現在位置の階層

  1. ホーム
  2. プレスリリース・メディア
  3. 平成29年12月8日 北海道新聞朝刊(全道版)に、医学部病理学第1講座 鳥越教授らの研究発表が紹介されました

プレスリリース・メディア

平成29年12月8日 北海道新聞朝刊(全道版)に、医学部病理学第1講座 鳥越教授らの研究発表が紹介されました

がん幹細胞活性化 酵素の働きを発見 札医大グループ

北海道新聞朝刊(全道版)2017年12月8日掲載
北海道新聞朝刊(全道版)2017年12月8日掲載

 札幌医科大の鳥越(とりごえ)俊彦教授(病理学)らの研究グループが、大腸がんの「がん幹細胞」内にある酵素「糖転移(とうてんい)酵素」に、幹細胞を活性化させる働きがあることを発見した。幹細胞はがん転移や再発の原因になる細胞で、この酵素の働きを抑えることによって新たながん治療法や予防法の開発につながると期待されている。
 がん幹細胞は、がんの組織内に少数存在。抗がん剤に対する耐性が高く、これまで細胞の仕組みや機能はよく分かっていなかった。
 研究グループは、幹細胞内にだけ多く出現する糖転移酵素に着目。この酵素が、幹細胞の表面にあるタンパク質を糖で覆い、別のタンパク質と結び付きやすくしていることを突き止めた。
 幹細胞は、別のタンパク質と結び付くと活性化し、がんの転移や再発が進むほか、抗がん剤に対する耐性も強くなることが分かった。さらに、この酵素を幹細胞から取り除くと、幹細胞としての機能を失うことも分かった。
 研究グループは今後、この酵素の働きを抑える新薬や、治療法の開発に取り組む。この酵素は大腸がんの幹細胞以外にも、子宮体がんなどの幹細胞内に存在することが分かっており、他のがん治療にも活用できる可能性もある。
 鳥越教授は「がん幹細胞を狙い撃ちする治療法を開発し、がん予防も目指したい」と話す。今回の発見の研究リポートは、11月21日付の国際科学誌オンコターゲット電子版に掲載された。

【北海道新聞社許諾:D1712-1806-00013158】

  • 事務局経営企画課企画広報係
  • 発行日:2017年12月14日