学生・研修医の方へ|札幌医科大学医学部 放射線診断学。北海道札幌市で放射線診断のエキスパートを育成。

学生・研修医の方へ


実習・研修プログラム

学生研修  初期研修  後期研修
クリニカルクラークシップの概要
定員・期間 必修: 各クール3名、1週間
選択: 各クール3名×5クール(total 15名)、4週間
到達目標

<必修クリクラ>
・画像診断の手順の基本を学び、画像診断に慣れる

<選択クリクラ>
・国試に既出レベルの疾患は読影できるようになる。
・各診療科で臨床研修を始める際に必要な、読影の基礎を習得する。
・臨床画像表示装置(PACS)の使い方や特性について理解する。
・画像診断の意義や必要性について理解する。

実習内容 ・症例ファイルによる画像診断のトレーニング。診断医による解答・解説を行う。
・Morning Lecture(放射線診断医による画像診断のポイント解説)
・選択クリクラでは、1週間ごとに1症例について、臨床的な知識も含めて学習し、プレゼンテーションする。
実習の感想文 学生実習をされた方の感想も参考にして下さい。こちら
必修クリクラ
 
9:00 - 10:00       Morning Lecture
MR読影室
 
9:00 - 12:30
Morning Lectureがある日は10:00 - 12:30
治療科 治療科 治療科 診断
(Teaching File)
MR第2読影室
診断
核医学読影
MR第2読影室
12:30 - 13:00     抄読会
11階放射線科教室
第1・3週のみ
   
13:30 - 17:00 診断
基本
MR第2読影室
治療科 治療科 診断
(Teaching File)
MR第2読影室
診断
応用
MR第2読影室
17:00 - 17:30 実習  
選択クリクラ
 
9:00 - 10:00   Morning Lecture
MR読影室
  Morning Lecture
MR読影室
 
9:00 - 12:30
Morning Lectureがある日は10:00 - 12:30
読影
(Teaching File)
MR読影室
症例発表用の
スライド作成

MR読影室
読影
(Teaching File)
MR読影室
症例発表用の
スライド作成

MR読影室
読影
(Teaching File)
MR読影室
12:30 - 13:00     抄読会
11階放射線科教室
第1・3週のみ
   
13:30 - 17:00 読影
(Teaching File)
MR読影室
症例発表用の
スライド作成

MR読影室
読影
(Teaching File)
MR読影室
症例発表用の
スライド作成

MR読影室
13:30-15:00
症例発表
3階放射線診断学教室
15:30泌尿器カンファ
16:00症例カンファ
17:00 - 17:30 実習  
初期研修プログラム
一日の流れ 研修中の一日の流れは、基本的に平日9時~17時半です。
17時半以降と、休日は完全にフリーですので、プライベートな時間も持てます。
研修内容

診断の初期研修は、1ヶ月目が「胸腹骨盤部のCT・MRI」、
2ヶ月目が「脳脊髄・頭頸部のCT・MRI」の最低2ヶ月間がBasic Courseです。
これにより効率よく診断の基礎が学べます。
希望により追加で、核医学検査や、他の領域のMRIも選択でき、興味ある画像を読影できます。

期間延長するとAdvanced Courseになり、複数のモダリティを使って読影をしたり、様々な疾患や、複雑な症例を勉強できます。

読影の際に必要な教科書類は、読影室に揃っていて自由に利用できます。
診断医が隣にいるので、分からない事は随時質問できるし、
読影したレポートは、毎日チェックと指導をしてもらえます。
個別のアドバイスは勉強になりますよ。

こうしてできあがった読影レポートは院内に配信されるので、達成感が大きくやりがいがあります。

研修の感想文 研修をされた方の感想も参考にして下さい。こちら
初期研修医
 
    婦人科カンファ 診断科抄読会 外科カンファ  
9:00 - 9:30 読影 読影 読影 救急部カンファ 救急部カンファ
9:30 - 12:30 読影 読影
12:30 - 13:30 昼休み 昼休み 診断治療合同の抄読会 昼休み 昼休み
13:30 - 17:00 読影 読影 読影 読影 読影
15:30 泌尿器科カンファ
16:00 症例カンファ 16:00
胸部X線勉強会
  脳外科カンファ     耳鼻科カンファ  
色の欄は希望者

●水曜日の8時から3階の診断科教室で抄読会があります。
●水曜日15時半から読影室で泌尿器科カンファレンスがあり、主治医と相談しながら読影します。
●水曜日16時から症例カンファレンスがあり、勉強になる症例をお互いに紹介したり、難しい症例を皆で検討します。
●専門医や後期研修医からのミニ講義もあります。
●週に1~2回は、読影研修をしながら、指導医のもとで造影剤の注射をします。

後期研修プログラム
到達目標

①初期研修後、3年間は札幌医科大学附属病院で放射線医学全般(診断・IVR、核医学、治療)を研修し、卒後6年目で筆記試験を受験して日本医学放射線学会放射線科専門医を取得します。

②その後2年間は札幌医科大学附属病院や、道内の関連病院にて放射線診断の専門研修を受け、卒後8年目で筆記試験と口頭試問を受験し日本医学放射線学会放射線診断専門医を取得します。

③以降、札幌医科大学附属病院あるいは関連病院で専門性を活かした研修を行い、高度な専門性を修得します。

④日本核医学会専門医、PET核医学認定医を取得することも可能です。

⑤希望者は大学院に入学し、後期研修と臨床研究を併行し学位の取得が可能です。

画像勉強会・講習のお知らせ

学生・研修医の方へのお知らせ