教 育


医学部学生に対しては、コアカリキュラムのもとに公衆衛生学総論、保健統計、成人保健、老人保健、衛生行政、産業保健を担当している。

実習については従前より衛生学講座と共同で行っている。

学生は自主的にグループを形成し、テーマを考え、指導教官の意見を参考に文献のレビューや、野外でのデータを集め考察するリサーチを体験する。 結果は発表会で報告し、実習報告書としてまとめられる。

大学院学教育では、中国、バングラデシュなど海外からの留学生も在籍し各自の研究課題にとりくんでいる。







TOP 沿革 教室員 理念および基本方針 教 育 研究内容と今後の目標