現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 受験生の方へ アドミッションセンター
  3. 在校生からのメッセージ(医学部)

受験生の方へ アドミッションセンター

在学生からのメッセージ

医学部医学科 第2学年
大西 香澄(北海道釧路湖陵高等学校出身)

大西

 自分が生まれ育った北海道で医師として働き、医療に貢献したいと思い、札幌医科大学を目指しました。いままでで特に印象に残っている講義は、医学入門セミナーです。医学の研究や最前線の医療について知ることができ、医学を学んでいく上でのモチベーションが高まっただけでなく、自分の将来について考えるきっかけにもなりました。札幌医科大学は先輩とのつながりが強いところが良いと思います。試験についても教えていただき、すごく助かっています。将来は、患者さんから信頼され、必要とされる医師を目指していきたいです。そして北海道の医療にしっかりと貢献したいと思います。私は札幌医科大学に入って本当に良かったです。札幌医科大学を目指している方、受験勉強がんばってください。

医学部医学科 第3学年
田中 慧樹(北海道旭川東高等学校出身)

田中

 地元である北海道で医療に従事したいと思い、道立で地域に根差した医療を目指す札幌医科大学で学ぶことを決意しました。これまでの実習では、2年前期にはじまった肉眼解剖学実習が特に印象的でした。白菊会会員の皆様が自らのご遺体を提供して下さり、実際の献体で実習をさせていただきました。学ぶ知識の量も一気に多くなるため大変でしたが、やりがいのある貴重な実習となりました。まだ医療を学び始めたばかりで自分の将来には迷いがありますが、色々なことを経験していくうちに目指すものがはっきりとしてくると思います。たとえどんな方向に進んだとしても、一人一人の患者さんに真摯に向き合い、努力を忘れない医師を目指していきたいです。札幌医科大学は、学生支援制度も整っていて、学びたいと思えばいくらでも学ぶことができる環境があります。受験生の皆さんは迷いの多い時期ではあると思いますが、自分にとって最良の選択をしていただけたらと思います。

医学部医学科 第4学年
今井 優衣(北海道札幌北高等学校出身)

今井

 幼い頃から医療に興味があり、高校で進路を真剣に考えたときに北海道の地域の医師不足の現状を知り、貢献したいと思い医師を目指しました。その上で、札幌医科大学は地域医療に力を注いでいると知り、この大学を目指しました。2年生になって専門科目を数々受けたなかで、肉眼解剖学の実習が印象的でした。教科書とは違って実際のご遺体から得られたことは非常に多く、将来医師になるという意識を改めて確認し、責任の重さを感じました。1、2年の病院実習では様々な体験ができました。やはり実際の医療を見ることで意識が高まります。将来は患者さんに信頼され、安心感を与えられるような医師を目指したいです。また、病気をみるのではなく、患者さんを全体的にみることができるように、学校生活の中で人との関わりを大切にすることを忘れないでいたいです。札幌医科大学は単科大学で人数が少ないですが、仲が良く、同じ目標に向かっているという安心感があります。大学生活は自由で楽しいことが多く、仲間もたくさんできます。受験生の皆さん、ぜひ頑張ってください。

医学部医学科 第5学年
千葉 慶宜(北海道岩見沢東高等学校出身)

千葉

 私は出身が北海道で、地域医療に興味があり、地域枠のある札幌医科大学を選びました。入学してからは、全部の実習の印象が強く残っています。特に2年生の解剖実習は、初めて人の体について実際に触れて勉強することができ、周りの皆と夜遅くまで頑張ったことはとてもいい思い出です。この大学は、上下のつながりや横のつながりが充実しているところが魅力です。特に部活動をしている人は先輩に将来のことを相談したり、一緒に勉強を頑張ったりと、居心地の良いことがこの大学の強みだと思います。将来は、地域医療に関わっていけたらと思っています。どのような形でとかは具体的にはまだ固まっていませんが、選択肢を増やすために、幅広く学んでいこうと考えています。受験生として頑張った時間は、大学生活の中で自分の強みになるはずです。最後まであきらめずに、一緒に札幌医科大学で学びましょう!

医学部医学科 第6学年
大嶋 優(北海道札幌北高等学校出身)

大嶋

 高校生のときにオープンキャンパスに参加し、札幌医科大学の功績や、アットホームな雰囲気、先生方に魅力を感じました。そのオープンキャンパスの講義で形成外科に興味を持ち、4年生になって実際に形成外科の講義を受けたときは、やはりとても楽しかったです。手術前と手術後でこんなに良くなるのかと目が離せない授業でした。この大学で学び、先生方をはじめ、先輩、同期、後輩に恵まれたことは本当に良かったと思います。将来の目標は、今のところ外科医を志望しています。外科医としての高い技術があり、なおかつ患者さんに思いやりをもって接する医師になりたいです。受験生の皆さんは、今の勉強は辛いと思いますが、自分を信じて頑張ってください。この大学で皆さんに会えることを楽しみにしています。