新任教授ご挨拶

消化器・総合、乳腺・内分泌外科学講座 竹政 伊知朗

2015年11月1日付けで、平田公一前教授の後任として札幌医科大学消化器・総合、乳腺・内分泌外科学講座教授を拝命し就任いたしました。

この教室を預からせていただくにあたり、私が最も重要だと考えていることは「人材育成」です。患者さんからも医療職仲間からも、そして家族からも尊敬され信頼される外科医を育てることこそが、教室の臨床、研究、そして教育活動を発展させ、さらには北海道の地域医療の活性化と日本の外科医療の発展につながると確信しています。

私は北海道を外科医療の発信拠点にしたいと考えています。その発信が札幌医科大学からであればとても素晴らしいことです。「北からの発信はいつも札幌医大から」を目標として、日本の外科医療の研究と臨床の両面を常にリードできるようにしたいと思います。

道内外より広く志ある医師を募り、若く優秀な外科医を数多く育て、教室員の熱気にあふれる教室作りを目指したいと考えています。もとより微力ではございますが 教室員一同粉骨砕身の努力をいたす所存でございますので、何とぞご指導ご鞭撻賜りますようよろしくお願い申しあげます。


略 歴

氏  名: 竹政 伊知朗
所  属: 消化器・総合、乳腺・内分泌外科学講座
略  歴: 1993年 3月: 大阪医科大学 医学部 卒業
1993年 4月: 大阪大学医学部付属病院(第2外科) 研修医
1994年 6月: 国立大阪病院 外科 医員
1997年 2月: 秋田赤十字病院 消化器センター 
1997年 6月: 国立大阪病院 外科 医員
1998年 6月: 大阪大学大学院医学系研究科 病態制御外科 大学院生
1999年 4月: 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス科
        特別研究員
2002年 3月: 大阪大学大学院 医学系研究科 博士課程 修了
2002年 4月: 法務技官医師
2004年 6月: 大阪大学大学院医学系研究科 消化器外科 助手(助教)
2010年 4月: 大阪大学大学院医学系研究科 消化器内視鏡センター
        副センター長 
2011年 4月: 大阪大学大学院医学系研究科 消化器外科 学内講師
2014年 4月: 大阪大学大学院医学系研究科 消化器外科 診療局長
2015年 4月: 大阪大学大学院医学系研究科 消化器外科 講師
2015年11月: 札幌医科大学 消化器・総合、乳腺・内分泌外科 教授