現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 助産学専攻科
  3. 教育課程

助産学専攻科

教育課程

教育目的

 札幌医科大学助産学専攻科は、助産に関する高度な知識と優れた技術を教授し、その基盤となる助産学を探求するとともに、創造性に富み人間性豊かな助産師の育成を行い、北海道の母子保健の発展と充実に貢献することを目的としています。

教育の特徴

 教育目的を達成するため、カリキュラムは助産学の基盤となる基礎領域、助産ケアに直接かかわる実践領域、助産師としての質を高める関連領域の科目群で構成しています。特に、女性の健康や次世代を育む母子・家族への支援を行うための知識、将来地域で自立して助産ケアを行うためのアセスメントに関する講義・演習を充実させています。
 授業は、助産学・産婦人科学を専門とする専任教員を中心に、札幌医科大学に所属する関連分野の教員、道内の母子保健・周産期医療で活躍する講師陣が担当します。

卒業に必要な科目と単位数

 助産学の基礎領域で学んだ基礎的な知識をもとに、実践領域では助産実践に直接かかわる技術と実践そのものを学びます。学内における知識・技術の学習、諸施設での実習を通して、助産師に求められる実践力を段階的、系統的に養います。
卒業に必要な科目と単位数の表

年間予定のイメージ

※助産学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲは第1期・第2期に分けて行います。
年間予定のイメージ

修得できる資格

  • 助産師(国家試験受験資格)
  • 受胎調節実地指導員