現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 医学部
  3. 医学部長あいさつ

医学部

医学部長あいさつ

医学部長からのメッセージをお伝えします。

社会の要請に応えうる人間性豊かな医師の育成

医学部長

医学部長 堀尾 嘉幸

 「進取の精神と自由闊達な気風」と「医学・医療の攻究と地域医療への貢献」を建学の精神とする札幌医科大学は北海道により1950年(昭和25年)に開学されました。札幌医科大学が送り出した医師は北海道の地域医療をしっかりと支え、さらに最先端医学の発展に貢献してきました。その「進取の精神」は全国の医学部の中で最初に救急医学や脳神経外科学の教室を開設し、また、麻酔科学教室を全国で4番目の早さで設置したことでもおわかりいただけると思います。このような流れは現在にも生かされ、脳梗塞や脊髄損傷の患者さんに対する日本最初の骨髄幹細胞移植による医師主導治験などの先端医学・医療が実践されています。
 2000名を超える人たちが働く札幌医科大学の中で、医学部には約300名の教員が所属してそれぞれの専門分野について学生教育にあたっています。札幌医科大学は学生が基本的な医学知識と技術を習得するだけではなく、広い視野に立ち、強い倫理観と人間性を持ちあわせた、患者さんに共感できる医師になれるように教育しています。一方で医学には解明が待たれている様々な問題があります。次世代を担う学生の皆さんが医学を飛躍的に発展させる力を持つように科学としての医学教育をおこなっています。研究をおこなう医師(研究医)を育成する一環として、平成17年より医学部学生が入ることができるMD-PhDコースを設置しました。このコースを選択した学生の中には医学部在学中に英語論文を書いたり、海外の学会で成果を発表する学生がでてきています。
 医学教育の世界にも国際化グローバリゼーションの流れが起き、我国においても国際基準に基づく医学教育をおこなうことが求められています。このような流れに対応して、札幌医科大学においても大きなカリキュラムの改定をおこないました。改定の主なものに臨床実習の大幅な充実があります。学生は患者さんに直接接して診断や治療に参画して、さらに地域の病院においても長期に実習していくことが今後おり込まれていきます。
 現在、札幌医科大学では新しい都市型キャンパス構想に基づき、医学部講義室やフロンティア医学研究所が入る教育研究施設、さらに附属病院施設の整備が北海道によって着実に進められています。平成26年度にはまず体育館などの施設が完成し、弓道場やリハビリテーション施設が整備されます。これから、順次、新しい施設の建築が始まります。
 北海道という地域とともに歩む札幌医科大学は医学への強い興味と高い勉学意欲を持ちさらに謙虚さを忘れない若い皆さんの入学をお待ちしています。