札幌医科大学 助産学専攻科

    文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

助産学専攻科案内

ホーム > 助産学専攻科案内 > 教育理念・教育目標/卒業生の有する特性

教育理念・教育目標/卒業生の有する特性

教育理念

 助産学専攻科は、札幌医科大学の建学の精神・理念に基づき、高度な知識と優れた技術を備えた創造性に富む人間性豊かな助産師を育成し、北海道の母子保健・周産期医療の充実と発展に貢献することを目的としています。

 この目的を果たすため、本専攻科では以下の姿勢で教育に取り組みます。

  1. 助産師は、女性の生涯の健康を支える専門職であるが、とりわけ妊娠・出産・産褥の課程において、妊産褥婦や新生児、その家族に対して継続的に支援する役割を担う。対象となる人々のニーズや自己決定を尊重し、安全を保障した質の高い助産ケアを通して、子どもを産み育てる人間社会の安定と発展に貢献することは、社会が助産師に付与した務めである。
  2. 本専攻科は、修了生が助産師として自立した助産ケアを行う能力の形成を援助する。そのために、助産に関する専門的な知識と技術に支えられたエビデンスに基づく助産ケアを展開する能力、母子及び家族のニーズを的確に把握し、正常経過をたどる妊産褥婦に身体的、心理社会的ケアを行うことに加え、生涯を通じて女性とその家族の性と生殖に関する健康上の諸課題に取り組む実践力の基礎を養う。
  3. 本専攻科は、修了生が自立した助産師として医師及び他の保健医療関係者と協働し、主体的に専門性を発揮するとともに、社会を構成する全ての人々に敬意を払い、信頼と尊敬に基づく相互関係を基盤に、母子及び家族の人権を尊重した助産ケアを社会的にニーズに呼応して推進する人材となるように援助する。また、専門職として教育的役割を発揮し後進の育成に取り組むとともに、将来、助産領域を牽引するリーダーとなるための基礎的な能力を涵養する。
  4. 本専攻科は、実践・教育・研究を通して、北海道の母子保健と周産期医療の充実と助産学の発展のために不断の努力を続け、安全・安心のもとに子どもを産み育てられる社会の形成に寄与しうる人材を育成することを念願する。

教育目標

 本専攻科では教育理念を実現し、社会の要請に応えうる助産師としての基礎を培うため、以下の教育目標を掲げます。

  1. 妊娠・出産・産褥の過程、その後の育児に関わる母子やその家族、及び女性の生涯の健康を支援するために必要な基礎的な知識・技術を身につける。
  2. 人間の尊厳と生命の尊重を基盤に、専門職である助産師に求められる倫理に即した行動を身につける。
  3. 助産実践に際しては他職種と協働しながら専門的な知識・技術を活用し、専門職としての責任と責務を主体的に遂行する能力を身につける。
  4. 対象となる女性と家族の多様性を尊重し、相互信頼に基づく支援と支持を実行しうる能力を身につける。
  5. 助産実践の質的向上のために継続的に自己研鑽し、助産に関する能力の維持・開発、助産学を探求する態度を身につける。
  6. 国際的な視野のもとに、多角的・多面的に女性の健康に向き合う姿勢を身につける。

助産学専攻科案内

宇部さん
ページのトップへ戻る