研究・実習
ログインにはIDとパスワードが必要です
札幌医科大学 小児科 教室員専用ページ
札幌医科大学 小児科 同門会「新樹会」会員専用ページ

初期臨床研修(研修医2年目)

期間 最低1ヵ月間(必修)
目標 一般小児科医として求められる、基本的な小児診療知識と技術を習得する。急性および慢性小児疾患症例の診療を経験し、小児科専門医の要否を判断できるようにする。

<初期臨床研修病院>

 札幌医科大学附属病院、北海道立子ども総合医療・療育センター及び国立病院機構西札幌病院のいずれかで行う。大学附属病院では、感染・免疫・内分泌グループ、血液・腫瘍グループ、神経グループ、循環器グループのいずれかにそれぞれ1ヵ月単位で所属する。

<大学附属病院での教育体制>

病棟 指導医のもと担当患者の主治医となる。入退院および総回診での症例提示を行い、退院時要約を作成し指導医のチェックを受ける。
外来 小児科特有の問診の仕方を学ぶ。
机上回診、総回診 症例の理解を深めることを目的とする。
基本的処置 点滴や採血などを経験する。
抄読会 小児科領域の英語論文を概説する。
※学会発表の機会が与えられることがある。

<到達目標>

問診
(外来および病棟)
病歴、既往歴、発育歴などを要領よく聴取し、診断に必要な情報を的確に引き出せる。
母親との信頼関係を構築し、コミュニケーションがとれる。
診察(病棟) 小児の身体所見を的確にとり記載できる。
小児の発達発育に応じた特徴を理解できる。
臨床検査 小児特有の臨床検査結果を解釈できる。
基本的手技 単独または指導者のもとで 乳幼児を含む小児の採血、皮下注射ができる。(1ヵ月研修:幼児以上、2ヵ月以上研修:乳児を含む小児全般)
指導者のもとで 乳幼児を含む小児の血管確保ができる。
導尿、腰椎穿刺なども指導者のもとで経験することが望ましい。
薬物療法 小児に用いる薬剤の知識と使用法を学ぶ。
小児の輸液量の計算法を学ぶ。
乳幼児の検査に不可欠な鎮静法を学ぶ。
乳幼児健診、
予防接種
正常乳幼児の診療にも積極的に参加することが望ましい。
夜間救急診療 希望者(長期間研修者は副直も可)

<<「研修・実習」ページへ戻る