritis.? J Infect Chemother 19; 941-945, 2013.
4) Hiyama Y, Takahashi S, Uehara T, Hashimoto J, Kurimura Y, Tanaka T, Masumori N: Significance of anaerobic bacteria in postoperative infection after radical cystectomy and urinary diversion or reconstruction.? J Infect Chemother 19; 867-870, 2013.
5) Kunimoto Y, Yasui H, Touda N, Okazaki M, Nakata H, Noda N, Ikeda H, Hayashi T, Takahashi S et al.: Coadmionistration of tenofovir decreased atazanavir plasma concentration after unilateral nephrectomy.? J Infect Chemother 19; 750-753, 2013.
6) Hayami H, Takahashi S, Ishikawa K, Yasuda M, Yamamoto S, et al.: Nationwide surveillance of bacterial pathogens from patients with acute uncomplicated cystitis conducted by the Japanese surveillance committee during 2009 and 2010: antimicrobial susceptibility of Escherichia coli and Staphylococcus saprophyticus.? J Infect Chemother 19; 393-403, 2013.
7) Hamasuna R, Yasuda M, Ishikawa K, Uehara S, Takahashi S et al.: Nationwide surveillance of the antimicrobial susceptibility of Neisseria gonorrhoeae from male urethritis in Japna.? J Infect Chemother 19; 571-578, 2013.
8) Fujii S, Takahashi S, Makino S, Kunimoto Y, Nakata H et al.: Impact of vancomycin or linezolid therapy on development of renal dysfunction and thrombocytopenia in Japanese patients.? Chemotherapy 59: 319-324, 2013.
9) 高橋 聡:<V. 尿路感染症、男性性器感染症> 複雑性膀胱炎. 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.25 『感染症症候群(第2版) 下 臓器別感染症編』 ; 357-359、2013.
10) 高橋 聡:<VII. 性感染症> 非クラミジア性非淋菌性尿道炎. 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.25 『感染症症候群(第2版) 下 臓器別感染症編』 ; 466-468、2013.
11) 塚本泰司:膀胱炎. 『今日の治療指針 2013』 山口 徹、北原光夫他編集、pp.989-990、医学書院 、2013.
12) 桧山佳樹、高橋 聡、栗村雄一郎、市原浩司、橋本次朗、田口圭介:尿路結石による尿路閉塞を伴う急性腎盂腎炎症例の検討. 日本化学療法学会誌 61; 292-296, 2013.
13) 高橋 聡:<シンポジウム 3 変貌する尿道炎> 2.非淋菌性クラミジア性尿道炎の原因微生物としてのマイコプラズマとユレアプラズマ. 泌尿器外科 26(臨増); 605-606, 2013.
14) 市原浩司、高橋 聡:<治療に伴う看護情報> がん患者の術後ドレーン・チューブ管理 12. 膀胱癌手術. がんナーシング 3; 362-367, 2013.
15) 市原浩司、高橋 聡:CRP検査、プロカルシトニン検査. 泌尿器ケア 18; 709-712, 2013.
16) 高橋 聡:高齢者の尿路感染症. 臨床と微生物 40; 667-671, 2013.
17) 高橋 聡:<セミナー 薬の実践的で有効な最新の使い方> 尿路感染症. Medical Practice 30; 2099-2102, 2013.
18) 和田耕一郎、上原慎也、吉良慎一郎、松本正広、庄 武彦、栗村雄一郎、橋本次朗、上原央久、高橋 聡、塚本泰司ほか<UTI共同研究会>:「泌尿器科領域における周術期感染予防ガイドライン」に関する多施設共同研究. 日泌尿学会誌 104; 505-512, 2013.
19) 東郷容和、田岡利宣也、山本新吾、桧山佳樹上原央久橋本次朗高橋 聡塚本泰司ほか:泌尿器科領域における周術期感染症予防抗菌薬の使用状況についてのアンケート調査報告. 日泌尿学会誌 104; 579-588, 2013.
【学会発表】
20) Takahashi S, Matsumoto T, Yamamoto S, Ishikawa K, Uehara T, Hamasuna R, Yasuda M, Hayamai H, Hanaki S, Kadota J: The current antimicrobial susceptibility in chlamydia trachomatis in Japan from the ????? nationwide surveillance.? STD & AIDS World Congress 2013, July 14-17, 2013, Vienna.
21) Takahashi S, Hamasuna R, Yasuda M Ito S, Deguchi T, Matsumoto T: Clinical efficacy of sitafloxacin 100mg twice daily for 7 days foro patients with nongonococcal urethritis.? STD & AIDS World Congress 2013, July 14-17, 2013, Vienna.
22) Takahashi S: <Symposium> Infection ?“Introduction of Japanese guideline”. 30th Korea-Japan Urological Congress, Sept. 6-7, 2013, Seoul.
23) 高橋 聡:<卒後教育プログラム> 尿路性器感染症 “泌尿器科領域における感染制御”. 第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌市.
24) 橋本次朗、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:<シンポジウム> 尿路感染症・性感染症への最適なアプローチを学ぶ “無症候性細菌尿” 第61回日本化学療法学会総会、2013年6月5-6日、横浜市.
25) 高橋 聡:<シンポジウム> 尿路性器感染症の変遷と今後の対応 “急性腎盂腎炎の変遷と今後の対応” 第78回日本泌尿器科学会東部総会、2013年10月17-19日、新潟市.
26) 高橋 聡:<シンポジウム> ワクチン以外の感染症予防策 “クランベリージュースによる尿路感染症予防” 第60回日本化学療法学会東日本支部総会、2013年10月30日-11月1日、東京.
27) 橋本次朗:<シンポジウム> 複雑性尿路感染症の治療効果を高める戦略 “急性腎盂腎炎の診断と治療の検証 症例1” 第60回日本化学療法学会東日本支部総会、2013年10月30日-11月1日、東京.
28) 上原央久:<シンポジウム> 複雑性尿路感染症の治療効果を高める戦略 “急性腎盂腎炎の診断と治療の検証 症例3” 第60回日本化学療法学会東日本支部総会、2013年10月30日-11月1日、東京.
29) 高橋 聡:<教育セミナー> 1) 尿道炎に対する治療・同時治療の将来は? 2) 尿道炎・子宮頸管炎の原因微生物検出について. 日本性感染症学会第26回学術大会、2013年11月16-17日、岐阜市.
30) 高橋 聡:<教育セミナー> 細菌性感染総の診断と治療の話題. 第29回腎移植・血管外科研究会、2013年6月28-29日、青森県浅虫温泉.
31) 高橋 聡、橋本次朗、桧山佳樹、上原央久、栗村雄一郎、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:モノフィラメント抗菌縫合糸を皮下縫合に用いた根治的膀胱摘除術後の手術創感染症予防.  第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌市.
32) 山本卓宜、高橋 聡、橋本次朗、市原浩司、広部恵美、舛森直哉、塚本泰司:根治的膀胱摘除術におけるSSI分類と重症度に関する検討.  第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌市.
33) 橋本次朗、高橋 聡、塚本泰司:当科における尿膜管膿瘍の検討.  第61回日本化学療法学会総会、2013年6月5-6日、横浜市.
34) 高橋 聡、橋本次朗、塚本泰司、砂押研一、竹田孝一、鈴木伸和ほか:非淋菌性尿道炎に対するSTFXの臨床効果. 第388回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年1月26日、札幌市.
35) 橋本次朗、北村 寛、高橋 聡、伊藤直樹、舛森直哉:当科における鏡視下腎盂形成術の検討. 第389回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年6月15日、札幌市.
36) 高橋 聡、桧山佳樹、上原央久、橋本次朗、舛森直哉ほか:尿道炎に対するアジスロマイシン2g製剤の臨床効果. 第390回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年10月12日、旭川市.
37) 高橋 聡、桧山佳樹、上原央久、橋本次朗、舛森直哉:急性単純性膀胱炎の原因菌分離頻度に関する一考察. 第24回尿路感染症研究会、2013年10月5日、西宮市.
38) 高橋 聡、舛森直哉:モノフィラメント抗菌縫合糸を皮下縫合に用いた根治的膀胱摘除術後の手術創感染症予防. 第26回日本外科感染症学会総会、2013年11月25-26日、神戸市.

内分泌

【論文】
1) Kyoda Y, Tanaka T, Maeda T, Masumori N and Tsukamoto T: Adrenal hemorrhagic pseudocyst as the differential diagnosis of pheochromocytome―A review of the clinical features in cases with radiographycally diagnosed pheochromocytoma.? J Endocr Invest 36; 707-711, 2013.
2) 前鼻健志、田中俊明、前田俊浩、舛森直哉、塚本泰司:内分泌非活性副腎腫瘍の長期経過の検討:内分泌活性腫瘍への進展. 泌尿器外科 26; 489-493, 2013.
【学会発表】
3) 前田俊浩、田中俊明、前鼻健志、舛森直哉、伊藤直樹:札幌医科大学泌尿器科男性不妊外来の臨床統計. 第58回日本生殖医学会、2013年11月15-16日、神戸市.
4) 野藤誓亮、田中俊明、松木雅裕、前田俊浩、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:ACTH単独欠損症を合併した左副腎腺腫の1例. 第78回日本泌尿器科学会東部総会、2013年10月17-19日、新潟市.
5) 野藤誓亮、田中俊明、松木雅裕、前田俊浩、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:ACTH単独欠損症を合併した左副腎腺腫の1例. 第389回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年6月15日、札幌市.
6) 前田俊浩、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司、伊藤直樹:精索静脈瘤に対する顕微鏡下内精索静脈低位結紮術の検討. 第55回北海道生殖医学会、2013年2月16日、札幌市.

性機能

【論文】
1) 小林 皇、高柳明夫、松田洋平、松木雅裕、舛森直哉、塚本泰司:男性ホルモン低下の認知機能に対する影響についての検討. 日本性機能学会誌 28; 71-76, 2013.
2) 松田洋平、小林 皇、橋本浩平、高柳明夫、松木雅裕、舛森直哉、塚本泰司:emission less、逆行性射精に対するアモキサピンの有効性. 日本性機能学会誌 28; 77-81, 2013.
3) 高柳明夫、小林 皇、松木雅裕、松田洋平、橋本浩平、舛森直哉、塚本泰司ほか:仙骨表面治療的電気刺激法が根治的前立腺摘除術後早期の勃起機能に与える効果. 日本性機能学会誌 28; 89-94, 2013.
4) 松木雅裕、小林 皇、松田洋平、高柳明夫、橋本浩平、舛森直哉、山本卓宜、武居史泰、柳瀬雅裕、執行雅紀:Intracavernous Tunneling法を施行した虚血性持続勃起症の2例. 日本性機能学会誌 28; 179-183, 2013.
【学会発表】
5) Takayanagi A, Kobayashi K, Fukuta F, Matsuki M, Matsuda Y, Masumori N, Tsukamoto T: A 15-year longitudinal community-based study on sexual function of Japanese men by aging and satisfaction with their sexual life. The 14th Biennial Meeting of the Asia-Pacific Society for Sexual Medicine, May 30-June 2, 2013, Kanazawa.
6) Matsuo K, Gotoh M, Kobayashi K, Masumori N: Factors associated with severity of penile strangulation in Japan: Review of the literature.? The 14th Biennial Meeting of the Asia-Pacific Society for Sexual Medicine, May 30-June 2, 2013, Kanazawa.
7) 小林 皇、高柳明夫、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:当科におけるプロスタグランジンE1陰茎海綿体注射の検討. 第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌.
8) 小林 皇、池端良紀、市原浩司、田中俊明、松木雅裕、松田洋平:血液透析患者における射精障害に対する治療経験. 第58回日本透析医学会学術集会・総会、2013年6月20-23日、福岡.
9) 小林 皇、高柳明夫、松木雅裕、前田俊浩、田中俊明、福多史昌、松田洋平、橋本浩平、伊藤直樹、舛森直哉、塚本泰司:前立腺がん内分泌治療時の筋力に関する検討. 第23回日本性機能学会東部総会、2013年3月9日、仙台市.
10) 松木雅裕、小林 皇、野藤誓亮、池端良紀、高柳明夫、田中俊明、北村 寛、執行雅紀、舛森直哉、塚本泰司:A1-Ghorab ShuntoとIntracaversnou Tunneling法を施行した虚血性持続勃起症の1例. 第23回日本性機能学会東部総会、2013年3月9日、仙台市.
11) 松木雅裕、小林 皇、野藤誓亮、池端良紀、田中俊明、北村 寛、執行雅紀、塚本泰司:A1-Ghorab ShuntoとIntracaversnou Tunneling法を施行した虚血性持続勃起症の1例. 第388回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年1月26日、札幌市.
12) 高柳明夫、小林 皇、福多史昌、松木雅裕、松田洋平、舛森直哉:日本人男性における加齢に伴う性機能の変化―北海道島牧村における15年の縦断研究結果より. 第389回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年6月15日、札幌市.
13) 小林 皇:【特別講演】下部尿路通過障害と性機能障害との関連についての検討.  第389回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年6月15日、札幌市.
14) 小林 皇、高柳明夫、松尾かずな、京田有樹、岡田 学、舛森直哉:オーガズム障害に対してアモキサピンが有効であった1症例. 第390回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年10月12日、旭川市.
15) 小林 皇:【特別講演】排尿と関連する層状について~性機能と排尿後症状~. 第19回日胆地区泌尿器科、2013年9月6日、室蘭市.

腫瘍

【論文】
1) 【学位論文】Hashimoto K, Masumori N, Tanaka T, Maeda T, Kobayashi K, Kitamura H, Hirata K and Tsukamoto T: Zoledronic acid but not somatostatin analogs exerts anti-tumor effects in a model of murine prostatic neuroendocrine carcinoma of the development of castration-resistant prostate cancer. ?Prostate 73; 500-511, 2013.
2) 【学位論文】Nishida S, Hirohashi Y, Torigoe T, Inoue R, Kitamura H, Tanaka T, Takahashi A, Asanuma H, Masumori N, Tsukamoto T and Sato N: Prostate cancer stem-like cells/cancer-initiating cells have an autocrine system of hepatocyte growth factor. ?Cancer Sci 104; 431-436, 2013.
3) 【学位論文】Shimizu T, Suzuki H, Nojima M, Kitamura H, Yamamoto E, Maruyama R, Ashida M, Hatahira T, Kai M, Masumori N, Tokino T, Imai K, Tsukamoto T, Toyota M: Methylation of a Panel of MicroRNA Genes Is a Novel Biomarker for Detection of Bladder Cancer.? Eur Urol 63; 1091-1100, 2013.
4) 【学位論文】Hirobe M, Masumori N, Tanaka T, Kitamura H, Tsukamoto T: Establishment of an ASPL-TFE3 renal cell carcinoma cell line (S-TFE).? Cancer Biol Ther 14; 502-510, 2013.
5) Kitamura H, Torigoe T, Hirohashi Y, Asanuma H, Inoue R, Nishida S, Tanaka T, et al.: Nuclear, but not cytoplasmic, localization of surviving as a negative prognostic factor for survival in upper urinary tract urothelial carcinoma. ?Virchows Archiv 462; 101-107, 2013.
6) Kitamura H, Torigoe T, Hirohashi Y, Asanuma H, Inoue R, Nishida S, Tanaka T, Fukuta F, Masumori N, Sato T and Tsukamoto T: Prognostic impact of the expression of ALDH1 and SOX2 in urothelial cancer of the upper urinary tract. ?Mod Pathol 26; 117-124, 2013.
7) Shindo T, Masumori N, Kobayashi K, Fukuta F, Hirobe M, Tonooka A, Hasegawa T, Kitamura H and Tsukamoto T: Long-term outcome of small, organ-confined renal cell carcinoma (RCC) is not always favourable.? BJU Int 111; 941-945, 2013.
8) Ichihara K, Kitamura H, Masumori N, Fukuta F and Tsukamoto T: Transurethral prostate biopsy before radical cystectomy remains clinically relevant for decision-making on urethrectomy in patients with bladder cancer. ?Int J Clin Oncol 18; 75-80, 2013.
9) Kitamura H: Editorial comment to stage-specific impact of extended versus standard pelvic lymph node dissection in radical cystectomy. ?Int J Urol 20; 398, 2013.
10) Kitamura H: Editorial comment to Radical cystectomy and oncologic outcomes of male patients with pT4a urothelial bladder carcinoma with orthotopic urinary diversion.? Int J Urol 20; 1233, 2013.
11) Shibamori K, Tanaka T, Kitamura H, Masumori N, Tsukamoto T: Metachronous testicular seminoma occurring 8 years after treatment of extragonadal nonseminomatous germ cell tumor in the retroperitoneum.? Int Cancer Conf J 2; 145-148, 2013.
12) Kato S, Tanaka T, Kitamura H, Masumori N, Ito T, Kawaharada N, Tsukamoto T: Resection of the inferior vena cava for urological malignancies: single-center experience.? Int J Clin Oncol 18; 905-909, 2013.
13) 13) Maehana T, Tanaka T, Kitamura H, Masumori N, Tsukamoto T: Short-term functional and oncological outcomes of partial nephrectomy for renal cell carcinoma in patients with an anatomically or functionally solitary kidney: single-center experience. Int J Clin Oncol 18; 1049-1053, 2013.
14) Shindo T, Masumori N, Kobayashi K, Fukuta F, Hirobe M, Tonooka A, Hasegawa T, Kitamura H, Tsukamoto T: Long-term outcome of small, organ-confined renal cell carcinoma is not always favorable. ?BJU Int 111; 941-945, 2013.
15) Nishiyama N, Kitamura H, Maeda T, Takahashi S, Masumori N, Hasegawa T, Tsukamoto T: Clinicopathological analysis of patients with non-muscle-invasive bladder cancer: Prognostic value and clinical reliability of the 2004 WHO classification system.? Jpn J Clin Oncol 43; 1124-1131, 2013.
16) Tanaka T, Kitamura H, Inoue R, Nishida S, Takahashi-Takaya A, Kawami S, Torigoe S, Hirohashi Y, Tsukamoto T, Sato N, Masumori N: Potential survival benefit of anti-apoptosis protein, survivin-derived peptide vaccine with and without interferon alpha therapy for patients with advanced or recurrent urothelial cancer: results from phase I clinical trials.? Clin Dev Immunol 2013; 262967, 2013.
17) Maehana T, Tanaka T, Kitamura H, Masumori N, Tsukamoto T: Short-term functional and oncological outcomes of partial nephrectomy for renal cell carcinoma in patients with an anatomically or functionally solitary kidney: single-center experience.? Int J Clin Oncol 18; 1049-1053, 2013.
18) Shibata Y, Suzuki K, Arai S, Miyoshi Y, Umemoto S, Masumori N, Kamiya N, Ichikawa T et al.: Impact of pre-treatment prostate tissue androgen content on the prediction of castration-resistant prostate cancer development in patients treated with primary androgen deprivation therapy.? Andrology 1; 505-511, 2013.
19) Naito S, Oshita H, Kondo T, Shinohara N, Kasahara T, Saito K, Takeyama T, Masumori N, Takahashi W, et al: Prognostic factors of patients with metastatic renal cell carcinoma with removed metastases: A multicenter study of 556 patients.? Urology 82; 846-851, 2013.
20) Sugiyama Y, Masumori N, Fukuta F, Yoneta A, Hida T, Yamashita T, Minatoya M, Nagata Y, Mori M, Tsuji H, Akaza H, Tsukamoto T: Influence of isoflavone intake and equol-producing intestinal flora on prostate cancer risk.? Asian Pacific J Cancer Prev 14; 1-4, 2013.
21) 北村 寛:B 尿路上皮癌の基礎知識 5 正確なステージ診断のための根治術の留意点. 『実践的泌尿器腫瘍病理診断―カンファレンス形式で学ぶ』 筧 善行、賀本敏行編集、pp.224-233、中山書店、東京、2013.
22) 塚本泰司、北村 寛:X. 泌尿器科腫瘍学 3.膀胱腫瘍 3-3.浸潤性・進行性膀胱腫瘍の治療. 『ベッドサイド泌尿器科学 改訂第4版』 吉田 修監修、小川 修、岡田裕作、荒井陽一、寺地敏郎、松田公志、筧 善行、羽渕友則編集、南江堂、東京、pp.428-431, 2013.
23) 舛森直哉:筋層浸潤性膀胱癌の診断と周術期化学療法および膀胱温存療法. 日本泌尿器科学会2013年卒後教育テキスト Vol.18 (No.1); 198-204, 2013.
24) 舛森直哉:エベロリムス. 『Year Book of RCC 2013』 冨田善彦、金山博臣ほか編集、pp.131-138、メディカルレビュー社、2013.
25) 舛森直哉、塚本泰司:Q10 前立腺がんの検査方法には、どのようなものがありますか? Q11 PSAとは何ですか? Q12 PSA値が基準値より低くても、前立腺がんの可能性はありますか? Q13 直腸診はどのように行いますか? 痛いですか? A14 経直腸エコーはどのように行いますか? 痛いですか? 『インフォームドコンセントのための図説シリーズ 前立腺がん 改訂版 Q&Aで理解を深める基礎と臨床』吉田 修監修、大園誠一郎、荒井陽一編集、pp.22-28、医薬ジャーナル社、2013.
26) 北村 寛:膀胱がんの手術. 泌尿器ケア2013年夏季増刊『患者さんへの説明にそのまま使える! 泌尿器がんのすべて』 羽渕友則監修、メディカ出版、大阪、pp.158-176, 2013.
27) 西山直隆、進藤哲哉、堀田 裕、高橋 敦、柳瀬雅裕、伊藤直樹、立木 仁、宮尾則臣、松川雅則、国島康晴、田口圭介、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:BCG膀胱内注入療法を施行した筋層非浸潤膀胱癌 (NMIBC)の予後に関する後ろ向き・多施設共同研究. 泌尿器外科 26; 303-304, 2013.
28) 北村 寛:<パネルディスカッション  膀胱腫瘍―根治手術vs根治照射> 1.膀胱全摘除術の功罪を考える. 泌尿器外科 26(臨増); 693-695, 2013.
29) 池端良紀、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:泌尿器癌骨転移症例に対するデノスマブの短期治療成績. 臨泌 67; 695-700, 2013.
30) 井上隆太、橋本浩平、舛森直哉、竹内 基、北村 寛、塚本泰司ほか. Active surveillanceの適応と考えられた前立腺全摘症例の検討. 泌尿紀要 59; 555-559, 2013.
31) 北村 寛:進行性尿路上皮がんに用いる薬. 泌尿器ケア 18; 1066-1067, 2013.
32) 北村 寛: 良性・悪性の鑑別に迷う膀胱病変. 臨泌 67; 877-881, 2013.
33) 北村 寛、川口紘史、吉岡? 薫: 進行性尿路上皮がんに用いる薬. 泌尿器ケア 10, 70-72, 2013.
34) 北村 寛、舛森直哉:尿路上皮癌に対する治療の最前線. 細胞 45; 654-657, 2013.
35) 岡田 学、高橋 聡、松木雅裕、市原浩司、島 正樹、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:間質性膀胱炎患者に発生した膀胱扁平上皮癌の1例. 泌尿紀要 59; 31-33, 2013.
36) 岡田 学、田中俊明、福多史昌、舛森直哉、塚本泰司ほか:根治的前立腺摘除術を施行した前立腺stromal tumor of uncertain malignant potential (STUMP)の1例. 泌尿紀要 59; 137-140, 2013.
37) 池端良紀、髙橋 聡、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司. 分子標的薬治療後の転移巣摘除術により長期寛解を得た転移性腎癌の1例. 泌尿紀要59; 369-372, 2013.
【学会発表】
38) Kitamura H, Tsukamoto T, Masumori N, Shibata T, Kunieda F, Urologic Oncology Study Group of the Japan Clinical Oncology Group: Randomized phase III trial of neoadjuvant chemotherapy with methotrexate, doxorubicin, vinblastine and cisplatin followed by radical cystectomy (RC) compared with RC alone for invasive bladder cancer: Japan Clinical Oncology Groups study JCOG0209.? Genitourinary Cancers Symposium,? Feb. 14-16, 2013, Orlando, USA.
39) Hirobe M, Masumori N, Tanaka T, Kitamura H, Tonooka A, Hasegawa T, Tsukamoto T: Clinico- pathological characteristrics of Xp11 translocation renal cell carcinoma in adults: diagnosis using FISH analysis in conjunction with TFE3 immunostaining.? 28th Annual European Urology Association Congress, March 15-19, 2013, Milan.
40) Nishida S, Hirohashi Y, Torigoe T, Tanaka T, Kitamura H, Inoue R, Masumori N, Sato N, Tsukamoto T: Prostate cancer stem-like cells/cancer initiating cells have an autocrine system of Hepatocyte Growth Factor.? AUA 2013 Annual Meeting, May 4/8, 2013, San Diego.
41) Hirobe M, Masunmori N, Tanaka T, Kitamura H, Tsukamoto T: Establishment of a renal cell carcinoma cell line associated with TFE3 gene fusion.? AUA 2013 Annual Meeting, May 4/8, 2013, San Diego.
42) Nishiyama N, Kitamura H, Masumori N, Hasegawa T, Tsukamoto T: Clinicopathological analysis of patients with nonmuscle-invasive bladder cancer: Prognostic value and clinical reliability of the WHO grading system of 2004.? AUA 2013 Annual Meeting, May 4-8, 2013, San Diego.
43) Kitamura H, Tsukamoto T, Masumori N, Shibata T, Kunieda F, Fujimoto H, Hirao Y, Kitamura Y, et al.: Randomized phase III trial of neoadjuvant chemotherapy (NAC) with methotrexate, doxorubicin, vinblastine, and cisplatin (MVAC) followed by radical cystectomy (RC) compared with alone for muscle-invasive bladder cancer (MIBC): Japan Clinical Oncology Group study, JCOG0209.? ASCO Annual ’13 Meeting, May 31-June 4, 2013, Chicago.
44) Inoue R, Hirohashi Y, Torigoe T, Nishida S, Takahashi A, Tanaka T, Kitamura H, Masumori N, Tsukamoto T, Sato N: Identification of cancer stem-like cells from bladder urothelial carcinoma cells by aldehyde dehydrogenase activity.? 33rd Congress of the Societe Internationale D’Urologie, Sept. 8-12, 2013, Vancouver.
45) Kitamura H, Torigoe T, Hirohashi Y, Kawami S, Inoue R, Nishida S, Tanaka T, Sato N and Masumori N:
Preclinica study of a novel immunotherapy for renal cell carcinoma: combination of long and short peptides.? 5th European Multidisciplinary Meeting on Urological Cancers, Nov. 15-17, 2013, Marseille.
46) Kitamura H, Torigoe T, Hirohashi Y, Inoue R, Nishida S, Nishiyama N. Tanaka T, Masumori N, Sato N: Differential gene expression profiling of micropapillary carcinoma versus conventional urothelial carcinoma of the bladder. 第72回日本癌学会総会、2013年10月3-5日、横浜.
47) Kitamura H, Tsukamoto T, Shibata T, Kunieda F, Fujimoto H, Fujimoto K, et al., Urologic Oncology Study Group of the Japan Clinical Oncology Group: Phase III trial of neoadjuvant MVAC chemotherapy plus cystectomy versus cystectomy alone for bladder cancer: JCOG0209. 第11回日本臨床腫瘍学会学術集会、2013年8月29-31日、仙台.
48) 北村 寛:<シンポジウム> 局所進行・有転移尿路上皮癌 “尿路上皮癌に対する化学療法:一次、二次化学療法さらにはunit症例に対する治療をどうするか?” 第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌.
49) 北村 寛:<シンポジウム> 21世紀の前立腺癌根治治療の可能性―どこまで行けるのか “根治薬物療法の新展開” 第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌.
50) 北村 寛、舛森直哉:〈ワークショップ〉腎癌up to date―個別化医療をめざして “腎細胞癌の臨床~分子標的療法を中心に~. 第102回日本病理学会総会、2013年6月6-8日、札幌.
51) 舛森直哉:<卒後教育プログラム> 筋層浸潤および転移性膀胱癌の診断と治療(尿路変向・化学療法を含む) “筋層浸潤性膀胱癌の診断と周術期化学療法、膀胱温存療法” 第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌.
52) 舛森直哉:〈コンパニオンミーティング〉 泌尿器病理研究会 「膀胱腫瘍の病理」 “泌尿器科医は膀胱病理に何を期待するか?” 第102回日本病理学会総会、2013年6月6-8日、札幌.
53) 井上隆太、舛森直哉、柳瀬雅裕、高橋 敦、宮尾則臣、伊藤直樹、堀田 裕、廣瀬崇興、田口圭介、松川雅則、立木 仁、国島康晴、塚本泰司:転移性腎炎明細胞癌に対する分子標的薬の効果と予後因子の検討.  第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌.
54) 竹内 基、北村 寛、塚本泰司、天野麻穂、西村紳一郎:グライコブロッティング法を用いた膀胱癌患者の糖鎖解析.  第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌.
55) 池端良紀、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:当科におけるデノスマブの初期投与経験.  第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌.
56) 北村 寛、井上隆太、広部恵美、京田有樹、田中俊明、舛森直哉:分子標的療法の導入により腎癌骨転移の治療成績は向上したか? 第51回日本癌治療学会総会、2013年10月24-26日、京都.
57) 西山直隆、堀田 裕、高橋 敦、伊藤直樹ほか:BCG failureをきたした筋層非浸潤性膀胱癌の予後に関する後ろ向き・多施設共同研究. 第51回日本癌治療学会総会、2013年10月24-26日、京都.
58) 岡田 学、西山直隆、北村 寛、舛森直哉:膀胱全摘除術後に再発をきたした転移性膀胱癌に対する放射線療法の治療成績.  第51回日本癌治療学会総会、2013年10月24-26日、京都.
59) 西田幸代、鳥越俊彦、廣橋良彦、井上隆太、田中俊明、北村 寛、高橋あかり、舛森直哉、塚本泰司、佐藤昇志:前立腺がん幹細胞におけるhepatocyte-growth factor (HGF)の自己分泌機構. 第102回日本病理学会総会、2013年6月6-8日、札幌.
60) 井上隆太、廣橋良彦、鳥越俊彦、北村 寛、田中俊明、西山直隆、西田幸代、舛森直哉、塚本泰司、佐藤昇志:ALDH1A1陽性膀胱尿路上皮癌細胞株における癌幹細胞特異的遺伝子発現の検討. 第102回日本病理学会総会、2013年6月6-8日、札幌.
61) 田中俊明、北村 寛、西田幸代、井上隆太、高橋あかり、廣橋良彦、鳥越俊彦、佐藤昇志、舛森直哉:転移性尿路上皮癌に対するHLA-A24拘束性サバイビンペプチドワクチン療法. 第17回日本がん免疫学会総会、2013年4月3-5日、宇部.
62) 北村 寛、田中俊明:再発膀胱癌患者に対するHLA-A24拘束性サバイビンペプチドワクチン予防投与. 第26回日本バイオセラピィ学会学術集会総会、2013年12月5-6日、盛岡.
63) 西山直隆、堀田 裕、高橋 敦、柳瀬雅裕、伊藤直樹、立木 仁、宮尾則臣ほか:HCG Replacingをきたした筋層非浸潤性膀胱癌 (NMIBC)症例の予後に関する後ろ向き・多施設共同研究. 第78回日本泌尿器科学会東部総会、2013年10月17-19日、新潟.
64) 広部恵美:【特別講演】Xp11.2転座型腎細胞癌の細胞株の樹立と臨床的検討. 第388回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年1月26日、札幌.
65) 福多史昌、北村 寛、柳瀬雅裕、田口圭介、高橋 敦ほか:去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセルの有効性の検討―SUOC参加施設による多施設共同研究.  第388回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年1月26日、札幌.
66) 西山直隆、進藤哲哉、堀田 裕、高橋 敦、柳瀬雅裕、伊藤直樹、立木 仁、宮尾則臣ほか:BCG膀胱内注入療法後膀胱内再発をきたした筋層非浸潤性膀胱癌 (NMIBC)の予後に関する後ろ向き・多施設共同研究.  第389回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年6月15日、札幌.
67) 北村 寛、井上隆太、広部恵美、京田有樹、田中俊明、舛森直哉:分子標的療法の導入により腎癌骨転移の治療成績は向上したか? 第390回北海道地方会、2013年10月12日、旭川.
68) 竹内 基:【特別講演】膀胱癌におけるグライコブロッティング法を用いた血清および尿中糖鎖解析.  第390回北海道地方会、2013年10月12日、旭川.
69) 井上隆太、廣橋良彦、鳥越俊彦、北村 寛、田中俊明、西山直隆、西田幸代、舛森直哉、塚本泰司、佐藤昇志:ALDH1A1陽性膀胱尿路上皮癌細胞株における癌幹細胞特異的遺伝子発現の検討. 第22回泌尿器科分子・細胞研究会、2013年3月8-9日、高知.
70) 広部恵美、舛森直哉:〈シンポジウム〉非淡明細胞癌 “Translocation renal cell carcinomaの臨床病理学的検討”、第4回腎癌研究会、2013年7月21日、東京.
71) 北村 寛:分子標的療法の導入により腎癌骨転移の治療成績は向上したか? 第4回腎癌研究会、2013年7月21日、東京.
72) 西山直隆:BCG Replacingをきたした筋層非浸潤性膀胱癌 (NMIBC)症例の予後に関する後ろ向き・多施設共同研究. 第6回BCG注入療法研究会、2013年11月22日、東京.
73) 西田幸代、廣橋良彦、鳥越俊彦、野島正寛、北村 寛、佐藤昇志、舛森直哉:前立腺癌のhepatocyte growth factor発現は前立腺全摘後PSA再発の予測因子となりうる. 第29回前立腺癌シンポジウム、2013年124月14-15日、東京.

排尿異常・前立腺肥大症

【論文】
1) Fukuta F, Masumori N, Mori M and Tsukamoto T: Incidence and risk of treatment for benign prostatic hyperplasia in Japanese men: A 15-year longitudinal community-based study.? Int J Urol 20; 100-106, 2013.
2) Fukuta F and Masumori N: Natural history of lower urinary tract symptoms secondary to BPH.? Curr Bladder Dysfunct Rep: DOI 10.1007/s11884-013-0180-0
3) Takeda M, Nishizawa O, Gotoh M, Yoshida M, Takahashi S and Masumori N: Clinical efficacy and safety of imidafenacin as ass-on treatment for persistent overactive bladder symptoms despite α-blocker treatment in patients with BPH: The ADDITION STUDY. Urology 82; 887-893, 2013.
4) <Committee 1> Epidemiology and natural history of male lower urinary tract symptoms.?
Chairs: Honnma Y, Japan,? Parson JK, USA
Members: Coyne KS, USA, Masumori N, Japan, Milson I, Sweden
“Male Lower Urinary Tract Symptoms (LUTUS)” An International Consultation on Male LUTS, Fukuoka, Japan, Sept. 30-Oct.4, 2012, Ed. by Chapple C & Abrams P, pp.1-35, The Societe Internationale d’Urologie (SIR). 2013.
5) 舛森直哉:VIII. 前立腺肥大症 1.前立腺・精嚢の解剖と発生生理学 『ベッドサイド泌尿器科学 改訂第4版』 吉田修監修、小川修、岡田裕作、荒井陽一、寺地敏郎、松田公志、筧善行、羽渕友則編集、南江堂、東京、pp.414-418, 2013.
6) 舛森直哉:VIII. 2.前立腺腺肥大症の疫学と自然史  『ベッドサイド泌尿器科学 改訂第4版』 吉田修監修、小川修、岡田裕作、荒井陽一、寺地敏郎、松田公志、筧善行、羽渕友則編集、南江堂、東京、pp.419-425, 2013.
7) 舛森直哉:VIII. 3.前立腺腺肥大症の病態  『ベッドサイド泌尿器科学 改訂第4版』 吉田修監修、小川修、岡田裕作、荒井陽一、寺地敏郎、松田公志、筧善行、羽渕友則編集、南江堂、東京、pp.426-427, 2013.
8) 舛森直哉:VIII. 4.前立腺腺肥大症の診断  『ベッドサイド泌尿器科学 改訂第4版』 吉田修監修、小川修、岡田裕作、荒井陽一、寺地敏郎、松田公志、筧善行、羽渕友則編集、南江堂、東京、pp.428-431, 2013.
9) 舛森直哉、塚本泰司:前立腺肥大症. 医学と薬学 70; 440-454, 2013.
10) 福多史昌、舛森直哉:〈特集=泌尿器科薬物療法の話題〉 前立腺肥大症~α1遮断薬の使い分け~Medicament News? No. 2139; 1-3、2013年10月25日号
11) 舛森直哉:第3章 老年泌尿器科・前立腺肥大症:前立腺肥大症の診断と治療 III. 外科治療. 日本泌尿器科学会卒後教育テキスト 18; 75-82.
【学会発表】
12) Masumori N, Tsukamoto T, Horita H, Sunaoshi K, Tanaka Y, Takeyama K, Sato e, Miyao N: Does baseline prostate bolume affect the short-term outcome of tamsulosin?? 43rd Annual Meeting of the International Continence Society, Aug. 26-30, 2013, Barcelona.
13) 舛森直哉、塚本泰司、北海道泌尿器疾患カンファレンス:前立腺肥大症に対するナフトピジルの3年間の前向き調査成績. 第20回日本排尿機能学会、2013年9月18-21日、浜松.
14) 小林 皇、福多史昌、森 満、舛森直哉:排尿後尿滴下の頻度とその困窮度についての検討―北海道島牧村における横断研究結果より―. 第20回日本排尿機能学会、2013年9月18-21日、浜松.
15) 舛森直哉:〈ランチョンセミナー〉 自然史からみたMale LUTSのトータルマネージメント. 第78回日本泌尿器科学会東部総会、2013年10月17-19日、新潟.
16) 舛森直哉:〈卒後教育〉 老年泌尿器科・前立腺肥大症 “前立腺肥大症の診断と治療” 第78回日本泌尿器科学会東部総会、2013年10月17-19日、新潟.
17) 福多史昌、舛森直哉、森 満、塚本泰司:将来、前立腺肥大症に対し治療を必要とする男性の頻度とその予測因子―北海道島牧村15年の縦断的調査の最終解析よりー. 第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌.
18) 市原浩司、舛森直哉:骨盤臓器脱の1例. 第20回札幌排尿障害研究会. 2013年6月27日、札幌.

腎移植・腎疾患

【論文】
1) Tanaka T: Editorial comment from Dr. Tanaka to risk factors for chronic kidney disease after chemotherapy for testicular cancer.? Int J Urol 20; 722-723, 2013.
2) Tanaka T: Editorial comment to oprediction of partial nephrectomy outcomes by using the diameter-axis-polar nephrometry score.? Int J Urol Dec.5, 2013.? DOI: 10.1111/iju.12369.
【学会発表】
3) Tanaka T, Ishida H, Furusawa M, Tamura Y, Kitamura H, Takahashi S, Masumori N, Tanabe K, Sato N, Tsukamoto T: Heat shock protein 90 is involved in antibody-mediated rejection and is a potential target of anti-rejection therapy in kidney transplantation.? 28th Annual European Urology Association Congress, March 15-19, 2013, Milan.
4) Tanaka T, Maehana T, Kyoda Y, Kato S, Miyamoto S, Matsukawa M, Yanase M, Kitamura H, Takahashi S, Masumori N: Serum Cystatin C in patients with intestinal urinary diversion and in those with postrenal acute kidney injury: A prospective multicenter study.? 33rd Congress of the Societe Internationale D’Urologie, Sept. 8-12, 2013, Vancouver.
5) 田中俊明、北村 寛、市原浩司、前鼻健志、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:他施設で移植を見送られ、当科を受診した腎移植希望者の検討. 第46回日本臨床腎移植学会、2013年1月30-2月1日、浦安.
6) 前鼻健志、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、石田英樹、古澤美由紀、田邉一成:抗HLA抗体陽性患者血清を用いたin vitro AMRモデルの作成. 第49回日本移植学会総会、2013年9月5-7日、京都.
7) 池端良紀、田中俊明、小林 皇、市原浩司:根治的膀胱摘除術後の急性腎障害 (AKI)発症の頻度とリスク因子. 第58回日本透析医学会学術集会・総会、2013年6月20-23日、福岡.
8) 田中俊明、前鼻健志、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉ほか:抗体関連型移植片拒絶反応におけるheat shock protein 90の関与. 第390回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年10月12日、旭川.
9) 池端良紀、田中俊明、市原浩司、小林 皇、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:根治的膀胱摘除術後の急性腎障害 (AKI)発症の頻度とリスク因子.  第390回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年10月12日、旭川.
10) 市原浩司、田中俊明、前鼻健志、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:両側腎門部埋没型腎細胞癌に対し、二期的ex vivo腎部分切除後自家腎移植術とin situ腎部分切除術を施行した1例. 第29回腎移植・血管外科研究会、2013年6月28-29日、青森.
11) 前鼻健志、田中俊明、市原浩司、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:腎移植術直後のせん妄による尿道カテーテル自己抜去が原因と考えられた移植後VURの1例. 第33回北海道腎移植談話会、2013年11月16日、札幌

その他

【論文】
1) Mizukami N, Yamaguchi M, Koike K, Watanabe A, Ichihara K, Masumori N et al.: Olanzapine for the prevention of chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients receiving highly or moderately emetogenic chemotherapy: A randomized. Double-blind, placebo-controlled stuy.? J Pain & Symptom Management? doio: 10.1016/j.jpainsymman, 2013.05.003
2) 舛森直哉、市原浩司、松尾かずな:性同一性障害に対する手術. 『新版 泌尿器科 周術期管理のすべて』 荒井陽一、松田公志、高橋 悟編集、pp.344-350、MEDICAL VIEW, 2013.
3) 橋本次朗、高橋 聡:〈泌尿器科診療ベスト NAVI〉 1. 症状・徴候からのアプローチ 尿の色調・性状の異常 011. 血尿. 臨床泌尿器科 67(増刊号); 42-43, 2013.
4) 野藤誓亮、進藤哲哉、水野孝祐、田中俊明、北村 寛、高橋 聡舛森直哉、塚本泰司:腎細胞癌と鑑別が困難であったIgG4関連腎臓病の1例. 泌尿紀要 59; 513-515, 2013.
【学会発表】
5) Kitamura H,: Robotic surgery in Japan 2013.? Robotic Surgery Live 2013,? Oct.21-23, 2013, Seoul.
6) 舛森直哉:〈ディベート〉腹腔鏡下膀胱全摘除術は近未来の標準医療か? “標準医療ではない”. 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会、2013年11月7-9日、名古屋.
7) 舛森直哉、高橋 聡、北村 寛:4cmを越える腎腫瘍に対する腹腔鏡下腎部分切除術の成績.  第27回日本泌尿器内視鏡学会総会、2013年11月7-9日、名古屋.
8) 北村 寛、前田俊浩、小林 皇、西山直隆、田中俊明、高橋 聡、舛森直哉:(ビデオ)腹腔鏡下膀胱全摘除術におけるMarcille traiangleリンパ節廓清.  第27回日本泌尿器内視鏡学会総会、2013年11月7-9日、名古屋.
9) 橋本次朗、北村 寛、高橋 聡、伊藤直樹、舛森直哉:当科における鏡視下腎盂形成術の治療成績.  第27回日本泌尿器内視鏡学会総会、2013年11月7-9日、名古屋.
10) 市原浩司、高橋 聡、北村 寛、伊藤直樹、舛森直哉:腹腔鏡下腎尿管全摘除術の安全性および合併症の検討.  第27回日本泌尿器内視鏡学会総会、2013年11月7-9日、名古屋.
11) 前鼻健志、堀田 裕、上原央久、新海信雄、立木 仁、三宅正文:f-TUL後に発症した腎被膜下血腫の2例.  第27回日本泌尿器内視鏡学会総会、2013年11月7-9日、名古屋.
12) 前田俊浩、北村 寛、福多史昌、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:腎盂尿管全摘除術後の再発に関する臨床病理学的検討.  第101回日本泌尿器科学科総会、2013年4月25-28日、札幌.
13) 西田幸代:〈女性泌尿器科医の会〉 北海道における女性医師支援の現状. 第101回日本泌尿器科学科総会、2013年4月25-28日、札幌.
14) 舛森直哉:〈シンポジウム〉海外渡航治療の現状と問題点 “北海道における現状”. GID学会第15回研究大会、2013年3月23-24日、大宮.
15) 舛森直哉:当科における造膣術. 第4回GID手術手技研究会、2013年3月14日、大宮.
16) 舛森直哉、福多史昌:〈ランチョンシンポジウム〉 POP手術後の合併症対策. 第8回骨盤臓器脱手術手技研究会学術集会、2013年12月7日、札幌.
17) 菊地謙成、小林 皇、田中俊明、前田俊浩、松尾かずな、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:性の自認が男性であった女性非古典型先天性副腎過形成の一例. 第78回日本泌尿器科学会東部総会、2013年10月17-19日、新潟.
18) 前田俊浩、北村 寛、福多史昌、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:腎盂尿管全摘除術後の再発に関する臨床病理学的検討. 第388回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年1月26日、札幌.
19) 市原浩司、北村 寛、高橋 聡、伊藤直樹、舛森直哉:腹腔鏡下腎尿管全摘除術の安全性および合併症の検討. 第390回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年10月12日、旭川.
20) Ichihara K, Masumori N, Takahashi S, Miyao N, Kato R: A case of bladder neck rupture and vesico vaginal fistula associated with pelvic fracture in female.? Nagoya Shinsyu Forum 2013, Sept. 22, 2013, Nagoya.
21) 舛森直哉:骨盤内悪性腫瘍に対する前立腺・尿路合併切除と再建術. 第67回手術手技研究会、2013年5月18日、札幌.

感染症

【論文】
1) 【学位論文】Kurimura Y, Nishitani C, Ariki S, Saito A, Hasegawa Y, Takahashi M, Hashimoto J, Takahashi S, Tsukamoto T and Kuroki Y.: Surfactant protein D inhibits adherence of uropathogenic Escherichia coli to the bladder epithelial cells and the bacterium-induced cytotoxicity.? J Bio Chem 287; 39578-39588, 2012.
2) Takahashi S, Kurimura Y, Hashimoto J, Uehara T, Hiyama Y, Iwasawa A, Nishimura M, Sunaoshi K, Takeda K, Suzuki N, Tsukamoto T: Antimicrobial susceptibility and penicillin-binding protein 1 and 2 mutations in Neisseria gonorrhoeae isolated from male urethritis in Sapporo, Japan.? J Infect Chemother? DOI10.1007/s10156-012-0450-3.
3) Tanaka K, Arakawa S, Miura T, Shigemura K, Nakano Y, Takahashi S, Tsukamoto T, et al.: Analysis of isolated bacteria and short-term antimicrobial prophylaxis with tazobactam-piperacillin (1:4 ratio) for prevention of postoperative infections after radical cystectomy.? J Infect Chemother 18; 175-179, 2012
4) Kunimoto Y, Yasui H, Touda N, Okazaki M, Nakata H, Noda N, Ikeda H, Hayashi T, Takahashi S, et al.: Coadministration of tenofovir decreased atazanavir plasma concentration after unilateral nephrectomy.? J Infect Chemoter DOI10.1007/s10156-012-0488-2
5) Hamasuna R and Takahashi S: Should urologists care for the pharyngeal infection of Neisseria gonorrhoeae or Chlamydia trachomatis when we treat male urethritis?? J Infect Chemother 18; 410-413, 2012.
6) 高橋 聡:尿路感染症 『臨床感染症ブックレット』前崎繁文、大曲貴夫編集、pp.52-55、文光堂、2012.
7) 高橋 聡、京田有樹、栗村雄一郎、橋本次朗、上原央久、桧山佳樹、市原浩司:予防投与としての抗菌化学療法と創傷処置―根治的膀胱摘除術の手術部位感染予防―. 日本化学療法学会誌 60; 169-174, 2012.
8) 塚本泰司、高橋 聡:尿路性器感染症. 日泌尿学会誌 103(特別号-創立百年記念号); 106-111, 2012.
9) 市原浩司、橋本次朗、高橋 聡:慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群の病因. 臨床泌尿器科 66; 831-836, 2012.
10) 高橋 聡:<特集 古くて新しい前立腺炎の臨床>企画にあたって. 臨床泌尿器科 66; 811, 2012.
11) 高橋 聡: 慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群に対する治療―抗菌薬. 臨床泌尿器科 66; 847-850, 2012.
12) 高橋 聡:尿路感染症ガイドライン. 感染症道場 1; 31-33, 2012.
13) 市原浩司、高橋 聡、橋本次朗:フルニエ壊疽. 救急医学 36; 1785-1788, 2012.
14) 高橋 聡:<特集 性感染症update>性感染症の検査・診断・治療の実際―性器クラミジア感染症. Medical Technology 40; 263-266, 2012.
15) 高橋 聡:性感染症における診断キットの有用性と限界. 小児科 53; 467-472, 2012.
16) 高橋 聡:性感染症―尿道炎への対応―. 腎と透析 72(増刊号 腎疾患治療マニュアル 2012-2013); 492-494, 2012.
17) 高橋 聡、塚本泰司:性器伝染性軟属腫. 臨床と研究 89; 904-906, 2012.
18) 高橋 聡:性器クラミジア感染症. 泌尿器外科 25; 1779-1782, 2012.
【学会発表】
19) Takahashi S: Recurrent cystitis in women.? 7th AUA-JUA International Affiliate Society Meeting, May 20, 2012, Atlanta, USA.
20) Takahashi S: Japanese circumstances of urinary tract infections and sexually transmitted infections.? The 22nd Annual Meeting of the International Urological Conference of Taiwan, Aug. 18, 2012, Taipei.
21) Takahashi S: Prevention of acute uncomplicated cystitis by cranberry juice.? The 11th Asian Congress of Urology of the Urological Association of Asia, Aug. 22-26, 2012, Thailand.
22) Takahashi S: <Parallel Plenary> Chronic pelvic pain syndrome “Molecular bacterial signatures in patients with CP-CPPS”. 32nd Congress of the Societe Internationlae d’Urologie, Sept. 30-Oct. 4, 2012, Fukuoka.
23) Uehara T, Takahashi S, Ichihara K, Tanaka T, Kitamura H, Masumori N and Tsukamoto T: The frequency of surgical site infections in radical retropubic prostatectomy is not increasing regardless of short duration of antimicrobial prophylasix.? 32nd Congress of the Societe Internationlae d’Urologie, Sept. 30-Oct. 4, 2012, Fukuoka.
24) 高橋 聡:<シンポジウム>泌尿器科感染症について再考する“尿路感染症と宿主要因について再考する” 第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
25) 高橋 聡:<International Workshop>Antimicrobial resistance of pathogens for STIs “The antimicrobial susceptibilities of Chlamydia trachomatis and other pathogens-The first national surveillance of C. trachomatis in Japan-”. 第60回日本化学療法学会総会、2012年4月26-27日、長崎市.
26) 高橋 聡:<シンポジウム>外科感染症:難治化・重症化の真実 “複雑性尿路感染症の難治化・重症化に関与する因子”. 第59回日本化学療法学会総会、2012年10月10-12日、東京.
27) 高橋 聡:<シンポジウム>変貌する尿道炎 “非淋菌性非クラミジア性尿道炎の原因微生物としてのマイコプラズマとユレアプラズマ”. 第77回日本泌尿器科学会東部総会、2012年10月17-19日、東京.
28) 高橋 聡:<シンポジウム>これからのクラミジア研究 “これからのクラミジア研究~泌尿器科の立場から. 第30回日本クラミジア研究会、2012年9月8日、東京.
29) 水野孝祐、上原央久、橋本次朗、栗村雄一郎、桧山佳樹、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:泌尿器科領域の抗癌化学療法に伴う発熱性好中球減少症の検討. 第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
30) 栗村雄一郎、上原央久、橋本次朗、高橋 聡、塚本泰司:サーファクタント蛋白質A及びD (SP-A及びSP-D)による尿路感染防御機構の解明. 第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
31) 高橋 聡、濵砂良一、安田 満、荒川創一ほか:再発を繰り返す尿路感染症患者に対するクランベリー果汁飲料の再発予防効果.  第60回日本化学療法学会総会、2012年4月26-27日、長崎市.
32) 上原央久、高橋 聡、栗村雄一郎、橋本次朗、桧山佳樹、塚本泰司:根治的前立腺摘除術における手術部位感染症.  第60回日本化学療法学会総会、2012年4月26-27日、長崎市.
33) 上原央久、高橋 聡、市原浩司、桧山佳樹、進藤哲哉、橋本次朗、栗村雄一郎、塚本泰司:根治的前立腺摘除術後の手術部位感染症. 第385回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年1月21日、札幌市.
34) 高橋 聡、橋本次朗、市原浩司、塚本泰司、竹山 康、桧山佳樹、栗村雄一郎ほか:急性単純性膀胱炎に対するファロペネムナトリウムの有効性に関する多施設共同無作為化群間比較試験. 第386回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年6月9日、札幌市.

内分泌

【論文】
1) Maehana T, Tanaka T, Itoh N, Masumori N, Tsukamoto T: Clinical outcomes of surgical treatment and longitudinal non-surgical observation of patients with subclinical Cushing’s syndrome and nonfunctioning adrenocortical adenoma.? Indian J Urol 28; 179-183, 2012.
2) 進藤哲哉、舛森直哉、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、須永大介、土橋和文、塚本泰司:腹腔鏡下副腎摘除にて治療したACTH産生褐色細胞腫の1例. Jpn J Endourol 25; 337-340, 2012.
【学会発表】
3) 山本卓宜、前田俊浩、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司:性機能障害を主訴に受診し、診断されたKallmann症候群の1例. 第12回日本内分泌学会北海道支部学術集会、2012年10月6日、札幌市.

性機能

【論文】
1) 舛森直哉:デュタステリドはメンズヘルスにとって悪玉か、善玉か? 日本Men’s Health医学会News Letter Vol.9; 3-4, 2012.
【学会発表】
2) 小林 皇、高柳明夫、前田俊浩、田中俊明、福多史昌、松田洋平、橋本浩平、伊藤直樹、舛森直哉、塚本泰司:男性ホルモン低下の中枢神経系に対する影響についての検討. 日本性機能学会第23回学術総会、2012年9月20-22日、東京.
3) 高柳明夫、小林 皇、松田洋平、舛森直哉、塚本泰司ほか:仙骨表面治療的電気刺激療法が前立腺全摘除術症例の術後早期の勃起機能に与える効果についての検討. 日本性機能学会第23回学術総会、2012年9月20-22日、東京.

腫瘍

【論文】
1) 【学位論文】Maeda T. Murata M, Chiba H, Takasawa A, Tanaka S, Kojima T, Masumori N, Tsukamoto T and Sawada N: Claudin-4-targeted therapy using clostridium perfringens enterotoxin for prostate cancer.? The Prostate 72; 351-360, 2012.
2) Nishida S, Hirohashi Y, Torigoe T, Kitamura H, Takahashi A, Masumori N, Tsukamoto T and Sato N: Gene expression profiles of prostate cancer stem cells isolated by aldehyde dehydrogenase activityassay.? J Urol 188; 294-299, 2012.
3) Kitamura H, Takei F, Nishida S, Muranaka T, Masumori N, Tsukamoto T: Lymph node metastasis mapping in extended lymphadenectomy to the level of the inferior mesenteric artery for bladder cancer.? Int J Clin Oncol 17; 63-68, 2012.
4) Takayanagi A, Masumori N, Takahashi A, Takagi Y, and Tsukamoto T: Upper urinary tract recurrence after radical cystectomy for bladder cancer: Incidence and risk factors.? Int J Urol 19; 229-233, 2012.
5) Nishiyama N, Kitamura H, Mutoh M, Yanase M, Iwaki H, Hasegawa T, Tsukamoto T: Cliniclpathological analysis of patients with nonmuscle-invasive bladder cancer who underwent radical cystectomy.? Surg Sci 3; 347-352, 2012.
6) Kitamura H, Igarashi M, Tanaka T, Shindo T, Masumori N, Tamakawa M, Kawaai Y and Tsukamoto T: A role for preoperative systemic chemotherapy in node-positive upper tract urothelial carcinoma treated with radical nephroureterectomy.? Jpn J Clin Oncol 42; 1192-1196, 2012.
7) Shibamori K, Tanaka T, Kitamura H, Masumori N and Tsukamoto T: Metachronous testicular seminoma occurring 8 years after treatment of extragonadal nonseminomatous germ cell tumor in the retroperitoneum.? Int Cancer Conference Journal; DOI 10.1007/s1369-012-0078-2.
8) Miyanaga N, Akaza H, Hinotsu S, Fujioka T, Naito S, Namiki M, Takahashi S, Hirao Y, Horie S, Tsukamoto T, Mori M and Tsuji H: Prostate cancer chemoprevention study: An investigative randomized control study using purified isoflavones in men with rising prostate-specific antigen. Cancer Sci 103; 125-130, 2012.
9) Kunieda F, Kitamura H, Niwakawa M, Kuroiwa K, Shinohara N, Tobisu K, Nakamura K, Shibata T, Tsuzuki T, Tsukamoto T and Kakehi Y: Watchful waiting versus intravesical BCG therapy for high-grade pT1 bladder cancer with pT0 histology after second transurethral resection: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG1019.? Jpn J Clin Oncol 42; 1094-1098, 2012.
10) 北村 寛:CQ8 術後アジュバント療法の適応と方法は確立しているか? 『前立腺癌診療ガイドライン 2012年版』日本泌尿器科学会編、金原出版、東京、pp.137-139, 2012.
11) 北村 寛:CQ9 前立腺全摘除術後のPSA再発症例には、どのような救済療法が勧められるか? 『前立腺癌診療ガイドライン 2012年版』日本泌尿器科学会編、金原出版、東京、pp.140-142, 2012.
12) 北村 寛、塚本泰司:VII. 治療効果判定基準 『腫瘍病理鑑別診断アトラス 腎盂・尿管・膀胱癌』都築豊徳、森永正二郎編集、pp.223-229、文光堂、2012.
13) 西山直隆、進藤哲哉、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:BCG膀胱内注入療法後に膀胱内再発をきたした筋層非浸潤膀胱癌 (NMIBC)の予後に関する検討. 泌尿器外科 25; 772-773, 2012.
14) 田中俊明、塚本泰司:精巣腫瘍長期生存者の問題点. 泌尿器外科 25; 325-329, 2012.
15) 舛森直哉:前立腺癌の一次予防・化学予防に関する期待と限界. 腎泌予防医誌 20; 42-46, 2012.
16) 橋本浩平、塚本泰司:前立腺癌 薬局63; 1443-1450, 2012.
17) 北村 寛:<特集 術前補助化学療法をめぐって> 6) 膀胱がんに対する術前補助化学療法の意義は? 臨床腫瘍プラクティス 8; 155-158, 2012.
18) 進藤哲哉、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:尿路上皮癌に対する術前化学療法としてのGC療法の近接効果に関する検討. 泌尿紀要 58; 391-394, 2012.
19) 赤座英之、塚本泰司、鈴木和浩、並木幹夫、大園誠一郎、内藤誠二:前立腺癌における抗RANKL抗体デノスマブの有用性. 癌と化学療法 39; 207-212, 2012.
【学会発表】
20) Tanaka T, Kitamura H, Torigoe T, Hirohashi Y, Masumori N, Sato N, Tsukamoto T: Phase I clinical study of surviving-derived peptide vaccine with interferon alpha therapy for advanced urothelial cancer.? 27th Annual Congress of the European Association of Urology, Feb. 24-28, 2012, Paris.
21) Tanaka T, Kitamura H, Torigoe T, Hirohashi Y, Masumori N, Sato N, Tsukamoto T: PHD3 expression is a predictor of progression-free survival in clear renal cell carcinoma.? 27th Annual Congress of the European Association of Urology, Feb. 24-28, 2012, Paris.
22) Nishiyama N, Arai E, Nagashiro R, Fujimoto H, Hosoda F, Shibata T, Tsukamoto T et al.: Copy number alterations in urothelial carcinomas: Their clinicopathological significance and correlation with DNA methylation alterations.? 27th Annual Congress of the European Association of Urology, Feb. 24-28, 2012, Paris.
23) Shimizu T, Suzuki H, Nojima M, Kitamura H, Yamamoto E, Imai K, Masumori N, Tsukamoto T and Toyota M: Aberrant methylation of a panel of miRNA genes as a novel biomarker of bladder cancer.? 27th Annual Congress of the European Association of Urology,? Feb. 24-28, 2012, Paris.
24) Shindo T, Masumori N, Kobayashi K, Fukuta F, Hirobe M, Tonooka A, Hasegawa T. Kitamura H, Tsukamoto T: Long-term outcome of small, organ-confined renal cell carcinoma is not always favorable.? The 29th Japan-Korea Urological Congress, Sept. 14-15, 2012, Kagoshima.
25) Kitamura H, Torigoe T, Hirohashi Y, Asanuma H, Inoue R, Tanaka T, Masumori N, Sato N and Tsukamoto T: Clinicopathological characterization of the micropapillary variant of bladder cancer.? 32nd Congress of the Societe Internationale d’Urologie, Sept. 30-Oct. 4, 2012, Fukuoka.
26) 北村 寛:〈シンポジウム〉Molecular pathobiology of urologic neoplasm “Biomarkers for prognosis and treatment selection in kidney and bladder cancer patients” 第71回日本癌学会総会、2012年9月19-21日、札幌市.
27) 北村 寛:〈シンポジウム〉局所浸潤性膀胱癌の長期治療成績 “局所浸潤性膀胱癌に対する膀胱全摘除術” 第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
28) 北村 寛:〈シンポジウム〉泌尿器科癌手術に対するリンパ節廓清の意義 “膀胱癌に対するリンパ節廓清” 第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
29) 北村 寛、市原浩司、塚本泰司:〈パネルディスカッション〉膀胱腫瘍―根治手術vs根治照射― “膀胱全摘除術の功罪を考える” 第77回日本泌尿器科学会東部総会、2012年10月17-19日、東京.
30) 北村 寛:〈ランチョンンセミナー〉腎細胞癌に対するセカンドライン治療の新展開.  第77回日本泌尿器科学会東部総会、2012年10月17-19日、東京.
31) 広部恵美、舛森直哉、田中俊明、北村 寛、塚本泰司:Establishment of a renal cell carcinoma cell line with ASPL-TFE type 1 fusion.? 第71回日本癌学会総会、2012年9月19-21日、札幌市.
32) 西田幸代、廣橋良彦、鳥越俊彦、田中俊明、北村 寛、高橋あかり、舛森直哉、塚本泰司、佐藤昇志:Prostate cancer stem-like cells/cancer initiating cells have an autocrine system of Hepatocyle Growth Factor.? 第71回日本癌学会総会、2012年9月19-21日、札幌市.
33) 井上隆太、廣橋良彦、鳥越俊彦、北村 寛、西田幸代、舛森直哉、塚本泰司、佐藤昇志:The gene expression profiles of cancer stem-like population of urothelial carcinoma cells isolated by ALDH.? 第71回日本癌学会総会、2012年9月19-21日、札幌市.
34) 北村 寛、塚本泰司、舛森直哉ほか:筋層浸潤性膀胱癌に対する術前MVAC療法後の病理所見―JCOG0209試験. 第50回日本癌治療学会総会、2012年10月25-27日、横浜市.
35) 進藤哲哉、舛森直哉、田中俊明、福多史昌ほか:T1G3 膀胱癌における固有筋層採取の意義に関する後ろ向き多施設共同研究.  第50回日本癌治療学会総会、2012年10月25-27日、横浜市.
36) 広部恵美、宮尾則臣、堀田 裕、松川雅則、柳瀬雅裕、伊藤直樹ほか:根治的膀胱摘除術における術後早期合併症の前向き検討.  第50回日本癌治療学会総会、2012年10月25-27日、横浜市.
37) 西山直隆、北村 寛、舛森直哉、長谷川匡、塚本泰司:2004年WHO組織学的分類変更に伴う筋層非浸潤性膀胱癌における臨床病理学的予後の検討. 第50回日本癌治療学会総会、2012年10月25-27日、横浜市.
38) 市原浩司、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:新規癌取扱い規約に準拠した前立腺部尿路上皮癌の臨床的検討. 第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
39) 田中俊明、北村 寛、鳥越俊彦、高橋 聡、舛森直哉、佐藤昇志、塚本泰司:HIF proly hydroxylase-3は腎炎明細胞癌において予後予測マーカーとなる.  第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
40) 福多史昌、田中俊明、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:尿路上皮癌根治術後のリンパ節単独再発症例に対する再発リンパ節摘除術後の予後.  第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
41) 広部恵美、舛森直哉、北村 寛、塚本泰司:腎癌細胞株におけるmetforminの抗腫瘍効果の検討.  第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
42) 西田幸代、鳥越俊彦、廣橋良彦、北村 寛、舛森直哉、佐藤昇志、塚本泰司:ALDH活性分析により分離された前立腺癌幹細胞集団の特徴とその遺伝子発現. 第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
43) 西山直隆、新井恵吏、長塩 亮、藤元博行、細田文恵、柴田龍弘、塚本泰司ほか:尿路上皮がんにおけるゲノム構造異常:臨床病理学的意義ならびにDNAメチル化異常との関係.  第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
44) 清水 崇、鈴木 拓、北村 寛、山本英一郎、今井浩三、舛森直哉、塚本泰司ほか:microRNA遺伝子のメチル化を応用した膀胱癌の新しいbiomarkerの探索.  第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
45) 池端良紀、高橋 聡、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:分子標的薬の逐次療法と転移巣摘除術により長期寛解を得た進行性腎癌の1例. 第77回日本泌尿器科学会東部総会、2012年10月17-19日、東京.
46) 山本卓宜、北村 寛、井上隆太、広部恵美、西山直隆、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:分子標的薬治療後にサイトカイン療法が有効であった腎細胞癌の1例.  第77回日本泌尿器科学会東部総会、2012年10月17-19日、東京.
47) 野藤誓亮、進藤哲哉、水野孝祐、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:腎細胞癌と鑑別が困難であったIgG4関連間質性腎炎の1例.  第77回日本泌尿器科学会東部総会、2012年10月17-19日、東京.
48) 北村 寛、福多史昌、西山直隆、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司:尿路上皮癌に対するGC療法における制吐療法の検討:新旧プロトコールの比較. 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会、2012年7月26-28日、大阪市.
49) 田中俊明、北村 寛、井上隆太、西田幸代、高橋あかり、鳥越俊彦、廣橋良彦、舛森直哉、佐藤昇志、塚本泰司:尿路上皮癌に対するインターフェロンαお併用サバイビンペプチドワクチン療法第一相臨床試験. 第16回日本がん免疫学会総会、2012年7月26-28日、札幌市.
50) 田中俊明、北村 寛:尿路上皮癌に対するインターフェロンα併用サバイビンペプチドワクチン療法第一相臨床試験. 第25回バイオセラピィ学会学術集会総会、2012年12月13-14日、倉敷市.
51) 広部恵美、舛森直哉、田中俊明、北村 寛、塚本泰司ほか:Xp11.2 translocation renal cell carcinomaの臨床病理学的検討. 第385回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年1月21日、札幌市.
52) 山本卓宜、北村 寛、井上隆太、広部恵美、西山直隆、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:分子標的薬治療後にサイトカイン療法が有効であった腎細胞癌の1例.  第386回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年6月9日、札幌市.
53) 池端良紀、高橋 聡、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:分子標的薬の逐次療法と転移巣摘除術により長期寛解を得た進行性腎癌の1例.  第386回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年6月9日、札幌市.
54) 進藤哲哉、舛森直哉、田中俊明、福多史昌ほか:T1G3 膀胱癌における固有筋層採取の意義に関する後ろ向き多施設共同研究.  第386回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年6月9日、札幌市.
55) 清水 崇【特別講演】:microRNA遺伝子のメチル化を応用した膀胱癌の新しいbiomarkerの探索. 第386回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年6月9日、札幌市.
56) 西山直隆、北村 寛、舛森直哉、長谷川匡、塚本泰司:2004年WHO病理組織学的分類変更に伴う筋層非浸潤性膀胱癌における臨床病理学的予後の検討. 第387回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年10月13日、札幌市.
57) 竹内 基、北村 寛、塚本泰司、天野麻穂、西村紳一郎:グライコブロッティング法を用いた膀胱癌患者の糖鎖解析.  第387回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年10月13日、札幌市.
58) 福多史昌、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:尿路上皮癌根治術後のリンパ節単独再発症例に対する再発リンパ節摘除後の予後.  第387回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年10月13日、札幌市.
59) 池端良紀、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:当科におけるデノスマブの初期使用経験.  第387回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年10月13日、札幌市.
60) 西田幸代【特別講演】:ALDH1活性で分離した前立腺癌幹細胞の特徴と成長因子の自己分泌機構.  第387回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年10月13日、札幌市.
61) 野藤誓亮、進藤哲哉、水野孝祐、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:腎細胞癌と鑑別が困難であったIgG4関連間質性腎炎の1例.  第387回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年10月13日、札幌市.
62) 広部恵美、舛森直哉、田中俊明、北村 寛、塚本泰司:Xp11.2転座を有する腎細胞癌細胞株の樹立.  第21回泌尿器科分子・細胞研究会、2012年2月10-11日、札幌市.
63) 清水 崇、鈴木 拓、野島正寛、北村 寛、山本英一郎、今井浩三、舛森直哉、塚本泰司ほか:microRNA遺伝子のメチル化を応用した膀胱癌の新しいbiomarkerの探索.  第21回泌尿器科分子・細胞研究会、2012年2月10-11日、札幌市.
64) 広部恵美、舛森直哉、田中俊明、北村 寛、塚本泰司:Xp11.2 translocation renal cell carcinomaの臨床病理学的検討.  第43回腎癌研究会、2012年7月22日、東京.
65) 西山直隆:BCG膀胱内注入療法を施行した筋層非浸潤性膀胱癌(NMIBC)の予後に関する後ろ向き・他施設共同研究. 第5回BCG注入療法研究会、2012年11月30日、東京.
66) 福多史昌、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセルの有効性と安全性の検討―SUOC参加施設による多施設共同研究. 第二回前立腺癌薬物療法研究会、2012年12月7日、東京.
67) 池端良紀、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:当科におけるデノスマブの初期使用経験.  第12回日本内分泌学会北海道支部学術集会、2012年10月6日、札幌市.

排尿異常・前立腺肥大症

【論文】
1) Fukuta F, Masumori N, Mori M and Tsukamoto T: Natural history of lower urinary tract symptoms in Japanese men from 15-year longitudinal community-based study.? BJU Int 110; 1023-1029, 2012.
2) 舛森直哉:前立腺肥大症 『イヤーノート TOPICS 2012-2013 第2版』 国際情報科学研究所編、㈱メディックメディア、東京、pp.184-185、2012.
3) 塚本泰司:前立腺肥大症に対する薬物療法―自然史/長期経過の結果からの俯瞰― 泌尿器外科 25; 516-518, 2012.
4) 田中俊明、塚本泰司:前立腺肥大症. 消化器外科 35; 828-829, 2012.
5) 舛森直哉:<過活動膀胱診療を考える> 6.併存疾患による過活動膀胱への影響とその対策 4.前立腺肥大症. Prog Med 32; 863-867, 2012.
6) 福多史昌、舛森直哉:泌尿器疾患による排尿障害―前立腺肥大症による排尿障害. 診断と治療 100; 1341-1348, 2012.
7) 塚本泰司、福多史昌:前立腺肥大症の疫学・原因. Modern Physician 32; 1433-1437, 2012.
8) 舛森直哉:5α還元酵素阻害薬. Modern Physician 32; 1477-1480, 2012.
9) 舛森直哉:BPHの自然史として:治療との関連において. 排尿障害プラクティス 20; 786-291, 2012.
10) 古屋聖兒、舛森直哉:前立腺の手術. 泌尿器ケア 17; 658-663, 2012.
11) 岩澤晶彦、舛森直哉、西村昌宏、山口康宏、佐野正人、佐藤英次、窪田理裕、尾田寿朗、上戸文彦、廣瀬崇興、新田俊一、鈴木伸和、竹田孝一、砂押研一、伊藤直樹、橋本浩平、水野孝祐、小谷典之、鈴木一弘、久滝俊博、田中俊明塚本泰司:前立腺肥大症患者の夜間頻尿に対するシロドシンの治療効果の検討―夜間頻尿QOL質問票(N-QOL)日本語版を用いてー. 泌尿器外科 25; 1497-1503, 2012.
12) 吉田正貴、武田正之、高橋 悟、西澤 理、後藤百万、舛森直哉:夜間頻尿を有する過活動膀胱患者に対するイミダフェナシンの効果に及ぼす夜間排尿回数の影響. Prog Med 32; 2181-2187, 2012.
【学会発表】
13) 舛森直哉、福多史昌、塚本泰司:<シンポジウム>自然史から学ぶ泌尿器科疾患 “前立腺肥大症”. 第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、札幌市.
14) 舛森直哉:<教育セミナー>BPH診療における5α還元酵素阻害薬の位置づけーデュタステリド登場後3年を迎えて. 第64回日本泌尿器科学会西日本総会、2012年11月8-10日、徳島市.
15) 舛森直哉、塚本泰司、札幌腎泌尿器疾患研究会:過活動膀胱を合併する前立腺肥大症患者におけるα1ブロッカー単独治療とα1ブロッカーとβ3受容体作動薬併用治療の無作為2群割付比較試験のプロトコール概要. 第19回日本排尿機能学会、2012年8月29-31日、名古屋市.
16) 福多史昌、舛森直哉、高橋 聡、北村 寛、塚本泰司:一般泌尿器科外来におけるデュタステリド投与の実態調査.  第19回日本排尿機能学会、2012年8月29-31日、名古屋市.

腎移植・腎疾患

【論文】
なし
【学会発表】
1) 田中俊明、石田英樹、古澤美由紀、市原浩司、北村 寛、田邉一成、塚本泰司:<シンポジウム>腎移植におけるheat shock protein 90―治療標的としての可能性. 第45回日本臨床腎移植学会、2012年2月1-3日、軽井沢.
2) 田中俊明、北村 寛、市原浩司、前鼻健志、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:他施設で移植を見送られ、当科を受診した腎移植希望者の検討. 第32回北海道腎移植談話会、2012年11月17日、札幌市.

その他

【論文】
1) Masumori N, Itoh N, Takahashi S, Kitamura H, Nishida S and Tsukamoto T: New technique with combination of felt, Hem-o-lok and Lapara-Ty for suturing the renal parenchyma in laparoscopic partial nephrectomy.? Int J Urol 19; 273-276, 2012.
2) Masumori N: Status of sex reassignment surgery for gender identity disorder in Japan.? Int J Urol 19; 402-414, 2012.
3) 北村 寛:膀胱全摘除術. 臨泌 66; 349-353, 2012.
4) 舛森直哉、田中俊明、竹内 基、市原浩司、井上隆太、新海信雄、前鼻健志、水野孝祐、田端秀敏、桧山佳樹、塚本泰司:S状結腸膀胱瘻に対する腹腔鏡下膀胱部分切除4カ月後に膀胱破裂をきたしたクローン病の1例. 泌尿紀要 58; 237-241, 2012.
5) 北村 寛、新海信雄、西中一幸、舛森直哉、塚本泰司:低形成腎と巨大尿管症を伴った巨大ミューラー管遺残嚢胞の一例. JJPU 21; 18-21, 2012
6) 高橋 聡、舛森直哉、北村 寛、伊藤直樹、高橋 敦、松川雅則、国島康晴、加藤隆一、宮尾則臣、塚本泰司:腹腔鏡下副腎摘除術の検討. 泌尿紀要 58; 315-318, 2012.
7) 栗村雄一郎、塚本泰司:<よくわかる泌尿器科検査の知識>3.分泌物検査 ①精液検査 ②女性尿道・膣分泌物検査 ③尿道分泌物検査 ④前立腺分泌物検査. 泌尿器ケア 2012夏季増刊号; 48-70, 2012.
8) 西中一幸、塚本泰司:停留精巣固定術―コツと実際の手術手技―. 臨泌 66; 475-482, 2012.
【学会発表】
9)  
10) Ichihara K, Tanaka T, Kitamura H, Takahashi S, Masumori N and Tsukamoto T: Prediction of operative and middle-term functional outcomes after partial nephrectomy using the R.E.N.A.L. nephrometry score.? 32nd Congress of the Societe Internationale d’Urologie, Sept. 30-Oct.4, 2012, Fukuoka.
11) 舛森直哉、市原浩司、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、塚本泰司:腹腔鏡下腎部分切除術におけるR.E.N.A.L. Nephrometryスコアと腫瘍切離時間、実質縫合時間および総阻血時間との関係. 第26回日本泌尿器科内視鏡学会総会、2012年11月22-24日、仙台市.
12) 高橋 聡、市原浩司、山本卓宜、池端良紀、松木雅裕、橋本次朗、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:視鏡下手術における左腎動脈石灰化は血管操作に影響するか? 第26回日本泌尿器科内視鏡学会総会、2012年11月22-24日、仙台市.
13) 北村 寛、西田幸代、小林 皇、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:腹腔鏡下腎摘除術後に発症する精巣痛の検討. 第25回日本内視鏡外科学会総会、2012年12月8日、横浜市.
14) 舛森直哉、塚本泰司:SRS術後の下肢筋・神経障害を規定する因子の検討. GID学会第14回研究大会・総会、2012年3月17-18日、岡山市.
15) 舛森直哉、西中一幸:シスチン結石に対して腹腔鏡下腎盂切石術を施行した1歳11カ月男児の一例. 第21回日本小児泌尿器科学会総会、2012年7月4-6日、札幌市.
16) 井上隆太、舛森直哉、高橋 聡、西田幸代、塚本泰司:体腔鏡下前立腺全摘の検討~開放手術との比較~. 第385回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年1月21日、札幌市.
17) 市原浩司、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:RENALスコアは腎部分切除術後中期の腎機能低下率予測因子となるか. 第386回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年6月9日、札幌市.
18)  
19)  

感染症

【論文】
1) Takahashi S, Ichihara K, Hashimoto K, Hiyama Y, Muranaka T, Hashimoto J, Fukuta F, Kobayashi K, Niiyama Y, Yamakage M, Masumori N: Serum antimicrobial concentrations for surgical antimicrobial prophylaxis in radical nephrectomy and radical prostatectomy. J Infect Chemother 21: 464-467, 2015.
2) Hiyama Y, Takahashi S, Uehara T, Hashimoto J, Nishinaka K, Kitamura H, Masumori N: Emergence of antimicrobial-resistant uropathogens isolated from pediatric patients with cystitis on daily clean intermittent catheterization. J Infect Chemother 21: 703-706, 2015.
3) 舛森直哉:膿尿、細菌尿. 『今日の診断指針 第7版』 金澤一郎、永井良三総編集、医学書院、pp.417-418, 2015.
4) 高橋 聡:MRSA感染症に対するup-to-date治療. 整形・災害外科 58; 459-462, 2015.
5) 高橋 聡:〈パネルディスカッション 7〉 多剤耐性菌―近未来の危機的状況を如何に打開するか. 2. 多剤耐性緑膿菌およびMRSAに対する薬剤選択. 泌尿器外科 28(臨増); 805-806, 2015.
6) 市原浩司、高橋 聡:膿腎症. 臨床泌尿器科 69(増刊号 泌尿器科外来パーフェクトガイド); 25-27, 2015.
7) 桧山佳樹、髙橋 聡:腎膿瘍. 臨床泌尿器科 69(増刊号 泌尿器科外来パーフェクトガイド); 28-31, 2015.
8) 高橋 聡:STD治療のTips. Urology Today 22; 30-33, 2015.
9) 桧山佳樹、高橋 聡:尿路性器感染症(尿路感染症・性感染症)に用いる薬. 泌尿器ケア 20; 263-269, 2015.
10) 高橋 聡:非淋菌性尿道炎. 臨床泌尿器科 69; 690-673, 2015.
11) 栗村雄一郎、高橋 聡、桧山佳樹、上原央久、市原浩司、橋本次朗、西山直隆、北村 寛、舛森直哉:泌尿器科領域抗癌化学療法中の発熱に対するプロカルシトニン測定の意義. 泌尿紀要 61; 141-145, 2015.
【学会発表】
12) 高橋 聡:〈フロンティアシンポジウム〉 重症尿路性器感染症治療の最前線 “気腫性腎盂腎炎の治療”.  第103回日本泌尿器科学会総会、2015年4月18-21日、金沢.
13) 高橋 聡、伊藤 晋、砂押研一、竹田孝一、鈴木伸和、鈴木範宣、西村昌宏、桧山佳樹、上原央久、橋本次朗、舛森直哉:TMA法によるクラミジア・トラコマティスおよび淋菌同時検出試薬を用いたうがい液の咽頭感染検査. 第103回日本泌尿器科学会総会、2015年4月18-21日、金沢.
14) 橋本次朗、山本卓宜、桧山佳樹、上原央久、高橋 聡、舛森直哉:当科腹部手術後に発症した手術部位位感染症の治療経過に関する検討.  第103回日本泌尿器科学会総会、2015年4月18-21日、金沢.
15) 橋本次朗、有木 茂、高宮里奈、高橋素子、上原泰昭、長谷川善弘、高橋 里沿、黒木由夫、舛森直哉:膀胱におけるサーファクタント蛋白質Aの発現と尿路病原性大腸菌に対する感染防御機構.  第103回日本泌尿器科学会総会、2015年4月18-21日、金沢.
16) 桧山佳樹:〈シンポジウム〉感染症ガイドラインのただし読み方~性感染症・尿路感染症・周術期感染症“尿路感染症関連ガイドラインの正しい読み方” 第80回日本泌尿器科学会東部総会、2015年9月25-27日、東京.
17) 藤野景子、桧山佳樹、上原央久、橋本次朗、藤居 賢、市原浩司、北村 寛、高橋 聡、宮本 篤、舛森直哉:基質特異性拡張型βラクタマーゼ産生大腸菌による尿路感染症に対するfaropenemの有効性.  第80回日本泌尿器科学会東部総会、2015年9月25-27日、東京.
18) 太刀川公人、桧山佳樹、市原浩司、高橋 聡、関根利佳、山蔭道明、舛森直哉:間質性膀胱炎に対する神経根ブロックが著効した1例.  第80回日本泌尿器科学会東部総会、2015年9月25-27日、東京.
19) 桧山佳樹、高橋 聡、上原央久、市原浩司、橋本次朗、舛森直哉:急性腎盂腎炎後に背部痛のみを呈した感染性腎嚢胞の1例.  第63回日本化学療法学会総会、2015年6月4-6日、東京.
20) 市原浩司:〈シンポジウム〉糖尿病と尿路感染症 “糖尿病生神経因性膀胱と尿路感染症” 第62回日本化学療法学会東日本支部総会、2015年10月21-23日、札幌.
21) 桧山佳樹:〈シンポジウム〉糖尿病と尿路感染症 “糖と細菌増殖” 第62回日本化学療法学会東日本支部総会、2015年10月21-23日、札幌.
22) 桧山佳樹、藤野景子、上原央久、市原浩司、橋本次朗、藤井 賢、高橋 聡、舛森直哉:基質特異性拡張型βラクタマーゼ産生大腸菌による尿路感染症に対するfaropenemの有効性.  第62回日本化学療法学会東日本支部総会、2015年10月21-23日、札幌.
23) 橋本次朗:【特別講演】膀胱におけるサーファクタントタンパク質Aの発現と、尿路病原性大腸菌に対する感染防御機構.  第395回日本泌尿器科学会北海道地方会、2015年6月13日、札幌.
24) 太刀川公人、桧山佳樹、市原浩司、高橋 聡、関根利佳、山蔭道明、舛森直哉:間質性膀胱炎に対する神経根ブロックが著効した1例.  第395回日本泌尿器科学会北海道地方会、2015年6月13日、札幌.
25) 藤野景子、桧山佳樹、上原央久、橋本次朗、藤居 賢、市原浩司、北村 寛、高橋 聡、宮本 篤、舛森直哉:基質特異性拡張型βラクタマーゼ産生大腸菌による尿路感染症に対するfaropenemの有効性. 第395回日本泌尿器科学会北海道地方会、2015年6月13日、札幌.
26) 桧山佳樹、高橋 聡、品川雅明、中江舞美、村中貴之、西山直隆、舛森直哉:同時期に泌尿器科病棟で経験したhelicobacter cinaediによる菌血症4例の臨床的・細菌学的検討.  第395回日本泌尿器科学会北海道地方会、2015年6月13日、札幌.

内分泌

【論文】
1) 舛森直哉:性分化異常. 『今日の治療指針』 Vol.57、山口 徹、北原光夫監修、pp. 1106-1107、医学書院、2015.
2) 前田俊浩、舛森直哉:男性不妊症. 泌尿器外科 28(特別号:後期研修医がおさえておきたい泌尿器疾患アトラス); 192-195, 2015.
【学会発表】
  なし

性機能

【論文】
1) 【学位論文】Takayanagi A, Sasaki M, Kataoka-Sasaki Y, Kobayashi K, Matsuda Y, Oka S, Masumori N, Kocsis JD and Honmou O: Intravenous preload of mesenchynmal stem cells rescues erectile function in a rat model of cavernous nerve injury. J Sex Med 12; 1713-1721, 2015.
2) 岡田 学、高柳明夫、野藤誓亮、松木雅裕、松田洋平、小林 皇、舛森直哉:金属リングによる陰嚢絞扼症の1例. 日本関農学会誌 30; 9-13, 2015.
3) 野藤誓亮、小林 皇、岡田 学、高柳明夫、松田洋平、舛森直哉:自己挿入された陰嚢内異物の一例. 日本性機能学会誌 30; 213-216, 2015.
【学会発表】
4) Takayanagi A Sasaki M, Kobayashi K, Matsuda Y, Oka S, Masumori N, Honmou O: Preload of mesenchymal stem cells via intravenous infusion prevents erectile dysfunction in a rat model of cavernous nerve injury. 30th Annual European Urology Association Congress, March 20-24, 2015, Madrid.
5) Matsuda Y, Kobayashi K, Takayanagi A, Fukuta F, Mori M, Masumori N: Nocturia is a predictor of erectile dysfunction. 4th International Consultation Sexual Medicine, June 19-21, 2015, Madrid.
6) Takayanagi A, Sasaki M, Kataoka Y, Kobayashi K、Matsuda Y, Oka S, Masumori N, Honmou O: Intravenous preload of mesenchymal stem cells rescues erectile function in a rat model of cavernous nerve injury. The 15th Biennial Meeting of the Asia-Pacific Society for Sexual Meeting, Sept. 11-14, 2015, Beijing.
7) 高柳明夫、小林 皇、松田洋平、北村 寛、高橋 聡、佐々木祐典、本望 修、舛森直哉:骨髄間葉系幹細胞の経静脈的事前移植による治療効果―実験的海綿体神経損傷に起因する勃起機能の温存―. 第103回日本泌尿器科学会総会、 2015年4月18-21日、金沢.
8) 小林 皇、田中豪一、高柳明夫、松田洋平、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:指細小動脈内皮機能と勃起機能の関連性についての検討.  第103回日本泌尿器科学会総会、 2015年4月18-21日、金沢.
9) 舛森直哉:〈卒後・生涯教育プログラム〉性機能研究の最前線 “〔臨床系〕性同一性障害の方にどう向き合うか” 日本性機能学会第26回学術総会、2015年9月18-20日、福岡.
10) 岡田 学、小林 皇、松田洋平、高柳明夫、福多史昌、森 満、舛森直哉:日本人男性におけるフリーテストステロンと性機能の関係. 日本性機能学会第26回学術総会、2015年9月18-20日、福岡.
11) 高柳明夫:【特別講演】骨髄幹細胞移植による海綿体神経の保護・再生と勃起機能の温存. 第394回日本泌尿器科学会北海道地方会、2015年1月24日、札幌.
12) 小林 皇、高柳明夫、松田洋平、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:指細小動脈硬化と勃起障害の関連についての検討.  第394回日本泌尿器科学会北海道地方会、2015年1月24日、札幌.

腫瘍

【論文】
1) Hashimoto K, Kyoda Y, Tanaka T, Maeda T, Kobayashi K, Uchida K, Kitamura H, Hirata K, Tsukamoto T and Masumori N: The potential of neurotensin secreted from neuroendocrine tumor cells to promote gelsolin-mediated invasiveness of prostate adenocarcinoma cells. Laboratory Investigation (2015), 1-13.
2) Nishida S, Hirohashi Y, Torigoe T, Nojima M, Inoue R, Kitamura H, Tanaka T, Asanuma H, Sato N and Masumori N: Expression of hepatocyte growth factor in prostate cancer may indicate a biochemical recurrence after radical prostatectomy. Anticancer Res 35; 413-418, 2015.
3) Okabe K, Kitamura H, Nishiyama N and Masumori N: A case of chromophobe renal cell carcinoma in a 12-year-old girl. Int Canc Conf J: DOI10.107/s1369-015-0221-y.
4) Kitamura H and Kakehi Y: Treatment and management of the high-grade T1 bladder cancer: what should we do after second TUR? Jpn J Clin Oncol 45; 315-322, 2015. DOI: 10.1093/kkcp/hyyu219
5) Kitamura H, Takahashi A, Hotta H, Kato R, Kunishima Y, Takei F, Horita H and Masumori N: Palonosetron with aprepitant plys dexamethasone to prevent chemotherapy-induced nausea and vomiting during gemcitabine/cisplatin in urothelial cancer patients. Int J Urol 22; 911-914, 2015.
6) Nozawa M, Hirofumi M, Takahashi S, Uemura H, Kosaka T, Onozawa Y, Miyazaki J, Suzuki K, Okihara K, Arai Y, Kamba T, Kato M, Nakau Y, Furuse H, Kume H, Ide H, Kitamura H, et al: Japanese phase I study of cabazitaxel in metastatic castration-resistant prostate cancer. Int J Clin Oncol 20; 1026-1034, 2015.
7) Fukuta F, Kitamura H, Yanase M, Taguchi K, Takahashi A, Kunishima Y, Miyake M, Adachi H, Itoh N, Hirose T, Takagi S, MIyao N, Matsukawa M, Shigyo M, Masumori N. Jpn J Clin Oncol 45; 682-687,2015
8) 北村 寛:Ⅲ. 腎癌  5. 分子標的薬時代のM1症例に対する原発巣摘除の意義は?  『EBM泌尿器疾患の治療』 2015-2016 edition、後藤百万、小川 修、筧 善行、出口 隆、宮澤克人編、中外医学社、東京、pp.186-190, 2015.
9) 北村 寛、吉岡 薫、舛森直哉:〈Topics of RCC〉 2. 各論―長期投与を目指したAEマネジメント― 3) テムシロリムス・エベロリムス. 『Year Book of RCC 2015』 冨田善彦、金山博臣、上村天受、篠原信雄編集、pp.89-98、メディカルレビュー社、2015.
10) 舛森直哉:腎細胞癌診療の話題と将来展望. RCC Today 13; 12-14, 2015.
11) 北村 寛:覚えておきたい膀胱がんの基礎知識. 泌尿器ケア 20; 370-381, 2015.
12) 西山直隆、進藤哲哉、堀田 裕、高橋 敦、柳瀬雅裕、伊藤直樹、立木 仁、宮尾則臣、松川雅則、国島康晴、田口圭介、北村 寛、舛森直哉:BCG膀胱内注入療法を施行した筋層非浸潤性膀胱癌 (NMIBC)の上部尿路再発に関する後ろ向き・多施設共同研究. 泌尿器外科 28; 360-361, 2015.
13) 北村 寛、舛森直哉:〈シンポジウム3 進行性膀胱癌の治療戦略〉 1. MVACのエビデンスとポジション 泌尿器外科 28(臨増) ; 595-598, 2015.
14) 井上隆太、北村 寛、進藤哲哉、舛森直哉他 <札幌医科大学泌尿器癌コンソーシアム>:転移性淡明腎細胞癌に対する分子標的薬の効果と予後因子の検討. 泌尿紀要 61; 135-139, 2015.
15) 北村 寛、舛森直哉:〈高齢者の腎泌尿器疾患―高齢者の泌尿器癌〉 腎細胞癌. 腎と透析 78; 910-915, 2015.
16) 北村 寛:〈ロボット手術時代の筋層浸潤膀胱癌の治療戦略〉 術前化学療法の現況―MVACによるneoadjuvant chemotherapy. 泌尿器外科 28; 255-258, 2015.
17) 西山直隆、北村 寛、井上隆太、前田俊浩、舛森直哉:転移性腎細胞癌に対するエベロリムスの使用成績―単一施設後ろ向き観察研究―. 泌尿器外科 20; 1921-1925, 2015.
18) 舛森直哉:前立腺がん. HO 2015年10月号増刊 〈40歳からのがん対策心得帖〉; 40-43.
【学会発表】
19) Nishida S, Hirohashi Y, Torigoe T, Nojima M, Inoue R, Kitamura H, Tanaka T, Sato N, Masumori N: Expression of hepatocyte growth factor in prostate cancer may indicate a biochemical recurrence after radical prostatectomy. 30th Annual European Urology Association Congress, Marcu 20-24, 2015, Madrid.
20) Kitamura H: Advances in systemic therapy for urothelial cancer. East-Asia Urologic Oncology Group Symposium, March 27, 2015, Seoul.
21) Kitamura H: 【招請講演】Neoadjuvant chemotherapy for cystectomy: To whom & how long? In Japan. The 32nd Korean-Japan Urological Congress, Sept. 18-20, 2015, Seoul.
22) 北村 寛:〈フロンティアシンポジウム〉筋層浸潤膀胱癌に対する集学的治療戦略“筋層浸潤性膀胱癌に対するネオアジュバント化学療法の意義”. 第103回日本泌尿器科学会総会、2015年4月18-21日、金沢.
23) 北村 寛:〈卒後教育プログラム〉筋層浸潤および転移性膀胱がんの診断と治療 “膀胱がんに対する全身化学療法(ネオアジュバントおよびアジュバント化学療法を含む). 第80回日本泌尿器科学会東部総会、2015年9月25-27日、東京.
24) 進藤哲哉、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:当科におけるハイリスク前立腺癌に対する根治手術の治療成績およびPSA再発リスク因子の検討.  第103回日本泌尿器科学会総会、2015年4月18-21日、金沢.
25) 松田洋平、西山直隆、北村 寛、舛森直哉:集学的治療を施行した陰茎癌5例の検討.  第103回日本泌尿器科学会総会、2015年4月18-21日、金沢.
26) 西山直隆、北村 寛、井上隆太、西田幸代、広部恵美、高橋 聡、舛森直哉:尿路上皮がんにおけるGC療法耐性化とADAMTS1遺伝子発現との関係:予後予測指標としての可能性.  第103回日本泌尿器科学会総会、2015年4月18-21日、金沢.
27) 村中貴之、進藤哲哉、西山直隆、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:当科における膀胱小細胞癌の臨床的検討.  第103回日本泌尿器科学会総会、2015年4月18-21日、金沢.
28) Kitamura H, Torigoe T, hirohashi Y, Inoue R, Nishida S, Nishiyama N, Masumori N: Overexpression of CEACAM6 is associated with micropapillary feature in bladder cancer. 第74回日本癌学会総会、2015年10月8-10日、名古屋.
29) 北村 寛、鳥越俊彦、廣橋良彦、井上隆太、村中貴之、西田幸代、進藤哲哉、西山直隆、舛森直哉:筋層浸潤性膀胱癌におけるCEACAM6発現と予後との関連性の検討. 第53回日本癌治療学会総会、2015年10月29-31日、京都.
30) 進藤哲哉、北村 寛、舛森直哉:Ta high grade膀胱癌に対するSecond TURの治療成績の検討.  第53回日本癌治療学会総会、2015年10月29-31日、京都.
31) 北村 寛、小林 皇、進藤哲哉、前田俊浩、福多史昌、高橋 聡、舛森直哉:ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術における当科NVB温存アルゴリズムの妥当性の検討. 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会、2015年11月19-21日、東京.
32) 村中貴之、進藤哲哉、西山直隆、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:当科における膀胱小細胞癌の臨床的検討. 第394回日本泌尿器科学会北海道地方会、2015年1月24日、札幌.
33) 進藤哲哉、北村 寛、舛森直哉:Ta high grade膀胱癌に対するsecond TURの治療成績の検討. 第395回日本泌尿器科学会北海道地方会、2015年6月13日、札幌.
34) 井上隆太、廣橋良彦、鳥越俊彦、北村 寛、西田幸代、高橋あかり、舛森直哉、佐藤昇志:GRIK2が尿路上皮癌の癌幹細胞性および浸潤能へ与える役割についての検討. 第24回泌尿器科分子・細胞研究会、2015年2月27-28日、東京.
35) Kitamura H, Inoue R, Shindo T, Nishiyama N, Masumori N: Dosing schedules and outcomes in patients with first-line sunitinib for advanced renal cell carcinoma. 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会、2015年7月18日、札幌.
36) 北村 寛、井上隆太、進藤哲哉、西山直隆、舛森直哉:当施設における進行性腎癌に対する1st-lineスニチニブ治療―投与スケジュールとアウトカムの検討. 第46回腎癌研究会、2015年7月19日、東京.
37) 進藤哲哉、福多史昌、北村 寛、柳瀬雅裕、宮尾則臣、安達秀樹、伊藤直樹、舛森直哉:去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセルrechallenge治療の検討. 日本泌尿器腫瘍学会第1回学術集会、2015年10月31日-11月1日、京都.
38) 進藤哲哉、福多史昌、北村 寛、柳瀬雅裕、宮尾則臣、安達秀樹、伊藤直樹、舛森直哉:去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセルrechallenge治療の検討. 第31回前立腺シンポジウム、2015年12月12-13日、東京.

排尿異常・前立腺肥大症

【論文】
1) Fukuta F, Masumori N: A review of naftopidil for treatment of lower urinary tract symptoms suggestive of benign prostatic hyperplasia. Curr Bladder Dysfunct Rep; DOI10.1007/s1184-015-0293-8
2) Shindo T, Hashimoto K, Shimizu T, Itoh N and Masumori N: Significance of intraprostatic architecture and regrowth velocity for considering discontinuation of dutasteride after combination therapy with an alpha blocker: A prospective, pilot study. Korean J Urol 56; 305-309, 2015
3) 舛森直哉:前立腺肥大症. 『Year Note TOPICS 2015-2016 内科・外科疾患』 5th Edition, pp.2012-2013, 2015.
4) 舛森直哉:IV. ㈱尿路機能障害 2. 前立腺肥大症に対するα1遮断薬、5α還元酵素阻害薬の使い分けは? 『EBM泌尿器疾患の治療』 2015-2016 edition、後藤百万、小川 修、筧 善行、出口 隆、宮澤克人編集、中外医学社、東京、pp.288-293、2015.
5) 高橋 聡、市原浩司:〈II. LUTSの原因疾患を治す〉 慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群. 『LUTS 診療ロードマップ』 高橋 悟編集、pp.142-146、メジカルビュー社、2015.
6) 福多史昌、舛森直哉:〈II. LUTSの原因疾患を治す〉 前立腺肥大症〔男性〕 . 『LUTS 診療ロードマップ』 高橋 悟編集、pp.193-203、メジカルビュー社、2015.
7) 進藤哲哉、舛森直哉:前立腺肥大症治療薬デュタステリド. 泌尿器ケア 20; 107-111, 2015.
8) 京田有樹、舛森直哉:前立腺がんと前立腺肥大症の関係. 臨床と研究 92; 538-541, 2015.
9) 市原浩司、舛森直哉:〈泌尿器 診療Q&A〉 Q: BPH診療(α1ブロッカー)もOAB治療(抗コリン薬)を追加したとき、尿閉をきたして困ったことがあります。抗コリン薬を併用する可否の判断基準を教えてください。 LUTS PLAZZA Vol.2 (No.1); 12, 2015 春.
10) (司会)舛森直哉、(討論者)古屋聖兒、山口秋人、平山暁秀:〈座談会〉手術でよくなる肥大症、よくならない肥大症. Prostate Journal 2; 135-142, 2015.
11) 古屋聖兒、舛森直哉:〈特集2. 前立腺肥大症手術のコツとトラブルシューティング〉 1. TUR上達のコツと周術期トラブル症例の実例と対応. Prostate Journal 2; 249-253, 2015.
【学会発表】
12) Masumori N: <Session 7> Management of LUTS and BPH “Medical treatment for BPH”  Advancements in Urology 2015, Feb. 11-14, 2015, Honolulu.
13) Masumori N: <Luncheon Seminar> Risk stratification to optimize the management of BPH at risk of progression.  The 10th Pan-Pacific Continence Society Meeting, Sept. 8, 2015, Sapporo.
14) Ichihara K, Aizawa N, Sugiyama R, Ito H, Akiyama Y, Kamei J, Masumori N, Honma Y and Igawa Y: Activation of toll like receptor (TLR) 7 induces cystitis and facilitation of bladder pain and mechano-sensation in mice. The 10th Pan-Pacific Continence Society Meeting, Sept. 8, 2015, Sapporo.
15) Ichihara K, Aizawa N, Sugiyama R, Ito H, Akiyama Y, Kamei J, Masumori N, Hnma Y and Igawa Y:Activation of toll like receptor (TLR) 7 induces cystitis and facilitation of bladder pain and mechano-semsatopm om moce. The 45th Annual Meeting of International Continence Socieity (ICS), Oct. 6-9, 2015, Montreal.
16) 舛森直哉:〈ランチョンセミナー〉 過活動膀胱 (OAB)の治療戦略update. 第22回日本排尿機能学会、2015年9月9日、札幌.
17) 市原浩司:〈シンポジウム〉 Male LUTS薬物療法を再考する “抗コリン薬とβ3刺激薬:どのように使用するか?”.  第22回日本排尿機能学会、2015年9月9日、札幌.
18) 舛森直哉:〈イブニングセミナー〉Male LUTSの薬物療法、まず何を選択するか “第一選択薬であるα1遮断薬の効果と限界.  第80回日本泌尿器科学会東部総会、2015年9月25-27日、東京.
19) 福多史昌:〈シンポジウム〉前立腺肥大症治療の最前線 “前立腺肥大症治療における薬物療法の役割と限界”. 第80回日本泌尿器科学会東部総会、2015年9月25-27日、東京.
20) 京田有樹、池端良紀、市原浩司、福多史昌、舛森直哉:前立腺組織内における神経内分泌細胞の分布. 第103回日本泌尿器科学会総会、2015年4月18-21日、金沢.
21) 市原浩司、相沢直樹、杉山梨乃、伊藤悠城、亀井 潤、秋山佳之、舛森直哉、本間之夫、井川靖彦:除脳マウスにおいてToll like receptor (TLR)7刺激薬イミキモドの膀胱内注入は頻尿を誘発する.  第103回日本泌尿器科学会総会、2015年4月18-21日、金沢.
22) 舛森直哉、舟戸祐矢、山口康信:抗コリン薬の効果不十分例に対するプロペベリン塩酸基の有用性の検討. 第22回日本排尿機能学会、2015年9月9-11日、札幌.
23) 京田有樹、山本卓宜、池端良紀、新海信雄、市原浩司、福多史昌、舛森直哉:札幌医科大学泌尿器科外来における排尿日誌の記載状況.  第22回日本排尿機能学会、2015年9月9-11日、札幌.
24) 山本卓宜、福多史昌、舛森直哉:前立腺体積における直腸診とエコー検査との比較検討.  第22回日本排尿機能学会、2015年9月9-11日、札幌.
25) 市原浩司、舛森直哉、福多史昌、京田有樹、岩澤晶彦、田口圭介、山口康宏、西村昌宏、笹村啓人、鈴木伸和、芳賀一徳、宮尾則臣:前立腺肥大症に対する二次薬物治療としてのシロドシンによる症状改善効果および満足度に関する前向き観察研究.  第22回日本排尿機能学会、2015年9月9-11日、札幌.
26) 市原浩司、相沢直樹、杉山梨之、伊藤悠城、亀井 潤、秋山佳之、舛森直哉、本間之夫、井川靖彦:Toll-like receptor (TLR)7の活性化はマウスにおいて頻尿・膀胱痛・膀胱炎を惹起しうる.  第22回日本排尿機能学会、2015年9月9-11日、札幌.
27) 福多史昌、高橋 敦、田端秀敏、橋本浩平、京田有樹、北村 寛、舛森直哉:ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術が下部尿路症状に与える影響に関する検討.  第22回日本排尿機能学会、2015年9月9-11日、札幌.
28) 小林 皇、西山直隆、前田俊浩、村中貴之、高森大樹、田中俊明、宮本慎太郎、福多史昌、舛森直哉:未治療の男性下部尿路症状に対するナフトビジル75mg初回投与の検討.  第22回日本排尿機能学会、2015年9月9-11日、札幌.
29) 舛森直哉:〈ランチョンセミナー〉前立腺肥大症治療の長期成績とは. 第98回日本泌尿器科学会山口地方会、2015年6月7日、宇部.
30) 小林 皇、西山直隆、前田俊浩、村中貴之、高森大樹、田中俊明、宮本慎太郎、福多史昌、東浦勝浩、舛森直哉:未治療の下部尿路症状に対するナフトピジル75mg初回投与の検討. 第395回日本泌尿器科学会北海道地方会、2015年6月13日、札幌.
31) 市原浩司、相沢直樹、舛森直哉、本間之夫、井川靖彦:Toll-like receptor (TLR)7の活性化はマウスにおいて頻尿・膀胱痛・膀胱炎を惹起しうる. 第396回日本泌尿器科学会北海道地方会、2015年10月17日、札幌.
32) 山本卓宜、福多史昌、舛森直哉:前立腺体積における直腸診とエコー検査との比較検討.  第396回日本泌尿器科学会北海道地方会、2015年10月17日、札幌.

腎移植・腎疾患

【論文】
  なし
【学会発表】
1) Maehana T, Tanaka T, Kitamura H, Fukuzawa N, Takahashi S, Ishida H, Harada H, Tanabe K, Masumori N: Heat shock protein 90 is a potential new biomarker of severe acute rejection after renal transplantation. AUA 2015 Annual Meeting, May 5-19, New Orleans.
2) 前鼻健志、市原浩司、京田有樹、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:Modified R.E.N.A.L Nephrometryスコアは腹腔鏡下腎部分切除術における周術期アウトカムおよび術後腎機能に関連するか. 第31回腎移植・血管外科研究会、2015年7月10-11日、日光.

その他

【論文】
1) Ichihara K, Masumori N, Takahashi S, Miyao N and Kato R: Bladder neck rupture and vesiovaginal fistula associated with pelvic fracture in female. LUTS7; 115-117, 2015.
2) Matsuki M, Tanaka T, Maehana T, Ichihara K, Yanase M, Matsukawa M, Adachi H, Takahashi S, Masumori N: Serum cystatin C can be used as a marker of renal function even in patients with intestinal urinary diversion. Asian Journal of Urololgy 2; 167-169, 2015.
3) 北村 寛、小林 皇、舛森直哉:TURBTの手技と機器―Conventional TURBT―. 泌尿器外科 28; 135-138, 2015.
4) 小林 皇、舛森直哉:〈9. 尿路・性器損傷と膀胱異物〉 陰茎折症. 臨床泌尿器科 69 増刊号(泌尿器科外来 パーフェクトガイド); 278-281, 2015.
5) 市原浩司、舛森直哉:女性尿道再建術. 泌尿器外科 28; 443-448, 2015.
6) 田端秀敏、西中一幸、舛森直哉:小児傍尿管憩室に伴う膀胱尿管逆流症の外科手術―膀胱外再建術の安全性、有効性についての検討. 日小外会誌 51; 813-817, 2015.
7) 北村 寛、舛森直哉:泌尿器科からみた骨盤解剖―神経系を中心に. 手術 69; 1231-1236, 2015.
8) 加藤秀一、舛森直哉:尿道外傷の観血的尿道再建術の成績. 泌尿器外科 28; 1803-1807, 2015.
【学会発表】
9) 北村 寛:〈パネルディスカッション〉前立腺全摘除術後の合併症―予防と対処 “他臓器損傷:特に直腸損傷の予防と対処(尿路直腸瘻の治療を含む). 第80回日本泌尿器科学会東部総会、2015年9月25-27日、東京.
10) 舛森直哉、市原浩司:〈シンポジウム〉外科治療 “性別適合手術にかかわる合併症”. GID学会第17回研究大会、2015年3月21-22日、大阪.
11) 舛森直哉:〈委員会シンポジウム14〉 性同一性障害/性別違和の診断と治療~複数診療科によるチーム医療とガイドライン~ “性同一性障害 (GID)に対する身体的治療の現状. 第111回日本精神神経学会学術総会、2015年6月4-6日、大阪.
12) 村中貴之、進藤哲哉、小林 皇、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:当科における腹腔鏡下根治的膀胱摘除術の検討. 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会、2015年11月19-21日、東京.
13) 北村 寛、小林 皇、進藤哲哉、前田俊浩、福多史昌、高橋 聡、舛森直哉:ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術における当科NVB温存アルゴリズムの妥当性の検討.  第29回日本泌尿器内視鏡学会総会、2015年11月19-21日、東京.
14) 村中貴之、進藤哲哉、小林 皇、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:当科における腹腔鏡下根治的膀胱摘除術の検討. 第28回日本内視鏡外科学会総会、2015年12月10-12日、大阪.
15) 鰐渕 敦、前鼻健志、北村 寛、高橋 聡、加藤隆一、宮尾則臣、舛森直哉:当科における腹腔鏡下尿膜管摘除術の治療成績.  第80回日本泌尿器科学会東部総会、2015年9月25-27日、東京.
16) 北村 寛、京田有樹、市原浩司、前鼻健志、高柳明夫、小林 皇、前田俊浩、高橋 聡、舛森直哉他:ロボット支援腹腔鏡した前立腺全摘除術後の早期尿失禁と骨盤底筋厚の関連性. 第394回日本泌尿器科学会北海道地方会、2015年1月24日、札幌.
17) 岡部 洸、柴森康介、佐藤俊介、小林 皇、北村 寛、舛森直哉他:回腸導管造設術後に発症した遷延するイレウスに対し高圧酸素療法が有用であった1例. 第395回日本泌尿器科学会北海道地方会、2015年6月13日、札幌.
18) 鰐渕 敦、前鼻健志、北村 寛、高橋 聡、加藤隆一、宮尾則臣、舛森直哉:当科における腹腔鏡下尿膜管摘除術の治療経験.  第396回日本泌尿器科学会北海道地方会、2015年10月17日、札幌.
19) 村中貴之、進藤哲哉、小林 皇、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:当科における腹腔鏡下根治的膀胱摘除術の検討.  第396回日本泌尿器科学会北海道地方会、2015年10月17日、札幌

感染症

【論文】
1) Takahashi S, Kiyota H, Ito S, Iwasawa A, Hiyama Y, Uehara T, Ichihara K, Hashimoto J, Masumori N, Sunaoshi K, Takeda K, Suzuki N, et al.: Clinical efficacy of a single two gram dose of azithromycin extended release for male patients with urethritis.? Antibiotics 3; 109-120, 2014. DOI: 10.3390/antibiotics3020109
2) Uehara T, Takahashi S, Ichihara K, Hiyama Y, Hashimoto J, Kurimura Y, Masumori N: Surgical site infection of scrotal and inguinal lesions after urologic surgery.?J Infect Chemother 20; 186-189, 2014.
3) Hamasuna R, Tanaka K, Hayami H, Yasuda M, Takahashi S, Kobayashi K, Kiyota H, Yamamoto S, Arakawa S and Matsumoto T on behalf of the Japanese Research Group for UTI (JRGU): .Treatment of acute uncomplicated cystitis with faropenem for 3 days versus 7 days: multicentre, randomized, open-label, controlled trial.?J Antimicrob Chemother 69; 1675-1680, 2014.?DOI: 10.1093/jac/dku014
4) Togo Y, Kubo T, Taoka R, Hiyama Y, Uehara T, Hashimoto J, Kurimura Y, Takahashi S, Tsukamoto T, Miyazaki J, Nishiyama H, et al.: Occurrence of infection following prostate biopsy procedures in Japan. Japanese research group for urinary tract infection (JRGU)―A multi-center retrospective study.?J Infect Chemother 20; 232-237, 2014.
5) 高橋 聡、和田耕一郎、公文裕巳、増田 均、鈴木康之ほか:日本語版National Institute of Health Chronic Prostatitis Symptom Indexの作成について. 日泌尿学会誌 105; 62-65, 2014.
6) 高橋 聡:〈急性感染症における実践的な抗菌薬の使い方〉尿路感染症および性感染症. 感染と抗菌薬 17; 174-178, 2014.
7) 高橋 聡:〈感染症診療update Ⅱ章. 主要な臓感染症器 L. 尿路感染症〉 膀胱炎(単純性・複雑性)、無症候性細菌尿. 日本医師会雑誌 143(特別号); S215-S216, 2014.
8) 高橋 聡:〈感染症診療update Ⅲ章. 主要な感染症 B. グラム陰性球菌感染症〉 淋菌感染症. 日本医師会雑誌 143(特別号); S290-S214, 2014.
【学会発表】
9) Hashimoto J, Ariki S, Uehara Y, Hasegawa Y, Takamiya R, Hiyama Y, Kurimura Y, Takahashi S, Takahashi M, Masumori N, Kuroki Y: Surfactant protein A prevents UPEC adhesion to the urothelial surface and inhibitis growth of UPEC in Urine.? 34th Congress of Societe Internationale D’Urologie, Oct. 12-15, 2014, Glasgow.
10) Takahashi S, Hiyama Y, Uehara T, Ichihara K, Hashimoto J, Nishiyama N, Kitamura H, Masumori N: Laparoscopic radical cystectomy resolves the issue of surgical site infection as a postoperative complication.? 32nd World Congress of Endourology & SWL 2014, Sept 3-7, 2014, Taipei.
11) Takahashi S: < Symposium > CP/CPPS. The 4th Congress of Asian Pacific Prostate Society, March 21-22,? 2014, Nago.
12) Hiyama Y, Takahashi S, Ichihara K, Hashimoto J, Taguchi K, Kunishima Y, Yanase M, Hirose T, Masumori N: Fluoroquinolone resistant Escherichia Coli isolated fromr rectal swab in patients who undergo transrectal ultrasound guided prostate biopsy. The 4th Congress of Asian Pacific Prostate Society, March 21-22,?2014, Nago.
13) Takahashi S: <Guidelines for Sexually Transmitted Infections>?Chlamydial urethritis. Asian UTI/STI Forum, May 9-10, 2014, Soul.
14) Takahashi S: Emergence of drug-resistant bacteria in urological field in Japan.?31st Japan-Korea Urological Congress, Sept. 27-28, 2014, Tokyo.
15) 高橋 聡:<卒後教育プログラム> 尿路性器感染症 “泌尿器科医が知っておくべき感染症ガイドライン-CRBSI・Sepsis・FN-” 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
16) 高橋 聡:<ランチョンセミナー> 尿路感染症治療の現状と問題点.  第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
17) 高橋 聡:<シンポジウム> 尿路閉塞を伴った急性腎盂腎炎~重症尿路感染症への対応を考える “尿路結石による尿路閉塞を伴った急性腎盂腎炎に関する全国調査結果” 第61回日本化学療法学会東日本支部総会、2014年10月29-31日、東京.
18) 高橋 聡:<教育セミナー> 急性膀胱炎の予防法.  第61回日本化学療法学会東日本支部総会、2014年10月29-31日、東京.
19) 高橋 聡:<パネルディスカッション> 多剤性菌―近未来の危機的状況を如何に打開するか.“多剤耐性緑膿菌およびMRSAに対する薬剤選択”.  第79回日本泌尿器科学会東部総会、2014年10月12-14日、横浜.
20) 高橋 聡:〈ランチョンシンポジウム〉 多剤耐性緑膿菌の治療“尿路での対応” 第48回緑膿菌感染症研究会日、2014年1月25日、長崎.
21) 橋本次朗、高橋 聡、舛森直哉:尿路開放手術における術前尿培養陽性別に対する術前抗菌薬投与プロトコールの妥当性.  第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
22) 高橋 聡、桧山佳樹、上原央久、橋本次朗、舛森直哉、伊藤 晋、岩澤晶彦、砂押研一、竹田孝一、鈴木伸和他橋:尿道炎に対するアジスイロマイシン2g製剤の臨床効果、第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
23) 橋本次朗、高橋 聡、桧山佳樹:自己導尿患者の無症候性細菌尿と症候性尿路感染症.  第62回日本化学療法学会総会、2014年6月18-20日、福岡.
24) 桧山佳樹、高橋 聡、橋本次朗、舛森直哉:腹腔鏡下根治的膀胱摘除術後の手術部位感染症に関する検討. 第88回日本感染症学会総会、2014年6月18-20、福岡.
25) 高橋 聡、桧山佳樹、宮本慎太郎、西山直隆、舛森直哉:経直腸的前立腺針生検施行後に化膿性脊椎炎と感染性心内膜炎を発症した1例. 第61回日本科学療法学会東日本支部総会、2014年10月29-31日、東京.
26) 橋本次朗、高橋 聡、上原泰昭、長谷川喜弘、舛森直哉:膀胱におけるサーファクタント蛋白質Aの発現と尿路病原性大腸菌に対する感染防御機構. 第61回日本科学療法学会東日本支部総会、2014年10月29-31日、東京.
27) 上原央久、堀田 裕、桧山佳樹、市原浩司、橋本次朗、高橋 聡、舛森直哉:軟性尿管鏡を使用した経尿道的尿管砕石術後の感染性合併症.  第61回日本科学療法学会東日本支部総会、2014年10月29-31日、東京.
28) 高橋 聡、桧山佳樹、上原央久、橋本次朗、舛森直哉、伊藤 晋、砂押研一、竹田孝一、鈴木伸和、鈴木範宣、西村昌宏ほか:TMA法によるクラミジア・トラコマティスおよび淋菌同時検出試薬を用いたうがい液の咽頭感染検査. 第79回日本泌尿器科学会東部総会、2014年10月12-14日、横浜.
29) 高橋 聡、菊地謙成、桧山佳樹、野藤誓亮、岡田 学、宮本慎太郎、西山直隆、小林 皇、北村 寛、舛森直哉:経直腸的前立腺針生検施行後に化膿性脊椎炎と感染性心内膜炎を発症した1例. 第79回日本泌尿器科学会東部総会、2014年10月12-14日、横浜.
30) 橋本次朗、高橋 聡、舛森直哉、有木 茂、高宮里奈、高橋素子、黒木由夫ほか:膀胱におけるサーファクタント蛋白質Aの発現と尿路病原性大腸菌に対する感染防御機構. 第392回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年5月31日、札幌.
31) 高橋 聡、菊地謙成、桧山佳樹、野藤誓亮、岡田 学、宮本慎太郎、西山直隆、小林 皇、北村 寛、舛森直哉:経直腸的前立腺針生検施行後に化膿性脊椎炎と感染性心内膜炎を発症した1例. 第393回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年10月4日、札幌.
32) 村中貴之、前鼻健志、桧山佳樹、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:特発性後腹膜線維症に対するステロイド治療の感染症に関する検討.  第393回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年10月4日、札幌.
33) 高橋 聡:尿道炎に対するアジスロマイシン2g単回治療の有効性. 第32回クラミジア研究会、2014年9月27日、京都.
34) 橋本次朗、高橋 聡、舛森直哉、有木 茂、高宮里奈、高橋素子、黒木由夫ほか:膀胱におけるサーファクタント蛋白質Aの発現と尿路病原性大腸菌に対する感染防御機構. 第25回尿路感染症研究会、2014年11月1日、東京.

内分泌

【論文】
  なし
【学会発表】
1) 前田俊浩、田中俊明、前鼻健志、舛森直哉、伊藤直樹:札幌医科大学泌尿器科男性不妊外来の臨床統計. 第56回北海道生殖医学会、2014年2月16日、札幌.

性機能

【論文】
1) Matsuda Y, Hisasue S, Kumamoto Y, Kobayashi K, Hashimoto K, Sato Y, Masumori N: Correlation between Erection Hardness Score and Nocturnal Penile Tumescence Measurement. J Sex Med 11; 2272-2276, 2014.
【学会発表】
1) Takayanagi A, Kobayashi K, Fukuta F, Matsuki M, Matsuda Y, Masumori N: Longitudinal changes of free testosterone levels with aging in Japanese men from a community-based longitudinal study.? 16th World ?Meeting on Sexual Medicine, Oct. 8-12, 2014, San Paulo.
2) Kobayashi K, Takayanagi A, Matsuda Y, Masumori N: Correlation between erectile function and endothelial function evaluated using finger artery stiffness.? 16th World? Meeting on Sexual Medicine, Oct. 8-12, 2014, San Paulo.
3) 高柳明夫、小林 皇、福多史昌、野藤誓亮、岡田 学、松木雅裕、松田洋平、舛森直哉:日本人男性の性機能の変化についての検討~北海道島牧村における横断研究結果より~. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
4) 高柳明夫、小林 皇、福多史昌、野藤誓亮、岡田 学、舛森直哉:日本人男性の性機能の変化についての検討~北海道島牧村における横断研究結果より. 第391回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年1月25日、札幌.
5) 松田洋平、小林 皇、高柳明夫、福多史昌、舛森直哉、森 満:勃起障害を予測する下部尿路症状についての縦断的検討前. 第14回日本Men’s Health医学会性、2014年9月27-28日、大阪府豊中.

腫瘍

【論文】
1) 【学位論文】Tanaka T, Torigoe T, Hirohashi Y, Sato E, Honma I, Kitamura H, Masumori N, Tsukamoto T, Sato N: Hypoxia-inducible factor (HIF)-independent expression mechanism and novel function of HIF prolyl hydroxylase-3 in renal cell carcinoma.? J Cancer Res Clin Oncol 140; 503-513, 2014.
2) Ichihara K, Masumori N, Kitamura H, Hasegawa T and Tsukamoto T: Clinical outcomes of urothelial carcinoma of the prostate detected in radical cystectomy specimens.? Int J Clin Oncol 19; 152-156, 2014.
3) 【学位論文】Takeuchi M, Amano M, Kitamura H, Tsukamoto T, Masumori N, Hirose K, Ohashi T and Nishimura S: N- and O-glycome analysis of serum and urine from bladder cancer patients using a high-throughput glycoblotting method.? J Glucomics Lipidomics 3; 108. Doi: 10.4172/2143-0637 1000108.
4) Nishiyama N, Kitamura H, Hotta H, Takahashi A, Yanase M, Itoh N, Tachiki H, Miyao N, Matsukawa M, Kunishima Y, Taguchi K and Masumori N: Construction of predictive models for cancer-specific survival of patients with non-muscle-invasive bladder cancer treated with bacillus calmette-guerin: Results from a multicenter retrospective study.? Jpn J Clin Oncol 44; 1101-1108, 2014.? Doi: 10.1093/jjco/hyu119.
5) Horiguchi H, Takada K, Kamihara Y, Ibata S, Iyama S, Sato T, Hayashi T, Miyanishi K, Sato Y, Takimoto R, Kobune M, Kobayashi K, Hirayama Y, Masumori N, Hasegawa T, Kato J: Radiation-induced leiomyosarcoma of the prostate after brachytherapy for prostatic adenocarcinoma.? Case Reports in Oncology 7; 565-570, 2014.
6) Ide H, Tanaka T, Wakumoto Y, Kitamura K, Muto S, Yamaguchi R, Masumori N, Horie S: Circulating tumor cell count during zoledronic acid treatment in men wioth metastatic prostate cancer: A pilot study? Prostate Int 2; 147-151, 2014.
7) Kimura Y, Keira Y, Imamura M, Ito T, Nobuoka T, Mizuguchi T, Masumori N, Hasegawa T and Hirata K: Histopathological aspects of pancreatic metastases in renal cell carcinoma: Does the mode of invasion permit limited resections?? Pancreat Disord Ther 2014, Vol.4 Issue 2 1000136.
8) 舛森直哉:〈IV 全身化学療法・その他〉 総論 『腎盂・尿管癌 診療ガイドライン 2014年版』 日本泌尿器科学会編、 pp.59-62
9) 西山直隆、進藤哲哉、堀田 裕、高橋 敦、柳瀬雅裕、伊藤直樹、立木 仁、宮尾則臣、松川雅則、国島康晴、田口圭介、北村 寛、舛森直哉:BCG Relapsingをきたした筋層非浸潤性膀胱癌 (NMIBC)症例の予後に関する後ろ向き・多施設共同研究. 泌尿器外科 27; 346-347, 2014.
10) 北村 寛:〈前立腺癌の診療ナビゲーション II. 前立腺癌の診断〉 PSA値に異常が認められた場合の検査 直腸診. 臨床泌尿器科 38(増刊号); 54-56, 2014.
11) 北村 寛:〈前立腺癌の診療ナビゲーション II. 前立腺癌の診断〉 PSA値に異常が認められた場合の検査―前立腺超音波検査. 臨床泌尿器科 38(増刊号); 57-59, 2014.
12) 広部恵美、舛森直哉、田中俊明、北村 寛、外岡暁子、長谷川匡、塚本泰司:〈Symposium 2 非淡明細胞癌〉 Xp11.2 translocation renal cell carcinomaの臨床病理学的検討.  泌尿器外科 27(別冊); 14-16, 2014.
13) 北村 寛、井上隆太、広部恵美、京田有樹、田中俊明、舛森直哉:分子標的療法の導入により腎癌骨転移の治療成績は向上したか? 泌尿器外科 27(別冊); 93-95, 2014.
14) 舛森直哉:小径腎腫瘍の自然史.  臨床泌尿器科 68; 727-740, 2014.
15) 北村 寛:膀胱癌のクリニカル・パール. 臨床泌尿器科 68; 838-842, 2014.
16) 北村 寛:ソラフェニブトシル酸塩の副作用ケア. 泌尿器ケア 19; 1031-1041, 2014.
17) 西田幸代、舛森直哉:〈特集:去勢抵抗性前立腺癌〉前立腺癌におけるがん幹細胞研究. 日本臨床 72; 2229-2233, 2014.
18) 伊藤敬一、三上修治、立神勝則、舛森直哉、近藤恒徳、長嶋洋治ほか:〈Symposium 2 非淡明細胞癌〉本邦における転移性乳頭状腎細胞癌の治療成績―多施設共同研究中間報告―.  泌尿器外科 27(別冊); 14-16, 2014.
19) 内藤誠二(司会)、江藤正俊、舛森直哉:〈座談会〉 腎細胞癌診療の話題と将来展望 ~ASCO2014より~ 診療と新薬 51; 1115-1119, 2014.
【学会発表】
20) Kitamura H, Takahashi A, Hotta H, Kato R, Kunishima Y, Takei F, Horita H and Masumori N: Palonosetron with aprepitant plus dexamethasone to prevent chemotherapy ? Induced nausea and bomitinmg (CINV) during gemicitabine/cisplatin (GC) in urothelial cancer (UC) patients: A multi-institutional retrospective study in Japan.? Genitourinary Cancers Symposium, Jan. 30-Feb. 1, 2014, San Francisco, USA.
21) Kitamura H: 〈招請講演〉Survival of Japanese RCC patients with bone metastasis in the era of targeted therapy.? East-Asia Urologic Oncology Group Meeting, March 28-29, 2014, Seoul.
22) Inoue R, Hirohashi Y, Torigoe T, Kitamura H, Nishida S, Takahashi A, Masumori N, Sato N: Neuregulin 1 HRG-beta 1 plays a critical role in cell survival of urothelial carcinoma cancer stem-like cells.? 29th Annual Europen Urology Association Congress, April 11-15, 2014, Stockholm.
23) Takeuchi M, Kitamura H, Tsukamoto T, Masumori N, Amano M, Hirose K, Ohashi T, Nishimura S: N- and O-glycome analysis of serum and urine from bladder cancer patients using a high-throughput glycoblotting method.? AUA 2014 Annual Meeting, May 16-21, 2014, Orland.
24) Nishiyama N: Construction of predictive models for cancer-specific survival of patients with non-muscle invasive bladder cancer treated with bacillus calmette-guierin: results from a multicenter retrospective study.? 34th Congress of Societe Internationale D’Urologie, Oct. 12-15, 2014, Glasgow.
25) Nishiyama N, Kitamura H, Inoue R, Nishida S, Hirobe M, Takahashi S, Masumori N: Overexpression of ADAMTS1 is associated with gemcitabine/cisplatin resistance and poor prognosis in urothelial carcinoma of the bladder. 第73回日本癌学会総会、2014年9月25-27日、横浜.
26) Kitamura H: <AUA/JUA Joint Symposium> The role of neoadjuvant/adjuvant chemotherapy and extended pelvic lymph node dissection in muscle-invasive bladder cancer. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸
27) 北村 寛:〈特別企画〉治療開発マップの作成:尿路上皮 “転移・再発尿路上皮癌に対する治療開発”. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
28) 北村 寛、舛森直哉:〈シンポジウム〉進行性膀胱癌の治療戦略 “MVACのエビデンスとポジション” 第79回日本泌尿器科学会東部総会、2014年10月12-14日、横浜.
29) 北村 寛、高橋 敦、武居史泰、堀田 裕、宮尾則臣、進藤哲哉、五十嵐学、立木 仁、国島康晴、村中貴之、執行雅紀、池端良紀、舛森直哉:腎癌骨転移に対する分子標的療法の意義に関する多施設共同後ろ向き研究. 第52回日本癌治療学会総会、2014年8月28-30日、横浜.
30) 西山直隆、堀田 裕、高橋 敦、柳瀬雅裕、伊藤直樹、立木 仁、宮尾則臣、松川雅則、国島康晴、田口圭介、北村 寛、舛森直哉. BCG注入療法を施行した筋層非浸潤性膀胱癌の上部尿路再発に関する多施設共同研究.  第52回日本癌治療学会総会、2014年8月28-30日、横浜.
31) 進藤哲哉、北村 寛、小林 皇、橋本浩平、西田幸代、高橋 聡、舛森直哉:当科の前立腺全摘除術神経温存アルゴリズムに対する3TMRIの追加意義の検討. 第52回日本癌治療学会総会、2014年8月28-30日、横浜.
32) 広部恵美、北村 寛、進藤哲哉、京田有樹、小林 皇、舛森直哉、外岡暁子、長谷川匡:腎細胞癌における肉腫様変化と予後との関連性についての検討. 第52回日本癌治療学会総会、2014年8月28-30日、横浜.
33) 西山直隆、北村 寛、井上隆太、前田俊浩、高橋 聡、舛森直哉:当院における進行性腎細胞癌に対するエベロリムスの使用成績に関する検討. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸
34) 前鼻健志、田中俊明、北村 寛、舛森直哉:尿路上皮癌におけるGemcitabine 投与時の発熱は治療効果と関係はあるか. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸
35) 井上隆太、北村 寛、西山直隆、田中俊明、舛森直:進行性腎癌症例に対するsunitinib投与方法の検討. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸
36) 北村 寛、高橋 敦、武居史泰、堀田 裕、宮尾則臣、進藤哲哉、五十嵐学、立木 仁、国島康晴、村中貴之、執行雅紀、池端良紀、舛森直哉:分子標的療法を受けた腎癌骨転移患者における予後規定因子の検討. 第79回日本泌尿器科学会東部総会、2014年10月12-14日、横浜.
37) 井上隆太、廣橋良彦、鳥越俊彦、北村 寛、西田幸代、高橋あかり、舛森直哉、佐藤昇志:ALDH1活性を用いた尿路上皮癌幹細胞の同定と特異的遺伝子発現の検討. 第103回日本病理学会総会、2014年4月24-26日、広島.
38) 岡部 洸、北村 寛、藤野景子、野藤誓亮、岡田 学、宮本慎太郎、西山直隆、高橋 聡、舛森直哉:12歳の女児に生じた嫌色素性腎細胞癌の一例. 第23回日本小児泌尿器科学会総会、2014年7月10-11日、横浜.
39) 北村 寛、高橋 敦、堀田 裕、加藤隆一、国島康晴、武居史泰、堀田浩貴、舛森直哉:Palonosetron with aprepitant plus dexamethasone ton prevent CINV during gemcitabine/cisplatin in urothelial patients(尿路上皮癌に対するGC療法における制吐療法・新旧プロトコールの比較に関する多施設共同後ろ向き研究). 第12回日本臨床腫瘍学会学術集会、2014年7月17-19日、福岡.
40) 北村 寛、田中俊明、井上隆太、西田幸代、廣橋良彦、鳥越俊彦、佐藤昇志、舛森直哉:進行尿路上皮癌に対するサバイビン2Bペプチドワクチン臨床試験におけるirResponse Criteriaを用いた治療効果判定. 第18回日本がん免疫学会総会、2014年7月30日-8月1日、松山市.
41) 西山直隆、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:リンパ節転移を有する進行性腎細胞癌に対しテムシロリムスにより完全奏功が得られた1例. 第45回腎癌研究会、2014年7月20日、東京.
42) 舛森直哉:〈シンポジウム〉前立腺癌診療この10年の進歩“手術療法” 第10回GUTR(泌尿器腫瘍放射線治療)研究会 2014年8月30日、横浜.
43) 進藤哲哉、北村 寛、小林 皇、橋本浩平、西田幸代、高橋 聡、舛森直哉:当科の前立腺全摘術神経温存アルゴリズムに対する3TMRIの追加意義の検討. . 第10回GUTR(泌尿器腫瘍放射線治療)研究会 2014年8月30日、横浜.
44) 北村 寛:〈卒後教育プログラム〉 高異型度筋層非浸潤性膀胱癌の治療. 第25回西日本泌尿器科学会総会、2014年11月7日、倉敷市.
45) 西山直隆:BCG膀胱内注入療法を施行した筋層非浸潤性膀胱癌 (NMIBC) の上部尿路再発に関する後ろ向き・多施設共同研究. 第7回BCG注入療法研究会、2014年11月21日、東京.
46) 北村 寛:腎細胞癌に対するロングペプチド・ショートペプチド併用による新規免疫療法の開発. 第27回日本バイオセラピィ学会学術集会総会、2014年12月4-5日、大阪.
47) 進藤哲哉、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:当院におけるハイリスク前立腺癌に対する根治手術の治療成績およびPSA再発リスク因子の検討. 第30回前立腺シンポジウム、2014年12月13-14日、東京.
48) 前鼻健志、田中俊明、岡田 学、西山直隆、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:尿路上皮癌におけるGemcitabine投与時の発熱は治療効果と関係はあるか。 第391回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年1月25日、札幌.
49) 岡部 洸、北村 寛、藤野景子、野藤誓亮、岡田 学、宮本慎太郎、西山直隆、高橋 聡、舛森直哉ほか:12歳の女児に発生した嫌色素性腎細胞癌の1例. 第392回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年5月31日、札幌.
50) 進藤哲哉、北村 寛、小林 皇、橋本浩平、西田幸代、高橋 聡、舛森直哉:当科の前立腺全摘除術神経温存アルゴリズムに対する3TMRIの追加意義の検討. 第392回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年5月31日、札幌.
51) 井上隆太:【特別講演】 ALDH活性を用いた尿路上皮癌幹細胞の同定と特異的遺伝子発現の検討.  第392回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年5月31日、札幌.
52) 松田洋平、西山直隆、北村 寛、舛森直哉:集学的治療を施行した陰茎癌5例の検討.  第393回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年10月4日、札幌.

排尿異常・前立腺肥大症

【論文】
1) Masumori N, Tsukamoto T, Horita H, Sunaoshi K, Tanaka Y, Takeyama K, Sato E and Miyao N: Does baseline prostate volume affect the short-term outcome of tamsulosin?? LUTS 6; 113-116, 2014.
2) 舛森直哉:前立腺肥大症 『Year Note TOPICS 2014-2015』 4th Edition, pp.203-205, MEDIC MEDIA, 2014.
3) 舛森直哉: XIV-3 前立腺肥大症 前立腺肥大症診療ガイドライン (2011) 『診療ガイドライン UP-TO-DATE 2014-2015』 門脇 孝、小室一成、宮地良樹監修、 pp.778-72、メディカルレビュー、 2014.
4) 舛森直哉:前立腺肥大症  『プライマリ・ケア医のためのLUTS診療ハンドブック』 後藤百万編著、pp.78-89、中外医学社、2014.
5) 舛森直哉:前立腺腺肥大症 『今日の診療のめに ガイドライン外来診療 2014』 泉 孝英編集、pp.368-372、日経メディカル、2014.
6) 舛森直哉:<老年泌尿器科・前立腺肥大症:前立腺肥大症の診断と治療> Ⅲ. 外科治療  日本泌尿器科学会 2014年卒後教育テキスト 19; 167-173, 2014.
7) 市原浩司、舛森直哉:市民公開講座における前立腺がん検診理解度調査の結果報告. Prostate Journal 1; 153-157, 2014.
8) 舛森直哉:〈前立腺肥大症の薬物療法を再考する〉 序文 Prostate Journal 1; 239, 2014.
9) 福多史昌、舛森直哉:<前立腺肥大症の薬物療法を再考する> 2. α1遮断薬の有用性と限界. Prostate Journal 1; 245-251, 2014.
10) 舛森直哉:前立腺肥大症とmale LUTSのコンセプトと診断・治療法の変化. 泌尿器外科 27; 425-430, 2014
11) 舛森直哉:前立腺肥大症の治療戦略. 内科 114; 1113-1115, 2014.
12) 舛森直哉:『病気じゃない? いいえ、病気なのです』 医療と介護ナビ(女性のライフステージと検討) 2014年夏・秋号 ; 16-17.
13) 舛森直哉、市原浩司:排尿障害―排尿困難の病理と治療. 遥か 9; 45-50, 2014.
14) (司会)舛森直哉、(討論者)海法康浩、松本成史、野宮正範、今井 篤:<Prostate Journal 座談会> LUTS/BPHの新たなる治療戦略―PDE阻害薬タダラフィルへの期待―. Prostate Journal 1; 281-288, 2014.
15) (司会)酒井英樹、(討論者)柿崎秀宏、高橋 悟、舛森直哉:<座談会> 前立腺肥大症と前立腺肥大症に伴う OABについて. Prostate Journal 1; 123-130, 2014.
16) (司会)武田正之、(討論者)後藤百万、斎藤源顕、舛森直哉:<座談会>Male LUTSに対する薬物利用を再考する. 泌尿器外科 27; 953-960, 2014.
【学会発表】
17) Masumori N, Tsukamoto T, Member of Hokkaido Urological Conference: Long-term efficacy and safety of alpha 1-blocker naftopidil for patients with benign prostatic hyperplasia: 3-year outcome analysis of a prospective multicenter study.? AUA 2014 Annual Meeting, May 16-21, 2014, Orland.
18) Masumori N: <Luncheon Seminar> Indication of medical treatment of BPH.? 31st? Japan-Korea Urological Congress, Sept. 27-28, 2014, Tokyo.
19) Masumori N, Ichihara K, Fukuta F, Tsukamoto T, Iwasawa A, Tanaka Y: A randomized controlled study to evaluate the efficacy of tamsulosin monotherapy and its combination with mirabegron on patients with overactive bladder induced by benign prostatic hyperplasia.? 44th Annual Meeting of the International Continence Society (ICS), Oct. 20-24, 2014, Rio de Janeiro.
20) 舛森直哉:〈ランチョンセミナー〉 BPH/OAMの最近の話題―ADDITION Studyを中心に. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
21) 舛森直哉:〈卒後教育〉 老年泌尿器科・前立腺肥大症 “前立腺肥大症の診断と治療” 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
22) 舛森直哉:<イブニングセミナー>男性BPH/OABの治療戦略. 第21回日本排尿機能学会、2014年9月17-20日、岡山.
23) 舛森直哉:<ランチョンセミナー>夜間頻尿の治療戦略.  第21回日本排尿機能学会、2014年9月17-20日、岡山.
24) 小林 皇:<パネルディスカッション>女性性機能:新たな評価法と今後の展開 “女性性機能とその評価法” 第21回日本排尿機能学会、2014年9月17-20日、岡山.
25) 京田有樹、池端良紀、市原浩司、福多史昌、舛森直哉:前立腺組織内における神経内分泌細胞の分布.  第21回日本排尿機能学会、2014年9月17-20日、岡山.
26) 市原浩司、舛森直哉、福多史昌、塚本泰司、岩澤晶彦、田中吉則、柳瀬雅裕、田口圭介、宮尾則臣、佐藤嘉一、鈴木伸和、古屋聖兒:過活動膀胱を合併する前立腺肥大症患者におけるα遮断薬単剤治療とβ3受容体作動薬併用治療の無作為化比較対照試験.  第21回日本排尿機能学会、2014年9月17-20日、岡山.
27) 池端良紀、福多史昌、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:当科におけるデュタステリド投与症例の服薬継続期間に関する調査. 第393回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年10月4日、札幌.
28) 市原浩司、舛森直哉、福多史昌、塚本泰司、岩澤晶彦、田中吉則、柳瀬雅裕、田口圭介、宮尾則臣、佐藤嘉一、鈴木伸和、古屋聖兒:過活動膀胱を合併する前立腺肥大症患者におけるα遮断薬単剤治療とβ3受容体作動薬併用治療の無作為化比較対照試験.  第393回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年10月4日、札幌骨
29) 舛森直哉:【特別講演】BPH/LUTS治療の進歩~新規のBPH治療剤 タダラフィル登場まで~. 第249回日本泌尿器科学会東北地方会、2014年5月10日、青森.

腎移植・腎疾患

【論文】
1) 前鼻健志、田中俊明、市原浩司、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:術後せん妄による尿道カテーテル自己抜去が要因と考えられた生体腎移植後膀胱尿管逆流の1例. 日本臨床腎移植学会誌 2; 222-224, 2014.
【学会発表】
2) Ikehata Y, Tanaka T, Ichihara K, Kobayashi K, Kitamura H, Takahashi S, Masumori N: Incidence and risk factors for acute kidney injury after radical cystectomy. AUA 2014 Annual Meeting,
3) 京田有樹、田中俊明、市原浩司、前鼻健志、新海信雄、上原央久、田端秀敏、小林 皇、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:術前尿中微量アルブミンが腎部分切除後の腎機能へ与える影響. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
4) 前鼻健志、田中俊明、市原浩司、北村 寛、高橋 聡:術後せん妄による尿道カテーテル自己抜去が原因とされたVURの1例. 第47回日本臨床腎移植学会、2014年3月12-14日、奈良.
5) 前鼻健志、原田 浩、福沢信之、千葉智市、樋口はるか、川口 愛、中村美智子、田中 博、平野哲夫、関 利盛、富樫正樹、舛森直哉:生体腎移植後EBV関連上咽頭癌肝・脾転移に対し、CNI中止、EVR投与及び化学療法にて著明な治療科を認めた1例. 第30回腎移植・血管外科研究会、2014年6月27-28日、那覇.
6) 岡田 学、田中俊明、岡部 洸、松尾かずな、加藤秀一、宮本慎太郎、北村 寛、舛森直哉:骨盤融合腎に発生した腎細胞癌にたいして腎部分切除術を施行した1例.  第30回腎移植・血管外科研究会、2014年6月27-28日、那覇.
7) 岡部 洸、前鼻健志、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:若年女性に発生した巨大mixed epithelial and stromal tumor of kidneyに対し、腎部分切除を施行した1例.  第30回腎移植・血管外科研究会、2014年6月27-28日、那覇.
8) 市原浩司、田中俊明、松木雅裕、五十嵐学、北村 寛、高橋 聡、松川雅則、柳瀬雅裕、舛森直哉:血液透析患者における血清プロカルシトニン値の観察研究. 第391回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年1月25日、札幌.
9) 京田有樹、田中俊明、市原浩司、前鼻健志、小林 皇、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:術前尿中微量アルブミンが腎腫瘍術後の腎機能へ与える影響. 第391回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年1月25日、札幌.
10) 岡部 洸、前鼻健志、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:若年女性に発生した巨大mixed epithelial and stromal tumor of kidneyに対し、腎部分切除について腫瘍摘除が可能であった1例. 第393回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年10月4日、札幌.
11) 前鼻健志:回腸導管造設後長期症例の上部尿路合併症・腎機能の推移. 第2回JUSRT(泌尿器画像診断・治療技術)研究会、2014年9勝ち12-13日、京都.
12) 前鼻健志、原田 浩、福沢信之、川口 愛、中村美智子、田中 博、平野哲夫、関 利盛、富樫正樹、舛森直哉:生体腎移植後EBV関連上咽頭癌肝・脾転移に対し、CN1中止、EVR投与及び化学療法で著明な治療効果を認めた1例. 第34回北海道腎移植談話会、2014年11月22日、札幌.

その他

【論文】
1) Kitamura H, Maeda H, Tanaka T, Fukuta F, Kobayashi K, Nishiyama N, Takahashi S, Masumori N: Comparison of laparoscopic, hand-assisted, and open surgical nephroureterectomy.? J Soc Laparoendo- scopic Surg 18; 288-293, 2014.
2) Takeuchi M, Masumori N, tsukamoto T: Ureteral reconstruction with bowel segments: Experience with eight patients in a single institute.? Korean J Urol 55; 742-749, 2014.
3) Tanaka T: <Editorial Comment> Editorial comment to prediction of partial nephrectomy outcomes by using the diameter-axis-polar nephrometry score.? Int J Urol 21; 446-447, 2014.
4) 舛森直哉:骨盤内悪性腫瘍に対する前立腺・尿路合併切除と再建術. 手術 66; 743-748, 2014.
5) 北村 寛、舛森直哉:腹腔鏡下腎尿管全摘除術の予後因子:膀胱内再発を含めて. Jpn J Endourology 27; 258-261, 2014
6) 高橋 聡、舛森直哉:<泌尿器科領域におけるトラブルシューティング>ドレナージに関するトラブル回避. 泌尿器外科 27; 111-121, 2014.
7) 市原浩司、舛森直哉:腹腔鏡下腎部分切除術におけるrenal scoring systemと手術手技の選択. 泌尿器外科 27; 1763-1768, 2014.
8) 田中俊明:<患者さんへの説明にそのまま使える泌尿器科手術のすべて> 経皮的腎瘻造設術. 泌尿器ケア 2014年夏季増刊号 ; 65-70, 2014.
9) 橋本亜香利、高田弘一、瀧本理修、堀口拓人、佐藤 勉、井山 諭、村瀬和幸、小野 薫、館越鮎美、林 毅、宮西浩嗣、佐藤康史、小船雅義、平山泰生、北村 寛、中西勝也、舛森直哉、長谷川匡、加藤淳二:Pazopanibが有効であった転移性横紋筋肉腫の1例. 癌と化学療法 41; 1041-1044, 2014.
10) <泌尿器科教室訪問> 札幌医科大学医学部泌尿器科学講座 “前立腺肥大症や泌尿器感染症の分野では、研究面でもわが国を牽引”. Corr Pon Urology No.2; 6-8, 2014.
11) 舛森直哉:【教室だより】 札幌医科大学 泌尿器科学講座―光のトンネルをくぐり抜けて未来へ向かうー北海道医誌 89; 177-178, 2014.
【学会発表】
12) 高橋 聡、麦谷荘一:<シンポジウム> 長期間留置尿路ステントガイドライン~ “must” or “must not” ~ “尿管ステント・ガイドワイヤーの種類”. 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会、2014年11月26-28日、福岡.
13) 北村 寛、京田有樹、市原浩司、前鼻健志、進藤哲哉、高柳明夫、小林 皇、前田俊浩、高橋 聡、舛森直哉:ロボット支援腹腔鏡した前立腺全摘除術後の早期尿禁制に関与する因子の検討. 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会、2014年11月26-28日、福岡.
14) 田中俊明、舛森直哉:<シンポジウム> 10年以上経過した尿禁制型代用膀胱患者のアウトカム “回腸導管は今もゴールドスタンダートか~長期成績からの提言~”. 第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
15) 宮本慎太郎、前鼻健志、市原浩司、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:経皮的腎生検における当科周術期プロトコールおよび出血性合併症の検討.  第102回日本泌尿器科学会総会、2014年4月24-27日、神戸.
16) 北村 寛、市原浩司、松尾かずな、前鼻健志、京田有樹、高柳明夫、小林 皇、舛森直哉:ロボット支援腹腔鏡鏡下前立腺全摘除術後の早期尿禁制に関与する因子の検討. 第6回日本ロボット外科学会総会、2014年2月22日、福岡.
17) 松尾かずな、市原浩司、後藤百万、舛森直哉:Female to Male患者へのcross-sex hormone療法の下部尿路機能への影響. GID学会第16回研究大会、2014年3月21-22日、那覇.
18) 市原浩司、松尾かずな、舛森直哉:S状結腸による造膣を併用したSRS-MTFの1例.  GID学会第16回研究大会、2014年3月21-22日、那覇.
19) 舛森直哉:【特別講演】GID診療の現状と課題. 第391回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年1月25日、札幌.
20) 松尾かずな、市原浩司、後藤百万、舛森直哉:Female to Male患者へのcross-sex hormone療法の下部尿路機能への影響. 第391回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年1月25日、札幌.
21) 宮本慎太郎、前鼻健志、市原浩司、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:経皮的腎生検における当科周術期プロトコールおよび出血性合併症の検討. 第392回日本泌尿器科学会北海道地方会、2014年5月31日、札幌.
22) 加藤秀一、舛森直哉:尿道外傷の観血的尿道再建術の成績. 第11回泌尿器科再建再生研究会、2014年7月5日、青森
23) 上原央久:〈教育講演〉 小児の自己導尿. 第30回北海道思春期研究会、2014年10月18日、室蘭.

感染症

【論文】
1) Takahashi S, Kurimura Y, Hashimoto J, Uehara T, Hiyama Y, Iwasawa A, Nishimura M, Sunaoshi K, Takeda K, Suzuki N, Tsukamoto T: Antimicrobial susceptibility and penicillin-binding protein 1 and 2 mutations in Neisseria gonorrhoeae isolated from male urethritis in Sapporo, Japan.? J Infect Chemother 19; 50-56, 2013.
2) Takahashi S, Hamasuna R, Yasuda M, et al.: A randomized clinical trial to evaluate the preventive effect of cranberry juice (UR65) for patients with recurrent urinary tract infection.? J Infect Chemother 19; 112-117, 2013.
3) Takahashi S, Hamasuna R, Yasuda M, Ito S, Ito K, Kawai S, Yamaguchi T et al.: Clinical efficacy of sitafloxacin 100mg twice daily for 7 days for patients with non-gonococcal urethritis.? J Infect Chemother 19; 941-945, 2013.
4) Hiyama Y, Takahashi S, Uehara T, Hashimoto J, Kurimura Y, Tanaka T, Masumori N: Significance of anaerobic bacteria in postoperative infection after radical cystectomy and urinary diversion or reconstruction.? J Infect Chemother 19; 867-870, 2013.
5) Kunimoto Y, Yasui H, Touda N, Okazaki M, Nakata H, Noda N, Ikeda H, Hayashi T, Takahashi S et al.: Coadmionistration of tenofovir decreased atazanavir plasma concentration after unilateral nephrectomy.? J Infect Chemother 19; 750-753, 2013.
6) Hayami H, Takahashi S, Ishikawa K, Yasuda M, Yamamoto S, et al.: Nationwide surveillance of bacterial pathogens from patients with acute uncomplicated cystitis conducted by the Japanese surveillance committee during 2009 and 2010: antimicrobial susceptibility of Escherichia coli and Staphylococcus saprophyticus.? J Infect Chemother 19; 393-403, 2013.
7) Hamasuna R, Yasuda M, Ishikawa K, Uehara S, Takahashi S et al.: Nationwide surveillance of the antimicrobial susceptibility of Neisseria gonorrhoeae from male urethritis in Japna.? J Infect Chemother 19; 571-578, 2013.
8) Fujii S, Takahashi S, Makino S, Kunimoto Y, Nakata H et al.: Impact of vancomycin or linezolid therapy on development of renal dysfunction and thrombocytopenia in Japanese patients.? Chemotherapy 59: 319-324, 2013.
9) 高橋 聡:<V. 尿路感染症、男性性器感染症> 複雑性膀胱炎. 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.25 『感染症症候群(第2版) 下 臓器別感染症編』 ; 357-359、2013.
10) 高橋 聡:<VII. 性感染症> 非クラミジア性非淋菌性尿道炎. 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.25 『感染症症候群(第2版) 下 臓器別感染症編』 ; 466-468、2013.
11) 塚本泰司:膀胱炎. 『今日の治療指針 2013』 山口 徹、北原光夫他編集、pp.989-990、医学書院 、2013.
12) 桧山佳樹、高橋 聡、栗村雄一郎、市原浩司、橋本次朗、田口圭介:尿路結石による尿路閉塞を伴う急性腎盂腎炎症例の検討. 日本化学療法学会誌 61; 292-296, 2013.
13) 高橋 聡:<シンポジウム 3 変貌する尿道炎> 2.非淋菌性クラミジア性尿道炎の原因微生物としてのマイコプラズマとユレアプラズマ. 泌尿器外科 26(臨増); 605-606, 2013.
14) 市原浩司、高橋 聡:<治療に伴う看護情報> がん患者の術後ドレーン・チューブ管理 12. 膀胱癌手術. がんナーシング 3; 362-367, 2013.
15) 市原浩司、高橋 聡:CRP検査、プロカルシトニン検査. 泌尿器ケア 18; 709-712, 2013.
16) 高橋 聡:高齢者の尿路感染症. 臨床と微生物 40; 667-671, 2013.
17) 高橋 聡:<セミナー 薬の実践的で有効な最新の使い方> 尿路感染症. Medical Practice 30; 2099-2102, 2013.
18) 和田耕一郎、上原慎也、吉良慎一郎、松本正広、庄 武彦、栗村雄一郎、橋本次朗、上原央久、高橋 聡、塚本泰司ほか<UTI共同研究会>:「泌尿器科領域における周術期感染予防ガイドライン」に関する多施設共同研究. 日泌尿学会誌 104; 505-512, 2013.
19) 東郷容和、田岡利宣也、山本新吾、桧山佳樹上原央久橋本次朗高橋 聡塚本泰司ほか:泌尿器科領域における周術期感染症予防抗菌薬の使用状況についてのアンケート調査報告. 日泌尿学会誌 104; 579-588, 2013.
【学会発表】
20) Takahashi S, Matsumoto T, Yamamoto S, Ishikawa K, Uehara T, Hamasuna R, Yasuda M, Hayamai H, Hanaki S, Kadota J: The current antimicrobial susceptibility in chlamydia trachomatis in Japan from the ????? nationwide surveillance.? STD & AIDS World Congress 2013, July 14-17, 2013, Vienna.
21) Takahashi S, Hamasuna R, Yasuda M Ito S, Deguchi T, Matsumoto T: Clinical efficacy of sitafloxacin 100mg twice daily for 7 days foro patients with nongonococcal urethritis.? STD & AIDS World Congress 2013, July 14-17, 2013, Vienna.
22) Takahashi S: <Symposium> Infection ?“Introduction of Japanese guideline”. 30th Korea-Japan Urological Congress, Sept. 6-7, 2013, Seoul.
23) 高橋 聡:<卒後教育プログラム> 尿路性器感染症 “泌尿器科領域における感染制御”. 第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌市.
24) 橋本次朗、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:<シンポジウム> 尿路感染症・性感染症への最適なアプローチを学ぶ “無症候性細菌尿” 第61回日本化学療法学会総会、2013年6月5-6日、横浜市.
25) 高橋 聡:<シンポジウム> 尿路性器感染症の変遷と今後の対応 “急性腎盂腎炎の変遷と今後の対応” 第78回日本泌尿器科学会東部総会、2013年10月17-19日、新潟市.
26) 高橋 聡:<シンポジウム> ワクチン以外の感染症予防策 “クランベリージュースによる尿路感染症予防” 第60回日本化学療法学会東日本支部総会、2013年10月30日-11月1日、東京.
27) 橋本次朗:<シンポジウム> 複雑性尿路感染症の治療効果を高める戦略 “急性腎盂腎炎の診断と治療の検証 症例1” 第60回日本化学療法学会東日本支部総会、2013年10月30日-11月1日、東京.
28) 上原央久:<シンポジウム> 複雑性尿路感染症の治療効果を高める戦略 “急性腎盂腎炎の診断と治療の検証 症例3” 第60回日本化学療法学会東日本支部総会、2013年10月30日-11月1日、東京.
29) 高橋 聡:<教育セミナー> 1) 尿道炎に対する治療・同時治療の将来は? 2) 尿道炎・子宮頸管炎の原因微生物検出について. 日本性感染症学会第26回学術大会、2013年11月16-17日、岐阜市.
30) 高橋 聡:<教育セミナー> 細菌性感染総の診断と治療の話題. 第29回腎移植・血管外科研究会、2013年6月28-29日、青森県浅虫温泉.
31) 高橋 聡、橋本次朗、桧山佳樹、上原央久、栗村雄一郎、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:モノフィラメント抗菌縫合糸を皮下縫合に用いた根治的膀胱摘除術後の手術創感染症予防.  第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌市.
32) 山本卓宜、高橋 聡、橋本次朗、市原浩司、広部恵美、舛森直哉、塚本泰司:根治的膀胱摘除術におけるSSI分類と重症度に関する検討.  第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌市.
33) 橋本次朗、高橋 聡、塚本泰司:当科における尿膜管膿瘍の検討.  第61回日本化学療法学会総会、2013年6月5-6日、横浜市.
34) 高橋 聡、橋本次朗、塚本泰司、砂押研一、竹田孝一、鈴木伸和ほか:非淋菌性尿道炎に対するSTFXの臨床効果. 第388回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年1月26日、札幌市.
35) 橋本次朗、北村 寛、高橋 聡、伊藤直樹、舛森直哉:当科における鏡視下腎盂形成術の検討. 第389回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年6月15日、札幌市.
36) 高橋 聡、桧山佳樹、上原央久、橋本次朗、舛森直哉ほか:尿道炎に対するアジスロマイシン2g製剤の臨床効果. 第390回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年10月12日、旭川市.
37) 高橋 聡、桧山佳樹、上原央久、橋本次朗、舛森直哉:急性単純性膀胱炎の原因菌分離頻度に関する一考察. 第24回尿路感染症研究会、2013年10月5日、西宮市.
38) 高橋 聡、舛森直哉:モノフィラメント抗菌縫合糸を皮下縫合に用いた根治的膀胱摘除術後の手術創感染症予防. 第26回日本外科感染症学会総会、2013年11月25-26日、神戸市.

内分泌

【論文】
1) Kyoda Y, Tanaka T, Maeda T, Masumori N and Tsukamoto T: Adrenal hemorrhagic pseudocyst as the differential diagnosis of pheochromocytome―A review of the clinical features in cases with radiographycally diagnosed pheochromocytoma.? J Endocr Invest 36; 707-711, 2013.
2) 前鼻健志、田中俊明、前田俊浩、舛森直哉、塚本泰司:内分泌非活性副腎腫瘍の長期経過の検討:内分泌活性腫瘍への進展. 泌尿器外科 26; 489-493, 2013.
【学会発表】
3) 前田俊浩、田中俊明、前鼻健志、舛森直哉、伊藤直樹:札幌医科大学泌尿器科男性不妊外来の臨床統計. 第58回日本生殖医学会、2013年11月15-16日、神戸市.
4) 野藤誓亮、田中俊明、松木雅裕、前田俊浩、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:ACTH単独欠損症を合併した左副腎腺腫の1例. 第78回日本泌尿器科学会東部総会、2013年10月17-19日、新潟市.
5) 野藤誓亮、田中俊明、松木雅裕、前田俊浩、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:ACTH単独欠損症を合併した左副腎腺腫の1例. 第389回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年6月15日、札幌市.
6) 前田俊浩、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司、伊藤直樹:精索静脈瘤に対する顕微鏡下内精索静脈低位結紮術の検討. 第55回北海道生殖医学会、2013年2月16日、札幌市.

性機能

【論文】
1) 小林 皇、高柳明夫、松田洋平、松木雅裕、舛森直哉、塚本泰司:男性ホルモン低下の認知機能に対する影響についての検討. 日本性機能学会誌 28; 71-76, 2013.
2) 松田洋平、小林 皇、橋本浩平、高柳明夫、松木雅裕、舛森直哉、塚本泰司:emission less、逆行性射精に対するアモキサピンの有効性. 日本性機能学会誌 28; 77-81, 2013.
3) 高柳明夫、小林 皇、松木雅裕、松田洋平、橋本浩平、舛森直哉、塚本泰司ほか:仙骨表面治療的電気刺激法が根治的前立腺摘除術後早期の勃起機能に与える効果. 日本性機能学会誌 28; 89-94, 2013.
4) 松木雅裕、小林 皇、松田洋平、高柳明夫、橋本浩平、舛森直哉、山本卓宜、武居史泰、柳瀬雅裕、執行雅紀:Intracavernous Tunneling法を施行した虚血性持続勃起症の2例. 日本性機能学会誌 28; 179-183, 2013.
【学会発表】
5) Takayanagi A, Kobayashi K, Fukuta F, Matsuki M, Matsuda Y, Masumori N, Tsukamoto T: A 15-year longitudinal community-based study on sexual function of Japanese men by aging and satisfaction with their sexual life. The 14th Biennial Meeting of the Asia-Pacific Society for Sexual Medicine, May 30-June 2, 2013, Kanazawa.
6) Matsuo K, Gotoh M, Kobayashi K, Masumori N: Factors associated with severity of penile strangulation in Japan: Review of the literature.? The 14th Biennial Meeting of the Asia-Pacific Society for Sexual Medicine, May 30-June 2, 2013, Kanazawa.
7) 小林 皇、高柳明夫、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:当科におけるプロスタグランジンE1陰茎海綿体注射の検討. 第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌.
8) 小林 皇、池端良紀、市原浩司、田中俊明、松木雅裕、松田洋平:血液透析患者における射精障害に対する治療経験. 第58回日本透析医学会学術集会・総会、2013年6月20-23日、福岡.
9) 小林 皇、高柳明夫、松木雅裕、前田俊浩、田中俊明、福多史昌、松田洋平、橋本浩平、伊藤直樹、舛森直哉、塚本泰司:前立腺がん内分泌治療時の筋力に関する検討. 第23回日本性機能学会東部総会、2013年3月9日、仙台市.
10) 松木雅裕、小林 皇、野藤誓亮、池端良紀、高柳明夫、田中俊明、北村 寛、執行雅紀、舛森直哉、塚本泰司:A1-Ghorab ShuntoとIntracaversnou Tunneling法を施行した虚血性持続勃起症の1例. 第23回日本性機能学会東部総会、2013年3月9日、仙台市.
11) 松木雅裕、小林 皇、野藤誓亮、池端良紀、田中俊明、北村 寛、執行雅紀、塚本泰司:A1-Ghorab ShuntoとIntracaversnou Tunneling法を施行した虚血性持続勃起症の1例. 第388回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年1月26日、札幌市.
12) 高柳明夫、小林 皇、福多史昌、松木雅裕、松田洋平、舛森直哉:日本人男性における加齢に伴う性機能の変化―北海道島牧村における15年の縦断研究結果より. 第389回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年6月15日、札幌市.
13) 小林 皇:【特別講演】下部尿路通過障害と性機能障害との関連についての検討.  第389回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年6月15日、札幌市.
14) 小林 皇、高柳明夫、松尾かずな、京田有樹、岡田 学、舛森直哉:オーガズム障害に対してアモキサピンが有効であった1症例. 第390回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年10月12日、旭川市.
15) 小林 皇:【特別講演】排尿と関連する層状について~性機能と排尿後症状~. 第19回日胆地区泌尿器科、2013年9月6日、室蘭市.

腫瘍

【論文】
1) 【学位論文】Hashimoto K, Masumori N, Tanaka T, Maeda T, Kobayashi K, Kitamura H, Hirata K and Tsukamoto T: Zoledronic acid but not somatostatin analogs exerts anti-tumor effects in a model of murine prostatic neuroendocrine carcinoma of the development of castration-resistant prostate cancer. ?Prostate 73; 500-511, 2013.
2) 【学位論文】Nishida S, Hirohashi Y, Torigoe T, Inoue R, Kitamura H, Tanaka T, Takahashi A, Asanuma H, Masumori N, Tsukamoto T and Sato N: Prostate cancer stem-like cells/cancer-initiating cells have an autocrine system of hepatocyte growth factor. ?Cancer Sci 104; 431-436, 2013.
3) 【学位論文】Shimizu T, Suzuki H, Nojima M, Kitamura H, Yamamoto E, Maruyama R, Ashida M, Hatahira T, Kai M, Masumori N, Tokino T, Imai K, Tsukamoto T, Toyota M: Methylation of a Panel of MicroRNA Genes Is a Novel Biomarker for Detection of Bladder Cancer.? Eur Urol 63; 1091-1100, 2013.
4) 【学位論文】Hirobe M, Masumori N, Tanaka T, Kitamura H, Tsukamoto T: Establishment of an ASPL-TFE3 renal cell carcinoma cell line (S-TFE).? Cancer Biol Ther 14; 502-510, 2013.
5) Kitamura H, Torigoe T, Hirohashi Y, Asanuma H, Inoue R, Nishida S, Tanaka T, et al.: Nuclear, but not cytoplasmic, localization of surviving as a negative prognostic factor for survival in upper urinary tract urothelial carcinoma. ?Virchows Archiv 462; 101-107, 2013.
6) Kitamura H, Torigoe T, Hirohashi Y, Asanuma H, Inoue R, Nishida S, Tanaka T, Fukuta F, Masumori N, Sato T and Tsukamoto T: Prognostic impact of the expression of ALDH1 and SOX2 in urothelial cancer of the upper urinary tract. ?Mod Pathol 26; 117-124, 2013.
7) Shindo T, Masumori N, Kobayashi K, Fukuta F, Hirobe M, Tonooka A, Hasegawa T, Kitamura H and Tsukamoto T: Long-term outcome of small, organ-confined renal cell carcinoma (RCC) is not always favourable.? BJU Int 111; 941-945, 2013.
8) Ichihara K, Kitamura H, Masumori N, Fukuta F and Tsukamoto T: Transurethral prostate biopsy before radical cystectomy remains clinically relevant for decision-making on urethrectomy in patients with bladder cancer. ?Int J Clin Oncol 18; 75-80, 2013.
9) Kitamura H: Editorial comment to stage-specific impact of extended versus standard pelvic lymph node dissection in radical cystectomy. ?Int J Urol 20; 398, 2013.
10) Kitamura H: Editorial comment to Radical cystectomy and oncologic outcomes of male patients with pT4a urothelial bladder carcinoma with orthotopic urinary diversion.? Int J Urol 20; 1233, 2013.
11) Shibamori K, Tanaka T, Kitamura H, Masumori N, Tsukamoto T: Metachronous testicular seminoma occurring 8 years after treatment of extragonadal nonseminomatous germ cell tumor in the retroperitoneum.? Int Cancer Conf J 2; 145-148, 2013.
12) Kato S, Tanaka T, Kitamura H, Masumori N, Ito T, Kawaharada N, Tsukamoto T: Resection of the inferior vena cava for urological malignancies: single-center experience.? Int J Clin Oncol 18; 905-909, 2013.
13) 13) Maehana T, Tanaka T, Kitamura H, Masumori N, Tsukamoto T: Short-term functional and oncological outcomes of partial nephrectomy for renal cell carcinoma in patients with an anatomically or functionally solitary kidney: single-center experience. Int J Clin Oncol 18; 1049-1053, 2013.
14) Shindo T, Masumori N, Kobayashi K, Fukuta F, Hirobe M, Tonooka A, Hasegawa T, Kitamura H, Tsukamoto T: Long-term outcome of small, organ-confined renal cell carcinoma is not always favorable. ?BJU Int 111; 941-945, 2013.
15) Nishiyama N, Kitamura H, Maeda T, Takahashi S, Masumori N, Hasegawa T, Tsukamoto T: Clinicopathological analysis of patients with non-muscle-invasive bladder cancer: Prognostic value and clinical reliability of the 2004 WHO classification system.? Jpn J Clin Oncol 43; 1124-1131, 2013.
16) Tanaka T, Kitamura H, Inoue R, Nishida S, Takahashi-Takaya A, Kawami S, Torigoe S, Hirohashi Y, Tsukamoto T, Sato N, Masumori N: Potential survival benefit of anti-apoptosis protein, survivin-derived peptide vaccine with and without interferon alpha therapy for patients with advanced or recurrent urothelial cancer: results from phase I clinical trials.? Clin Dev Immunol 2013; 262967, 2013.
17) Maehana T, Tanaka T, Kitamura H, Masumori N, Tsukamoto T: Short-term functional and oncological outcomes of partial nephrectomy for renal cell carcinoma in patients with an anatomically or functionally solitary kidney: single-center experience.? Int J Clin Oncol 18; 1049-1053, 2013.
18) Shibata Y, Suzuki K, Arai S, Miyoshi Y, Umemoto S, Masumori N, Kamiya N, Ichikawa T et al.: Impact of pre-treatment prostate tissue androgen content on the prediction of castration-resistant prostate cancer development in patients treated with primary androgen deprivation therapy.? Andrology 1; 505-511, 2013.
19) Naito S, Oshita H, Kondo T, Shinohara N, Kasahara T, Saito K, Takeyama T, Masumori N, Takahashi W, et al: Prognostic factors of patients with metastatic renal cell carcinoma with removed metastases: A multicenter study of 556 patients.? Urology 82; 846-851, 2013.
20) Sugiyama Y, Masumori N, Fukuta F, Yoneta A, Hida T, Yamashita T, Minatoya M, Nagata Y, Mori M, Tsuji H, Akaza H, Tsukamoto T: Influence of isoflavone intake and equol-producing intestinal flora on prostate cancer risk.? Asian Pacific J Cancer Prev 14; 1-4, 2013.
21) 北村 寛:B 尿路上皮癌の基礎知識 5 正確なステージ診断のための根治術の留意点. 『実践的泌尿器腫瘍病理診断―カンファレンス形式で学ぶ』 筧 善行、賀本敏行編集、pp.224-233、中山書店、東京、2013.
22) 塚本泰司、北村 寛:X. 泌尿器科腫瘍学 3.膀胱腫瘍 3-3.浸潤性・進行性膀胱腫瘍の治療. 『ベッドサイド泌尿器科学 改訂第4版』 吉田 修監修、小川 修、岡田裕作、荒井陽一、寺地敏郎、松田公志、筧 善行、羽渕友則編集、南江堂、東京、pp.428-431, 2013.
23) 舛森直哉:筋層浸潤性膀胱癌の診断と周術期化学療法および膀胱温存療法. 日本泌尿器科学会2013年卒後教育テキスト Vol.18 (No.1); 198-204, 2013.
24) 舛森直哉:エベロリムス. 『Year Book of RCC 2013』 冨田善彦、金山博臣ほか編集、pp.131-138、メディカルレビュー社、2013.
25) 舛森直哉、塚本泰司:Q10 前立腺がんの検査方法には、どのようなものがありますか? Q11 PSAとは何ですか? Q12 PSA値が基準値より低くても、前立腺がんの可能性はありますか? Q13 直腸診はどのように行いますか? 痛いですか? A14 経直腸エコーはどのように行いますか? 痛いですか? 『インフォームドコンセントのための図説シリーズ 前立腺がん 改訂版 Q&Aで理解を深める基礎と臨床』吉田 修監修、大園誠一郎、荒井陽一編集、pp.22-28、医薬ジャーナル社、2013.
26) 北村 寛:膀胱がんの手術. 泌尿器ケア2013年夏季増刊『患者さんへの説明にそのまま使える! 泌尿器がんのすべて』 羽渕友則監修、メディカ出版、大阪、pp.158-176, 2013.
27) 西山直隆、進藤哲哉、堀田 裕、高橋 敦、柳瀬雅裕、伊藤直樹、立木 仁、宮尾則臣、松川雅則、国島康晴、田口圭介、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:BCG膀胱内注入療法を施行した筋層非浸潤膀胱癌 (NMIBC)の予後に関する後ろ向き・多施設共同研究. 泌尿器外科 26; 303-304, 2013.
28) 北村 寛:<パネルディスカッション  膀胱腫瘍―根治手術vs根治照射> 1.膀胱全摘除術の功罪を考える. 泌尿器外科 26(臨増); 693-695, 2013.
29) 池端良紀、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:泌尿器癌骨転移症例に対するデノスマブの短期治療成績. 臨泌 67; 695-700, 2013.
30) 井上隆太、橋本浩平、舛森直哉、竹内 基、北村 寛、塚本泰司ほか. Active surveillanceの適応と考えられた前立腺全摘症例の検討. 泌尿紀要 59; 555-559, 2013.
31) 北村 寛:進行性尿路上皮がんに用いる薬. 泌尿器ケア 18; 1066-1067, 2013.
32) 北村 寛: 良性・悪性の鑑別に迷う膀胱病変. 臨泌 67; 877-881, 2013.
33) 北村 寛、川口紘史、吉岡? 薫: 進行性尿路上皮がんに用いる薬. 泌尿器ケア 10, 70-72, 2013.
34) 北村 寛、舛森直哉:尿路上皮癌に対する治療の最前線. 細胞 45; 654-657, 2013.
35) 岡田 学、高橋 聡、松木雅裕、市原浩司、島 正樹、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:間質性膀胱炎患者に発生した膀胱扁平上皮癌の1例. 泌尿紀要 59; 31-33, 2013.
36) 岡田 学、田中俊明、福多史昌、舛森直哉、塚本泰司ほか:根治的前立腺摘除術を施行した前立腺stromal tumor of uncertain malignant potential (STUMP)の1例. 泌尿紀要 59; 137-140, 2013.
37) 池端良紀、髙橋 聡、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司. 分子標的薬治療後の転移巣摘除術により長期寛解を得た転移性腎癌の1例. 泌尿紀要59; 369-372, 2013.
【学会発表】
38) Kitamura H, Tsukamoto T, Masumori N, Shibata T, Kunieda F, Urologic Oncology Study Group of the Japan Clinical Oncology Group: Randomized phase III trial of neoadjuvant chemotherapy with methotrexate, doxorubicin, vinblastine and cisplatin followed by radical cystectomy (RC) compared with RC alone for invasive bladder cancer: Japan Clinical Oncology Groups study JCOG0209.? Genitourinary Cancers Symposium,? Feb. 14-16, 2013, Orlando, USA.
39) Hirobe M, Masumori N, Tanaka T, Kitamura H, Tonooka A, Hasegawa T, Tsukamoto T: Clinico- pathological characteristrics of Xp11 translocation renal cell carcinoma in adults: diagnosis using FISH analysis in conjunction with TFE3 immunostaining.? 28th Annual European Urology Association Congress, March 15-19, 2013, Milan.
40) Nishida S, Hirohashi Y, Torigoe T, Tanaka T, Kitamura H, Inoue R, Masumori N, Sato N, Tsukamoto T: Prostate cancer stem-like cells/cancer initiating cells have an autocrine system of Hepatocyte Growth Factor.? AUA 2013 Annual Meeting, May 4/8, 2013, San Diego.
41) Hirobe M, Masunmori N, Tanaka T, Kitamura H, Tsukamoto T: Establishment of a renal cell carcinoma cell line associated with TFE3 gene fusion.? AUA 2013 Annual Meeting, May 4/8, 2013, San Diego.
42) Nishiyama N, Kitamura H, Masumori N, Hasegawa T, Tsukamoto T: Clinicopathological analysis of patients with nonmuscle-invasive bladder cancer: Prognostic value and clinical reliability of the WHO grading system of 2004.? AUA 2013 Annual Meeting, May 4-8, 2013, San Diego.
43) Kitamura H, Tsukamoto T, Masumori N, Shibata T, Kunieda F, Fujimoto H, Hirao Y, Kitamura Y, et al.: Randomized phase III trial of neoadjuvant chemotherapy (NAC) with methotrexate, doxorubicin, vinblastine, and cisplatin (MVAC) followed by radical cystectomy (RC) compared with alone for muscle-invasive bladder cancer (MIBC): Japan Clinical Oncology Group study, JCOG0209.? ASCO Annual ’13 Meeting, May 31-June 4, 2013, Chicago.
44) Inoue R, Hirohashi Y, Torigoe T, Nishida S, Takahashi A, Tanaka T, Kitamura H, Masumori N, Tsukamoto T, Sato N: Identification of cancer stem-like cells from bladder urothelial carcinoma cells by aldehyde dehydrogenase activity.? 33rd Congress of the Societe Internationale D’Urologie, Sept. 8-12, 2013, Vancouver.
45) Kitamura H, Torigoe T, Hirohashi Y, Kawami S, Inoue R, Nishida S, Tanaka T, Sato N and Masumori N:
Preclinica study of a novel immunotherapy for renal cell carcinoma: combination of long and short peptides.? 5th European Multidisciplinary Meeting on Urological Cancers, Nov. 15-17, 2013, Marseille.
46) Kitamura H, Torigoe T, Hirohashi Y, Inoue R, Nishida S, Nishiyama N. Tanaka T, Masumori N, Sato N: Differential gene expression profiling of micropapillary carcinoma versus conventional urothelial carcinoma of the bladder. 第72回日本癌学会総会、2013年10月3-5日、横浜.
47) Kitamura H, Tsukamoto T, Shibata T, Kunieda F, Fujimoto H, Fujimoto K, et al., Urologic Oncology Study Group of the Japan Clinical Oncology Group: Phase III trial of neoadjuvant MVAC chemotherapy plus cystectomy versus cystectomy alone for bladder cancer: JCOG0209. 第11回日本臨床腫瘍学会学術集会、2013年8月29-31日、仙台.
48) 北村 寛:<シンポジウム> 局所進行・有転移尿路上皮癌 “尿路上皮癌に対する化学療法:一次、二次化学療法さらにはunit症例に対する治療をどうするか?” 第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌.
49) 北村 寛:<シンポジウム> 21世紀の前立腺癌根治治療の可能性―どこまで行けるのか “根治薬物療法の新展開” 第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌.
50) 北村 寛、舛森直哉:〈ワークショップ〉腎癌up to date―個別化医療をめざして “腎細胞癌の臨床~分子標的療法を中心に~. 第102回日本病理学会総会、2013年6月6-8日、札幌.
51) 舛森直哉:<卒後教育プログラム> 筋層浸潤および転移性膀胱癌の診断と治療(尿路変向・化学療法を含む) “筋層浸潤性膀胱癌の診断と周術期化学療法、膀胱温存療法” 第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌.
52) 舛森直哉:〈コンパニオンミーティング〉 泌尿器病理研究会 「膀胱腫瘍の病理」 “泌尿器科医は膀胱病理に何を期待するか?” 第102回日本病理学会総会、2013年6月6-8日、札幌.
53) 井上隆太、舛森直哉、柳瀬雅裕、高橋 敦、宮尾則臣、伊藤直樹、堀田 裕、廣瀬崇興、田口圭介、松川雅則、立木 仁、国島康晴、塚本泰司:転移性腎炎明細胞癌に対する分子標的薬の効果と予後因子の検討.  第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌.
54) 竹内 基、北村 寛、塚本泰司、天野麻穂、西村紳一郎:グライコブロッティング法を用いた膀胱癌患者の糖鎖解析.  第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌.
55) 池端良紀、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:当科におけるデノスマブの初期投与経験.  第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌.
56) 北村 寛、井上隆太、広部恵美、京田有樹、田中俊明、舛森直哉:分子標的療法の導入により腎癌骨転移の治療成績は向上したか? 第51回日本癌治療学会総会、2013年10月24-26日、京都.
57) 西山直隆、堀田 裕、高橋 敦、伊藤直樹ほか:BCG failureをきたした筋層非浸潤性膀胱癌の予後に関する後ろ向き・多施設共同研究. 第51回日本癌治療学会総会、2013年10月24-26日、京都.
58) 岡田 学、西山直隆、北村 寛、舛森直哉:膀胱全摘除術後に再発をきたした転移性膀胱癌に対する放射線療法の治療成績.  第51回日本癌治療学会総会、2013年10月24-26日、京都.
59) 西田幸代、鳥越俊彦、廣橋良彦、井上隆太、田中俊明、北村 寛、高橋あかり、舛森直哉、塚本泰司、佐藤昇志:前立腺がん幹細胞におけるhepatocyte-growth factor (HGF)の自己分泌機構. 第102回日本病理学会総会、2013年6月6-8日、札幌.
60) 井上隆太、廣橋良彦、鳥越俊彦、北村 寛、田中俊明、西山直隆、西田幸代、舛森直哉、塚本泰司、佐藤昇志:ALDH1A1陽性膀胱尿路上皮癌細胞株における癌幹細胞特異的遺伝子発現の検討. 第102回日本病理学会総会、2013年6月6-8日、札幌.
61) 田中俊明、北村 寛、西田幸代、井上隆太、高橋あかり、廣橋良彦、鳥越俊彦、佐藤昇志、舛森直哉:転移性尿路上皮癌に対するHLA-A24拘束性サバイビンペプチドワクチン療法. 第17回日本がん免疫学会総会、2013年4月3-5日、宇部.
62) 北村 寛、田中俊明:再発膀胱癌患者に対するHLA-A24拘束性サバイビンペプチドワクチン予防投与. 第26回日本バイオセラピィ学会学術集会総会、2013年12月5-6日、盛岡.
63) 西山直隆、堀田 裕、高橋 敦、柳瀬雅裕、伊藤直樹、立木 仁、宮尾則臣ほか:HCG Replacingをきたした筋層非浸潤性膀胱癌 (NMIBC)症例の予後に関する後ろ向き・多施設共同研究. 第78回日本泌尿器科学会東部総会、2013年10月17-19日、新潟.
64) 広部恵美:【特別講演】Xp11.2転座型腎細胞癌の細胞株の樹立と臨床的検討. 第388回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年1月26日、札幌.
65) 福多史昌、北村 寛、柳瀬雅裕、田口圭介、高橋 敦ほか:去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセルの有効性の検討―SUOC参加施設による多施設共同研究.  第388回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年1月26日、札幌.
66) 西山直隆、進藤哲哉、堀田 裕、高橋 敦、柳瀬雅裕、伊藤直樹、立木 仁、宮尾則臣ほか:BCG膀胱内注入療法後膀胱内再発をきたした筋層非浸潤性膀胱癌 (NMIBC)の予後に関する後ろ向き・多施設共同研究.  第389回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年6月15日、札幌.
67) 北村 寛、井上隆太、広部恵美、京田有樹、田中俊明、舛森直哉:分子標的療法の導入により腎癌骨転移の治療成績は向上したか? 第390回北海道地方会、2013年10月12日、旭川.
68) 竹内 基:【特別講演】膀胱癌におけるグライコブロッティング法を用いた血清および尿中糖鎖解析.  第390回北海道地方会、2013年10月12日、旭川.
69) 井上隆太、廣橋良彦、鳥越俊彦、北村 寛、田中俊明、西山直隆、西田幸代、舛森直哉、塚本泰司、佐藤昇志:ALDH1A1陽性膀胱尿路上皮癌細胞株における癌幹細胞特異的遺伝子発現の検討. 第22回泌尿器科分子・細胞研究会、2013年3月8-9日、高知.
70) 広部恵美、舛森直哉:〈シンポジウム〉非淡明細胞癌 “Translocation renal cell carcinomaの臨床病理学的検討”、第4回腎癌研究会、2013年7月21日、東京.
71) 北村 寛:分子標的療法の導入により腎癌骨転移の治療成績は向上したか? 第4回腎癌研究会、2013年7月21日、東京.
72) 西山直隆:BCG Replacingをきたした筋層非浸潤性膀胱癌 (NMIBC)症例の予後に関する後ろ向き・多施設共同研究. 第6回BCG注入療法研究会、2013年11月22日、東京.
73) 西田幸代、廣橋良彦、鳥越俊彦、野島正寛、北村 寛、佐藤昇志、舛森直哉:前立腺癌のhepatocyte growth factor発現は前立腺全摘後PSA再発の予測因子となりうる. 第29回前立腺癌シンポジウム、2013年124月14-15日、東京.

排尿異常・前立腺肥大症

【論文】
1) Fukuta F, Masumori N, Mori M and Tsukamoto T: Incidence and risk of treatment for benign prostatic hyperplasia in Japanese men: A 15-year longitudinal community-based study.? Int J Urol 20; 100-106, 2013.
2) Fukuta F and Masumori N: Natural history of lower urinary tract symptoms secondary to BPH.? Curr Bladder Dysfunct Rep: DOI 10.1007/s11884-013-0180-0
3) Takeda M, Nishizawa O, Gotoh M, Yoshida M, Takahashi S and Masumori N: Clinical efficacy and safety of imidafenacin as ass-on treatment for persistent overactive bladder symptoms despite α-blocker treatment in patients with BPH: The ADDITION STUDY. Urology 82; 887-893, 2013.
4) <Committee 1> Epidemiology and natural history of male lower urinary tract symptoms.?
Chairs: Honnma Y, Japan,? Parson JK, USA
Members: Coyne KS, USA, Masumori N, Japan, Milson I, Sweden
“Male Lower Urinary Tract Symptoms (LUTUS)” An International Consultation on Male LUTS, Fukuoka, Japan, Sept. 30-Oct.4, 2012, Ed. by Chapple C & Abrams P, pp.1-35, The Societe Internationale d’Urologie (SIR). 2013.
5) 舛森直哉:VIII. 前立腺肥大症 1.前立腺・精嚢の解剖と発生生理学 『ベッドサイド泌尿器科学 改訂第4版』 吉田修監修、小川修、岡田裕作、荒井陽一、寺地敏郎、松田公志、筧善行、羽渕友則編集、南江堂、東京、pp.414-418, 2013.
6) 舛森直哉:VIII. 2.前立腺腺肥大症の疫学と自然史  『ベッドサイド泌尿器科学 改訂第4版』 吉田修監修、小川修、岡田裕作、荒井陽一、寺地敏郎、松田公志、筧善行、羽渕友則編集、南江堂、東京、pp.419-425, 2013.
7) 舛森直哉:VIII. 3.前立腺腺肥大症の病態  『ベッドサイド泌尿器科学 改訂第4版』 吉田修監修、小川修、岡田裕作、荒井陽一、寺地敏郎、松田公志、筧善行、羽渕友則編集、南江堂、東京、pp.426-427, 2013.
8) 舛森直哉:VIII. 4.前立腺腺肥大症の診断  『ベッドサイド泌尿器科学 改訂第4版』 吉田修監修、小川修、岡田裕作、荒井陽一、寺地敏郎、松田公志、筧善行、羽渕友則編集、南江堂、東京、pp.428-431, 2013.
9) 舛森直哉、塚本泰司:前立腺肥大症. 医学と薬学 70; 440-454, 2013.
10) 福多史昌、舛森直哉:〈特集=泌尿器科薬物療法の話題〉 前立腺肥大症~α1遮断薬の使い分け~Medicament News? No. 2139; 1-3、2013年10月25日号
11) 舛森直哉:第3章 老年泌尿器科・前立腺肥大症:前立腺肥大症の診断と治療 III. 外科治療. 日本泌尿器科学会卒後教育テキスト 18; 75-82.
【学会発表】
12) Masumori N, Tsukamoto T, Horita H, Sunaoshi K, Tanaka Y, Takeyama K, Sato e, Miyao N: Does baseline prostate bolume affect the short-term outcome of tamsulosin?? 43rd Annual Meeting of the International Continence Society, Aug. 26-30, 2013, Barcelona.
13) 舛森直哉、塚本泰司、北海道泌尿器疾患カンファレンス:前立腺肥大症に対するナフトピジルの3年間の前向き調査成績. 第20回日本排尿機能学会、2013年9月18-21日、浜松.
14) 小林 皇、福多史昌、森 満、舛森直哉:排尿後尿滴下の頻度とその困窮度についての検討―北海道島牧村における横断研究結果より―. 第20回日本排尿機能学会、2013年9月18-21日、浜松.
15) 舛森直哉:〈ランチョンセミナー〉 自然史からみたMale LUTSのトータルマネージメント. 第78回日本泌尿器科学会東部総会、2013年10月17-19日、新潟.
16) 舛森直哉:〈卒後教育〉 老年泌尿器科・前立腺肥大症 “前立腺肥大症の診断と治療” 第78回日本泌尿器科学会東部総会、2013年10月17-19日、新潟.
17) 福多史昌、舛森直哉、森 満、塚本泰司:将来、前立腺肥大症に対し治療を必要とする男性の頻度とその予測因子―北海道島牧村15年の縦断的調査の最終解析よりー. 第101回日本泌尿器科学会総会、2013年4月25-28日、札幌.
18) 市原浩司、舛森直哉:骨盤臓器脱の1例. 第20回札幌排尿障害研究会. 2013年6月27日、札幌.

腎移植・腎疾患

【論文】
1) Tanaka T: Editorial comment from Dr. Tanaka to risk factors for chronic kidney disease after chemotherapy for testicular cancer.? Int J Urol 20; 722-723, 2013.
2) Tanaka T: Editorial comment to oprediction of partial nephrectomy outcomes by using the diameter-axis-polar nephrometry score.? Int J Urol Dec.5, 2013.? DOI: 10.1111/iju.12369.
【学会発表】
3) Tanaka T, Ishida H, Furusawa M, Tamura Y, Kitamura H, Takahashi S, Masumori N, Tanabe K, Sato N, Tsukamoto T: Heat shock protein 90 is involved in antibody-mediated rejection and is a potential target of anti-rejection therapy in kidney transplantation.? 28th Annual European Urology Association Congress, March 15-19, 2013, Milan.
4) Tanaka T, Maehana T, Kyoda Y, Kato S, Miyamoto S, Matsukawa M, Yanase M, Kitamura H, Takahashi S, Masumori N: Serum Cystatin C in patients with intestinal urinary diversion and in those with postrenal acute kidney injury: A prospective multicenter study.? 33rd Congress of the Societe Internationale D’Urologie, Sept. 8-12, 2013, Vancouver.
5) 田中俊明、北村 寛、市原浩司、前鼻健志、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:他施設で移植を見送られ、当科を受診した腎移植希望者の検討. 第46回日本臨床腎移植学会、2013年1月30-2月1日、浦安.
6) 前鼻健志、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、石田英樹、古澤美由紀、田邉一成:抗HLA抗体陽性患者血清を用いたin vitro AMRモデルの作成. 第49回日本移植学会総会、2013年9月5-7日、京都.
7) 池端良紀、田中俊明、小林 皇、市原浩司:根治的膀胱摘除術後の急性腎障害 (AKI)発症の頻度とリスク因子. 第58回日本透析医学会学術集会・総会、2013年6月20-23日、福岡.
8) 田中俊明、前鼻健志、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉ほか:抗体関連型移植片拒絶反応におけるheat shock protein 90の関与. 第390回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年10月12日、旭川.
9) 池端良紀、田中俊明、市原浩司、小林 皇、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:根治的膀胱摘除術後の急性腎障害 (AKI)発症の頻度とリスク因子.  第390回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年10月12日、旭川.
10) 市原浩司、田中俊明、前鼻健志、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:両側腎門部埋没型腎細胞癌に対し、二期的ex vivo腎部分切除後自家腎移植術とin situ腎部分切除術を施行した1例. 第29回腎移植・血管外科研究会、2013年6月28-29日、青森.
11) 前鼻健志、田中俊明、市原浩司、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:腎移植術直後のせん妄による尿道カテーテル自己抜去が原因と考えられた移植後VURの1例. 第33回北海道腎移植談話会、2013年11月16日、札幌

その他

【論文】
1) Mizukami N, Yamaguchi M, Koike K, Watanabe A, Ichihara K, Masumori N et al.: Olanzapine for the prevention of chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients receiving highly or moderately emetogenic chemotherapy: A randomized. Double-blind, placebo-controlled stuy.? J Pain & Symptom Management? doio: 10.1016/j.jpainsymman, 2013.05.003
2) 舛森直哉、市原浩司、松尾かずな:性同一性障害に対する手術. 『新版 泌尿器科 周術期管理のすべて』 荒井陽一、松田公志、高橋 悟編集、pp.344-350、MEDICAL VIEW, 2013.
3) 橋本次朗、高橋 聡:〈泌尿器科診療ベスト NAVI〉 1. 症状・徴候からのアプローチ 尿の色調・性状の異常 011. 血尿. 臨床泌尿器科 67(増刊号); 42-43, 2013.
4) 野藤誓亮、進藤哲哉、水野孝祐、田中俊明、北村 寛、高橋 聡舛森直哉、塚本泰司:腎細胞癌と鑑別が困難であったIgG4関連腎臓病の1例. 泌尿紀要 59; 513-515, 2013.
【学会発表】
5) Kitamura H,: Robotic surgery in Japan 2013.? Robotic Surgery Live 2013,? Oct.21-23, 2013, Seoul.
6) 舛森直哉:〈ディベート〉腹腔鏡下膀胱全摘除術は近未来の標準医療か? “標準医療ではない”. 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会、2013年11月7-9日、名古屋.
7) 舛森直哉、高橋 聡、北村 寛:4cmを越える腎腫瘍に対する腹腔鏡下腎部分切除術の成績.  第27回日本泌尿器内視鏡学会総会、2013年11月7-9日、名古屋.
8) 北村 寛、前田俊浩、小林 皇、西山直隆、田中俊明、高橋 聡、舛森直哉:(ビデオ)腹腔鏡下膀胱全摘除術におけるMarcille traiangleリンパ節廓清.  第27回日本泌尿器内視鏡学会総会、2013年11月7-9日、名古屋.
9) 橋本次朗、北村 寛、高橋 聡、伊藤直樹、舛森直哉:当科における鏡視下腎盂形成術の治療成績.  第27回日本泌尿器内視鏡学会総会、2013年11月7-9日、名古屋.
10) 市原浩司、高橋 聡、北村 寛、伊藤直樹、舛森直哉:腹腔鏡下腎尿管全摘除術の安全性および合併症の検討.  第27回日本泌尿器内視鏡学会総会、2013年11月7-9日、名古屋.
11) 前鼻健志、堀田 裕、上原央久、新海信雄、立木 仁、三宅正文:f-TUL後に発症した腎被膜下血腫の2例.  第27回日本泌尿器内視鏡学会総会、2013年11月7-9日、名古屋.
12) 前田俊浩、北村 寛、福多史昌、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:腎盂尿管全摘除術後の再発に関する臨床病理学的検討.  第101回日本泌尿器科学科総会、2013年4月25-28日、札幌.
13) 西田幸代:〈女性泌尿器科医の会〉 北海道における女性医師支援の現状. 第101回日本泌尿器科学科総会、2013年4月25-28日、札幌.
14) 舛森直哉:〈シンポジウム〉海外渡航治療の現状と問題点 “北海道における現状”. GID学会第15回研究大会、2013年3月23-24日、大宮.
15) 舛森直哉:当科における造膣術. 第4回GID手術手技研究会、2013年3月14日、大宮.
16) 舛森直哉、福多史昌:〈ランチョンシンポジウム〉 POP手術後の合併症対策. 第8回骨盤臓器脱手術手技研究会学術集会、2013年12月7日、札幌.
17) 菊地謙成、小林 皇、田中俊明、前田俊浩、松尾かずな、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉:性の自認が男性であった女性非古典型先天性副腎過形成の一例. 第78回日本泌尿器科学会東部総会、2013年10月17-19日、新潟.
18) 前田俊浩、北村 寛、福多史昌、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:腎盂尿管全摘除術後の再発に関する臨床病理学的検討. 第388回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年1月26日、札幌.
19) 市原浩司、北村 寛、高橋 聡、伊藤直樹、舛森直哉:腹腔鏡下腎尿管全摘除術の安全性および合併症の検討. 第390回日本泌尿器科学会北海道地方会、2013年10月12日、旭川.
20) Ichihara K, Masumori N, Takahashi S, Miyao N, Kato R: A case of bladder neck rupture and vesico vaginal fistula associated with pelvic fracture in female.? Nagoya Shinsyu Forum 2013, Sept. 22, 2013, Nagoya.
21) 舛森直哉:骨盤内悪性腫瘍に対する前立腺・尿路合併切除と再建術. 第67回手術手技研究会、2013年5月18日、札幌.

感染症

【論文】
1) 【学位論文】Kurimura Y, Nishitani C, Ariki S, Saito A, Hasegawa Y, Takahashi M, Hashimoto J, Takahashi S, Tsukamoto T and Kuroki Y.: Surfactant protein D inhibits adherence of uropathogenic Escherichia coli to the bladder epithelial cells and the bacterium-induced cytotoxicity.? J Bio Chem 287; 39578-39588, 2012.
2) Takahashi S, Kurimura Y, Hashimoto J, Uehara T, Hiyama Y, Iwasawa A, Nishimura M, Sunaoshi K, Takeda K, Suzuki N, Tsukamoto T: Antimicrobial susceptibility and penicillin-binding protein 1 and 2 mutations in Neisseria gonorrhoeae isolated from male urethritis in Sapporo, Japan.? J Infect Chemother? DOI10.1007/s10156-012-0450-3.
3) Tanaka K, Arakawa S, Miura T, Shigemura K, Nakano Y, Takahashi S, Tsukamoto T, et al.: Analysis of isolated bacteria and short-term antimicrobial prophylaxis with tazobactam-piperacillin (1:4 ratio) for prevention of postoperative infections after radical cystectomy.? J Infect Chemother 18; 175-179, 2012
4) Kunimoto Y, Yasui H, Touda N, Okazaki M, Nakata H, Noda N, Ikeda H, Hayashi T, Takahashi S, et al.: Coadministration of tenofovir decreased atazanavir plasma concentration after unilateral nephrectomy.? J Infect Chemoter DOI10.1007/s10156-012-0488-2
5) Hamasuna R and Takahashi S: Should urologists care for the pharyngeal infection of Neisseria gonorrhoeae or Chlamydia trachomatis when we treat male urethritis?? J Infect Chemother 18; 410-413, 2012.
6) 高橋 聡:尿路感染症 『臨床感染症ブックレット』前崎繁文、大曲貴夫編集、pp.52-55、文光堂、2012.
7) 高橋 聡、京田有樹、栗村雄一郎、橋本次朗、上原央久、桧山佳樹、市原浩司:予防投与としての抗菌化学療法と創傷処置―根治的膀胱摘除術の手術部位感染予防―. 日本化学療法学会誌 60; 169-174, 2012.
8) 塚本泰司、高橋 聡:尿路性器感染症. 日泌尿学会誌 103(特別号-創立百年記念号); 106-111, 2012.
9) 市原浩司、橋本次朗、高橋 聡:慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群の病因. 臨床泌尿器科 66; 831-836, 2012.
10) 高橋 聡:<特集 古くて新しい前立腺炎の臨床>企画にあたって. 臨床泌尿器科 66; 811, 2012.
11) 高橋 聡: 慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群に対する治療―抗菌薬. 臨床泌尿器科 66; 847-850, 2012.
12) 高橋 聡:尿路感染症ガイドライン. 感染症道場 1; 31-33, 2012.
13) 市原浩司、高橋 聡、橋本次朗:フルニエ壊疽. 救急医学 36; 1785-1788, 2012.
14) 高橋 聡:<特集 性感染症update>性感染症の検査・診断・治療の実際―性器クラミジア感染症. Medical Technology 40; 263-266, 2012.
15) 高橋 聡:性感染症における診断キットの有用性と限界. 小児科 53; 467-472, 2012.
16) 高橋 聡:性感染症―尿道炎への対応―. 腎と透析 72(増刊号 腎疾患治療マニュアル 2012-2013); 492-494, 2012.
17) 高橋 聡、塚本泰司:性器伝染性軟属腫. 臨床と研究 89; 904-906, 2012.
18) 高橋 聡:性器クラミジア感染症. 泌尿器外科 25; 1779-1782, 2012.
【学会発表】
19) Takahashi S: Recurrent cystitis in women.? 7th AUA-JUA International Affiliate Society Meeting, May 20, 2012, Atlanta, USA.
20) Takahashi S: Japanese circumstances of urinary tract infections and sexually transmitted infections.? The 22nd Annual Meeting of the International Urological Conference of Taiwan, Aug. 18, 2012, Taipei.
21) Takahashi S: Prevention of acute uncomplicated cystitis by cranberry juice.? The 11th Asian Congress of Urology of the Urological Association of Asia, Aug. 22-26, 2012, Thailand.
22) Takahashi S: <Parallel Plenary> Chronic pelvic pain syndrome “Molecular bacterial signatures in patients with CP-CPPS”. 32nd Congress of the Societe Internationlae d’Urologie, Sept. 30-Oct. 4, 2012, Fukuoka.
23) Uehara T, Takahashi S, Ichihara K, Tanaka T, Kitamura H, Masumori N and Tsukamoto T: The frequency of surgical site infections in radical retropubic prostatectomy is not increasing regardless of short duration of antimicrobial prophylasix.? 32nd Congress of the Societe Internationlae d’Urologie, Sept. 30-Oct. 4, 2012, Fukuoka.
24) 高橋 聡:<シンポジウム>泌尿器科感染症について再考する“尿路感染症と宿主要因について再考する” 第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
25) 高橋 聡:<International Workshop>Antimicrobial resistance of pathogens for STIs “The antimicrobial susceptibilities of Chlamydia trachomatis and other pathogens-The first national surveillance of C. trachomatis in Japan-”. 第60回日本化学療法学会総会、2012年4月26-27日、長崎市.
26) 高橋 聡:<シンポジウム>外科感染症:難治化・重症化の真実 “複雑性尿路感染症の難治化・重症化に関与する因子”. 第59回日本化学療法学会総会、2012年10月10-12日、東京.
27) 高橋 聡:<シンポジウム>変貌する尿道炎 “非淋菌性非クラミジア性尿道炎の原因微生物としてのマイコプラズマとユレアプラズマ”. 第77回日本泌尿器科学会東部総会、2012年10月17-19日、東京.
28) 高橋 聡:<シンポジウム>これからのクラミジア研究 “これからのクラミジア研究~泌尿器科の立場から. 第30回日本クラミジア研究会、2012年9月8日、東京.
29) 水野孝祐、上原央久、橋本次朗、栗村雄一郎、桧山佳樹、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:泌尿器科領域の抗癌化学療法に伴う発熱性好中球減少症の検討. 第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
30) 栗村雄一郎、上原央久、橋本次朗、高橋 聡、塚本泰司:サーファクタント蛋白質A及びD (SP-A及びSP-D)による尿路感染防御機構の解明. 第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
31) 高橋 聡、濵砂良一、安田 満、荒川創一ほか:再発を繰り返す尿路感染症患者に対するクランベリー果汁飲料の再発予防効果.  第60回日本化学療法学会総会、2012年4月26-27日、長崎市.
32) 上原央久、高橋 聡、栗村雄一郎、橋本次朗、桧山佳樹、塚本泰司:根治的前立腺摘除術における手術部位感染症.  第60回日本化学療法学会総会、2012年4月26-27日、長崎市.
33) 上原央久、高橋 聡、市原浩司、桧山佳樹、進藤哲哉、橋本次朗、栗村雄一郎、塚本泰司:根治的前立腺摘除術後の手術部位感染症. 第385回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年1月21日、札幌市.
34) 高橋 聡、橋本次朗、市原浩司、塚本泰司、竹山 康、桧山佳樹、栗村雄一郎ほか:急性単純性膀胱炎に対するファロペネムナトリウムの有効性に関する多施設共同無作為化群間比較試験. 第386回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年6月9日、札幌市.

内分泌

【論文】
1) Maehana T, Tanaka T, Itoh N, Masumori N, Tsukamoto T: Clinical outcomes of surgical treatment and longitudinal non-surgical observation of patients with subclinical Cushing’s syndrome and nonfunctioning adrenocortical adenoma.? Indian J Urol 28; 179-183, 2012.
2) 進藤哲哉、舛森直哉、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、須永大介、土橋和文、塚本泰司:腹腔鏡下副腎摘除にて治療したACTH産生褐色細胞腫の1例. Jpn J Endourol 25; 337-340, 2012.
【学会発表】
3) 山本卓宜、前田俊浩、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司:性機能障害を主訴に受診し、診断されたKallmann症候群の1例. 第12回日本内分泌学会北海道支部学術集会、2012年10月6日、札幌市.

性機能

【論文】
1) 舛森直哉:デュタステリドはメンズヘルスにとって悪玉か、善玉か? 日本Men’s Health医学会News Letter Vol.9; 3-4, 2012.
【学会発表】
2) 小林 皇、高柳明夫、前田俊浩、田中俊明、福多史昌、松田洋平、橋本浩平、伊藤直樹、舛森直哉、塚本泰司:男性ホルモン低下の中枢神経系に対する影響についての検討. 日本性機能学会第23回学術総会、2012年9月20-22日、東京.
3) 高柳明夫、小林 皇、松田洋平、舛森直哉、塚本泰司ほか:仙骨表面治療的電気刺激療法が前立腺全摘除術症例の術後早期の勃起機能に与える効果についての検討. 日本性機能学会第23回学術総会、2012年9月20-22日、東京.

腫瘍

【論文】
1) 【学位論文】Maeda T. Murata M, Chiba H, Takasawa A, Tanaka S, Kojima T, Masumori N, Tsukamoto T and Sawada N: Claudin-4-targeted therapy using clostridium perfringens enterotoxin for prostate cancer.? The Prostate 72; 351-360, 2012.
2) Nishida S, Hirohashi Y, Torigoe T, Kitamura H, Takahashi A, Masumori N, Tsukamoto T and Sato N: Gene expression profiles of prostate cancer stem cells isolated by aldehyde dehydrogenase activityassay.? J Urol 188; 294-299, 2012.
3) Kitamura H, Takei F, Nishida S, Muranaka T, Masumori N, Tsukamoto T: Lymph node metastasis mapping in extended lymphadenectomy to the level of the inferior mesenteric artery for bladder cancer.? Int J Clin Oncol 17; 63-68, 2012.
4) Takayanagi A, Masumori N, Takahashi A, Takagi Y, and Tsukamoto T: Upper urinary tract recurrence after radical cystectomy for bladder cancer: Incidence and risk factors.? Int J Urol 19; 229-233, 2012.
5) Nishiyama N, Kitamura H, Mutoh M, Yanase M, Iwaki H, Hasegawa T, Tsukamoto T: Cliniclpathological analysis of patients with nonmuscle-invasive bladder cancer who underwent radical cystectomy.? Surg Sci 3; 347-352, 2012.
6) Kitamura H, Igarashi M, Tanaka T, Shindo T, Masumori N, Tamakawa M, Kawaai Y and Tsukamoto T: A role for preoperative systemic chemotherapy in node-positive upper tract urothelial carcinoma treated with radical nephroureterectomy.? Jpn J Clin Oncol 42; 1192-1196, 2012.
7) Shibamori K, Tanaka T, Kitamura H, Masumori N and Tsukamoto T: Metachronous testicular seminoma occurring 8 years after treatment of extragonadal nonseminomatous germ cell tumor in the retroperitoneum.? Int Cancer Conference Journal; DOI 10.1007/s1369-012-0078-2.
8) Miyanaga N, Akaza H, Hinotsu S, Fujioka T, Naito S, Namiki M, Takahashi S, Hirao Y, Horie S, Tsukamoto T, Mori M and Tsuji H: Prostate cancer chemoprevention study: An investigative randomized control study using purified isoflavones in men with rising prostate-specific antigen. Cancer Sci 103; 125-130, 2012.
9) Kunieda F, Kitamura H, Niwakawa M, Kuroiwa K, Shinohara N, Tobisu K, Nakamura K, Shibata T, Tsuzuki T, Tsukamoto T and Kakehi Y: Watchful waiting versus intravesical BCG therapy for high-grade pT1 bladder cancer with pT0 histology after second transurethral resection: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG1019.? Jpn J Clin Oncol 42; 1094-1098, 2012.
10) 北村 寛:CQ8 術後アジュバント療法の適応と方法は確立しているか? 『前立腺癌診療ガイドライン 2012年版』日本泌尿器科学会編、金原出版、東京、pp.137-139, 2012.
11) 北村 寛:CQ9 前立腺全摘除術後のPSA再発症例には、どのような救済療法が勧められるか? 『前立腺癌診療ガイドライン 2012年版』日本泌尿器科学会編、金原出版、東京、pp.140-142, 2012.
12) 北村 寛、塚本泰司:VII. 治療効果判定基準 『腫瘍病理鑑別診断アトラス 腎盂・尿管・膀胱癌』都築豊徳、森永正二郎編集、pp.223-229、文光堂、2012.
13) 西山直隆、進藤哲哉、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:BCG膀胱内注入療法後に膀胱内再発をきたした筋層非浸潤膀胱癌 (NMIBC)の予後に関する検討. 泌尿器外科 25; 772-773, 2012.
14) 田中俊明、塚本泰司:精巣腫瘍長期生存者の問題点. 泌尿器外科 25; 325-329, 2012.
15) 舛森直哉:前立腺癌の一次予防・化学予防に関する期待と限界. 腎泌予防医誌 20; 42-46, 2012.
16) 橋本浩平、塚本泰司:前立腺癌 薬局63; 1443-1450, 2012.
17) 北村 寛:<特集 術前補助化学療法をめぐって> 6) 膀胱がんに対する術前補助化学療法の意義は? 臨床腫瘍プラクティス 8; 155-158, 2012.
18) 進藤哲哉、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:尿路上皮癌に対する術前化学療法としてのGC療法の近接効果に関する検討. 泌尿紀要 58; 391-394, 2012.
19) 赤座英之、塚本泰司、鈴木和浩、並木幹夫、大園誠一郎、内藤誠二:前立腺癌における抗RANKL抗体デノスマブの有用性. 癌と化学療法 39; 207-212, 2012.
【学会発表】
20) Tanaka T, Kitamura H, Torigoe T, Hirohashi Y, Masumori N, Sato N, Tsukamoto T: Phase I clinical study of surviving-derived peptide vaccine with interferon alpha therapy for advanced urothelial cancer.? 27th Annual Congress of the European Association of Urology, Feb. 24-28, 2012, Paris.
21) Tanaka T, Kitamura H, Torigoe T, Hirohashi Y, Masumori N, Sato N, Tsukamoto T: PHD3 expression is a predictor of progression-free survival in clear renal cell carcinoma.? 27th Annual Congress of the European Association of Urology, Feb. 24-28, 2012, Paris.
22) Nishiyama N, Arai E, Nagashiro R, Fujimoto H, Hosoda F, Shibata T, Tsukamoto T et al.: Copy number alterations in urothelial carcinomas: Their clinicopathological significance and correlation with DNA methylation alterations.? 27th Annual Congress of the European Association of Urology, Feb. 24-28, 2012, Paris.
23) Shimizu T, Suzuki H, Nojima M, Kitamura H, Yamamoto E, Imai K, Masumori N, Tsukamoto T and Toyota M: Aberrant methylation of a panel of miRNA genes as a novel biomarker of bladder cancer.? 27th Annual Congress of the European Association of Urology,? Feb. 24-28, 2012, Paris.
24) Shindo T, Masumori N, Kobayashi K, Fukuta F, Hirobe M, Tonooka A, Hasegawa T. Kitamura H, Tsukamoto T: Long-term outcome of small, organ-confined renal cell carcinoma is not always favorable.? The 29th Japan-Korea Urological Congress, Sept. 14-15, 2012, Kagoshima.
25) Kitamura H, Torigoe T, Hirohashi Y, Asanuma H, Inoue R, Tanaka T, Masumori N, Sato N and Tsukamoto T: Clinicopathological characterization of the micropapillary variant of bladder cancer.? 32nd Congress of the Societe Internationale d’Urologie, Sept. 30-Oct. 4, 2012, Fukuoka.
26) 北村 寛:〈シンポジウム〉Molecular pathobiology of urologic neoplasm “Biomarkers for prognosis and treatment selection in kidney and bladder cancer patients” 第71回日本癌学会総会、2012年9月19-21日、札幌市.
27) 北村 寛:〈シンポジウム〉局所浸潤性膀胱癌の長期治療成績 “局所浸潤性膀胱癌に対する膀胱全摘除術” 第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
28) 北村 寛:〈シンポジウム〉泌尿器科癌手術に対するリンパ節廓清の意義 “膀胱癌に対するリンパ節廓清” 第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
29) 北村 寛、市原浩司、塚本泰司:〈パネルディスカッション〉膀胱腫瘍―根治手術vs根治照射― “膀胱全摘除術の功罪を考える” 第77回日本泌尿器科学会東部総会、2012年10月17-19日、東京.
30) 北村 寛:〈ランチョンンセミナー〉腎細胞癌に対するセカンドライン治療の新展開.  第77回日本泌尿器科学会東部総会、2012年10月17-19日、東京.
31) 広部恵美、舛森直哉、田中俊明、北村 寛、塚本泰司:Establishment of a renal cell carcinoma cell line with ASPL-TFE type 1 fusion.? 第71回日本癌学会総会、2012年9月19-21日、札幌市.
32) 西田幸代、廣橋良彦、鳥越俊彦、田中俊明、北村 寛、高橋あかり、舛森直哉、塚本泰司、佐藤昇志:Prostate cancer stem-like cells/cancer initiating cells have an autocrine system of Hepatocyle Growth Factor.? 第71回日本癌学会総会、2012年9月19-21日、札幌市.
33) 井上隆太、廣橋良彦、鳥越俊彦、北村 寛、西田幸代、舛森直哉、塚本泰司、佐藤昇志:The gene expression profiles of cancer stem-like population of urothelial carcinoma cells isolated by ALDH.? 第71回日本癌学会総会、2012年9月19-21日、札幌市.
34) 北村 寛、塚本泰司、舛森直哉ほか:筋層浸潤性膀胱癌に対する術前MVAC療法後の病理所見―JCOG0209試験. 第50回日本癌治療学会総会、2012年10月25-27日、横浜市.
35) 進藤哲哉、舛森直哉、田中俊明、福多史昌ほか:T1G3 膀胱癌における固有筋層採取の意義に関する後ろ向き多施設共同研究.  第50回日本癌治療学会総会、2012年10月25-27日、横浜市.
36) 広部恵美、宮尾則臣、堀田 裕、松川雅則、柳瀬雅裕、伊藤直樹ほか:根治的膀胱摘除術における術後早期合併症の前向き検討.  第50回日本癌治療学会総会、2012年10月25-27日、横浜市.
37) 西山直隆、北村 寛、舛森直哉、長谷川匡、塚本泰司:2004年WHO組織学的分類変更に伴う筋層非浸潤性膀胱癌における臨床病理学的予後の検討. 第50回日本癌治療学会総会、2012年10月25-27日、横浜市.
38) 市原浩司、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:新規癌取扱い規約に準拠した前立腺部尿路上皮癌の臨床的検討. 第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
39) 田中俊明、北村 寛、鳥越俊彦、高橋 聡、舛森直哉、佐藤昇志、塚本泰司:HIF proly hydroxylase-3は腎炎明細胞癌において予後予測マーカーとなる.  第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
40) 福多史昌、田中俊明、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:尿路上皮癌根治術後のリンパ節単独再発症例に対する再発リンパ節摘除術後の予後.  第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
41) 広部恵美、舛森直哉、北村 寛、塚本泰司:腎癌細胞株におけるmetforminの抗腫瘍効果の検討.  第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
42) 西田幸代、鳥越俊彦、廣橋良彦、北村 寛、舛森直哉、佐藤昇志、塚本泰司:ALDH活性分析により分離された前立腺癌幹細胞集団の特徴とその遺伝子発現. 第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
43) 西山直隆、新井恵吏、長塩 亮、藤元博行、細田文恵、柴田龍弘、塚本泰司ほか:尿路上皮がんにおけるゲノム構造異常:臨床病理学的意義ならびにDNAメチル化異常との関係.  第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
44) 清水 崇、鈴木 拓、北村 寛、山本英一郎、今井浩三、舛森直哉、塚本泰司ほか:microRNA遺伝子のメチル化を応用した膀胱癌の新しいbiomarkerの探索.  第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、横浜市.
45) 池端良紀、高橋 聡、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:分子標的薬の逐次療法と転移巣摘除術により長期寛解を得た進行性腎癌の1例. 第77回日本泌尿器科学会東部総会、2012年10月17-19日、東京.
46) 山本卓宜、北村 寛、井上隆太、広部恵美、西山直隆、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:分子標的薬治療後にサイトカイン療法が有効であった腎細胞癌の1例.  第77回日本泌尿器科学会東部総会、2012年10月17-19日、東京.
47) 野藤誓亮、進藤哲哉、水野孝祐、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:腎細胞癌と鑑別が困難であったIgG4関連間質性腎炎の1例.  第77回日本泌尿器科学会東部総会、2012年10月17-19日、東京.
48) 北村 寛、福多史昌、西山直隆、田中俊明、舛森直哉、塚本泰司:尿路上皮癌に対するGC療法における制吐療法の検討:新旧プロトコールの比較. 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会、2012年7月26-28日、大阪市.
49) 田中俊明、北村 寛、井上隆太、西田幸代、高橋あかり、鳥越俊彦、廣橋良彦、舛森直哉、佐藤昇志、塚本泰司:尿路上皮癌に対するインターフェロンαお併用サバイビンペプチドワクチン療法第一相臨床試験. 第16回日本がん免疫学会総会、2012年7月26-28日、札幌市.
50) 田中俊明、北村 寛:尿路上皮癌に対するインターフェロンα併用サバイビンペプチドワクチン療法第一相臨床試験. 第25回バイオセラピィ学会学術集会総会、2012年12月13-14日、倉敷市.
51) 広部恵美、舛森直哉、田中俊明、北村 寛、塚本泰司ほか:Xp11.2 translocation renal cell carcinomaの臨床病理学的検討. 第385回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年1月21日、札幌市.
52) 山本卓宜、北村 寛、井上隆太、広部恵美、西山直隆、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:分子標的薬治療後にサイトカイン療法が有効であった腎細胞癌の1例.  第386回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年6月9日、札幌市.
53) 池端良紀、高橋 聡、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:分子標的薬の逐次療法と転移巣摘除術により長期寛解を得た進行性腎癌の1例.  第386回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年6月9日、札幌市.
54) 進藤哲哉、舛森直哉、田中俊明、福多史昌ほか:T1G3 膀胱癌における固有筋層採取の意義に関する後ろ向き多施設共同研究.  第386回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年6月9日、札幌市.
55) 清水 崇【特別講演】:microRNA遺伝子のメチル化を応用した膀胱癌の新しいbiomarkerの探索. 第386回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年6月9日、札幌市.
56) 西山直隆、北村 寛、舛森直哉、長谷川匡、塚本泰司:2004年WHO病理組織学的分類変更に伴う筋層非浸潤性膀胱癌における臨床病理学的予後の検討. 第387回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年10月13日、札幌市.
57) 竹内 基、北村 寛、塚本泰司、天野麻穂、西村紳一郎:グライコブロッティング法を用いた膀胱癌患者の糖鎖解析.  第387回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年10月13日、札幌市.
58) 福多史昌、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:尿路上皮癌根治術後のリンパ節単独再発症例に対する再発リンパ節摘除後の予後.  第387回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年10月13日、札幌市.
59) 池端良紀、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:当科におけるデノスマブの初期使用経験.  第387回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年10月13日、札幌市.
60) 西田幸代【特別講演】:ALDH1活性で分離した前立腺癌幹細胞の特徴と成長因子の自己分泌機構.  第387回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年10月13日、札幌市.
61) 野藤誓亮、進藤哲哉、水野孝祐、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:腎細胞癌と鑑別が困難であったIgG4関連間質性腎炎の1例.  第387回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年10月13日、札幌市.
62) 広部恵美、舛森直哉、田中俊明、北村 寛、塚本泰司:Xp11.2転座を有する腎細胞癌細胞株の樹立.  第21回泌尿器科分子・細胞研究会、2012年2月10-11日、札幌市.
63) 清水 崇、鈴木 拓、野島正寛、北村 寛、山本英一郎、今井浩三、舛森直哉、塚本泰司ほか:microRNA遺伝子のメチル化を応用した膀胱癌の新しいbiomarkerの探索.  第21回泌尿器科分子・細胞研究会、2012年2月10-11日、札幌市.
64) 広部恵美、舛森直哉、田中俊明、北村 寛、塚本泰司:Xp11.2 translocation renal cell carcinomaの臨床病理学的検討.  第43回腎癌研究会、2012年7月22日、東京.
65) 西山直隆:BCG膀胱内注入療法を施行した筋層非浸潤性膀胱癌(NMIBC)の予後に関する後ろ向き・他施設共同研究. 第5回BCG注入療法研究会、2012年11月30日、東京.
66) 福多史昌、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセルの有効性と安全性の検討―SUOC参加施設による多施設共同研究. 第二回前立腺癌薬物療法研究会、2012年12月7日、東京.
67) 池端良紀、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:当科におけるデノスマブの初期使用経験.  第12回日本内分泌学会北海道支部学術集会、2012年10月6日、札幌市.

排尿異常・前立腺肥大症

【論文】
1) Fukuta F, Masumori N, Mori M and Tsukamoto T: Natural history of lower urinary tract symptoms in Japanese men from 15-year longitudinal community-based study.? BJU Int 110; 1023-1029, 2012.
2) 舛森直哉:前立腺肥大症 『イヤーノート TOPICS 2012-2013 第2版』 国際情報科学研究所編、㈱メディックメディア、東京、pp.184-185、2012.
3) 塚本泰司:前立腺肥大症に対する薬物療法―自然史/長期経過の結果からの俯瞰― 泌尿器外科 25; 516-518, 2012.
4) 田中俊明、塚本泰司:前立腺肥大症. 消化器外科 35; 828-829, 2012.
5) 舛森直哉:<過活動膀胱診療を考える> 6.併存疾患による過活動膀胱への影響とその対策 4.前立腺肥大症. Prog Med 32; 863-867, 2012.
6) 福多史昌、舛森直哉:泌尿器疾患による排尿障害―前立腺肥大症による排尿障害. 診断と治療 100; 1341-1348, 2012.
7) 塚本泰司、福多史昌:前立腺肥大症の疫学・原因. Modern Physician 32; 1433-1437, 2012.
8) 舛森直哉:5α還元酵素阻害薬. Modern Physician 32; 1477-1480, 2012.
9) 舛森直哉:BPHの自然史として:治療との関連において. 排尿障害プラクティス 20; 786-291, 2012.
10) 古屋聖兒、舛森直哉:前立腺の手術. 泌尿器ケア 17; 658-663, 2012.
11) 岩澤晶彦、舛森直哉、西村昌宏、山口康宏、佐野正人、佐藤英次、窪田理裕、尾田寿朗、上戸文彦、廣瀬崇興、新田俊一、鈴木伸和、竹田孝一、砂押研一、伊藤直樹、橋本浩平、水野孝祐、小谷典之、鈴木一弘、久滝俊博、田中俊明塚本泰司:前立腺肥大症患者の夜間頻尿に対するシロドシンの治療効果の検討―夜間頻尿QOL質問票(N-QOL)日本語版を用いてー. 泌尿器外科 25; 1497-1503, 2012.
12) 吉田正貴、武田正之、高橋 悟、西澤 理、後藤百万、舛森直哉:夜間頻尿を有する過活動膀胱患者に対するイミダフェナシンの効果に及ぼす夜間排尿回数の影響. Prog Med 32; 2181-2187, 2012.
【学会発表】
13) 舛森直哉、福多史昌、塚本泰司:<シンポジウム>自然史から学ぶ泌尿器科疾患 “前立腺肥大症”. 第100回日本泌尿器科学会総会、2012年4月21-24日、札幌市.
14) 舛森直哉:<教育セミナー>BPH診療における5α還元酵素阻害薬の位置づけーデュタステリド登場後3年を迎えて. 第64回日本泌尿器科学会西日本総会、2012年11月8-10日、徳島市.
15) 舛森直哉、塚本泰司、札幌腎泌尿器疾患研究会:過活動膀胱を合併する前立腺肥大症患者におけるα1ブロッカー単独治療とα1ブロッカーとβ3受容体作動薬併用治療の無作為2群割付比較試験のプロトコール概要. 第19回日本排尿機能学会、2012年8月29-31日、名古屋市.
16) 福多史昌、舛森直哉、高橋 聡、北村 寛、塚本泰司:一般泌尿器科外来におけるデュタステリド投与の実態調査.  第19回日本排尿機能学会、2012年8月29-31日、名古屋市.

腎移植・腎疾患

【論文】
なし
【学会発表】
1) 田中俊明、石田英樹、古澤美由紀、市原浩司、北村 寛、田邉一成、塚本泰司:<シンポジウム>腎移植におけるheat shock protein 90―治療標的としての可能性. 第45回日本臨床腎移植学会、2012年2月1-3日、軽井沢.
2) 田中俊明、北村 寛、市原浩司、前鼻健志、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:他施設で移植を見送られ、当科を受診した腎移植希望者の検討. 第32回北海道腎移植談話会、2012年11月17日、札幌市.

その他

【論文】
1) Masumori N, Itoh N, Takahashi S, Kitamura H, Nishida S and Tsukamoto T: New technique with combination of felt, Hem-o-lok and Lapara-Ty for suturing the renal parenchyma in laparoscopic partial nephrectomy.? Int J Urol 19; 273-276, 2012.
2) Masumori N: Status of sex reassignment surgery for gender identity disorder in Japan.? Int J Urol 19; 402-414, 2012.
3) 北村 寛:膀胱全摘除術. 臨泌 66; 349-353, 2012.
4) 舛森直哉、田中俊明、竹内 基、市原浩司、井上隆太、新海信雄、前鼻健志、水野孝祐、田端秀敏、桧山佳樹、塚本泰司:S状結腸膀胱瘻に対する腹腔鏡下膀胱部分切除4カ月後に膀胱破裂をきたしたクローン病の1例. 泌尿紀要 58; 237-241, 2012.
5) 北村 寛、新海信雄、西中一幸、舛森直哉、塚本泰司:低形成腎と巨大尿管症を伴った巨大ミューラー管遺残嚢胞の一例. JJPU 21; 18-21, 2012
6) 高橋 聡、舛森直哉、北村 寛、伊藤直樹、高橋 敦、松川雅則、国島康晴、加藤隆一、宮尾則臣、塚本泰司:腹腔鏡下副腎摘除術の検討. 泌尿紀要 58; 315-318, 2012.
7) 栗村雄一郎、塚本泰司:<よくわかる泌尿器科検査の知識>3.分泌物検査 ①精液検査 ②女性尿道・膣分泌物検査 ③尿道分泌物検査 ④前立腺分泌物検査. 泌尿器ケア 2012夏季増刊号; 48-70, 2012.
8) 西中一幸、塚本泰司:停留精巣固定術―コツと実際の手術手技―. 臨泌 66; 475-482, 2012.
【学会発表】
9) Ichihara K, Tanaka T, Kitamura H, Takahashi S, Masumori N, Tsukamoto T: Significance of the RENAL nephrometry score for peri-and postoperative outcomes in patients who undergo partial nephrectomy.? The 29th Japan-Korea Urological Congress, Sept. 14-15, 2012, Kagoshima.
10) Ichihara K, Tanaka T, Kitamura H, Takahashi S, Masumori N and Tsukamoto T: Prediction of operative and middle-term functional outcomes after partial nephrectomy using the R.E.N.A.L. nephrometry score.? 32nd Congress of the Societe Internationale d’Urologie, Sept. 30-Oct.4, 2012, Fukuoka.
11) 舛森直哉、市原浩司、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、塚本泰司:腹腔鏡下腎部分切除術におけるR.E.N.A.L. Nephrometryスコアと腫瘍切離時間、実質縫合時間および総阻血時間との関係. 第26回日本泌尿器科内視鏡学会総会、2012年11月22-24日、仙台市.
12) 高橋 聡、市原浩司、山本卓宜、池端良紀、松木雅裕、橋本次朗、北村 寛、舛森直哉、塚本泰司:視鏡下手術における左腎動脈石灰化は血管操作に影響するか? 第26回日本泌尿器科内視鏡学会総会、2012年11月22-24日、仙台市.
13) 北村 寛、西田幸代、小林 皇、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:腹腔鏡下腎摘除術後に発症する精巣痛の検討. 第25回日本内視鏡外科学会総会、2012年12月8日、横浜市.
14) 舛森直哉、塚本泰司:SRS術後の下肢筋・神経障害を規定する因子の検討. GID学会第14回研究大会・総会、2012年3月17-18日、岡山市.
15) 舛森直哉、西中一幸:シスチン結石に対して腹腔鏡下腎盂切石術を施行した1歳11カ月男児の一例. 第21回日本小児泌尿器科学会総会、2012年7月4-6日、札幌市.
16) 井上隆太、舛森直哉、高橋 聡、西田幸代、塚本泰司:体腔鏡下前立腺全摘の検討~開放手術との比較~. 第385回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年1月21日、札幌市.
17) 市原浩司、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、舛森直哉、塚本泰司:RENALスコアは腎部分切除術後中期の腎機能低下率予測因子となるか. 第386回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年6月9日、札幌市.
18) 舛森直哉、市原浩司、田中俊明、北村 寛、高橋 聡、塚本泰司:腹腔鏡下腎部分切除後におけるR.E.N.A.L. Nephrometryスコアと腫瘍切離時間、実質縫合時間および総阻血時間との関係. 第387回日本泌尿器科学会北海道地方会、2012年10月13日、札幌市.
19) 高柳明夫、舛森直哉、塚本泰司:当科における膀胱膣瘻に対する閉鎖術についての検討. 第9回泌尿器科再建再生研究会、2012年6月16日、湯布院.