アドミッションポリシー

医学部は北海道民の健康と医療を守り、地域に貢献できる医師及び国際的・先端的研究を通じて世界に貢献できる研究医を育てます。そのため、次のような資質を有する学生を求めます。
  1. 命を尊ぶ心を持ち、病める人を救う情熱のある人
  2. 周りの人への思いやりと奉仕の心、倫理観を持っている人
  3. 良心と社会規範に従い、良識ある行動ができる人
  4. 医師・研究医となるにふさわしいコミュニケーション能力、協調性及び想像力を持っている人
  5. 地域社会への興味・関心を持ち、北海道に貢献する意志を持つ人
  6. 国際的視野で考え行動し、科学的探究心と創造力を持って学習に取り組める人

入学までに身につけておいてほしいこと

高等学校で学ぶ諸教科に関する高い基礎学力

医学を学習するための基礎学力
生命科学としての医学を学習するに当たって、生物、化学、物理及び数学の基礎学力は必須です。さらに、医療と医学研究の場では、人との交流が基盤となります。それを支えるコミュニケーション能力を発揮するために、論理的に思考し、相手に伝えることのできる正確な日本語と国際的視野で考え行動するための英語の学力が重要です。 
人類の文化や自然、社会に関する幅広い基礎知識
医学研究と医療の実践には、人文社会科学の視点から健康・疾病を理解することも必要です。そのために、自然科学のほか、人文社会科学など幅広い領域に関する基礎知識が不可欠です。 

自ら課題を探求し、問題を解決する学習習慣

医師には生涯にわたる自己研鑽が求められます。自ら課題を抽出し、問題点・疑問点を解決していく積極的な学習姿勢が必要です。 

自主的、協調的な態度と行動

チーム医療なしには医療は実践できません。医師は医療チームの一員として、他者と連携・協調して行動することが求められます。 

健康な生活を送るための基本的生活習慣

人々の健康を守り、病に立ち向かう医師となるための精神力と体力が必要です。まず自分の健康に心がけ、基本的生活習慣を身につけていることが不可欠です。