札幌医科大学 助産学専攻科

    文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

受験生の皆様へ

ホーム > 受験生の皆様へ > 在学生からのメッセージ/卒業生からのメッセージ

在学生からのメッセージ/卒業生からのメッセージ

在学生からのメッセージ

加登 愛 (札幌医科大学保健医療学部看護学科 出身)

 私はお産という女性にとって大きなライフイベントを支えたいという思いがあり、さらに看護学科で学んだ命の大切さについてもっと向き合いたいと考え助産学専攻科に入学しました。

 入学するまで助産師はお産の介助が主な役割であると考えていました。しかし講義を受ける中で、性教育や家族計画などの場面においても重要な役割を担っており女性の一生を見守り支える仕事だと学びました。また、日々の演習の学びを通して自分の声かけ1つで産婦さんのお産への思い出が大きく変わることを知り、毎日助産師という仕事の奥深さ・責任を共に感じています。

 専攻科で共に学ぶ同期はみな主体的・意欲的に学んでおり日々切磋琢磨できます。さらに教員との距離も近いので学びの中での疑問にもしっかりと対応していただいています。なにより自分のやりたいことを学んでいるという実感が強く、毎日がとても充実しています。
少しでも興味を持っている方、意思があれば道は開けます。私たちとともに助産師を目指しましょう!

小川 迪子 (天使大学看護栄養学部看護学科 出身)

 私は学生時代より助産師という職業に惹かれていましたが、母性実習を通して「出産は病気ではない」ことの難しさを感じ、卒業当時は看護師として働くことを選びました。それから数年が立ち、家族や友人の出産体験を見聞きする中で、助産師として働きたいという思いが強くなり、本校へ進学しました。

 本校では、様々な先生の臨床経験を交えた講義や演習を通して「出産は病気ではない」からこそ、助産師としてどのように在るべきなのか学ぶ機会が多く、自らの考えを深めることができます。また、1年という短期間で修了するタイトなスケジュールですが、魅力的な講義内容やグループワークでの活発な意見交換がモチベーションを高めてくれます。

 学生の経歴は様々(臨床経験者や子育て中の人など)ですが、忙しい毎日のなかでも、互いに切磋琢磨し、楽しい学校生活を送っています。受験生の皆さんもぜひ、本校で学びを深める中で、自らの助産師像を見つけて欲しいと思います。


卒業生からのメッセージ

原田 雅子 (平成28年度修了生) 函館中央病院 助産師

看護学科の学生時代に様々な先生との交流から、対象者を一番に考えることを学び、引き続き同じ大学で助産師を目指したいと思い、札幌医科大学助産学専攻科を選びました。在学中は知識や技術だけでなく、助産師としてどうあるべきかという姿勢を学ぶことができました。先生方には勉強のサポートだけではなく、精神面のサポートもしていただき実習を実りあるものとすることができました。

 授業で学んだハンドトリートメントは入職後も実践しており、喜んでもらえています。先生方の助言が今でもアセスメントや対象者と関わるうえで頭の中にあり、在学中に頑張ったことや先生方の言葉は自分を支えてくれています。

 助産師としてまだまだ勉強することばかりですが、学生の時の努力は無駄にはなりません。一緒に素敵な助産師を目指しましょう!

受験生の皆様へ

宇部さん
ページのトップへ戻る