国際医学交流事業に基づく交流研究員の学長表敬訪問

国際医学交流事業に基づく交流研究員の学長表敬訪問について

画像スライド集

学長表敬訪問

写真左から:小塚教授、乾保健医療学部長、島本学長、李副教授、佐藤国際交流部長

学長表敬訪問

学長室での懇談の様子

学長表敬訪問

挨拶をする交流研究員の李海華(リ・カイカ)副教授

学長表敬訪問

李先生の話に耳を傾ける島本学長、佐藤国際交流部長

学長表敬訪問

乾保健医療学部長と、受け入れ講座の小塚教授、李副教授

 平成22年11月16日(火)、国際医学交流事業・札幌医科大学と佳木斯(ジャムス)大学との交流協定に基づき来学された佳木斯大学康复医学院(中国黒竜江省) 李海華(リ・カイカ)副教授が表敬訪問を行いました。

  本学と佳木斯大学とは、平成14年度から人材育成事業などの交流を続けており、平成20年度に学術交流協定を締結しています。李副教授は平成14年にも1年間本学で理学療法を学ばれ、今回2度目の来学となります。
 表敬訪問には、乾保健医療学部長、佐藤国際交流部長、小塚教授が同席され、研究内容や教育事業などについて懇談が行われました。
 李副教授は、11月10日から12月8日までの約1ヶ月間、保健医療学部理学療法学科基礎理学療法学講座において交流・研究を行い、12月2日(木)17:30~18:30、保健医療学部405講義室で「中国のリハビリテーション医学教育と児童のリハビリテーションの現状」を演題に国際医学交流セミナーを開催する予定です。

発行日:

情報発信元
  • 経営企画課国際交流