現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 受験生の方へ アドミッションセンター
  3. 卒業生からのメッセージ(保健医療学部)

受験生の方へ アドミッションセンター

卒業生からのメッセージ

札幌医科大学附属病院
副看護師長 鈴木 理恵

鈴木理恵

私が札幌医科大学を選んだのは、医療職を目指すとともに大学生活を満喫したかったからです。軟式野球部に女子選手として参加し、セカンドを守りました。友達もたくさんできて、本当に楽しい学生時代でした。
 そんな私が看護職の奥深さを知るのはやはり実習を経験してからです。第3学年の後半になると患者さんを実際にケアする長期間の実習が始まります。患者さんの病状や治療方針、生活習慣などを把握し、これらを文献と照らし合わせて看護の方針を定め、看護計画を立てるのですが、教科書通りにやってみても患者さんの意に沿わないことが多く、途方に暮れることもしばしばでした。
 看護で大事なことは、患者さんの身の回りの援助、医師の補助をすることだけではなく、病気になったり障害を抱えた方の生活を再構築すること。そのために患者さんと同じ目線になって明日の生活を目つめ、その方らしさを引き出しながら、一緒になって考えることです。
 学生時代は未熟で患者さんを受け止める力がなかったため、つらい思いをしましたが、この時に学んだ看護の姿勢は、実習生を教える立場になった今になっても私を支えています。また実習をともに乗り越えた仲間は、今も互いに支え合う同志として強いつながりを持っています。
 卒業後は札幌医科大学附属病院に進み、大学時代の恩師である大日向輝美先生の勧めで働きながら大学院で学びました。専攻は「看護教育学」です。看護職の喜びは、患者さんの闘病生活にプラスを与えた実感をつかめることです。看護の答えはひとつではありません。無限にある可能性のなかからその方に合った方法を、みんなで頭をつきあわせて見つけていく。そしてそれを文献や理論で根拠立てていく。私が学んできたそんな看護の姿を少しでも後輩に伝えられたらと思ったのです。

禎心会病院
リハビリテーション部 理学療法科
科長 小塚 佳寿子

小塚佳寿子

 大学4年のときこの病院へ実習に来て、「将来はここで働きたい」と思い、卒業後迷わず就職しました。以来ずっと同じ病院に勤めています。時代とともに医療制度などは変化しましたが、理学療法という専門的役割をもって患者さんに寄り添い、関わることができる仕事にやりがいを感じています。現在は救急患者の受け入れに特化していますが、突然病気になった患者さんや家族はとにかく不安でいっぱいの状態です。そこできちんとお声をかけ、お話を聞いて、医療人としてできることをする。患者さんが元気になると私たちも楽しいですし、おもしろい職業です。また、私自身が出産したり、家族の介護をしたりといったライフステージの変化とともに、患者さん一人ひとりに対して前より丁寧な思いをもつことができるようになったと感じます。職場には育児休暇や介護休暇をとる人も多くいます。そういう意味では、ライフステージに合わせて成長し、ずっと続けられる仕事だと思います。
 実習に来る学生さんへ一つアドバイスがあります。皆さんとても真面目なので、できないことがあると「どうして自分にはできないんだろう」と落ち込んでしまいがちです。今、自分ができないことを悩むより、目の前で困っている人のために何ができるかを、常に前向きに考えてほしいと思います。札幌医科大学は将来、医療人としてどうあるべきかを勉強する時間がきちんとあり、人材育成のカリキュラムもしっかりしています。ぜひ有意義な学生生活を過ごしてください。

札幌徳洲会病院
作業療法部門主任 越後 歩

越後歩

 私は作業療法学科の1期生になります。といっても10年続いてきた衛生短期大学部が札幌医科大学の保健医療学部として統合されたので、私の上には衛生短大時代に入学した先輩がいました。それでも学生自治会やサークルなどを医学部とどのように統合していくか、その調整に苦労した思い出があります。この時は考えもしませんでしたが、後輩を見ていると医学部の学生と保健医療学部の学生が同じサークルで活動することは、チーム医療を進めるよい基盤になっているようです。
 作業療法はとても範囲の広い領域ですから、実習先で作業療法士が実際に働いている姿を見るまでは、イメージがつかみにくいこともあるかと思います。私の場合は、札幌医科大学附属病院で作業療法士として働いていた坪田貞子先生に出会ったことで「手のリハビリ」を専門にする決意をしました。卒業後は「東京、大阪の大都会でもまれてきなさい」という先生の助言もあり、手の外科が盛んだった大阪医科大学病院に入りました。その後札幌に戻り働きながら札幌医科大学大学院に入り、教授となっていた先生の元で学びました。
 今、私は日本ハンドセラピィ学会の理事として「手のリハビリ」の普及に務めていますが、振り返れば学生時代に先生からいただいた「作業療法士が行えばそれは作業療法になる」との言葉が、「手のリハビリ」にほとんど着目されていなかった時代から取り組む私の原動力になったと思います。作業療法は幅広い領域ですし、未開拓な領域がまだまだ残されていますから、大学でそんな領域を探すのも楽しいと思います。札幌医科大学は、専任教員の数が多く、多くの領域に専門家がいることが特長で、先生との距離も近いですから、出会いのなかで自分の感性に合った領域がきっと見つかると思います。