最終講義・送別式

平成22年度「最終講義・送別式」が行われました

画像スライド集

最終講義・送別会

拍手で贈られる退職教授の方々

最終講義・送別会

「医療教育に『いのち』教育を育むために」 片岡秋子教授

最終講義・送別会

「なんとなく幸せ」 武田秀勝教授

最終講義・送別会

「作業療法の45年とこれから」 坪田貞子教授

最終講義・送別会

「血圧の無侵襲連続測定とその心理生理学的応用」 澤田幸展教授

最終講義・送別会

講堂の様子

最終講義・送別会

送別会の司会を務める島本理事長

最終講義・送別会

最終講義の後に執り行われた送別会の様子

最終講義・送別会

退職教授へ花束を贈呈した学生たち

最終講義・送別会

片岡秋子教授による挨拶

最終講義・送別会

武田秀勝教授による挨拶

最終講義・送別会

坪田貞子教授による挨拶

最終講義・送別会

澤田幸展教授による挨拶

 平成23年3月3日(木)本学大講堂において、本学を平成22年3月31日付で定年退職される教授の最終講義と送別式を執り行いました。

◎本年度退官される教授とその最終講義の演題は次の通りです。(講義順に記載)

保健医療学部看護学科看護学第一講座 教授 片岡 秋子
 「医療教育に『いのち』教育を育むために」

保健医療学部理学療法学科基礎理学療法学講座 教授 武田 秀勝
 「何となく幸せ」

保健医療学部作業療法学科基礎作業療法学講座 教授 坪田 貞子
 「作業療法の45年とこれから」

医療人育成センター教養教育研究部門(心理学) 教授 澤田 幸展
 「血圧の無侵襲連続測定とその心理生理学的応用」

 片岡教授、武田教授、坪田教授、澤田教授は本学において学生の教育や専門分野の研究に邁進され、多大な功績を残されました。
 島本和明学長からは、先生方の長年にわたる教育・研究の功績に敬意を表すとともに、それぞれの先生方との思い出やエピソードなどを披露しながら、退任を惜しむとともに、感謝の意を表しました。
 当日は多くの関係者や教え子たちが恩師の晴れ舞台に集まり、花道では名残を惜しんだり、お祝いの言葉をかけたりと大勢の教職員や教え子たちに見送られておりました。

発行日:

情報発信元
  • 経営企画課広報