現在位置の階層

  1. ホーム
  2. プレスリリース・メディア
  3. JNNニュース「新春こどものチカラ」で形成外科にて闘病中の女の子の頑張る姿が放送されました

プレスリリース・メディア

JNNニュース「新春こどものチカラ」で形成外科にて闘病中の女の子の頑張る姿が放送されました

こどもの力
2018年1月10日にJNNテレビで、附属病院形成外科に通院、治療中の女の子の頑張りが放送されました。
タイトル:【こどものチカラ】北海道 難病と闘う“全力”女の子
形成診療風景

                      形成外科 四ツ柳教授との診療の様子

下記JNNニュースページより、放送内容を全部閲覧できます。

 

<放送概要>
「JNN こどものチカラ」です。6万人から10万人に1人という先天性の難病と闘う女の子が北海道にいます。たくさんの愛情を受け難病に立ち向かう、強い心の持ち主です。

 小学1年生の渡辺つむぎちゃん(7)です。生まれつき頭や手足の指の骨に異常が現れる難病「アペール症候群」を抱えています。生後半年で頭がい骨を広げる大手術を受けるなど、小さな体はこれまで7度の手術に耐えてきました。頑張り屋さんのつむぎちゃん。どんなことにも、いつも全力です。

 「予想以上に目立ってたね」(父・俊さん)
 「かわいかった」(母・いと子さん)

 「こんなことが出来るようになったんだ」(母・いと子さん)

 1歳のころから診てくれている四ツ柳高敏医師とは、大の仲良しです。変形した右足の親指をまっすぐにする手術が翌日に控えています。

 「あす、頑張りますか!」(形成外科 四ツ柳高敏 医師)

 何度も手術は乗り越えてきましたが、痛みや怖さがよみがえってしまうため、恐怖心が募ります。手術は右足の親指の骨を切り取り、歩きやすいようにまっすぐにするというもの。無事、成功しました。

 「頑張ったね」(母・いと子さん)

 手術は、大好きな四ツ柳医師の言葉で乗り越えられました。

 「よっつん(四ツ柳医師)が心に、“心で頑張れよ”って言ってて、つむも頑張ろうかなって思ったの」(渡辺つむぎちゃん)

 「『なんで私がこの病気なの?』誰も悪いわけでもなく、誰のせいでもなく。あなたが神様からもらってきたプレゼントだからと思って受け入れて」(母・いと子さん)

 家族と一緒に一歩一歩、前に進むつむぎちゃん。5月、左足の手術に臨みます。(10日11:43)

※JNNサイトより抜粋
  • 企画広報係
  • 発行日:2018年01月12日