現在位置の階層

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 特設講座「がん疼痛緩和医療学講座」の設置

お知らせ

特設講座「がん疼痛緩和医療学講座」の設置

平成25年4月1日に特設講座「がん疼痛緩和医療学講座」を設置しました

代表教員・担当教授 麻酔科学講座 山蔭道明教授

代表教員・担当教授    麻酔科学講座 山蔭道明教授

 この特設講座は、文部科学省の大学改革推進等補助金「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」を財源として設置するもので、設置の目的は、がんに関連した疼痛や悪心・嘔吐・呼吸困難などの各種症状に関する機序の解明、症状緩和に関する研究、これらの症状のコントロールを適切に対応できる医療人の育成を行うこととしております。

 講座の設置予定期間は、平成29年3月31日までの4年間で、代表教員及び担当教授には、麻酔科学講座の山蔭道明教授が兼ねて就任いたしました。

 本学では、この特設講座において、研究や医療人の育成を精力的に取り組み、緩和医療の発展に貢献してまいります。
  • 附属産学・地域連携センター
  • 発行日:2013年04月01日