平成22年度第1回札幌医科大学記者懇談会を開催

平成22年度第1回札幌医科大学記者懇談会を開催しました

画像スライド集

島本和明学長・理事長

島本和明学長・理事長による挨拶

記者懇談会の様子

記者懇談会の様子

北海道教育記者クラブ等の報道機関の皆様

意見交換のようす

本学代表の出席者

意見交換の様子(左より、森岡医療人育成センター長、塚本附属病院長、乾保健医療学部長、黒木医学部長、島本学長・理事長)

報道機関の皆様

懇談の様子

札幌医科大学代表の出席者

左より、平山副理事長、白崎理事、野村事務局長

塚本附属病院長

卒後臨床研修などについて意見交換

報道機関の皆さま

積極的な意見交換の様子

記者懇談会の様子

記者懇談会の様子

平成22年5月18日(火)、本学基礎医学研究棟5Fにて平成22年度第1回札幌医科大学記者懇談会を開催いたしました。
 今年度、第一回目の開催となり北海道教育記者クラブ等より、NHK札幌放送局様(幹事社)、北海道新聞社様、読売新聞社様、日本経済新聞社様、釧路新聞社様、共同通信社様をはじめ、医療専門雑誌、HBC北海道放送等、12社14名の報道機関の皆様にご参加いただきました。
 本学からは、島本学長・理事長、平山副理事長、白崎理事、黒木医学部長、乾保健医療学部長、塚本附属病院長、森岡医療人育成センター長、野村事務局長が出席しました。

 懇談会では、初めに島本学長・理事長が「~厳しい医療情勢における札幌医科大学の方向性~」と題して、平成22年4月以降の本学の中長期展望について、施設整備・教育・診療・研究・地域医療への貢献などの課題について全学体制で取り組む旨、述べました。

 

また、本学より提供したトピックスは次のとおりです。

 

大学からの情報提供及び意見交換

(1)平成22年度予算・事業について

(2)国家試験合格状況について

(3)札幌医科大学60周年(創基65周年)記念事業について

(4)札幌医科大学医学部教育研究機器センター細胞プロセッシング施設(CPC)について

 

   情報提供後、報道機関の皆さまと意見交換を行いました。


 本学では今後も引き続き報道機関の皆様との意見交換を行うことにより、双方向のコミュニケーションを深め、道民ニーズの把握や、教育、研究、社会貢献 等、大学運営の貴重な参考にしたいと考えております。 

発行日:

情報発信元
  • 経営企画課広報