教室紹介

HOME>教室紹介

教室紹介当耳鼻咽喉科学講座は 1950年4月、札幌医科大学の開設と同時に、道立女子医専に引き続き浜谷松夫教授、福田栄三助教授のもとで開講されました。臨床面ではアレルギー、めまいや幼児難聴を、研究面では扁桃を中心に行われておりました。1975 年をもって浜谷教授は定年退職され、引き続き形浦昭克教授が1975年から主宰し、1999年まで 24年間に現在の教室の基礎を築き、臨床・研究・教育のすべての面において発展させ、名実ともに札幌医科大学臨床部門の柱となっていきました。1999年には氷見徹夫教授が就任し、臨床、教育、研究のすべてにおいてさらなる発展を遂げました。そして、2018年に現在の高野賢一教授が4代目教授として就任し、本講座は次代に向け、大いなる飛躍と転換を遂げるべく新たなスタートを切りました。

臨床においては、道内耳鼻咽喉科医療の中核として第3次救急も含め道民の皆様のご期待に応えていけるよう日々研鑽しております。耳鼻咽喉科領域を広くカバーしつつ、耳科・鼻科・口腔咽頭・音声言語・嚥下・アレルギー・感染症・小児・頭頚部癌のエキスパートを揃え、より専門的な診療を行っています。手術内容も時代とともに変遷しており、内視鏡下耳科手術、ナビゲーションを用いた頭蓋底手術を含む鼻内内視鏡下手術、術後QOL(Quality of life: 生活の質)向上に配慮しながら微小血管吻合を必要とする遊離再建材料を用いた頭頸部手術などを多数行っています。症例によっては、脳神経外科や形成外科などとも積極的に連携し、高度な技術を要する難度の高い手術治療も手がけ、患者さんの期待に応えています。

教室紹介研究面では、従来の扁桃・鼻アレルギー・感染症・頭頸部腫瘍に加え、内耳再生や聴覚研究も行い、細胞レベルから臨床レベルまで幅広い領域で精力的に研究が行われています。生化学的、免疫学的、神経生理学的な手法を駆使して意欲的な研究が行われ、これらの研究成果は多数の学会、研究会および専門誌上に発表され、内外の高い評価を得ています。

このように、当教室では最先端医療導入を積極的に心がける一方、従来の治療法の積み重ねと改善を加え、道内基幹病院と提携のうえ、道民の皆様へより良い医療を提供することを目指しております。

ご挨拶

札幌医科大学医学部耳鼻咽喉科学教室
教授 高野賢一札幌医科大学耳鼻咽喉科のホームページにお越しいただきありがとうございます。

私たち耳鼻咽喉科医は,いわゆる五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)のうち4つを扱う感覚器のスペシャリストであり,平衡感覚や発声・嚥下も専門とする,まさに人々のQOL(Quality of Life:生活の質)の番人といえます。得意とする疾患も,先天性疾患,悪性疾患,アレルギー疾患,神経疾患,感染症など慢性・急性問わず多岐にわたります。そのため耳鼻咽喉科医には,内科系・外科系両者の高度な知識と技術が求められ,私たちもそれに応えられるよう日々研鑽しています。

札幌医科大学医学部耳鼻咽喉科学教室
教授 高野賢一近年,医療は細分化され,専門性が高められることで大きく進歩してきました。しかし,本学の精神でもある地域医療に貢献するためにも,総合的に患者さんを診ることができる耳鼻咽喉科医が社会のニーズとなっています。高層建築物ほど基礎が重要であるように,私たちは幅広い耳鼻咽喉科領域の総合診療力を土台とし,その上に高い専門性を築き上げてきました。その結果として,最新かつ最善の耳鼻咽喉科医療を道民の皆様に提供することができているという自負があります。

当教室は,まさに大学理念である“進取の精神と自由闊達な気風”に溢れ,常に高いレベルを目指して臨床・研究に取り組みながら,次代の医師を育成しています。そのために,われわれの教室は5つの“S”を掲げています。それは, Smart(賢く),Speedy(迅速に),Smile(笑顔で),Spirited(活気にあふれ),Satisfied(患者さんにも自分たちにも満足を)です。これからも道民の皆様の期待に応えるべく,教室員一同,より一層邁進してまいります。

札幌医科大学耳鼻咽喉科
教授 高野賢一

ページの上へ