札幌医科大学 助産学専攻科

    文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

助産学専攻科案内

ホーム > 助産学専攻科案内 > 入学者受入方針/修了証授与方針/教育課程・実施方針

入学者受入方針/修了証授与方針/教育課程・実施方針

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

助産学専攻科は、助産に関する高度な知識と優れた技術を教授し、その基盤となる助産学を探究するとともに、創造性に富み人間性豊かな助産師の育成を行い、北海道の母子保健の発展と充実に貢献することを目的としています。そのため、次のような資質を有する学生を求めます。

  1. 人間の尊厳と生命の尊重を基盤に、生と死に真摯に向き合い、寄り添うことのできる人
  2. 社会を構成する全ての人々に敬意を払い、人と人との相互関係を大切にすることのできる人
  3. 看護学に関する知識・技術の基礎・基本を高いレベルで備え、助産学を主体的に学び追求する姿勢を有している人
  4. 北海道の母子保健に深い興味・関心を持ち、自らの助産実践を通して諸課題を解決したいと考えている人
  5. 異なる文化や価値観を尊重し、広い視野をもって物事を見つめ、社会への貢献を通して自らも成長しようと願う人

入学までに身につけてほしいことは、以下のとおりです。

  1. 助産学に関連の深い母性看護学、小児看護学に係わる知識の習得
  2. 基本的な看護技術を提供する能力
  3. 対象となる人々、看護・医療チームを構成する人々と対人関係を築く能力
  4. 論理的な思考に基づき対象者の看護課程を展開する能力
  5. 自らの課題を明確化し、実践力を高めるために努力する姿勢

ディプロマポリシー(修了証書授与方針)

助産学専攻科は、修了要件の32単位を修得し、地域の母子保健を担う助産師に求められる専門性と実践力を兼ね備えた、以下の能力を有する学生に修了証書を授与します。

  1. 助産実践の対象となる全ての女性、とりわけ妊娠・出産・産褥の過程における女性や家族と信頼関係を築き、発展させる能力
  2. 妊娠・出産・産褥の課程において正常経過の判断と異常を早期に発見するための助産学及び関連分野の知識・技術を実践に活用する能力
  3. 妊娠・出産・産褥の課程において正常経過をたどる女性と子ども、家族の状況に即した基本的な助産ケアを的確に実施できる能力
  4. 妊娠・出産・産褥においてハイリスクな状態にある女性や子どもの経過判断を的確に行い、必要なケアを実施する能力
  5. 助産実践の充実と発展のために助産師チーム連帯性を高めるとともに、保健医療チームにおいて他の関係者と連携・協働する能力
  6. 地域の母子保健・周産期医療を取り巻く諸課題に向き合い、それらの充実と発展を志向し、行動する能力
  7. 助産師としてのプロフェッショナリズムを高め、研鑽し続ける能力

カリキュラムポリシー(教育過程編成・実施方針)

助産学専攻科は、ディプロマポリシー(修了証書授与方針)に掲げた能力を有する人材を育成するために、以下のように教育課程を編成し、実施します。

  1. 教育課程は、「助産学の基礎領域」「助産学の実践領域」「助産学の関連領域」で編成する。
    1. 1)助産学の基礎領域では、助産の目的・対象、助産実践の基盤となる周産期医学や胎児・新生児学の知識に加え、性と生殖に係わる健康支援者としての役割、専門職としての責務と倫理を学習する。
    2. 2)助産学の実践領域では、さまざまな健康レベルにある妊産褥婦と新生児に対するアセスメント、出産に向けた身体的準備性と回復力を高める助産ケアの基本、多様な施設における助産管理の実際を学ぶ。実習では、自らの助産活動を通して知識と技術を統合し、実践能力を高める。
    3. 3)助産学の関連領域では、子育て中の女性と家族に対する支援、地域における母子保健の課題を解決するための助産師の役割について学ぶ。加えて、最新の知見をもとに助産実践に対する洞察を深め、効果的なケアを創造する能力を養う。
  2. 助産学、及び助産実践に必要な知識と技術の習得レベルを高めるため、事前準備と事後展開を含む質・量の伴う学修課程を必須とする。
  3. 少人数グループでの能動的学習を多く採り入れるとともに、個別指導による学習支援を充実させ、学生個々が高水準の知識・技術を修得できる教育環境のもとにカリキュラムを展開する。

助産学専攻科案内

宇部さん
ページのトップへ戻る