教室の沿革

 本講座は1950年(昭和25年)4月に札幌医科大学の開学と同時に、皮膚泌尿器科学講座として発足しました。1951年(昭和26年)1月に初代教授として小室秀一郎教授が就任。小室教授が短期間で転出された後、同年9月に第2代目教授として外塚岩太郎教授が着任しました。
 その後、1956年(昭和31年)2月に第3代目教授として高井修道教授が就任され、横浜市立大学泌尿器科学教授として転出する1968年(昭和43年)3月まで活躍されました。高井教授就任中の1964年(昭和39年)2月、皮膚泌尿器科学講座から泌尿器科学講座が独立しました。
 1968年(昭和43年)8月には第4代目教授として熊本悦明教授が着任され、特に、内分泌学、男性学および尿路感染症の研究・診療に力を注がれました。27年間にわたって多くの人材に育成に貢献され、現在の講座の礎を築かれました。
 熊本教授は1995年(平成7年)3月に定年退職され、同年7月に塚本泰司教授が第5代目教授として就任されました。塚本教授は前立腺肥大症の自然史や泌尿器がんの基礎的・臨床的研究などの領域で国際的にも評価の高い業績をあげられ、18年間の在位中に講座のさらなる発展に貢献されました。また、2008年4月より4年間、札幌医科大学附属病院病院長も務められ、2013年(平成25年)3月に退職されました。
 その後、同年8月に舛森直哉教授が第6代目教授として就任し、現在に至っています。

1950年(昭和25年) 札幌医科大学開学。皮膚泌尿器科学講座発足。
1951年(昭和26年) 小室秀一郎教授(初代、前職 北海道大学助教授)
1951年(昭和26年) 外塚岩太郎教授(2代目、前職 北海道大学助教授)
1956年(昭和31年) 高井修道教授(3代目、前職 東京大学講師)
1964年(昭和39年) 泌尿器科学講座が独立
1968年(昭和43年) 熊本悦明教授(4代目、前職 東京大学講師)
1976年 第41回日本泌尿器科学会東部総会
1977年 第24回日本化学療法学会東日本支部総会
1979年 第24回日本不妊学会
1984年 第32回日本化学療法学会
1988年 第7回日本思春期学会
1988年 第1回日本性感染症学会
1989年 第8回日本アンドロロジー学会
1990年 第78回日本泌尿器科学会
1993年 第4回日本性機能学会
1993年 第2回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会
1994年 第3回性差シンポジウム
1995年(平成7年) 塚本泰司教授(5代目、前職 札幌医科大学助教授)
2000年 第47回日本化学療法学会東日本支部総会
2003年 第12回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会
2004年 The 21st Japan-Korea Urological Congress
2005年 第10回日本生殖内分泌学会学術集会
2006年 第3回泌尿器科再建再生研究会
2007年 第72回日本泌尿器科学会東部総会
2011年 第59回日本化学療法学会総会
2013年(平成25年) 舛森直哉教授(6代目、前職 札幌医科大学准教授)
2016年(平成28年) 第7回テストステロン研究会
2017年(平成29年) GID学会第19回研究大会