北洋銀行ものづくりテクノフェア2017に出展しました

「北洋銀行ものづくりテクノフェア2017」に出展し、本学の研究等について紹介しました【7月20日開催】

画像スライド集

札幌医科大学展示ブース前での記念撮影(写真右から、高木副理事長、近江理事)
開会式の様子
 平成29年7月20日(木)、札幌市白石区のアクセスサッポロにおいて開催された「北洋銀行ものづくりテクノフェア2017」で、本学の研究と産学連携の取組等について紹介しました。
 「ものづくりテクノフェア」は、毎年、優れた技術や製品を有する中小企業、大学、支援機関等が一堂に会する場を提供し、販路拡大や企業間連携の促進、情報交換や技術交流を通じて、北海道のものづくり産業の振興を図る目的で、北洋銀行が主催しています。
 本学の展示ブースでは、医学・保健医療学の領域を中心に、基礎分野から臨床・応用分野に至るまで本学において幅広く行われている研究や民間企業と共同開発したお菓子について紹介しました。
 また、本学で現在行っている脳梗塞や脊髄損傷の再生医療に係る治験についても、冊子やポスターで紹介しました。
 当日は、多くの方に札幌医科大学のブースへご来場いただきました。

発行日:

情報発信元
  • 事務局経営企画課企画広報係