現在位置の階層

  1. ホーム
  2. プレスリリース・メディア
  3. 携帯通信で血圧の管理を行う取り組み開始(7月23日北海道新聞掲載)

プレスリリース・メディア

携帯通信で血圧の管理を行う取り組み開始(7月23日北海道新聞掲載)

北海道新聞に携帯通信で血圧の管理を行う「ワイヤレス在宅健康管理プロジェクト」の取り組が紹介されました

北海道新聞掲載記事
本学が携帯電話の通信回線を利用して医師が血圧管理などを行う「ワイヤレス在宅健康管理プロジェクト」の記事が、7月23日北海道新聞朝刊に紹介されました。

[記事全文]

携帯通信で血圧管理 札医大と米通信大手 壮瞥町で9月計画

札医大(島本和明学長)は米通信技術大手クアルコムの日本法人クアルコムジャパン(東京)などと連携し、9月にも携帯電話の通信回線を利用して医師が血圧管理などを行う、ワイヤレス在宅健康管理プロジェクトを始める。1年間にわたり、胆振管内壮瞥町で患者の血圧データを集め、健康管理に取り組む。島本学長らが22日に東京都内で発表した。

都市部の病院に通うことが困難な地方在住者でも、容易に専門医の指導を受けられるようにするのが狙い。

クアルコムが使用機器や費用を提供。血圧を測ると、血圧計に接続された通信機器を使って携帯電話回線でデータが送られる。クアルコムが出資するケルコム(東京)がそのデータを集め、インターネットで札医大に提供。医師がデータを基に患者の健康状態を把握し、電話などで生活習慣の改善を指導する。高血圧などで薬の服用が必要な場合はかかりつけ医と連携し、投薬も行う予定。

23日から壮瞥町でチラシを配布し、参加希望者100人を募集。血圧計と専用の通信機器を配布する。

詳しくは、下記PDFをご覧ください。
(北海道新聞社許諾 D1007-1101-00006667)

  • 経営企画課広報
  • 発行日:2010年07月23日