NHK Eテレ TVシンポジウム「日本から新薬・新治療を世界へ」放送

、「日本から新薬・新治療を世界へ」と題したパネルディスカッション

「日本から新薬・新治療を世界へ」と題したパネルディスカッションでお話しする本望教授

 本学医学部附属フロンティア医学研究所 神経再生医療学部門 本望教授の出演したフォーラムが、6月4日(土)に、NHK EテレのTVシンポジウム「日本から新薬・新治療を世界へ」で放送されました。
 この放送は、日本医療研究開発機構(AMED)が主催し、平成28年3月19日に開催されたAMEDフォーラム 「日本から新薬・新治療を世界へ」の内容が、NHK Eテレ TVシンポジウムで放送されたもので、「日本から新薬・新治療を世界へ」と題したパネルディスカッションにおいて、本学医学部附属フロンティア医学研究所 神経再生医療学部門の本望修教授が、医師・研究者の立場から臨床研究や治験について、日本の現状やこれまでの取り組みなどをわかりやすくお話したものです。

 放送の一部紹介動画が、下記、日本医療研究開発機構(AMED)のUstream公式チャンネル「AMEDフォーラム 「日本から新薬・新治療を世界へ」で視聴できます。

発行日:

情報発信元
  • 経営企画課企画広報係