生物学教室

ニュース / お知らせ


ニュース
2019年4月1日 ページを更新しました。

概要

生物学教室は、分子生物学、細胞生物学など異なった領域を専門とする教員が、それぞれの専門領域を主軸に据えて、教育・研究に取り組んでいます。
教育では、さまざまな生命現象を取り上げ、医学、医療を学ぶ基盤となる生物学の知識・技能の習得、自然科学を総合的に理解できる思考力および洞察力の育成を目指しています。医学部では、医学教育コア・カリキュラムに準拠した生物学教育を行っています。また、高校の理科科目の履修歴の相違による生物学に関する知識の学生間格差を配慮した指導を行っています。研究では、それぞれの専門領域について、学内他講座、他大学と積極的に連携して行っています。得られた研究成果は、学会や学術誌に発表するなど広く社会に発信しています。
 

研究内容

  1. p53ファミリーの機能解析
  2. ゲノム情報を基盤とした「がんの診断・治療法」の開発
  3. 免疫シナプスにおけるシグナル分子機能動態の研究
  4. がん精巣抗原遺伝子の発現に起因するがん幹細胞の機能形態的研究

担当科目・連絡担当科目

学部
  医学部 保健医療学部
担当科目 基礎生命科学
生命科学
自然科学実験
分子生物学
基礎腫瘍学
免疫学1
新入生チュートリアル
生物学
環境と生物
自然科学実験 
疾病治療論1

大学院

  医学研究科 保健医療学研究科
担当科目  生体情報学(II)  

教員

教授 佐々木 泰史
  • 専門分野:
    •  分子生物学
    • 腫瘍遺伝学
  • 研究テーマ:
    •  p53ファミリーの機能解析
    • ヒト腫瘍のゲノム解析
  • 所属学会:
    •  米国癌学会
    • 日本癌学会
    • 日本分子生物学会
    • 日本内科学会
    • 日本消化器病学会
    • 日本消化器内視鏡学会
    • 日本肝臓学会
    • 日本癌治療学会
    • 日本DDS学会
    • 日本臨床分子医学会
    • 日本電気泳動学会
    • 北海道癌談話会
准教授 鈴木 健史
  • 専門分野:
    •  生物学
  • 研究テーマ:
    • 免疫シナプスの細胞生物学
    • がん幹細胞の細胞生物学
    • 内分泌系の細胞生物学
  • 所属学会:
    • 日本分子生物学会
    • 日本組織化学学会
    • 日本解剖学会
    • アメリカ細胞生物学会