札幌医科大学 助産学専攻科

    文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

助産学専攻科案内

ホーム > 助産学専攻科案内 > 助産学専攻科職員一覧

助産学専攻科職員一覧

助産学専攻科職員

正岡 経子 教授

 生命がこの世に誕生する時と場は、立ち会う人々の集中力、感動とエネルギーに満ち溢れています。女性の一生に関わると共に、次世代の生命を守る助産師は、責任の重さの分だけやりがいもある仕事です。本来、女性の身体に備わっている産む力と児の生まれる力を見守り、時にはその力が発揮できるよう手を添え、生まれた生命を大切に育むための専門的知識と技術を札幌医大で学びませんか。

荒木 奈緒 准教授

 助産師の『手』は、母よりも早く生まれてきた赤ちゃんに触れ、その命を受け止めます。その『手』を持つ助産師は、温かく、的確であることが求められます。また、助産師は女性と家族に心を寄せ、生涯にわたる女性の健康のための支援を創造する役割を持ちます。女性や家族から「助産師さんが居て良かった!」と信頼される助産師を目指して、札幌医科大学助産学専攻科で一緒に学びましょう!

林 佳子 講師

 出産は、女性にとって人生の中で忘れがたい体験だと思います。私たち助産師は、出産する女性の傍らにいて、ダイナミックで力強い、そして、感情を揺さぶられる尊い営みを見守り、女性を励まし、支えます。助産師は、生命の誕生や人の成長に感動し、喜びを分かち合える職業です。時に命の重さを感じて、悩む場面もありますが、葛藤の体験も、また、自分自身を鍛え高めてくれると思います。冷静な科学の眼で、同時に温かい人間味のある眼で、生命の誕生を見つめてみませんか。

荻田 珠江 講師

 私の専攻科時代を振り返ると、実習と記録に追われ常に寝不足だったことはもちろんですが、同時に志をともにする大切な仲間を得た貴重な1年でした。同期でしかわからない体験は一生の宝物です。本学では20名の学生が助産師を目指します。仲間とともに取り組んだ多くの体験は今後の助産師活動に大きく影響することでしょう。様々な人とかかわり、多くのことを学び体験し、あなたが目指す助産師像に向かっていきましょう。

久野 芳佳 助教

 助産師=Midwife=‘女性(Wif)と共に(Mid)’という語源にも表されているように、助産師は、大きなライフイベントである妊娠出産に関わるだけではなく、一人一人の人生・家族に深く寄り添い、女性のよきサポーターであり、頼れる母のような存在です。助産師として働く中で、自分自身に役立つ事も多く、深みのある人間として成長していくことが出来ます。そんな素敵な助産師を目指して、一歩踏み出してみませんか?

相馬 深輝 助教

 私の助産師経験は、妊娠・分娩期の女性とそのご家族、新生児のケアで、助産師業務の中でもごく一部の限られた範囲ですが、その中で、母子が心身ともに健康に経過することは決して当たり前ではなく、そこに携わる助産師の責任は大変重いことを強く感じてきました。そしてそれと同等、いやそれ以上に得られる喜びややりがいも大きいことも実感してきました。同じ思いを共有できる仲間が多く増えることを願っております。

助産学専攻科案内

宇部さん
ページのトップへ戻る