ポルトガル(リスボン)で開催された国際足の外科学会(IFFAS)にて、本学整形外科学講座の神保俊介医師(大学院生)が学会賞受賞

ポルトガル(リスボン)で開催された国際足の外科学会(IFFAS)にて、本学整形外科学講座の神保俊介医師(大学院生)が学会賞受賞

画像スライド集

写真中央:神保俊介医師(大学院生)

【受賞内容】
平成29年9月29日(金)~9月30日(土)、ポルトガル(リスボン)で開催された「6th Triennial International Federation of Foot and Ankle Societies(IFFAS) Scientific Meeting」にて、本学整形外科学講座の神保俊介 医師(大学院生)が「IFFAS President’s Prize for the best research paper: The Saltzman Prize 」を受賞しました。

【受賞者】
札幌医科大学医学研究科 分子・器官制御医学専攻 器官機能治療学領域 整形外科
神保俊介 医師(大学院生)

【受賞研究】
Antinociceptive effect of hyaluronic acid sodium on ankle osteoarthritis model
変形性足関節症モデルラットにおけるヒアルロン酸の抗侵害受容効果

【受賞日】
平成29年9月30日

発行日:

情報発信元
  • 企画広報係