現在位置の階層

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 本学フロンティア医学研究所 細胞科学部門 幸野貴之講師らの発表論文が、国際誌 Molecular Pharmacology (Volume 87, Number 5, May 2015) の表紙を飾りました

お知らせ

本学フロンティア医学研究所 細胞科学部門 幸野貴之講師らの発表論文が、国際誌 Molecular Pharmacology (Volume 87, Number 5, May 2015) の表紙を飾りました

 本学フロンティア医学研究所 細胞科学部門 幸野貴之講師らの発表論文が、国際誌 Molecular Pharmacology (Volume 87, Number 5, May 2015) の表紙を飾りました。
国際誌 Molecular Pharmacology (Volume 87, Number 5, May 2015) 

           国際誌 Molecular Pharmacology (Volume 87, Number 5, May 2015) 

画像の説明:
「子宮頸癌由来HeLa細胞において,アクチン骨格を制御することで観察された,微小管細胞突起が細胞外へと伸長する過程の生細胞イメージ」
 

■掲載誌:Molecular Pharmacology (Volume 87, Number 5, May 2015)
■発表者:フロンティア医学研究所 細胞科学部門 幸野貴之講師らの研究チーム
■掲載論文タイトル:
  "Staurosporine induces formation of two types of extra-long cell protrusions: actin-based filaments and
  microtubule-based shafts"
 「スタウロスポリンはアクチンまたは微小管で構成された2種類の非常に長い細胞突起を伸長させる」
  • 発行日:2015年05月12日